FM 福岡 FUKUOKA

MORNING JAM

問題です!

バックナンバー

2020-07-06(月)

7+0=0

5+6=6

1+5=9

になるとき、42+74は、いくつでしょう?

答え:98

この数式は、「2つのデジタル数字を重ね合わせてできる数字」。
7+0=0
5+6=6
1+5=9
42+74は
十の位は4+7=9、一の位は2+4=8。

で、98となる。

答えはこちら

2020-07-03(金)

なぞなぞです。

いつもうどんの名前に悩んでいるこうじくん。

今回は、動物に

名前を付けてもらう事にしました。

その動物って、なーんだ?



(原案:T&Yなぞなぞサイト)

答え:ヒツジ
命名してもらうので、メーメーと鳴くひつじに…

答えはこちら

2020-07-02(木)

1980年代は年間4億アクセスありましたが、

今は年に1000万アクセス程度に減少。

今も、1日に11回内容を更新しているもの、何でしょう?

数字でお答え下さい。

答え:177

NTTの天気予報電話サービス、177。
1955年にサービスを開始。
当時は各地のスタッフが毎回録音していたが、1997年に自動音声化。
現在も1日11回内容を更新している。
・そのまま177で現在地の天気が、市外局番+177で、他地域の天気が聞ける。
・ピークだった1985年頃は、1日120万回、年4億回のアクセスがあった。
2000年以降は減りはじめ、今は年に1000万回ちょっと。

答えはこちら

2020-07-01(水)

もし、実現すれば、ギネス記録になりそうなもの。

今年の12月31日、大晦日にスタートして、

720時間、つまり30日間で終わる予定のもの。

世界一長い、何でしょう?

答え:映画

現在、ギネス記録として認定されている「最も長い映画」は、1987年にシカゴで一度だけ公開された『The Cure for Insomnia』で87時間。
俳優が自作のポエムを延々と朗読する、という内容。
そして、スウェーデンのアーティスト、アンダース・ウェバーグが現在制作中とされるのが、『Ambiance』という720時間の映画。
2016年には、7時間20分の予告編が発表されていて、YouTubeでも見られます。
今年、12月31日に全世界同時公開予定。公開を終了した後は、フィルムは破棄されるとのこと。

答えはこちら

2020-06-30(火)

2002年に、ノーベル物理学賞を受賞した

東京大学の小柴昌俊特別栄誉教授。

小柴先生は、高校の物理の臨時講師として

招かれた際、こんな問題を出しました。

「この世の中から摩擦が無くなったら

どうなるでしょう?」

この問題に、小柴先生が用意していたユニークな答えは

何だったでしょう?

答え:白紙のまま答案用紙を提出すること
小柴昌俊先生は、1926年生まれ(現在93歳)。
1987年に、自らが設計を指導したカミオカンデで
ニュートリノの観測に成功。
2002年にノーベル物理学賞を受賞した。
大学院生時代、神奈川の栄光学園に
物理の臨時講師として招かれる。
そこで、「この世に摩擦が無ければどうなるか」
と言うテストを出題。
この質問に対して、記述で説明するのは不正解。
摩擦が無いと、鉛筆の先が滑って答案はかけないはずなので、「白紙のまま」が正解、という問題だった。
・小柴先生は自分の研究だけでなく、後進の教育にも熱心で、
「私の研究を受け継いだものの中から、後2人は、
ノーベル賞を受賞する」と発言。
実際に愛弟子の一人、梶田隆章さんが2015年に受賞している。(ノーベル物理学賞)

答えはこちら

2020-06-29(月)

「右」は、仙台

「椰子」は、甲府

「岩」は、金沢

では、「肥後」は、どこでしょう?

答え:神戸

2つの言葉のセットは、都道府県名の「最初と最後の文字をとったもの」。
そして、その都道府県の「県庁所在地」を表している。

「右」⇒宮城⇒仙台
「ヤシ」⇒山梨⇒甲府
「岩」⇒石川⇒金沢
ということで、「肥後」⇒兵庫⇒神戸

答えはこちら

2020-06-26(金)

なぞなぞではありません。

昼間の空が赤く、

夕焼けが青く見える場所、

どーこだ?

答え:火星
・そもそも地球で昼の空が青いのは
波長の短い、青い光が空気にぶつかり
散乱するのが見えるため。
一方、夕焼けが赤いのは、光が通ってくる
そうの距離が長く、青い光が散乱しきってしまい、
青い光だけが残るため。
・ところが火星は、大気が薄く、砂ぼこりが多い。
この砂ぼこりの影響で、赤い光が散乱して、
地上に届くため。昼の空は赤い。
それが夕方になると、地球で青い光が届きにくくなるのと
同じメカニズムで、赤い光が届きにくくなる。
そこで、太陽光から赤い光を差し引いた、青い夕日になる。
・つまり、昼の空の色の違いはあるが、夕日のメカニズムはそっくり。

答えはこちら

2020-06-25(木)

・人間とのハーフです。

・本名はペケペケ。

これは、パプアニューギニアの言葉で、

トイレの大っきい方(大便)の意味。

・作者の、一番お気に入りのキャラクターでした。

これ、誰でしょう?

答え:(ゲゲゲの鬼太郎の)ねずみ男

「ねずみ男」は、鬼太郎の悪友で、トラブルメーカー。
水木しげるが創作したキャラクター。
・人間と妖怪の間に生まれた半妖怪。
・本名は「ペケペケ」で、これは、水木しげるが戦争で出兵した、現パプアニューギニア・ニューブリテン島の言葉で「大便」の意味。
・普段は、金と女性と食べ物のことしか頭にない。
・俗っぽく、人間味あふれるねずみ男は水木しげるの一番のお気に入りだった。
「鬼太郎は馬鹿でしょう。正義の味方だから。スーパーマンみたいなものだから、金や幸せについて考えない。だからねずみ男を出さないと物語が安定しないのです。」
・ねずみ男は、妖怪ウォッチの映画版に登場したことがある。

答えはこちら

2020-06-24(水)

クイズ!アリとともに生きる

最も古い記録は、紀元前1000年頃のインド。

その他、アフリカや南米など世界各地で、

アリが医療目的で使われてきました。

アリを、何に使うのでしょう?

答え:(外科手術の)縫合

アリは、古くから外科手術の縫合に利用されてきた。
アリの中でも「軍隊アリ」と呼ばれる種類のアリは、とても強いアゴを持ち、一度かみつくと離さない。
その習性を利用して、傷の両側をまたぐ向きで、アリにかみつかせ、アリの胴体をねじり取る。
すると、傷口は縫い合わされた状態になり、傷がふさがる。
アジアやアフリカ、南米など、世界各地で近年まで行われてきた。
最も古い記録は、3千年前、紀元前1000年頃のインド。
衛生上の問題はあるが、現在外科手術で使われる縫合用ホチキスと似たような仕組み。

答えはこちら

2020-06-23(火)

茎の産毛に含まれる粘液で

虫を捕まえたり、

葉っぱから毒ガスを出して虫を捕まえたり。

その虫を肥料にして、根っこから養分を

摂って育つ「野菜」。

何でしょう?

答え:トマト(じゃがいも)
植物の中には、虫を捕まえて消化して養分にする
「食虫植物」と言う種類があるが、
直接消化しなくても、虫を捕まえて養分にしている
植物がある。
その一つがトマト。
・トマトの茎には沢山産毛のような細かい毛が
生えていて、粘液を含んでいる。
羽虫など、小さな虫はこの毛に絡めとられ、
死ぬのを待って地面に落とされる。
最終的に土の養分となる。
・虫がトマトの葉をかじると、その痕から毒ガスを発射。
これが合図となり、周りのトマトも一斉にガスを発射して、
周囲の虫は全滅。これも土に落ちて分解され、養分になる。
この様な性質はトマト以外に
トマトととても近いジャガイモや、ナス、キャベツなども持っている。
(間接的に虫を摂取しているが、自分の体内で消化するわけではないので、
「食虫植物」には含まれない。)

答えはこちら

4 5 6 7 8 9 10