fmfukuoka

3月9日(金) Alic Style ドゥプレイス篠栗III

Alic Style ドゥプレイス篠栗IIIを大改造しよう!!

 

ということで、今週もレギュラー陣、

『あったらいいな』の株式会社アライアンス

住宅営業企画営業部 部長山村さんの登場です。

soko20180309.JPG

2人、ふざけるの図


Alic Style ドゥプレイス篠栗III

糟屋郡篠栗町大字乙犬995番地3

JR「門松駅」から徒歩5分。JR「門松駅」から博多駅までは、17分

都市高速「粕屋」インターまで車で8分、九州道「福岡」インターまで車で4分

スーパーまで徒歩3分、イオンモール福岡まで車で9分

幼稚園、小学校も徒歩18分、病院は徒歩1分の場所にあります。

 

15階建て、3LDK、4LDK、総戸数54邸、

全邸南向き、フリーオーダープラン

奥行き2.5mのフルテラスバルコニー(約11帖)

 

アジア人)「今週も大改造のアイデアを出していきます。先週は収納の話をしまして、ふみちゃんは扉ナシがよくて、我々は男3人は扉はあったほうが良くない?という感じだったんですけど。」

斉藤ふみ)「私は、全て飾ってみせたいタイプですから。」

アジア人)「収納にするのか、ディスプレイにするのかの違いでしょ。」

安河内さん)「そうは言っても、印鑑や通帳など、隠すものもあるでしょうし。」

アジア人)「掃除機も見せるの?」

斉藤ふみ)「ダイソンの壁掛け式で見せてもいい掃除機です。だから、何でも見せたいタイプなんですよ。ちなみに、旦那からは『俺のものはどこにあると?』って言われます。95%私が集めたものしか置いていないので。」

アジア人)「今回は参考にならないかもしれない。」

斉藤ふみ)「機能性はもちろん、カフェっぽい都会的なデザインも取り入れたいという話でもありますから。じゃあ、収納の扉を取り外しができるものにすることはできますか?例えば、片方に磁石がついていて、くっつけることができるとか。そこが軸になって開閉できるようになるんですよ。そうなったら楽しいでしょ。」

山村さん)「楽しいでしょうけど、磁石の力を使うとなるとかなりの磁力が必要となるので、難しいでしょうね。」

アジア人)「ロールスクリーンが降りてくるような感じはダメなんですか。」

斉藤ふみ)「スクリーンはイヤなんですよ。」

山村さん)「ディスプレイしたい人だから、隠すという発想はそもそもないんですよ。」

山村さん)「1つだけ方法はあります。棚板を外側の壁の板より大きく作るんですよ。そうすると、スライドすることで、隠せる部分も出てきますから。」

斉藤ふみ)「それいいですね。引き戸感覚ですね。面白い。お金はかかりますか。」

山村さん)「当然です。ただ、材料によって変わる部分もあります。」

安河内さん)「ちなみに、ウォークインクローゼットの中って、洋服しかいれないんですか?」

山村さん)「そんなことないですよ。」

安河内さん)「じゃあ、リビングの見せる収納に収まらないものは、そこに隠してもいいね。」

アジア人)「今、最新のウォークインクローゼットって、どんな感じですか。」

山村さん)「便利そうなものは、これまでのモデルルームでも使ってきたので、ご存知かもしれませんが、今、一番の違いは洋服の掛け方です。昔は、洋服を横にして並べるだけでしたが、最近は、見えるように奥から手前に向かって掛けるようになっています。」

斉藤ふみ)「斜めになっているので、奥のものも見えるんですよね。でも、イメージ的にかけられる量が少ないんじゃないですか。」

山村さん)「ディスプレイという感覚に近いと思うので、余裕がある作りになってはいますけど、そんなに量は減らないと思います。」

アジア人)「最近着るものをディスプレイして、それ以外のものは別に吊るすとか。」

山村さん)「ハンガー形状も色々あって選べます。しかも、大型収納にしてしまえば、衣替えの必要もなくなりますし。」

アジア人)「それは便利ですね。衣替えは大変ですから。」

斉藤ふみ)「だから、最近着る服を飾ったり、コーディネートをその場で考えることができたり。まさに、セックス&ザ・シティですね。」

山村さん)「それは、ドレッシングルームです。真ん中にドレッシングテーブルがあり、そこに男性ならネクタイなどを置いたり、女性なら貴金属を置いたり。化粧もできます。」

斉藤ふみ)「それは可能ですか?作る人もいるんですか。」

山村さん)「いますし、可能です。」

アジア人)「だから、4LDKの間取りなら、変更して部屋の大きさを変えることで場所を確保すればいいんですよね。それはいいですね。」

斉藤ふみ)「やりましょ。それこそ機能的です。」

 

来週も、大改造のアイデアを出していきます。

お楽しみに。

 

 

さて、篠栗町周辺のスポットを取材してきましたので、ご紹介しましょう。

 

やすこうち農園

yasuichi1.JPG

糟屋郡久山町大字猪野1309

080-3952-0537

営業時間 10:00 - 18:00

定休日 シーズン中、基本無休 (5月いっぱいまで)

 

猪野交差点の近くにある、福岡市内中心地から一番近い「いちご狩り」ができる農園です。

yasuichi2.JPG

安河内さんは、7年前にいちご農園を始めて、

育てている品種は、「あまおう」がメインで、一部「さがほのか」もあります。

基本的に出荷はせず、いちご狩りのみ。

しかし、毎朝収穫に来る近所のケーキ屋さんにだけ卸しています。

料金は、1時間食べ放題で、

3歳以上500円、小学生以上1000円、中学生以上1600円です。

また、お持ち帰りは、100g200円になります。

(ちなみに、平日はお持ち帰りだけでも可です。)

 

ハウスの中は、ちょっとポカポカして、寒い時期には丁度良いです。

高設棚になっているので、しゃがみこまずに収穫できます。

yasuichi3.JPG

また、通路も広く、車椅子でも通れるゆとりを取っているのも親切です。

だから、車椅子に乗ったままのおばあちゃんや、

ハンディキャップがある方も訪れます。

ここは、基本、電話予約をしていくのがベストです。

予約すると、人数に合わせて、棚を確保してもらえるので、

他の人に取られることがありません。

決まった時間に存分にイチゴ狩りが楽しめます。

また、満足してもらえるだけのイチゴがない場合、

棚を確保できない場合は、お断りすることもあるので、ご注意ください。

 

イチゴは有機栽培で、7年前から同じ肥料を使っています。

実は、某有名果物店が仕入れたいと言ったほど、

酸味が少なく、とても甘いイチゴです。

yasuichi4.JPG

あまおうについて、色々お話を聞きました。

今がベストシーズンです。

yasuichi5.JPG

「さがほのか」は酸味が少なく、安定した美味しさがあるイチゴで、

冬のあまおうは、酸味と甘味のバランスが良いイチゴです。

通常、実がついて50日で赤くなるのがベストと言われていて、

春のように暖かくなると、実の成熟より先に赤くなってしまうそうです。

美味しいイチゴは、何かを塗ったようにツヤツヤにしています。

yasuichi6.JPG

「さがほのか」はヘタの部分が少し白くて、「あまおう」は真っ赤が良いです。

また、大きいものより、小さいほうが甘くて美味しいです。

また、糖度が高いのは先の方なので、ヘタの方から食べると良いです。

yasuichi7.JPG

食べたのですが、本当に美味しかったです。

余計なものはいりません。

 

 

番組では、皆さんからのメッセージをお待ちしています!

「マンションの賢い買い方」など、マンションに関する質問

「こんな風に大改造して!」など、番組に対してのメッセージなど、

どしどしご応募ください。

メールは、こちら!!

soko@fmfukuoka.jp

 

メッセージ

メッセージはこちらから↓
soko@fmfukuoka.jp

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ