FM 福岡 FUKUOKA

MORNING JAM

問題です!

バックナンバー

2020-08-13(木)

図形の問題です。

A4のコピー用紙を、

分度器や三角定規を使わずに、

折るだけで「正三角形」を作ります。

最初に、どう折ればいいでしょう?

答え:縦に半分に折る(細長い長方形にする)

①縦に置いた紙を横に半分に折り、また広げて、折り目をつける。
②右下の角が頂点になるように押さえながら、左下の角を、真ん中の折り目に合わせて折る。
③左上の角を、下の折り目に重なるように折れば正三角形の出来上がり。

半分の折り目の部分に、左下の角を合わせた時点で、3つの同じ直角三角形ができ、
それぞれのとがった部分の角度が30°になるので、正三角形が出来上がるという仕組み。

答えはこちら

2020-08-12(水)

人間にも、魚にも

共通して、4つある「穴」。

何でしょう?

答え:鼻の穴

鼻の穴。というと、左右対称に2つ。
だが、実は、分かりにくくなっているだけで
4つある。
目の付け根、目頭のまぶたの裏側に
小さな穴が開いていて、「涙点」と呼ばれている。
涙が分泌される、この穴は、鼻と直接つながっていて、
鼻の穴の名残だと言われている。
(泣くと鼻水が同時に出るのはこのため)
魚には4つの鼻の穴がある。
前方から入ってくる水のにおいを嗅ぎ
その水を後ろにもう一対ある穴から出すため、
4カ所に穴が開いている。

哺乳類は陸に上がり、水を逃がす穴は
必要なくなったが、その名残が、今も残っている。

・ちなみに魚の嗅覚はかなり優れている。
サメは何百メートルも離れた、血一滴のニオイを
嗅ぎ分ける。と言われている。

答えはこちら

2020-08-11(火)

仏教では、人は死後

6つの世界に分けられるとされています。

その中の1つ、「餓鬼道」にひょっとしたら

ご先祖様がいるかもしれない

という理由で、お墓参りの時に行っていること

何でしょう?

答え:お墓に水をかける

宗派や、その家の習慣によっても変わるが、
お墓参りの際に、水を柄杓ですくって墓石にかける家が多い。
これは、清めるという理由ではじまった風習ではない。
人が死後行くとされる世界、六道の1つ
「餓鬼道」は水が無く、食べ物を口に入れようとすると
火になってしまう世界。常に飢えと渇きに悩まされている。
そんな世界に行っているご先祖様がひょっとしたらいるかもしれない。
そこで、墓石に水をかけて、ご先祖様に水を飲んでもらおう
ということから行われるようになった風習。

宗派によっては、墓石に水をかけるのは
ご先祖様、仏様の頭に水をかける無礼な事として
禁じている。

答えはこちら

2020-08-11(火)

仏教では、人は死後

6つの世界に分けられるとされています。

その中の1つ、「餓鬼道」にひょっとしたら

ご先祖様がいるかもしれない

という理由で、お墓参りの時に行っていること

何でしょう?

答え:お墓に水をかける

宗派や、その家の習慣によっても変わるが、
お墓参りの際に、水を柄杓ですくって墓石にかける家が多い。
これは、清めるという理由ではじまった風習ではない。
人が死後行くとされる世界、六道の1つ
「餓鬼道」は水が無く、食べ物を口に入れようとすると
火になってしまう世界。常に飢えと渇きに悩まされている。
そんな世界に行っているご先祖様がひょっとしたらいるかもしれない。
そこで、墓石に水をかけて、ご先祖様に水を飲んでもらおう
ということから行われるようになった風習。

宗派によっては、墓石に水をかけるのは
ご先祖様、仏様の頭に水をかけるぶれいなこととして
禁じている。

答えはこちら

2020-08-10(月)

戦国武将「武田信玄」が、

「山」と呼んで長い時間を過ごした

お気に入りの場所。

どこでしょう?

答え:トイレ

「甲斐の虎」と呼ばれ諸大名から恐れられた戦国武将の武田信玄(1521-1573)。
彼は、トイレにこもる時間が長かった戦国武将として知られている。その理由はトイレが「お気に入りの空間」だったから。
信玄のトイレに対するこだわりは尋常ではなく、自分専用のトイレを作り、「山」と呼んだそう。
軍学書「甲陽軍艦」には「信玄公、閉所(トイレ)を山と仰せられ・・・・」という記載がある。
「山」と呼んだ理由は・・・「山には草木(臭き)が絶えないから」と言われている。
信玄が「甲州山」と呼んでいたという専用トイレは、6畳という広さで畳張り。部屋の四隅には「芳香剤」の役割を果たす「香炉」が置かれた。さらには、人力ではあるが水洗式のトイレだったと言われ、信玄が鈴を鳴らすと隣の浴室から送られる風呂の残り湯で流すという「エコ」な仕組み!
信玄は「山」と呼んだ『トイレ』で用を足すことはもちろん、作戦やアイデアを生む「パーソナルスペース」として活用していたと言われる。

答えはこちら

2020-08-07(金)

なぞなぞです。

忘れ物に気付いたこうじくん。

おどろいて叫んだあと

椅子の脚を折ってしまいました。

こうじくんの忘れ物って、な~んだ?



(原案:T&Yなぞなぞサイト)

答え:上履き

おどろいて「うわっ!」と叫び
椅子の脚を「バキッ」と折ってしまった。。。

答えはこちら

2020-08-06(木)

世界のほとんどが750なのに、

日本だけ720と、ちょっと少ないもの。

何でしょう?

答え:ワイン(の量)

ワインのフルボトルの容量は750㎖。
これを基準に、マグナムボトルは1.5ℓ。
ハーフボトルは375㎖などとなっている。
が、日本のワインボトルは今も多くが720㎖。
これは、日本酒と深い関係がある。
日本酒は、合(180㎖)や升(1.8ℓ)が基本。
そこで、元々出回っていた4合瓶(=720㎖)のサイズで出荷されるようになった。
ただ近年、日本のお酒が(ワインも含め)海外から注目されるようになり、統一しないと流通で不便なことから、日本でも750㎖のボトルワインが作られ始めている。

・フランスでワインが750㎖になったのは、ボルドー地方の樽が225ℓで、750㎖だとちょうど300本になること。
そして、隣のイギリスの単位、1ガロンが4.5ℓで、1ダース(12本)でちょうど2ガロン(9ℓ)になり、分かりやすかったことから。

答えはこちら

2020-08-05(水)

元々は「ひし形」。

法律で禁止されたことがきっかけで

1本増えて、今の「三角形」になりました。

これ、何のスポーツでしょう?

答え:ボウリング

ボウリングの歴史は古く、紀元前5,000年頃には
古代エジプトで原型となるものが行われていた。
当時はピンを悪魔に見立てた、宗教の儀式だった。

・バラバラだったボウリングのルールを最初に
統一したのは、宗教革命で有名なマルティン・ルター。
9本のピンをひし形に並べた。

・アメリカの西部開拓時代、ボウリングが大流行。
これが賭け事に使われたことで、「ナインピンボウリング」が禁止される。
そこでピンを1本足し、三角形の今の形に並べた
「テンピンボウリング」が生まれ、広まった。
(日本にはこれが入ってきた)
(ヨーロッパでは、今も「9ピンボウリング」が多い)

答えはこちら

2020-08-04(火)

世界最古の「ペンネーム」

本名は「香子(かおりこ)」。

この人物、誰でしょう?

答え:紫式部

「源氏物語」や「紫式部日記」の作者。紫式部。
この名は本名ではない。
当時の女性は、本当の名前は夫にしか明かさない。
という風習があったため、本名は不明。
ただ、貴族の藤原宣孝の妻であり、
宣孝が亡くなった後の記録に「後家香子」という
記述があることから
「藤原香子」が本名だったのではないかという説がある。
(香子の読みは、かおりこ・たかこ・よしこ・こうし等諸説あり)

「紫式部」の名前は源氏物語の登場人物「紫の上」
から取られた。
「式部」は父の為時の官位から。
・ちなみに同時代の清少納言の「清」は、
清原家の生まれであったことによる。本名に由来する名前。

答えはこちら

2020-08-03(月)

照ノ富士の優勝で幕を閉じた大相撲7月場所。

昭和以降の関取の「しこ名」に使われた漢字のランキング。

4位は「錦」

3位は「海」

2位は「大」

では、1位の漢字は何でしょう?

答え:山

昭和以降の関取の四股名に使われた漢字のランキング
1位「山」(265人)・・・ここ10年力士の「山」離れが進むものの、ずっと不動の1位
2位「大」(117人)・・・今も昔も安定の人気
3位「海」(86人)
4位「錦」(83人)
以下、 5位「若」、6位「竜(龍)」、7位「川」、8位「富」、9位「花」、10位「士」と続く。
その他、佐渡ヶ嶽部屋に多い「琴(11位)」や春日野部屋に多い「栃(12位)」もランクイン。

答えはこちら

1 2 3 4 5 6 7