fmfukuoka

番組紹介

放送時間: (土)09:30-09:50
出演: 木原友香

毎週土曜日の朝、「茶のくに」八女からの情報をお届けします。

メールアドレス: yame@fmfukuoka.jp
皆さんからのメッセージお待ちしてます。


第417回 2018年10月13日オンエア

ゆうかのトークギャラリー

矢部八名山登山と杣人の家の登山弁当 

毎年この季節になると、実際に登った模様をご紹介している
矢部村の「矢部八名山」登山。
今年は残念ながらことごとく取材日程であいにくの天候になってしまい、
お話だけを伺う事になりました。
もちろんお話を伺ったのは、いつも登山取材に同行頂いている
矢部支所の高山真由美さんです。
 
DSC_9094 (1).jpg

杣人の家の登山弁当は、リュックに入れてもひっくり返ったり、
偏らないようにと「二段弁当」になっていて、中身もぎっしりと詰め込まれているんです。

そして、その内容も豪華!!
栗ご飯、肉、魚、豆、野菜と矢部村の食材をふんだんに使った料理が
なんと15品も入っていました!!

DSC_9099.jpg

DSC_9100.jpg

本来であれば、そんな美味しい特別なお弁当を持って、
三国山の「鬼の洞」まで登山する予定だったんです。。。

高山さん曰く、岩の上に乗っかってるような場所で、360度全面が絶景!!
天気が良ければ遠くは雲仙、普賢岳まで見る事も出来る三国山の鬼の洞。
さらに、今月、来月にかけては、朝10時位までに三国山に登ると、
中級程度の山にも関わらず「雲海」も楽しめるそうですよー!!

是非、写真ではなく、実際にその景色を見てみたいですよね!!
皆さんも、スペシャルな登山弁当を持って、三国山をはじめ、
矢部村の八名山に登ってみませんか?
 
【矢部八名山と登山弁当】
  矢部八名山:山頂にはスタンプと、スタンプカードが用意されていて、
8つの山全てのスタンプを集めると、特製バンダナが貰えちゃいます!!
    詳しいお問い合わせ:矢部支所建設経済課 電話 0943-47-3111

  杣人の家の登山弁当
     完全予約制となっています。
5個以上の注文で1週間前までに予約をお願いします。
     詳しいお問い合わせは:杣人の家 電話0943−47−2173
(受付時間:午前10時から午後4時まで)     


矢部村の和紅茶

美味しい登山弁当を頂いたら、美味しいコーヒーや紅茶を山頂で頂きたいですよねー...
なんてお話を高山さんとしていたところ、
今年の「国産紅茶博覧会」に福岡県を代表して
矢部村の栗原製茶さんの和紅茶が出品されるんですよー!!と聞き、
早速お邪魔して、以前、矢部村の和紅茶の歴史について教えて頂いた、
栗原悠次さんいお話を伺ってきました。

DSC_9089.jpg

今年、栗原製茶として、全国の玉露の品評会で「1等4席」になっただけに、
高級茶の産地「八女」の誇りと自信を持って「国産紅茶博覧会」でも
美味しい和紅茶をおススメしてきたいです!!
と、仰るその表情がキリッと素敵だった栗原悠次さん。

なんでも、おいしい「和紅茶」は、まろやかで飲みやすいのが特徴で、
海外のダージリンのような苦みが強く、風格のある味にはならないものの、
砂糖を入れなくてもほのかに「甘味」を感じとれる、
お年寄りにも子供にもおすすめの紅茶なんですって。
 
今では、「和紅茶」が大好き!!という消費者も増えている中、
より美味しい和紅茶を作ろう!!と、八女地区だけでも20店ほどの
お茶屋さんや生産者が切磋琢磨しながら作っているそうで、
栗原製茶では、今年、緑茶用の茶葉「さやまかおり」を使った紅茶と、
和紅茶用に開発された茶葉「べにふうき」を使った紅茶を作ってみるほど、
煎茶、玉露と同じように真剣に和紅茶の生産にも力を入れているそうです。

高級茶産地が作る、ほのかに甘味を感じ取れる「和紅茶」も是非、
楽しんでくださいね。

【栗原製茶の和紅茶】
  住所:矢部村北矢部 4236
  お問い合わせ:0943-47-2073 
(ホームページもあります。栗原製茶で検索してくださいね)
  和紅茶は、八女観光物産館ときめき や、 
八女本舗でも購入することが出来ますよ。
 


Good Job 八女!

FM八女のスタッフの皆さんに、最新の八女の情報を教えて頂くGood Job八女!
今回は、FM八女の木下晴菜さんに伝えて頂きました。


「八女のロマンマルシェ」

八女福島地区にあるお寺「明永寺」で、
来週21日(日)、"田舎暮らしとイイモノ"に触れ合えるイベント
「八女のロマンマルシェ」が開催されます。

当日は、八女で感じる「田舎暮らし」をテーマに
ウナギの寝床の渡辺さんや、株式会社エージェントプラス代表の橋口さんの
トークショーが開催されるほか、

お茶屋さんはもちろん、メキシコ料理など美味しい食を楽しめる飲食ブースや、
アロマでゆったりできるお店などなど、素敵なお店が大集合!!

他にも、リースづくりや利き茶といった体験コーナーもあり、
大人も子供も楽しめちゃいますよ♪

詳しいお問い合わせは、
八女市地域振興課 定住対策係、 電話0943-24‐8162まで


プレゼント

今週の八女のお土産は、番組でもご紹介した「栗原製茶」の和紅茶と、
緑茶をセットにして2名の方にプレゼント!!


応募方法は、住所、お名前、電話番号と番組で発表されたキーワードを明記の上、
FAXかEメール、もしくはコチラの応募フォームからご応募ください。

FAX番号   092-526-5300「茶のくに 八女は楽しい」宛 
Eメールアドレス yame@fmfukuoka.jp

オンエア曲

♪ SONG FOR YOU  / 岡本真夜
♪ スコール / フォーリミテッド・サザビーズ

第416回 2018年10月6日オンエア

ゆうかのトークギャラリー

八女さるーく祭り 

毎週、八女各地で開催される色々な「お祭り」をご紹介していますが、
八女の夜の飲食店を食べ歩き出来る、私も楽しみなおまつり「八女さるーく祭り」が
今年も開催されると聞き、早速お話を実行委員長で、「炭火焼き鳥すぐる」、そして
「炉端焼き 一八」の店主、井上卓さんにお話を伺ってきました。

DSC_9004.jpg

八女市福島地区と土橋地区にある飲食店43店舗の中から、気になるお店を巡って、
その日用意された限定メニューの飲み物やフードを楽しみつつ、
13組ものパフォーマーのパフォーマンスまで楽しめる「八女さるーく祭り」。

実はお店側が思っている以上に、参加するお客さんが楽しみにしている
お祭りだそうで、またそのお客さんの期待を裏切らないように、
専用メニューを増やしたり、自慢の逸品を専用メニューに組み込んだりと、
各お店も一生懸命に取り組んでいるそうですよー。

さらに今年は、同時開催として「俺の一杯」という企画もあるんです。
こちらは事前購入した「さるーくチケット」1枚を限定500個用意された
「さかずき(ぐい飲み)」と交換。その「さかずき」を持って、
お店で「俺の一杯」というだけで、店主おススメのお酒を1杯いただけちゃうんです。
これ、日本酒好きな方にとっては最高の企画です!!

すでに、「さるーくチケット」の前売り券は販売中です。
予定と体調を整えて、是非八女の町で楽しい一夜を過ごして下さいね。

【第4回 八女さるーく祭り】
日時:10月19日(金) 午後5時スタート。
場所:八女市福島土橋界隈で開催。
店先に「さるーく祭り」の提灯が掲げられているお店。
チケットの販売:前売りは、1セット700円、1人5セットまで購入可。 
八女商工会議所、八女観光物産館ときめきで購入できます。
当日券は、1セット1000円、西日本シティ銀行八女支店駐車場内
インフォメーションブースで販売です。
お問い合わせ:八女市商工会議所 アンテナエイト事務局 電話:0943-22-5161
     


土橋八幡宮 神幸行事

先ほどご紹介した「八女さるーく祭り」が開催される「土橋地区」といえば、
境内に飲食店や雑貨屋さんが軒を連ねる「土橋市場」と「土橋八幡宮」が有名ですが、
そんな「土橋八幡宮」で開催されている神事
「土橋八幡宮 神幸行事(じんこうぎょうじ)」が今年も執り行われると聞き、
いつもお世話になっている「八女市観光振興課」の職員で、
土橋八幡宮神 神幸行事保存会の獅子方(ししかた)を務める、
今里健介さんにお話を伺ってきました。

DSC_9018.jpg

この「土橋八幡宮 神幸行事」、元々、稲富地区にあった「稲富の八幡宮」を、
福島城の城主だった田中吉政が、1601年に今の土橋地区に移したことから、
年に一度、「八幡様」が稲富地区にある「御旅所」に里帰りをする...という神事で、
毎年、10月17日には土橋八幡宮から稲富地区へ、
そして2日後の19日には稲富地区から土橋八幡宮へ、
御神霊が乗ったお神興と獅子舞、そして、しゃぐまを被った子供達や笛や鉦、
太鼓を擁する神楽隊など、100名前後の皆さんが、
人々の無病息災を願ってねり歩くんだそうです。

今年は、お帰りになる19日が丁度「八女さるーく祭り」の開催日と一緒なので、
少しだけ早めに出かけて、神幸行事を楽しんでみませんか?
ちなみに、獅子舞は夜、土橋地区の飲食店を回って、厄払いをするそうなので、
是非出会った時は獅子舞に頭をカプカプしてもらって、
厄払いをして無病息災を願ってくださいね!!

DSC_9010.jpg

【土橋八幡宮神幸行事】
 日時:10月17日(水)と19日(金) 
両日ともお昼3時から神幸行事がおこなわれます。
 お問い合わせ:八女市文化振興課 電話:0943-24-8163


Good Job 八女!

FM八女のスタッフの皆さんに、最新の八女の情報を教えて頂くGood Job八女!
今回は、FM八女の中島直樹さんに伝えて頂きました。


茶の文化館「茶花in星野焼展」

今日10月6日(土)から8日(月・祝)までの3日間
八女市星野村の茶の文化館で「茶花in星野焼展」が行われます。

星野村に咲く野花を、星野焼三窯元の器に生け、館内を彩る他、
籠や竹の花入れなど、およそ40点の作品が展示されます。

さらに、7日(日)は「秋の花の和菓子作り体験」が、
そして8日(月)は「押花デコ缶作り体験」が それぞれ600円で体験できますよ。

詳しいお問い合わせは、茶の文化館 電話0943-52-3003まで。
また、茶の文化館は昨年4月のリニューアル以降、入館無料になっています。

茶花の素朴な美しさに心安らぐひと時を過ごしませんか。

プレゼント

今週の八女のお土産は、「八女さるーく祭り」の前売りチケットを販売している、
八女観光物産館「ときめき」から、おススメのお土産を2名の方にプレゼント!!


応募方法は、住所、お名前、電話番号と番組で発表されたキーワードを明記の上、
FAXかEメール、もしくはコチラの応募フォームからご応募ください。

FAX番号   092-526-5300「茶のくに 八女は楽しい」宛 
Eメールアドレス yame@fmfukuoka.jp

オンエア曲

♪ GIGS  / ザ・クロマニヨンズ
♪ COS / LUCKY TAPES

第415回 2018年9月29日オンエア

ゆうかのトークギャラリー

ベンチャーズサウンドフェスティバル 

八女の町では毎週、「秋」を彩るお祭りが各地でおこなわれていますが、
10月に入ると、立花町では、毎年恒例の野外音楽イベント
「ベンチャーズサウンドフェスティバル」がおこなわれます!!
そこで、今年も実行委員長を務める平泰明さんにお話しを伺ってきました。

DSC_8968.jpg

今年で10回目、節目を迎えた「ベンチャーズサウンドフェスティバル」。
そこで、東京から女性ギタリスト「GO!GO!TOMOKO」さんを特別ゲストに迎え、
ウクレレDJの岡部はち朗さんがMC務めるスペシャルバージョンでの開催なんです。
九州各地から集まったベンチャーズのコピーバンドの演奏と共に、
より楽しめるイベントになりそうですよね!!
また、例年恒例「おひとりさまベンチャーズ」こと、バンドメンバーがいない方でも、
飛び入りで演奏を披露できる時間も設けられていますので、
我こそは!!という方は、楽器を持参するとより楽しめるかもしれませんよ。

もちろん、会場では地元のお母さんたちが手作りした美味しい食や、
夢たちばなビレッジの石窯ピザ等、立花町の美味しい食も味わえますし、
イベントの最後には抽選会もおこなわれ、立花町の美味しい産物も当たるので、
ベンチャーズファンはもちろん、ベンチャーズのことをあまり知らない方も
一日存分に楽しむことが出来ますよ!!
是非、秋空の下、ベンチャーズサウンドで楽しんでくださいね。

【ベンチャーズサウンドフェスティバル】
日時:10月14日(日) 午前10時からスタート。
(因みに平さん達の立花ベンチャーズは10時に登場!!)
料金:2000円 (1ドリンク付き)
場所:八女市立花町白木地区 夢たちばなビレッジ
問合:夢たちばなビレッジ 電話:0943-35-0022
     

FM八女さんとのコラボ企画 第30弾

毎月最終週のトークギャラリーパート2は、FM八女の皆さんとのコラボ企画、
 八女の皆さんによる八女のスポット、イベント、よか所をご紹介して頂きます!!

今回は、FM八女から中島直樹さんをスタジオにお迎えして、
愛犬や愛猫など、ペットの写真を元にオーダーメイドで立体のオブジェや時計等を
作ってくれる「アートクリエイト」をご紹介して頂きました。

【アートクリエイト】
住所:八女市豊福 ※以前ご紹介したケーキ屋さん「オシャンティー」の隣。
県道82号線久留米立花線(藤山線) 広川ICから8分
定休日:不定休
電話番号:080-3220-9696 オフィシャルホームページを是非ご覧ください。 


Good Job 八女!

FM八女のスタッフの皆さんに、最新の八女の情報を教えて頂くGood Job八女!
今回は、FM八女の高木祥平さんに伝えて頂きました。


森林セラピー「森の癒しとフォークデュオ 五円玉コンサート」

八女市黒木町「くつろぎの森 グリーンピア八女」の、森林セラピー基地で
10月20日(土)に、「森の癒しとフォークデュオ 五円玉コンサート」が開催されます。

森の持つ癒しの効果を、心と体の健康に生かす「森林セラピー」。
今回は、午前中に森林セラピーロードを森の案内人と共に歩き、
午後からは「森のなかまたち&フォークデュオ"五円玉"」によるコンサートが
楽しめます!!

1日を通して、秋の自然の癒しと、音楽の癒しを体いっぱい感じてくださいね

参加料は、森の癒し弁当、温泉券付きで2000円。
定員は先着50名、募集締め切りは10月9日(火)までとなっています。

お問い合わせは、
八女市役所黒木支所 産業経済課 電話0943-42-1115まで


プレゼント

今週の八女のお土産は、八女のアンテナショップ「八女本舗」から
美味しい八女のお土産セットを2名の方にプレゼント!!


応募方法は、住所、お名前、電話番号と番組で発表されたキーワードを明記の上、
FAXかEメール、もしくはコチラの応募フォームからご応募ください。

FAX番号   092-526-5300「茶のくに 八女は楽しい」宛 
Eメールアドレス yame@fmfukuoka.jp

オンエア曲

♪ パイプライン  / ベンチャーズ
♪ 水面の輪舞曲 / 奇妙礼太郎

第414回 2018年9月22日オンエア

ゆうかのトークギャラリー

五條家御旗祭り 

毎週、八女各地で開催される秋のお祭り情報をご紹介していますが、今週は、
黒木町で開催される、歴史ロマンを感じずにはいられないお祭りを2つご紹介します。
まずは、南北朝時代から受け継がれてきた宝物を
年に一度だけ一般公開されるお祭り、「五條家御旗祭り」について、
五條家25代目当主、五條元滋さんにお話しを伺ってきました。

DSC_8966.jpg

日本で唯一現存し、国の重要文化財にも指定されている「金烏の御旗」を観て、
五條さんから宝物についてのお話を伺うことが出来る「五條家御旗祭り」。

今を遡る事およそ680年前、南朝の後醍醐天皇が、日本を平定するため、
各地に4人の皇子を派遣します。九州にはまだ幼かった懐良親王が
征西将軍に任命され、その補佐役、後見人として随行してきたのが、
五條家初代、五條頼元。

そして、各地に4人の皇子に派遣する時に後醍醐天皇が送ったのが、
天皇の御印として、「八幡大菩薩」の文字を後醍醐天皇が自ら書き、
太陽を表す「カラス」の絵が描かれた「金烏の御旗」なんです。

なんでも、五條頼元は、元々「勧解由次官」という、文章を書く文官だった...
ということもあり、この金烏の御旗をはじめ、天皇から送られてきた書簡や
「髻の綸旨」と呼ばれる密書を綺麗に残していたのでは?五條さんはと
仰っていました。

他にも、南北朝時代から江戸時代に至るまで、天皇家との書簡はもちろん、
五條家と所縁のあった、立花家や大友家、加藤清正など、
武将たちとの書簡がまとめられた五条家文書や、
甲冑等々、五條家の皆さんが、680年間、代々命を懸けて守ってきた宝物です。
是非、この機会に実際に見て下さいね!!

【五條家御旗祭り】
 日時:9月23日(日/秋分の日) 10時から神事を執り行い 11時から一般公開
 会場:黒木町大淵地区 五條家 
(向かいにある「げんき館おおぶち」に駐車出来ます)
 詳しいお問い合わせ:八女市文化振興課  0943-23-1982
 


木像聖観音立像「聖観音提灯願い大祭」

前半パートでは、南北朝時代から受け継がれてきた宝物のお話をご紹介しましたが、
後半パートも歴史ロマンあふれるお話です。黒木町北木屋地区に伝わる
木像聖観音立像にまつわるお祭り「聖観音提灯願い大祭」について、
木像聖観音立像保存会の顧問、馬渡清蔵さん、会長の松尾義人さん、
そして委員の嶋富司さん、堤光明さん、馬渡淳二さんにお話を伺ってきました。

DSC_8956.jpg

DSC_8958.jpg

遡ること800年前、鎌倉時代のお話なんですねぇ...
当時、猫尾城の城主で、横笛の名手だった「黒木助能」が、
京の都に派遣されていた時、その笛の演奏に感動した天皇が、
褒美に「調」という苗字と「刀」、そして「美女」を授けられたそうなのですが、
お腹の中にはすでに子供が...その本当の父親というのが、
後に左大臣まで務めることになる「徳大寺佐中将実定卿」だったんです。

お腹の中にいた子供は「黒木四郎」と名付けられ、
「2代目の猫尾城主」になりましたが、病気で僅か18歳で亡くなってしまう事に。
その事を伝え聞いた「徳大寺佐中将実定卿」が我が子の冥福を願い
黒木町に送ったと言われるのが、この「木像聖観音立像」なんです。

そんな、木像聖観音立像に願いを込めて開催されるのが、
この「聖観音提灯願い大祭」。およそ800個もの提灯に、
願いを書き込んだ金色銀色の短冊を下げるそうで、
昼はキラキラと光りに反射して美しく、
夜になると、紅白に並んだ提灯のあかりが幻想的な雰囲気にしてくれるそうですよ!!
また、当日は16時から護摩炊き、火渡り神事もおこなわれたり、
女性部の皆さんが手作りした、クチナシで染めたおにぎりや、
具沢山のだご汁などの振る舞いもおこなわれるそうですよー。

【聖観音提灯願い大祭】
 日時:10月7日(日) 朝から夜7時ごろまで
 場所:黒木町木屋(くろぎまち こや)地区にある「木像聖観音立像」お堂
 電話:黒木支所産業経済課 0943?42?1115
  


Good Job 八女!

FM八女のスタッフの皆さんに、最新の八女の情報を教えて頂くGood Job八女!
今回は、FM八女の木下晴菜さんに伝えて頂きました。


あるくとぷらす「わくわくいっぱいマーケット!」

八女福島地区にある、靴のお店「あるくとぷらす」では、
「八女福島の燈籠人形」公演や、「あかりとちゃっぽんぽん」の賑わいに合わせ、
明日23日(日)、午前11時から夕方4時30分まで
一日限定の「わくわくいっぱいマーケット!あるくとまるくと」が開催されます。

八女茶にスイーツ、ガラス細工やハンドメイドの革小物をはじめ
雑貨に足つぼマッサージ等々、わくわくするようなお店が大集合しますよ。

さらにご来場の皆さまには「八女福島お散歩マップ」をプレゼント。

また、同時開催として、今日、22日(土)夜19時からと、
明日23日(日)の午後1時から、「演劇や落語の舞台あくとまるくと!」も実施。
当日チケットもありますよ!!

詳しいお問い合わせは、
靴あるくとぷらす、 電話0943-0943-23-5566までお願いします。


プレゼント

今週の八女のお土産は、黒木町の美味しいお茶とお菓子をセットにして
2名の方にプレゼント!!


応募方法は、住所、お名前、電話番号と番組で発表されたキーワードを明記の上、
FAXかEメール、もしくはコチラの応募フォームからご応募ください。

FAX番号   092-526-5300「茶のくに 八女は楽しい」宛 
Eメールアドレス yame@fmfukuoka.jp

オンエア曲

♪ KATOKU  / レキシ
♪ NEW DAY  / 藤原さくら

第413回 2018年9月15日オンエア

ゆうかのトークギャラリー

鹿里棚田彼岸花祭り 

1年間、四季折々の花を楽しめる「八女」。9月後半になり彼岸花が咲き始めると、
秋空の青、田畑の緑、そして「真っ赤」な彼岸花のコントラストがたまらない、
美しい風景が広がるんです。今年も、星野村鹿里地区の棚田では、
彼岸花まつりが開催されると聞き、鹿里ふるさと会 会長の林田典人さんに
お話を伺ってきました。

DSC_8913.jpg

DSC_8911.jpg

今年で10回目となる「鹿里棚田彼岸花祭り」。
今年は、スマホを使って撮影した写真で参加できる
「インスタグラムフォトコンテスト」を開催。
なんと、イベント当日に表彰作品を決定して、
お米や野菜などの商品ももらえるそうですよー!!

今年も地元の女性グループ「子鹿の里」の皆さんが
腕によりをかけて作った「だご汁」に、「農産物」の販売が行われる他、
秋分の日23日(日/祝)は「餅つき大会」も開催されますよ。

また、茶の文化館や星の文化館の下にある、「おばしゃんの店清流」前からは、
期間中朝10時から夕方4時までシャトルバスも運行され、
気軽に鹿里の棚田まで行くことが出来ますので
是非、棚田と彼岸花の風景を楽しみつつ、
地元の皆さんとの交流を楽しんで下さいね。
 
【鹿里の棚田彼岸花祭り】
 日時:9月21日(金)から23日(日/祝)にかけて3日間
 場所:星野村鹿里地区 「天空の里」
 お問.い合わせ:星野支所 建設経済課 電話 0943-52-3114

   


西日本豪雨災害支援 現代国際巨匠絵画展-未来につなぐ星野村づくりを目指して-

先ほどご紹介した「鹿里の棚田彼岸花祭り」と同時期に、
同じく星野村で、チャリティー絵画展
「西日本豪雨災害支援 現代国際巨匠絵画展
-未来につなぐ星野村づくりを目指して-」が開催されると聞き、
NPO法人 がんばりよるよ星野村の代表で、
今回の絵画展の実行委員長を務める山口聖一さんにお話を伺ってきました。

DSC_8903.jpg

元々、山口さんは、災害復旧を目的にボランティアのとりまとめなどをおこなってきた
「がんばりよるよ星野村」の創設者で、平成24年7月に発生した
「九州北部豪雨災害」で甚大な被害が発生した星野村の復旧復興に向けて
活動を続けてきました。

そんな中、農山村と都市を結び活性化を図る福岡県の事業
『協定で育む「農山村との絆」モデル事業』を知り、参加しました。
そこから、星野村を支援しようという企業や団体の皆さんとともに
「ふるさと創生の会」が結成され、過疎化対策や、地域おこしなど、
様々なテーマについて毎月会合をおこなう中、「文化交流」も出来るのではないか?
とのアイデアが上がり、今回、ふるさと創生の会のメンバーで
チャリティー絵画展を数多く実施している会社が中心となり開催するのが
この「現代国際巨匠絵画展」なんです。

この展覧会では、ピカソやシャガール、平山郁夫に東山魁夷と、
国内外問わずおよそ50人もの画家の原画や版画が100点以上も展示される他、
スペインの画家、ミゲール・ペイドロ・ベンゲル画伯が来場し、サイン会も実施。
また、出展作品はすべて購入することも出来、
その売り上げの一部は西日本豪雨災害支援の義捐金や、
星野村のこれからの活動資金に充てられるそうですよ。

是非、星野村で初秋の風景を楽しみながら、巨匠たちの絵画を観てくださいね!!

【現代国際巨匠絵画展】
 日時:9月22日(土)から9月24日(月/振替休日) 午前10時から午後6時まで
 会場:星野村総合福祉センター そよかぜ
 詳しいお問い合わせ:未来につなぐ星野村チャリティー絵画展実行委員会 
電話0943-52-3114
 


Good Job 八女!

FM八女のスタッフの皆さんに、最新の八女の情報を教えて頂くGood Job八女!
今回は、FM八女の中島直樹さんに伝えて頂きました。


第31回奥八女黒木ハーフマラソン-

11月11日(日)に 八女市黒木町で開催される
「第31回奥八女黒木ハーフマラソン」の参加申し込みがスタートしています。

参加料は3000円。
コースは、ハーフ、10キロ、5キロの3部門があり、
高級八女茶や柚子胡椒、タオルの参加賞と、
美味しいおふくろの味の「お昼ご飯」も味わえる他、
参加者には、10万円分の旅行券をはじめ、グリーンピア八女や
グリーンパル日向神峡の宿泊券、そのほか八女茶や地元特産品が当たる福引きも
チャレンジできますよー。

申し込み締め切りは今月28日(金)まで。
ですが、先着1200名となっていますので、お早めにお申し込みくださいね。
詳しいお問い合わせは、電話0943-42-1111奥八女黒木ハーフマラソン事務局まで。

奥八女の秋を感じながら走ってみませんか。


プレゼント

今週の八女のお土産は、星野村の美味しい新米とお茶をセットにして
2名の方にプレゼント!!


応募方法は、住所、お名前、電話番号と番組で発表されたキーワードを明記の上、
FAXかEメール、もしくはコチラの応募フォームからご応募ください。

FAX番号   092-526-5300「茶のくに 八女は楽しい」宛 
Eメールアドレス yame@fmfukuoka.jp

オンエア曲

♪ 笑って許して  / クレイジーケンバンド
♪ 明日を拓こう / 半崎美子

カテゴリ

月別アーカイブ