fmfukuoka

番組紹介

放送時間: (土)25:30-25:55
提供: ソースコ
出演: 椎葉ユウ × ゲストミュージシャン

福岡一の音楽好き、椎葉ユウを相手に、毎週ゲストミュージシャンが登場!
ゆったりとした自由な感じの対談で、ライトな話、深い話、バカ話、マニアック話、シリアス系など何でもあり。
ゲストには、毎回、うまから調味料「ソースコ」をプレゼント!

メールアドレス: kakeru@fmfukuoka.jp


意外と、「福岡×」でさしで話すのは初めてでしたね。
前回はゴーゴーバニラズとのスプリットゲストでしたから。(詳しくはPodcastのアーカイブ、2016年7/30オンエア分を探して、ほぼ完全版を聴いてみてください)

ROYロング.JPG

THE BAWDIESのフロントマン、VOCAL&BASSの、ROYさん。

ボゥディーズ、ずっと昔から、大好きなんです。

・・・思わず、ずっと昔って言っちゃいましたが。

50年代・60年代からずっと活動していて、今も2010年代にしかできないフレッシュなR&Rをぶちかましている、若手バンド。

・・・って、つじつまは合ってないですけど、なんかそんな感覚にとらわれるんですよね。

サム・クックやチャック・ベリーやビートルズやストーンズ(60年代のね)の前座やってなかったっけ?
みたいな。

でも、パンク・グランジ・オルタナ以降の音を出すバンドでもあるよね?
みたいな。


優秀なタイムマシンのようなバンドです。

自らのルーツであるR&R、R&B、ブルース、ソウルを大切にしているからこそ、それを今の10代に聴かせる音にしないとだめなんだ!

そのへん、よくわかってるなあと思います。

かといって、コンセプト優先の頭でっかちにもならず。

言葉にできない、よくわからない衝動もしっかり持っていて。

そしてなにより、R&Rバンドらしく、ライブでガッツガツに鍛えられた演奏力があって。

また四人のキャラクターと役割分担も、いいんですよ。

ROYパクチー.JPG

ウマカラ・パクチードレッシングをプレゼントしたら「これTAXMANに取られちゃうな?」って。

「バンドのロゴをマーシーがなかなかバスドラのヘッドに付けようとしない」とか。

言葉の端々に、幼馴染らしい突っ込みに、仲の良さが滲んでます。

ROYソースコ見る.JPG

前回ご出演は、ゴーゴーバニラズとのツーマン出演(ROYさんと牧達哉さん)だったので、弟分に花を持たせて?ソースコ他のウマカラセットも先に牧さんに選ばせていたそうですが、
今回は全部ボゥディーズで独り占め。


今頃やいのやいの言いながら、メンバーで分けてることでしょう。

JIMさんは酒飲みだからかぼちゃの種スナックかな・・・


それにしても、NEWアルバムの「NEW」が素晴らしくかっこよかったんで、ひたすら絶賛の対談となりました。

だってもともと、大好きだったバンドが、濃いR&R,R&Bフリークに話題になり始め、アイドル的な人気の時期もあり、その後いろんな生きのいい若手が出現し、それでも今を切り裂いてパワフルなR&Rを伝えてるんですから。

いわゆるJPOPではない、本当の意味でオルタナティブなR&RなPOPをこの時代に聴かせるんですから。

ご本人的にも、今までで一番いいアルバムが出来たと自画自賛のアルバム「NEW」、絶対聞いてほしい!!!

いろんな方向に思いっきり振りきった、カラフルでエッジの利いたアルバムです!

2017年の、最新型ロケンロールです!!!

6/11、日曜の福岡市民会館でのライブも、これまで以上にキレッキレかつロマンティックな、第二期ボゥディーズが体験できるはず!!

ROYソースコ.JPG

ROYさんの、Sなのに丁寧なライブMCの秘密にも迫れたのでよかったです。

ぜひ、ほぼ完全版もPodcastでお楽しみください。

#癒着が #スタッフに睨みつけられた #THIS IS MY SOUL #SONICS #ロックンローラーだけど上下関係大事 #父親がワイルド #ハーレム・スクエア・ライブ #次の次のステージ #「ジャパニーズ・ロックンロール・リバイバル」 #日本のR&R史に残るアルバム #ROYとJIMぼろ泣き

BAWDIESPODCAST.mp3

来週はこちらも二度目の登場、SHISHAMO!!! スマホのCMに出ててびっくりしたよね!

ダイノジ普通.JPG

初の、お笑い芸人の方です。

ま、ダイノジさんは御本人もおっしゃってましたが、
お笑いより、DJやラジオやエアギターなど音楽がらみの仕事の方が多いそうなので、音楽関係者としてお招きしたということで。


一切、お笑いの話はなしで、音楽の話のみ、でした。


私もDJもやりますし、ラジオでこうやって音楽紹介してますし、エアギターはやってないですが、同じようなことをやっている者としてゆっくり話を聴くという、なかなかない体験。

ルーツや音楽遍歴の話を伺うと、パンク(特にCLASH)、三大O(オー)=奥田民生さん・岡村靖幸さん・小沢健二さん、そこからのビートルズ、プリンス、久保田利伸さん、そこからのスティービー、RCからのエレカシ、そしてユーミンさんは別格の天才・・・


私の方が10くらい年上なんですが、大谷さん音楽の掘り方が深いから、全く同じようなところを押さえてらっしゃる。

ダイノジ熱弁.JPG

そして、「ユーミンの東京の捉え方はどこが独自なのか」とか、「ピストルズよりクラッシュを魅力的に感じるのはどういうことか」といったようなところを語れる批評性と、「コステロが日本公演で学生服を着てた」、「エレカシがパフォーマンスを大きく変化させた最初の下北ライブ」とかの細かい知識と、そして、「アメトークのフェス芸人に呼ばれない」「初めてHしたときのために選曲を考えていた童貞時代」みたいな自虐やあるあるの面白さと。

まあなかなかいらっしゃらないですね。ここまで音楽に対する愛情が詰まった芸人さんは。

多分、音楽への愛情と熱量がありすぎて、誰も相手が出来ないから、アメトークに呼ばれないんではないかと思います。

選曲して頂いた曲も、ユーミンさんだったら「雨の街を」、コステロは「エブリデイ・アイ・ライト・ザ・ブック」って・・・

いいとこ選曲しますねえ!!

ダイノジアップ.JPG

インタビュアー的には楽させていただきました。一つの振りで、次々に話が飛び出る飛び出る・・・

飛び出すぎて、時間が無くなり、ソースコそのほかウマカラ調味料一式をプレゼントしたくだりが収録できませんでした。


スポンサーのDJウマカラ社長!!!

すいません!

でも、安心してください(古い)

ダイノジソースコ.JPG

ちゃんと、プレゼントしましたよ!

今回もやはり、いい話面白い話をちょこちょこカットせざるを得ませんでした・・・

90年代は芸人さんが音楽に詳しいのはカッコ悪い時代だったので・・・
今の日本の音楽シーンのこと・・・
三代目や星野源さんの話・・・

ぜひ、ポッドキャストでほぼ完全版をお楽しみください。


#ダイノジのラジオの方 #エアギターの方 #ジャイアンナイト #孤立無援 #ミスチル初期盤 #ビートルズとクレイジー #一貫性ない人が好き #キー・オブ・ライフ #久保田さん元野球部 #ラジオっ子同志 #パジャマ5着 #ボードゲーム3つ #ラフィン・ノーズ #松本大洋 #花男 #ミッツ・マングローブ #肯定感が大事 #WANIMA #sumika #BRADIO #R.Y.U.S.E.I. #ハッピーすぎて泣く 

ダイノジPODCAST.mp3


次回はTHE BAWDIES!!最高におニューなアルバムを携え登場!

今回、「GLAYのTAKUROさんのインタビュー収録、できますよ」と聞いて、

「あ、ものすごく久しぶりだからやらせていただきたいな」と思いました。

その時には、まさか、こういう対談になるとは夢にも思わず・・・

だって、GLAYとしてのキャンペーンだと思ってたから。

今のGLAYの方向性とか、曲の制作方法とか、その辺に変化があるのかとか。(なんせ、ちゃんとのインタビューは10年以上ぶりなので)
今の四人の関係性とか。

その辺を根掘り葉掘り、伺おうと思ってたんですが。

以前、4人とも来ていただいてインタビュー特番をさせていただいたときに、GLAYの4人は音楽的に根掘り葉掘りされても全くめんどくさがることなく、
それどころか「そんな深いところまで聴いてもらって嬉しいです」という反応でしたし。


しかし!!!!!

TAKURO1.JPG

今回は実は、TAKUROさんの初のソロアルバム、しかもギターインストアルバムのキャンペーンだったのです!!

このアルバム「JOURNEY WITHOUT A MAP」が、とにかくビックリ、そして同時に「ギタリストTAKURO」さんの核にはこういうものがあったのか、という・・・

リスナーの方も地図無き旅をするかのような、新鮮な発見に満ちたものになっておりまして。

まあとにかく違った角度からの根掘り葉掘りになりました。

実は、まずアルバムジャケットを見て、すでに「おおっ?」と思ってたんです。

まるで、アメリカの、派手ではないが新しい挑戦を続けているベテランミュージシャンのアルバムのような色と雰囲気の渋さ。
トム・ウェイツ、ディラン、トム・ペティ、とかその辺の?

そして一曲目を聴いたらこれがまたビックリ。

楽器編成、演奏スタイルは、JAZZのそれに近いんです。

オンエアやPodcastをお聞きいただければわかると思いますが、TAKUROさんご本人は「JAZZアルバム」を作ろうと思っていたわけではなく、とにかく、一音一音に込める中身が充実していて、音数(音楽としての情報量)は極力減らして、コクのある音楽にしたかった、
そしてその結果自分のギタリストとしての核にあるジャジーでブルージーなものが自然と出てきた、ということでした。


つまり、GLAYのときとは全く違うやり方で、でもやはり何十年もGLAY号のキャプテンとしてやってきたものは大事にしつつ、自分の、今、ギタリストとして表現すべきものを表現したら、こういうものになっている。

そういうことなのかなと思います。

そこには、もちろんB'zの松本さんという敬愛する先輩からのアドバイス・プロデュースがあって。

敬愛する「レス・ポール」というギターの、50年代製作ヴィンテージものの、ならではの音があって。

TAKURO製品見る.JPG

ですので。

ぜひ、GLAYのファンの方も、そうでない方も、まだ聴いたことがなければ、先入観を取っ払って聴いてみて欲しいです。


私は、(もうすぐ来福してくれる)JEFF BECKの70年のギターインストアルバム「BLOW BY BLOW」を思い起こしたりしました。

もともと、バンドでロックを追求していたギタリストが、よりギターの音の可能性を追求してできたアルバム。

TAKUROさんの方がよりリラックスできる音楽性になっていますが。


まあそれにしても、相変らず、「言葉で伝える」ということに長けている方です。

非常に理論的なのに感覚的に分かりやすい言葉で語ってくださいます。

インタビュアーとしては、楽させていただきました・・・

ちょいちょいGLAYとの比較の話になった時、ちょっと辛口に昔からの大切な仲間(であり、GLAY号乗組員)への愛情あふれる感じでGLAYを語るのが、すごーく、いい感じ、でした。

TAKURO談笑.JPG

2/13、14とIMSホール2デイズです。LIVEに関してはGLAYの時とは当然全くやり方が違うということですし。

じっくり、スリリングに、ギターサウンドを楽しめそうです。


どんなふうなライブになりそうなのか、福岡という地への憧れ、ギターの音質に関する専門的な話、など、かなりカットせざるを得ませんでしたので・・・

ぜひ、Podcastでほぼ完全版を。


#「TAKUROらしいね」 #自分で料理する #「あなたご飯よ」は・・・ #歌本 #明星 #分数コード #ボウイ・レベッカ・ブルーハーツ・ストリートスライダース・尾崎 #GLAYは「JOURNEY WITH FEELING」 #頼りになるJIROさん #HISASHIさんTERUさんは好きにして #地図のない一人旅 #シグネイチャー・トーン #クラフトマンたちの情熱 #音が聞こえなくなっても弾いてろ #松本さんの受け売り #オープンG #変なフェイク #10分間ドラムソロ #JAZZマンのかわいがり? #3枚はやる

TAKUROPODCAST.mp3


TAKUROソースコ.JPG

ウマカラセット、移動中のビールのつまみに、料理の足しに、していただいてるかなあ・・・


次回は、初の芸人さん!ダイノジ大谷ノブ彦さん登場!!!!
食われないようにしないと!

男性ミュージシャンの中では最多登場ですね・・・

ひいき、してますね・・・

ゴーグルズ1.JPG

ゴーグル、今回はちゃんとしてます。

最近、車のローカルCMでもおなじみです。

私服にゴーグルだと、こんな感じ。


ちょっとスキーやスノボの好きな中年男性グループ・・・

には、見えないか。


一回目から毎回登場のEJゴーグルさん、セシル・ゴーグルさんは今回も登場。

初登場のJJゴーグルさんとTKゴーグルさんをセンターにしてみました。

毎度おなじみ音楽の目覚め話、JJさんとTKさんにしていただきました。


そして、なんといっても27日にリリースされたばかりのセカンドアルバム、「MAGICAL MYSTERY TUNES VOL2」の話もたっぷり。

曰く、VOL1が初級編、けっこうわかりやすいビートルズパロディ&オマージュだったのに対し、今回は中級編。

ビートルズのみならず、60年代・70年代のブリティッシュなあのフレーズこのフレーズ・・・
に、似たフレーズ、似たオカズ、似たメロディ、満載。

ビートルズファンが口あんぐりの、もろにビートリーな曲ももちろんありますが。

ビートルズファン以外もニヤニヤできる、素晴らしい完成度の日本語ブリティッシュロックアルバムでもあります。

まあ聴いてみてくださいよ。

ゴーグルズ談笑.JPG

いい大人が、笑いながら(ケンカしそうになったりすねたりもしてるようですが)、本気で面白いことを追求する姿に、あなたも感動を覚えるはず・・・


今回も、結構カットしちゃいました。泣く泣く、笑い笑い・・・


JJさんとのプロレス話とか。

「下位におちたら」という邦題がいかにウマいかとか。

リンゴやトッドはゴーグルズを聴いてくれたのかとか。


Podcastでほぼ完全版をぜひ。


#家事都合 #お子様の味覚、TK #バーモント中辛 #ヤッホーカレー #ザ・ベストテン #雨の御堂筋 #ジグソー「スカイ・ハイ」 #吹けよ風、呼べよ嵐 #移民の歌 #ヤンソン #2m50cmあります #遠山の金さん #GO WEST #ドリフの #異邦人 #シャネルズ #maxellのMODSのCM #アナーキー #EJはTKの中学の後輩 #腐れ縁 #「ヤバイのあるよ」 #「じゃあお前が叩けばいいやん」 #ザ・フーみたい #キンクスみたい #ネタの幅を広げてる #「バームクーヘンをお裾分け」 

ゴーグルズ3PODCAST.mp3


ゴーグルズ自撮り.JPG


今回は最後に自撮り。
わけあって、人手不足??


来週は、ソロギターインストアルバムを出した、GLAYのTAKUROさん登場!!! 

マルチパーカッショニスト。

個性派ドラマー。

スカパラの創設者。


・・・この方についてのプロフィールを並べれば並べるほど、なんか表せてない感が募ります。

ASA1.JPG

ASA?CHANG。

ASA?CHANGという人が表現するものが全部この方らしさ・オリジナリティにあふれていて。
・・・というか、自分がほんとにおもしろいと思うもの、表したいと思うものだけをただただ楽しくおもしろく表現してきた結果、他にないものになっている。

常に時代の中で、主流と異端の間を行ったり来たり。

最先端と昭和の間を行ったり来たり。

日本らしさと無国籍の間を行ったり来たり。

その自由さと、ガチャガチャした面白さ、猥雑さ、ノイズ感ゆえ、難しい事をやってる、または怪しい事をやってる、と勘違いされることもあるようですが・・・

今回の対談を聴いていただければ、分かりますよね?

ASAソースコ (2).JPG

人懐っこい楽しくてとっつきやすいパーソナリティと、

「家を作るなら瓦から作らないと」という考え方を核にした作品たち。


両方ある人ならではの、刺激と優しさに満ちたものになる訳です。


まああんまり考え過ぎずに、頭を空にして、聴いてみて下さいよ。ASA?CHANG&巡礼のアルバム「まほう」。

そして、1/29日曜、20:00開演の大名brickでのライブ、

確実に今まで体験したことのないライブを体験できるはずです。ぜひ、お出かけを!!

ASAソースコ (1).JPG

マニアックな昭和のラジオ話(SONYスカイセンサーのこととか)、小泉今日子さんがいかに素晴らしいか(椎葉のDJを聴きに来て下さった自慢話とか)、バブル期のクリエイターたちの感じ、とか、怪しい見た目の電子楽器(?ジュンレイトロニクス)を韓国の税関で怪しまれ、とか、まだまだレアな面白い話がありました。

Podcastのほぼ完全版でお楽しみください。


#椎葉さん痩せた #スカパラ追っかけ高校生 #「ソースの上からソース」 #営業やってんの? #豆食ってる #MISIA #Chara #小島麻由美 #ピラニアンズ #ブルーハッツ #精神世界? #メディテーション? #ザ・ベストテン #BCL #短波ラジオ #ベリカード #音が好き #新日本紀行の曲 #冨田勲 #ピーピング感覚 #細野さんカッコイイ #飛んでイスタンブール #異邦人 #ディスカバー・ジャパン #小泉今日子さんのヘアメイク #成り行きで #スカパラは4年だけ #元から作っちゃう人 #渡辺サブロヲさん #スカとマンボで「スカンボ」 #混ぜたがり #「混ぜるな危険」の反対 #タブラボンゴ #前衛? #実験音楽? #椎葉さん疲れてる #作品作る以上作用しないと駄目 

ASAーCHANGPODCAST.mp3


来週は、遂にセカンドアルバム(問題作)をリリースします!日本の、福岡のラトルズ、THE GOGGLESが三回目の登場。

お楽しみに。

スポンサーサイト

パーソナリティ

月別アーカイブ