fmfukuoka

3月29日(金) Alic Style 姪浜駅ウエスト

Alic Style 姪浜駅ウエストを大改造しよう!

ということで、今週もレギュラー陣、
『あったらいいな』の株式会社アライアンス住宅営業企画営業部 部長山村さん、
そして、商業建築デザイナーの安河内さんの登場です。

soko20190329.JPG

Alic Style 姪浜駅ウエスト

福岡市西区内浜2丁目13671
地下鉄「姪浜」駅 徒歩9分、
「都橋」バス停まで徒歩3分、
都市高速「姪浜」まで車で4
マリノアシティ福岡まで車で5
内浜小学校まで、徒歩9
小戸公園まで、車で3

8
階建てで、全26邸(3LDK、4LDK)になります。

アジア人)「今週も、Alic Style 姪浜駅ウエストの大改造のアイデアを出していきます。最近の住宅事情でいうと、照明が随分変わってきているらしいですよ。」

斉藤ふみ)「Alic Style 姪浜駅ウエストは、ワイドスパン設計で窓も大きく明るいリビングなんですけど、それでも夜は照明がいるわけで、その照明が進化しているんですよね。」

山村さん)「まず電球が変わりました。一般家庭用でも蛍光灯を使わなくなって、白熱球は生産も終了したんじゃないかな。一部ハロゲンは残っていますけど、LEDがメインになってきました。そのLEDの特製は一方向への光です。つまり、360度照らすのではなく、直線的なんです。」

斉藤ふみ)「スポットライトみたいな感じですね。ということは、どんなふうに変わってきているんですか。」

山村さん)「多いのはもちろん、スポットライト。」

斉藤ふみ)「では、部屋につける照明の数が増えたということですか。」

安河内さん)「もちろん従来のシーリングライトみたいに部屋全体を明るくするLED照明もありますよ。昔はそこが蛍光灯だったんですね。それとLEDのもう1つの特徴で、色温度を調節できます。電球色から蛍光灯みたいな色にできたり、光の強さも調整できます、リモコンで。」

斉藤ふみ)「そんなにできるんですか。」

山村さん)「緑色なんかにもできます。」

アジア人)「そういう色のLEDを仕込めば良いんです。」

安河内さん)「そういう色の三原色を使って、様々な色を出せる機械もありますから。」

斉藤ふみ)「スゴイですね。驚いている私って、古い?」

山村さん)「そんなことないですけど。そして、LEDになって照明器具を薄く作れるようになりました。」

安河内さん)「間接光にも使えるから、一般家庭でも随分増えましたよ。」

山村さん)「テープ状になっているので、便利です。勝手にグラデーションして色が変化していくのもあります。」

斉藤ふみ)「ちなみにLEDを設置するのは大変ですか。」

山村さん)「施工の手間は一緒です。コントローラーの有無だけですね。」

斉藤ふみ)「以前、ミラーボールをつけたいっていいましたけど、LED照明を仕込んでいれば、色んな色が出せる部屋になるんですね。」

アジア人)「色は変えられるけど、ミラーボールのようにはいきませんよ。でも、LEDで一番難しいのが、ぼんぼりのようにボーッとした明かりですね。」

山村さん)「かなり高価なエジソンランプがあったりしますけど、光に揺らぎがないからですね。」

安河内さん)「まあ、時間の問題でしょう。開発されますよ。」

斉藤ふみ)「例えば、日焼けできる照明とかもありますか。」

山村さん)「できますけど、LEDではないですね。」

斉藤ふみ)「ちなみに、ガラス窓ってUV対応しているんですか?」

山村さん)「ペアガラスになっていますから、その分UVは届きにくくなっていると思います。」

斉藤ふみ)「そこは安心しました。」

山村さん)「単板ガラスではダメですよ。どうしても気になるなら、レースカーテンでUVカット機能があるものがあります。」

斉藤ふみ)「それもいいですね。」

来週もAlic Style 姪浜駅ウエストの大改造のアイデアを出したいと思います。
お楽しみに。


さて、姪浜周辺のスポットを取材してきましたので、ご紹介しましょう。

お好み焼き 銀志朗

ginsiro1.JPG

福岡市西区石丸4-1-26 2
092-883-1133
11
30 - 1500L.O.1430) / 1730 - 2230L.O.2200
定休日 不定休
http://ginshiro.net/

ginsiro2.JPG

都市高速「福重JCT」近くにある、平成元年にできたお好み焼き屋さんです。
マリナタウンや、イオンスタイル笹丘、宮崎などにもありますが、ここが本店です。
店主の藤江さんの義理のお母さんが経営していましたが、その後を引き継いでます。
ちなみに、店名は、義理のお母さんの初孫の名前だそうです。
最初は、広島風だけでしたが、その後、関西風、チョボ焼きも始めました。
ginsiro3.JPG
広島風、関西風、ちょぼ焼で、生地も変えていて、
濃度や粉の配合も違い、関西風にはダシも入ります。
ソースも様々なものを用意して、料理によって変えています。

いくつか食べてきました。(価格は税込)
【銀志朗焼】(めん無し870円、めん入り970円)
広島風では、一番人気。
豚肉、玉子、麺を使ったベースとなる【お好み村焼】(770円)に、
餅とチーズが加わったもの。
広島風は野菜が多いので、見た目よりペロリと平らげられます。
キャベツはザク切りしているので、食感が残って良いです。
麺は、極細麺で、このお好み焼き用に特注しています。
他に、広島風では、ねぎがたっぷりとのった
【ねぎ焼】(めん無し820円、めん入り920円)も人気です。
ginsiro4.JPG

関西風でも、チーズ入りが人気ですが、一番人気は、【ミックス玉】(960円)です。

「ちょぼ焼」は、薄く延ばした生地で具材を包んで焼いたもの。
藤江さんは、熊本で有名店だった「福田屋」の味が大好きで通っていて、
その味を再現しようと試行錯誤して完成させたものです。
一番人気は、【元祖ちょぼ焼】(740円)。
具材は、キャベツ、もやし、豚肉、たくあん、揚玉です。

【銀志朗流焼きめし】740円)
ginsiro5.JPG
ここの焼き飯は変わっていて、「そばめし」のそば抜きのような感じ。
御飯、もやし、豚肉、揚玉、たくあん、葱を、ソースで炒めています。
仕上げに、薄焼き玉子をのせ、マヨネーズをかけ、青海苔を散らします。
豚肉がたっぷり入っているので、食べ応えあり。
しかし、御飯を少なく、もやしをたっぷり使っているので、少しヘルシーです。


番組では、皆さんからのメッセージをお待ちしています!
「マンションの賢い買い方」など、マンションに関する質問
「こんな風に大改造して!」など、番組に対してのメッセージなど、
どしどしご応募ください。
メールは、こちら!!
soko@fmfukuoka.jp



メッセージ

メッセージはこちらから↓
soko@fmfukuoka.jp

2019年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

アーカイブ