FM 福岡 FUKUOKA

MORNING JAM

問題です!

バックナンバー

2021-10-20(水)

昨日、引退試合を迎えた、

埼玉西武ライオンズ、松坂大輔投手。

松坂投手の言葉です。

「僕は○〇を見ない」

松坂選手は、何を見ないと言ったでしょう?

答え:夢

「僕は元々、夢という言葉は好きではありません。見ることは出来ても、叶わないのが夢」
そして、
「僕は夢は見ない。常に目標を掲げる」
松坂投手はことあるごとに、「夢」ではなく、持つべきものは「目標」だと語ってきた。
「早いうちから明確な目標を持って、そこに向かって何をするべきか、ということを考えながら生活した方がいい」「目標がその日その日を支配する」

〈その他の言葉〉
「トップだからいいというもんじゃない。僕は2番目がはるか彼方にかすむほど先を行っていたい」
「今日は満点です。でも、これが最高じゃない」

答えはこちら

2021-10-19(火)

なぞなぞ、ではありません。

今日から、来週の土曜日、30日まで

「本人」じゃなくてもよくなるもの。

なーんだ?

答え:(選挙の)たすき(やのぼり)

時々、見かける「本人」と書かれたたすき。(時々、のぼりもある)
これも公職選挙法(第129条)で定められたルール。「選挙運動期間」以外はたすきやのぼりに名前を書くことが、禁じられている。
そこで1990年代に生まれたのが、「本人」と書かれた、たすき。(ある候補者が使いはじめて、全国に広まった)
ちなみに、「選挙運動期間」とは、公示日から、投開票日の前日まで。つまり、今日から、30日土曜日まで、は、名前が入ったたすきも使えるし、選挙活動が行える。(投票日当日は使えなくなる。)

答えはこちら

2021-10-18(月)

新型コロナワクチンの原料の一つである、

「シュードウリジン」という物質。

日本の食品メーカーが製造し、

ファイザー社とモデルナ社に提供しています。

どこの会社が作っているでしょう?

答え:ヤマサ醤油

生保2年(1645年)の創業、300年以上にわたって食卓に欠かせない調味料“しょうゆ”を作り続けている、「ヤマサ醤油」(千葉・銚子市)。
そんな老舗企業の伝統の技術が、コロナ禍の世界を変える“ワクチン”の原料として活用されている。
「シュードウリジン」は、新型コロナワクチンのmRNA(メッセンジャーRNA)を構成する物質の1つで、私たちの体の細胞にも存在している。mRNAは、体内で炎症を起こすことから、医薬品としての実用化は難しいと考えられていた。
しかし2005年、新型コロナウイルスのmRNAワクチンを開発研究したドイツの製薬大手、ビオンテックのカタリン・カリコ上級副社長と、アメリカ・ペンシルベニア大学のドリュー・ワイスマン教授の2人は、mRNAをこの「シュードウリジン」で構成すれば、炎症が抑えられるという論文を世に出した。

この「シュードウリジン」とヤマサ醤油、どういう関係かというと、「うま味成分」で繋がっている。
かつおぶしのうま味成分はイノシン酸、しいたけのうま味成分はグアニル酸。これらは「核酸化合物」である。そして、シュードウリジンも「核酸化合物」の1つなのだ。ヤマサ醤油は、1970年代から60年以上にわたって、核酸関連物質の研究をしてきた。1980年代には、試薬としてすでにシュードウリジンを海外に輸出していた。
mRNAは、新型コロナワクチンとして開発されるよりも前から治療薬や他のワクチンとして研究開発されてきた。その研究段階からヤマサ醤油が製造したシュードウリジンが使われていたのだ。
ヤマサ醤油は、「去年の秋にはシュードウリジンの増産体制を整えていました」と担当者。千葉県銚子市にある工場は現在、フル稼働だという。

答えはこちら

2021-10-15(金)

なぞなぞです。

さかさにすると

読めるようになる海のもの

なーんだ?



(原案:T&Yなぞなぞサイト)

答え:昆布

「こんぶ」をさかさにすると、「文庫」…。

答えはこちら

2021-10-14(木)

計算問題です。メモをとりながら、よーく聞いて下さい。

こうじくんは、学校の生徒会役員に立候補。

当選するのは上位2名で、6人が立候補しました。

投票権があるのは241人です。

こうじくんが、他の候補の得票数に関わらず、

確実に当選するには

何票必要でしょう?

答え:81票

6人全員が同じくらいの票を取るなら、40票ちょっとでも当選することがあるが、他の候補者の得票数に左右されてしまう。
他に関わらず、「自力」で当確を得るには、最も厳しい争いを想定するとよい。最も厳しい争いは、当選する人数+1名で争う状態。つまり、今回の定数は2なので、3人で241票を取り合う場合を考える。
3人が80票ずつ取った時、まだ勝負は決まらない。そこで、もう1票取れば、当選が決まる。つまり、81票取れば、他の候補者の得票数に左右されることなく、当選が決まる。
(81:80:80となり、2位は決選投票となる)

答えはこちら

2021-10-13(水)

クイズ!ニュースの記憶

2012年7月、ある場所で、

軟式野球ボールが見つかりました。

その場所にボールが入ったのは、

おそらく、1958年12月より前のこと。

54年ぶりにボールが見つかった

その「場所」は、どこでしょう?

答え:東京タワー(の先端)

東京で長く電波塔として使われた、東京タワーが完成したのは、1958年12月23日。高さ333mで、パリのエッフェル塔を抜いて、当時世界一の高さの建造物だった。
その、先端近く。てっぺんのアンテナの支柱の部分(高さ306m地点)に、軟式の野球ボールが入っていた。
このボールが見つかるきっかけとなったのが、東日本大震災。地震の影響で、先端のアンテナが曲がってしまった。2012年7月10日、修理のために、支柱を切断したところ、中から「謎のボール」が出てきて、54年ぶりに人の目に触れることになった。
現在、そのボールは、東京タワーの大展望台(150m)で展示されている。

答えはこちら

2021-10-12(火)

縦42センチ、横30センチ以内、

形は丸でも星型でもOKですが、

長方形以外はほとんど見かけません。

材質に決まりは、ありませんが、

耐久性に優れた素材で作られるもの、

何でしょう?

答え:選挙ポスター

選挙ポスターは、公職選挙法143条と144条で細かく規定されている。

候補者個人のポスターの場合、「長さ42センチメートル、幅30センチメートルを超えてはならない」と決められている。しかし、ポスターの形などはルールに書かれていないので、42cm×30cm以内であれば、形は何でもOK。ただ、実際に長方形以外のポスターを作る候補者はほとんどいないという。一方で、立体になっていたり、というのは認められない。あくまで、薄い、平面であること。材質は、耐久性に優れた、ユポという合成紙が使われる。(投票用紙と同じ材質)。

ちなみに、選挙ポスターに落書きしたり、故意に破損したりすると、「4年以下の懲役、または禁固」か「100万円以下の罰金」となります。

衆院選の公示は来週19日火曜、31日投開票。

答えはこちら

2021-10-11(月)

余った野菜や果物の切れ端に、

塩や酢・スパイスをかけて、

壺に入れて保存していたら、

溶けて液体になっていました。

これがきっかけで生まれたもの、何でしょう?

答え:ウスターソース

ウスターソースの誕生は、イギリス・ウスターシャ地方のある家庭で起こった偶然の出来事がきっかけだった。
19世紀の初め、ある主婦が余った野菜や果実の切れ端を有効に利用しようと香辛料をふりかけて壺に入れ、腐敗しないように塩や酢を加えて貯蔵しておいた。それが長い時間をかけて熟成され、肉や魚、野菜にも合う液体ソースになった。
その後、独特な味わいやおいしさが評判を呼び、地元で初めて商品化された際、「ウスターソース」として販売されたことが、その名の由来となっている。
日本でウスターソースが認知されるようになったのは、明治に入って富裕層の人々が西洋の料理を食べるようになってから。
発売開始時には好評とは言いがたかったウスターソースだが、1894年(明治27年)にハグルマ株式会社が関西地域で売り出した“三ツ矢ソース”がヒット。洋食がさらに普及していたという背景もあり、1890年から1900年代初頭にかけての時期には様々なメーカーがウスターソース製造に参入するようになった。

答えはこちら

2021-10-08(金)

ドラゴンクエストを始めとするゲーム音楽から、

「恋のフーガ」、「亜麻色の髪の乙女」など、

数々のヒット曲を手がけたすぎやまこういちさん。

1985年、54歳の時の作品が、あの名曲。

ドラゴンクエスト序曲。

すぎやまさんは、この曲を作るのにかかった

「時間」が、どれぐらいだと答えたでしょう?

答え:54年と5分

すぎやまこういちさんが『ドラゴンクエスト』に関わることが決まったのは、ゲームが完成する、たった1週間前。
元々ゲーム好きで、すでに作曲家として有名だったすぎやまさん。
『ドラゴンクエスト』の開発段階でつけられた曲が良くなかったことから、すぎやまさんに急遽、作曲の話が来た。
たった1週間で、ゲーム中8曲の作曲・編曲を上げなければならない。
しかし、あの誰もが知っている序曲は、あっという間、たった5分でメロディは完成したという。
これについて、すぎやまこういちさんは、パブロピカソの言葉(1分と80年)になぞらえて、「54年と5分でできた」と言っている。
つまり、それまでの54年の人生のつみ重ねがあって、生み出せた曲だと言っている。「パッと浮かんだ曲の方が、こねくり回した曲よりも素直で出来がいい」

・音楽はほぼ独学。音大に行きたかったが、家にピアノがなかったため、泣く泣くあきらめ、東大に行った。
・卒業後は文化放送を経て、フジテレビ入社。並行して、CMやミュージシャンへの曲提供を行い、34歳で退社。
・80年代半ばからはゲーム作曲家として活躍。ドラクエシリーズは、ほぼすべてを手がけた。

答えはこちら

2021-10-07(木)

ノーベル物理学賞に輝いた、

アメリカ・プリンストン大学の眞鍋叔郎(しゅくろう)さん。

「叔郎」という名前がアメリカ人には

発音しにくく、それでついたニックネームは「スーキー」。

この、元になった言葉は何でしょう?

答え:SUKIYAKI

「しゅくろう」の音は英語圏の人には発音しにくく、そこでつけられたニックネームは「Suki(スーキー)」。
「しゅく」の音にも近く、当時、アメリカで知られていた坂本九さんの「上を向いて歩こう」の英語名。『SUKIYAKI』にちなんで、「Suki Manabe(スーキー マナベ)」となった。
気さくな眞鍋さんは、みんなから「Suki」と呼ばれ、好かれていたという。

答えはこちら

1 2 3 4 5 6 7