fmfukuoka

番組紹介

放送時間: (土)09:30-09:50
出演: 木原友香

毎週土曜日の朝、「茶のくに」八女からの情報をお届けします。

メールアドレス: yame@fmfukuoka.jp
皆さんからのメッセージお待ちしてます。


第435回 2019年2月16日オンエア

ゆうかのトークギャラリー

第30回「夢たちばな観梅会」  

先週ご紹介した「雛の里八女ぼんぼりまつり」と並び、
八女の町に春を告げるイベント「夢たちばな観梅会」が、
いよいよ来週23日(土)から立花町の谷川梅林で開催されると聞き、
早速お話を、立花町観光協会の江崎恵さんにお話を伺ってきました。

DSC_0299.jpg

今年は、第30回記念と銘打って開催されるだけに、
これまで以上に楽しみな企画が満載の「夢たちばな観梅会」。

谷川梅林の中腹にあるトンネルでは、毎年、昼間に観れる竹あかりのイベント
「竹あかり幻想の世界」が開催されていますが、
なんと今年は「竹ONEグランプリ」と題し、
八女市内だけでなく、そのほかの地域で作られた竹あかりも展示され、
お客さんの投票数でグランプリが決まるんだそうですよー!!

もちろん、梅の花々も見逃せませんよ!!
緩やかな傾斜地に、3万本の梅の花が咲き乱れる「夢たちばな観梅会」。
満開の時には、「竹ONEグランプリ」が開催されるトンネル周辺から
下を眺めてみると、白梅の花々が、まるで雲の上にいるようかの景色に
なるんだそうですよー!!

また、2月23日24日、3月2日、3日の各、土日には、
イベント広場で色々な催しが行われ、
中でも24日(日)には、八女市親善大使の「GOOD COMING」のLIVEや、
日本伝統芸能の猿回しがおこなわれますよ。
また、「竹ONEグランプリ」が行われるトンネル内では、
「男ノ子焼特別展」も同時開催される他、
23日、24日、3月3日には「トンネルの中の小さな音楽会」が、
そして、3月2日(土)はトンネルの中で野点が行われますよ。
その他、立花町名物の「ほたる揚げ」や「だご汁」、「梅干し」などの特産品や、
農産物の販売もありますので、是非お出かけ下さいね!!

【夢たちばな観梅会】
 日時: 2月32日(土)から3月3日(日)
 (*私有地ですので、期間外の訪問はご遠慮ください!!)
会場: 谷川梅林(八女市立花町) 
       (車でお越しの方は、八女市役所立花庁舎の駐車場をご利用ください)
問合: 八女市役所立花支所 産業経済課  電話:0943-23-4941


秀バーガー「塩八女茶ソフトクリーム」

いつも「道の駅たちばな」に立ち寄ると、必ずと言っていいほどお邪魔する
ハンバーガーショップ「秀バーガー」の新作ソフトクリーム
「塩八女茶ソフトクリーム」が、昨年、西日本エリアの日本自動車連盟「JAF」と
旅行情報サイト「じゃらん」がタッグを組んで開催した
「道の駅ソフトクリーム総選挙2018」で、
163品中なんと「第1位」に輝いたと聞き、早速いつも仲良くさせて頂いている
店主の江崎弘さんにお話を伺ってきました。

DSC_0282.jpg

道の駅たちばなのスタッフの皆さんと一緒に作り上げたと仰る
「塩八女茶ソフトクリーム」はインタビューでも仰っていましたが、
立花町産の八女茶の粉と塩をブレンドした茶塩が濃厚な八女茶ソフトクリームの上に
ふりかけられた逸品なんです。

DSC_0293.jpg
(↑こちらは、塩八女茶ソフトクリームと共に頂いた、
  この夏新たに登場予定の「塩バニラソフトクリーム」です♪)

この塩八女茶ソフトクリーム、美味しいだけじゃないんです。
食べた後ののどの渇きや甘ったるさが全くなく、スッキリとした後味が最高!!
食べて良し、食べ終わっても良し!!と、
さすが西日本1位に輝いたソフトクリームだと思いますよ!!

もちろん、西日本一位に輝いた「塩八女茶ソフトクリーム」だけじゃなく、
ご実家でもある「ハンバーグのお店 秀屋」のお肉を使ったパテに、
地元立花町の野菜を使ったハンバーガーも絶品です!!
木原さんの一押しは、立花産の柚子胡椒のソースがかかった
「柚子胡椒バーガー」!!是非、ハンバーガーも召し上がってくださいね!!

DSC_0297.jpg

【秀バーガー】
 場所:道の駅たちばな内
営業時間:朝10時から夕方6時まで (不定休)
 電話:080-2722-8915

Good Job 八女!

FM八女のスタッフの皆さんに、最新の八女の情報を教えて頂くGood Job八女!
今回は、FM八女の新スタッフ 井上佳子さんに伝えて頂きました。

くつろぎの森 グリーンピア八女「祝10周年!森林セラピーと椎茸の菌打ち体験」

八女市黒木町の「くつろぎの森 グリーンピア八女」では、
来月9日(土)、「祝10周年!森林セラピーと椎茸の菌打ち体験」が開催されます。

森の持つ癒しの効果を、心と体の健康に生かす「森林セラピー」。
今回は森の案内人と共に、五感を使った森の癒しを体験後、
椎茸の菌打ち体験が行われ、参加者には来年の秋に椎茸を収穫できる
菌打ちしたホダ木が2本プレゼントされますよ。

参加料は、体験、森の癒し弁当、ホダ木2本、温泉券付きで2000円。
定員は先着40名で、募集締め切りは今月28日(木)までとなっています。

詳しいお問い合わせは、
八女市役所黒木支所 産業経済課 電話0943-42-1115まで


プレゼント

今週の八女のお土産は、番組でもご紹介した秀バーガーがある道の駅たちばなから、
おススメのお土産セットを2名の方にプレゼント!!


応募方法は、住所、お名前、電話番号と番組で発表されたキーワードを明記の上、
FAXかEメール、もしくはコチラの応募フォームからご応募ください。
FAX番号   092-526-5300「茶のくに 八女は楽しい」宛 
Eメールアドレス yame@fmfukuoka.jp

オンエア曲

♪ 恋の予防接種  / 杏沙子
♪ ゼロセット  / オリジナル・ラブ

詳しくは下記アドレスから、radikoのタイムフリーで聴いてくださいね♪
(放送終了後から1週間だけ聴くことができますよ♪♪)

http://radiko.jp/share/?sid=FMFUKUOKA&t=20190216093000

第434回 2019年2月9日オンエア

ゆうかのトークギャラリー

第22回「雛の里八女ぼんぼりまつり」  

八女に春を告げるおまつり、「雛の里八女ぼんぼりまつり」が、
いよいよ2月10日(日)から1か月間に渡り、開催されます。
そこで、今年も実行委員長を務める、福田喜作さんにお話を伺ってきました!!

DSC_0219.jpg

毎回、様々な催しが1か月間に渡って開催される
「雛の里八女ぼんぼりまつり」。中でも、福田さんのおススメは
「宵の雛」というイベント。元々、宮中ではひな祭りの事を「上巳(じょうし)の節句」と
と言うのですが、「灯りを点けましょぼんぼりにー」でもお分かりのように、
唯一「夜」のお祭り、灯りを点けるお祭りだった...という歴史を踏まえ、
ワークショップで竹あかりを作ったり、灯りをお客さんの手で点けてもらったりと、
参加型のイベントとしておこなうんだそうです。八女福島八幡宮の境内に灯される
竹あかり、写真映えする美しいイベントなんだそうです。
こちらは、最終日の前日、3月9日(土)の夜に開催されますよー。

他にももちろん、1か月に渡り様々な催し物が盛りだくさんです!!
明日、10日(日)は、オープニングセレモニーの後、
ちびっ子たちが十二単衣や束帯姿に身を包み、
町をパレードする「おひな様パレード」や、ワークショップや、
美味しい食を楽しめる「ひなマルシェ」が行われますし、
来週以降は「十二単衣と束帯姿の結婚式」や「願い雛」などなど、
毎週楽しい「参加型」のひな祭りを楽しめますよ!!

中でも、23日、24日の土日に行われる
「あなたもお雛様に変身」や「和服でめぐる八女のまち」はおススメの催しです!!
和服は、有料レンタルもありますので、八女の町を和服で巡って、
お得な特典を楽しんでくださいね。
 
【雛の里八女ぼんぼりまつり】
  開催日時:明日10日(日)から、3月10日(日)まで1か月間
  詳しいお問い合わせ: 八女観光案内所 0943-22-6644


横町町家交流館リニューアル

先ほどご紹介した「雛の里八女ぼんぼりまつり」の会場の1つ、
例年、たっくさんのお内裏様とお雛様が展示され、圧巻の空間を演出してくれる
「横町町家交流館」が、今回装いを新たに、
カフェスペースを併設した施設に生まれ変わったと聞き、
早速お邪魔してマネージャーの橋之口雅子さんにお話を伺ってきました。

DSC_0211.jpg

ただ美味しい八女茶を飲むのではなく、どうやって淹れると美味しいお茶になるのか、
スタッフの方に教えてもらいながら、自分の手でお茶を淹れて味わえる
「横町町家交流館」のカフェスペース。

取材の時は、橋之口さんおススメの「玉露のすすり茶」を頂いたのですが、
甘さと旨みが凝縮された一煎目から、二煎目、三煎目...と
その味わいの移ろいを楽しむだけでなく、二煎目の後にはお茶菓子を...、
そして三煎目の後には、頂いた玉露の「茶葉」を酢醤油で頂く一連の所作は、
どれも、八女のお茶の素晴らしさを改めて感じることが出来る
おススメの時間ですよ!!
 
また、「雛の里八女ぼんぼりまつり」の期間中は、カフェスペースはもちろん、
テイクアウトのみの提供ですが、抹茶オレと、ほうじ茶オレが楽しめるそうなので、
そちらも是非味わってくださいね。

DSC_0207.jpg

他にも、リニューアルした「横町町家交流館」には、
八女福島地区の歴史が分かるパネル展示や、
白壁の街並みの写真などが掲載されている他、
横町町家交流館のスタッフの皆さんは、観光ボランティアの方々なので、
八女の町についてや、観光情報など八女の事についてなんでも聞いてくださいね!!
と橋之口さんは仰っていましたよ!!

【横町町家交流館】
  住所:八女市本町94番地
  営業時間:午前10時から午後5時まで 
(お祭り期間を除き、毎週月曜日がお休みです)
  お問い合わせ:横町町家交流館 電話:0943-23-4311

Good Job 八女!

FM八女のスタッフの皆さんに、最新の八女の情報を教えて頂くGood Job八女!
今回は、FM八女の高木祥平さんに伝えて頂きました。

「第7回八女ジビエマンス」

2月に入り、八女市では今月28日(木)まで、八女地域発の「旬」を味わえる
食のイベント、「第7回八女ジビエマンス」が開催中です。

ジビエ料理をもっと身近に、美味しく味わってほしい!!と、毎年、
上質な八女産のイノシシ肉を使ったメニューを楽しむことが出来るこのイベント。

今年は、八女市内9店舗、久留米市内5店舗でオリジナルジビエ料理を
楽しむことが出来ますよ。

焼肉や、ボタン鍋はもちろん、塩麹串焼きや、いのししチャーシュー麵、
ジビエピッツァなど、各店舗趣向を凝らした、様々なジビエ料理を堪能して下さいね!

お店の情報やメニュー、営業時間など
詳しいお問い合わせは、八女商工会議所 産業交流センター
電話0943-22-5161まで。

または、「八女ジビエマンス2019」で検索してホームページでご確認ください。


プレゼント

今週の八女のお土産は、八女福島地区にある和菓子屋さん
「菓子処 きくや」から、美味しいお菓子のセットを2名の方にプレゼント!!


応募方法は、住所、お名前、電話番号と番組で発表されたキーワードを明記の上、
FAXかEメール、もしくはコチラの応募フォームからご応募ください。
FAX番号   092-526-5300「茶のくに 八女は楽しい」宛 
Eメールアドレス yame@fmfukuoka.jp

オンエア曲

♪ 全てのありふれた光  / グレイプバイン
♪ スイート&サワー  / ナルバリッチ

詳しくは下記アドレスから、radikoのタイムフリーで聴いてくださいね♪
(放送終了後から1週間だけ聴くことができますよ♪♪)

http://radiko.jp/share/?sid=FMFUKUOKA&t=20190209093000

第433回 2019年2月2日オンエア

ゆうかのトークギャラリー

八女茶娘クイーンコンテスト  

いよいよ2月!!八女の町では、「雛の里八女ぼんぼりまつり」や
「夢たちばな観梅会」など、春を彩る華やかなシーズンが始まりますが、
いつもお世話になっている八女市観光振興課の今里さんから、
「今、八女茶娘クイーンコンテスト」の募集がスタートしているのをご存知ですか?
と教えて頂いたので、早速、八女茶娘クイーンコンテストが開催される
「八女新茶まつり」の実行委員長、青木秀信さんと、
一昨年前、第2回の八女茶娘クイーンだった友野葉月さんにお話を伺ってきました。
 まずは、青木さん、この八女茶娘クイーンコンテストについて教えて下さい。

DSC_0194.jpg

八女を愛する友野さんが、初代「八女茶娘クイーン」の事を知り、
私も八女をPR出来る「八女茶娘クイーン」になりたい!!と、
1年越しで気持ちを高めて出場した...という友野さん。

毎年、新茶の季節に開催されている「八女新茶まつり」の
メインイベントとしておこなわれるのが、この「八女茶娘クイーンコンテスト」なんです。
お祭り当日は、出場者が絣を着て、お茶の試飲のお手伝いをする中、
来場した皆さんの投票によってクイーンが決定するので、
お祭りに遊びに入った方全員に投票する権利があるんですって。

見事、八女茶娘クイーンに選ばれると賞金10万円!!
準クイーンにも賞金3万円が用意される他、1年間、「八女観光PR大使」として、
八女市内外の観光イベントなどへの出演もあるそうですよ。
八女茶が好き!!八女が好き!!という方は、是非応募してみませんか?

そうそう、青木さんは、今後「八女茶男子」的な、
男性のコンテストも実施してみたいです...なんて仰っていました!!
そちらも実現すると楽しそうですよね♪

 【第4回 八女茶娘クイーンコンテスト2019】
  日時:5月5日(日/祝) 「八女新茶まつり」で開催されます。
  応募締め切り:3月29日(金)必着
  応募要項や、応募用紙など、詳しいお問い合わせは 
「八女市商工会議所」  電話:0943?22?5161


道の駅たちばな「わくわく誕生祭」

2月になると八女の町は、ひな祭りに、観梅会...と春を告げるお祭りが目白押し!!
毎年、その皮切りとなる催し、「道の駅たちばな」の「わくわく誕生祭」が
来週末、9日(土)から11日(月/祝)までの3日間開催されると聞き、
いつもお世話になっている野中正秋駅長にお話を伺ってきました!!

DSC_0167.jpg

3日間に渡って、本当に盛りだくさんの「わくわく誕生祭」。
まずは「地元の美味しいものを味わって頂きたい!!」と駅長も仰る通り、
9日(土)は、美味しい対面販売が楽しめますよー!!今や名物となった「ほたる揚げ」に
「たけのこバーガー」、郷土料理の「舟焼き」の他、
青年部がつく「玄米もちつき」のお餅に、地元の和菓子店「あまゆう」さんの
イチゴのロールケーキや大福も販売されますよー。

そして10日(日)、11日(月/祝)の二日間は、
恒例となった「ステージイベント」はもちろん、
だんご汁やつきたて餅の振る舞いをはじめ、
たこ焼きのタコがタケノコになった「たちばな焼き」にぜんざい、おこわの販売や、
お茶の試飲もありますよ!!。またお昼3時から実施される「餅まき」も目を離せません!!
 
その他、毎年人気の「手作りさげもんまつり」も、道の駅たちばなの上にある
活性化センターで開催されますので、是非お立ち寄りくださいね。

【道の駅たちばな わくわく誕生祭】
日時:2月9日(土)から11日(月/祝)の3日間。
場所:立花町下辺春 「道の駅たちばな」
詳しいお問い合わせは:道の駅たちばな 電話:0943-37-1711
     (またはFacebookで「道の駅たちばな」と検索してくださいね)

また「夢たちばな観梅会」開催中の2月23日(土)、24日(日)の二日間は、
これまた恒例となった「海山交流」、上五島町の物産展も開催され、
今年は、つみれ汁が、1日100杯程度振舞われるそうです!! こちらも外せませんよ!!

Good Job 八女!

FM八女のスタッフの皆さんに、最新の八女の情報を教えて頂くGood Job八女!
今回は、FM八女の新スタッフ 井上佳子さんに伝えて頂きました。

雛の里八女ぼんぼりまつり「ひなマルシェ」

今年も、来週末2月10日(日)から1か月間に渡り、
八女市福島地区一帯で「雛の里八女ぼんぼりまつり」が開催されます。

その初日、2月10日は、八女市役所横、おりなす八女の小ホールで、
1日限定イベント「ひなマルシェ」が午後4時までオープン!!
当日はカラー診断に健康アドバイス、アクセサリー作りなどなど、
10もの体験ができるワークショップに、
カレー、スイーツ、甘酒スムージーなど美味しい食も楽しめます!!
その他、雑貨やアクセサリーはもちろん、お花や野菜のお店も登場するので、
ワークショップに食、お土産まで、マルシェを存分に楽しんでくださいね。

詳しいお問い合わせは、雛の里八女ぼんぼりまつり実行委員会事務局
電話 0943-23-1192まで。


プレゼント

今週の八女のお土産は、番組でもご紹介した道の駅たちばなから
「野中駅長おすすめセット」を2名の方にプレゼント!!


応募方法は、住所、お名前、電話番号と番組で発表されたキーワードを明記の上、
FAXかEメール、もしくはコチラの応募フォームからご応募ください。
FAX番号   092-526-5300「茶のくに 八女は楽しい」宛 
Eメールアドレス yame@fmfukuoka.jp

オンエア曲

♪ 砂時計  / 遊助
♪ Flame  / Base Ball Bear

詳しくは下記アドレスから、radikoのタイムフリーで聴いてくださいね♪
(放送終了後から1週間だけ聴くことができますよ♪♪)

http://radiko.jp/share/?sid=FMFUKUOKA&t=20190202093000

第432回 2019年1月26日オンエア

ゆうかのトークギャラリー

八女の夜の飲食店特集「Café&Zakka168kupukupu」 

ほんっとに、お洒落でインテリア一つ一つが素敵なお店でした!!
今回は、トークギャラリー前半パートでのご紹介となりましたが、
八女の夜の飲食店特集「八女福島地区のはしご酒」もいよいよ最後になりました。
4件目となる今週は、昨年11月末にオープンしたばかりの
「Café&Zakka168kupukupu」にお邪魔して、
店主の荻野美穂さんにお話を伺ってきました。

女性でもふらっと気軽に立ち寄れるお店を作りたかった...と仰る荻野さん。
その通り、白壁の街並みの通りから、ちょっと路地に目を向ければ、
女性なら思わず立ち寄りたくなる「かわいらしい暖簾」が目印の168Kupukupu。

DSC_0022.jpg
 
元々、何かお店を持ちたいなぁ...と、インテリア工芸の職業訓練学校に通った
荻野さんは、卒業後、家具とカフェのお店で仕事をする中で、作家さんとの出会いや、
カフェを営業するノウハウ等を学ぶことが出来たんだそうです。

そこで、知り合った作家さんの作品を展示する場と、
カフェを併せ持ったお店を作ろうと、オープンさせたのが、
この「Café&Zakka168kupukupu」なんです。
 
店内には、荻野さんが以前から一つ一つ買い集めていた調度品や什器があり、
その中には、お客さんに料理を提供する間に楽しんで頂けるように...
と用意された駄菓子が、レトロな什器の中に詰めてあったりと、本当にお洒落な空間
なんです。

DSC_0025.jpg

そんな「Café&Zakka168kupukupu」で提供されるランチメニューは、
「韓国のり弁ランチ」と「本日のカレーランチ」の2種類があり 
ディナーでは、週替わりパスタ、海鮮辛ラーメン、グリーンカレー、
イエローカレーにカレーパスタ、
そして、お酒のおつまみになる揚げ物や鉄板焼きもありますよ♪

DSC_0033.jpg

DSC_0037.jpg

 【Café&Zakka168kupukupu(カフェ&雑貨イチロクハチ・クプクプ)】
  住所:八女市本町167
  営業時間:ランチはお昼11時から3時まで、ディナーは夕方6時から夜11時まで
  店休日:日曜と月曜
  お問い合わせ:0943-23-7231


FM八女さんとのコラボ企画 第34弾

毎月最終週のトークギャラリーパート2は、FM八女の皆さんとのコラボ企画、
 八女の皆さんによる八女のスポット、イベント、よか所をご紹介して頂きます!!

今回は、FM八女の本社スタジオにお邪魔して、高木祥平さんに
八女福島、白壁の街並みにあるお茶屋さん「矢部屋 許斐本家」でおこなわれる
「春小町の春告鳥」をご紹介して頂きました。

DSC_0226.jpg

Good Job 八女!

FM八女のスタッフの皆さんに、最新の八女の情報を教えて頂くGood Job八女!
今回は、FM八女の木下晴菜さんに伝えて頂きました。

「第13回 全国玉露のうまい淹れ方コンテスト 福岡予選会」

3月3日(日)、JR博多シティ10階大会議室で、
「第13回 全国玉露のうまい淹れ方コンテスト 福岡予選会」が開催されます。

日本緑茶の最高級品である伝統本玉露。
丹精込めて作られたお茶を「美味しく淹れる」戦いに
是非チャレンジしてみませんか?

優勝者は、福岡県代表として、
静岡県藤枝市で3月17日(日)におこなわれる本選に出場出来ますよ!!

定員は先着50名で、参加費は1000円、
来月15日(金)までの申込期限となっています。

お問い合わせ・お申込みは  大会実行委員会 事務局 電話0943-23-1118 まで


プレゼント

今週の八女のお土産は、今週、FM八女の高木祥平さんに紹介して頂いた
許斐園さんのお茶と和紅茶をセットにして2名の方にプレゼント!!


応募方法は、住所、お名前、電話番号と番組で発表されたキーワードを明記の上、
FAXかEメール、もしくはコチラの応募フォームからご応募ください。
FAX番号   092-526-5300「茶のくに 八女は楽しい」宛 
Eメールアドレス yame@fmfukuoka.jp

オンエア曲

♪ TOKYO NITE  / 竹内アンナ
♪ No.999  / GO!GO!Vanillas

詳しくは下記アドレスから、radikoのタイムフリーで聴いてくださいね♪
(放送終了後から1週間だけ聴くことができますよ♪♪)

http://radiko.jp/share/?sid=FMFUKUOKA&t=20190126093000

第431回 2019年1月19日オンエア

ゆうかのトークギャラリー

盛弘鍛冶工場「鍛造包丁」 

今月のトークギャラリー前半パートでは、八女の「職人さん」にスポットを当てて
ご紹介していますが、今回は「ベンチャーズサウンドフェスティバル」や、
「白木秋の収穫祭」などの取材でいつもお世話になっている、
立花町の平泰明さんの元を訪れ、本業の「包丁職人」の姿を取材してきました。

DSC_9941.jpg

"日本一の切れ味を誇る!!"ともいわれる平さんの「包丁」。
TV番組の企画では、ボーリングの球を切ったり、バズーカ砲の弾を切ったりと、
その切れ味のすごさは全国区に伝わっているため、平さん曰く「目に見えない行列」
と仰るバックオーダーが、なんと2年半ほどあり、オーダーしても中々
手にすることが出来ない包丁なんですが、その切れ味は、実際に使っている
木原さんも番組スタッフも保証する、素晴らしいものなんです。

昔から培われてきた先人たちの技術を、そのまましっかりと受け継いで
作ることが出来れば最高の切れ味を持った包丁が作れるんです!!
それがやれるかやれないかなんです!!と仰る平さん。

そんな平さんの包丁を実際に自分たちの手で作ることが出来るのが、
年に一回開催されている「旅する茶のくに週間」のプログラムにあるんですが、
年間に数名だけではあんまりなので...と、日曜日に限り、3人以上4人以下の人数で
あれば、「包丁作り体験」を...というよりも、平さん曰く「包丁を作る難しさを知る」体験
を受け入れますよー!!!と仰っていましたよ!!

なんでも、これまでには「結婚式のケーキ入刀用の包丁」や、
「フィアンセの為に」と、包丁作り体験に来た方々もいらっしゃったそうですよー!!

八女市茶のくに案内所が毎年おこなっている「旅する茶のくに週間」や、
個人で包丁作り体験をするのも良し、気長に包丁が届くのも待つも良し、
是非一度、盛弘鍛冶工場、平さんの包丁を手にしてみませんか?
本当に料理が楽しくなりますよ!!

【盛弘鍛冶工場】
 住所:福岡県八女市立花町白木440-4 
 お問い合わせ:0943-35-0051 
   若しくは、ホームページでお問い合わせくださいね。

八女の夜の飲食店特集「炉端焼きとワインのお店 ろばとわいん」

今週も、トークギャラリー後半パートは、八女の夜の飲食店特集です!!
三件目となる今週は、今回の取材をコーディネートしてくれた
八女市観光振興課の荒川真美さん行きつけの
「炉端焼きとワインのお店 ろばとわいん」にお邪魔して、
店主の松鵜一紗さんにお話を伺ってきました。

DSC_0014.jpg

実は松鵜さんは、昨年の夜の飲食店特集でご紹介した
「串揚げダイニング だるま」の店主、松鵜千晴さんの妹さん。
元々、お姉さんのお店「串揚げダイニング DARUMA」で
一緒に仕事をしていたそうですが、姉の千晴さんから、
お店が休みの日に飲めるお店を作って欲しいなぁ...とお願いされ
この、穂旗焼きとワインのお店 ろばとわいん」を開業したんだそうです。

お店には、お酒屋さんと話をして入れたというワインが赤、白、
それぞれ3種類程用意されている他、ワインに合う「らっきょう漬け」や、
お父さま達が一生懸命に作った無農薬野菜の焼き物、
もちろん、肉料理にお魚料理と、心が込められた美味しいフードもありますよー!!

DSC_0012.jpg

DSC_0011.jpg

一人でワインを飲みに来ても、料理を作りながら松鵜さんがお話してくれるので、
ほっと一息、心地よく過ごせるお店「炉端焼きとワインのお店 ろばとわいん」。
皆さんもふらっと立ち寄って、松鵜さんと会話を楽しみながら美味しいひと時を
過ごしてくださいね。

【炉端焼きとワインのお店 ろばとわいん】
 住所:八女市本町85 
 営業時間: 夜6時から深夜12時まで 月曜定休日
 お問い合わせ:0943-43-5174

Good Job 八女!

FM八女のスタッフの皆さんに、最新の八女の情報を教えて頂くGood Job八女!
今回は、FM八女の中島直樹さんに伝えて頂きました。

九州オルレ八女コース「バレンタインオルレ」

来月2日(日)、九州オルレ八女コースで、
「バレンタインオルレ」が開催されます。

自然豊かな小路(こみち)の風景を楽しみながら歩く、
韓国「済州島」発祥のトレッキング「オルレ」。
今回はラムネやポン菓子、そして温かい飲み物にスイーツのおもてなしがあり、
参加記念品のプレゼントもありますよ!!
また夫婦やカップルで参加された方には特典も!

定員は、先着50名。料金は、パンとポトフの昼食付きで1000円です。
申し込み締め切りは今月24日(木)まで。
参加の申し込みはFAXのみとなっています。
応募用紙は八女市のHPをご覧になってくださいね。

その他、詳しいお問い合わせは
八女市観光振興課 電話 0943-23-1192 まで

プレゼント

今週の八女のお土産は、八女観光物産館ときめきから、
お土産セットを2名の方にプレゼント!!


応募方法は、住所、お名前、電話番号と番組で発表されたキーワードを明記の上、
FAXかEメール、もしくはコチラの応募フォームからご応募ください。
FAX番号   092-526-5300「茶のくに 八女は楽しい」宛 
Eメールアドレス yame@fmfukuoka.jp

オンエア曲

♪ Sweet Hitch Hike  / マニッシュ・ボーイズ
♪ I Love U  / THEイナズマ戦隊

詳しくは下記アドレスから、radikoのタイムフリーで聴いてくださいね♪
(放送終了後から1週間だけ聴くことができますよ♪♪)

http://radiko.jp/share/?sid=FMFUKUOKA&t=20190119093000

カテゴリ

月別アーカイブ