fmfukuoka

11月17日(金) Alic Style ドゥプレイス篠栗III

| コメント(0)

Alic Style ドゥプレイス篠栗IIIを大改造しよう!!

 

ということで、今週もレギュラー陣、

『あったらいいな』の株式会社アライアンス

住宅営業企画営業部 部長山村さんの登場です。

soko20171117_1.JPG

 

Alic Style ドゥプレイス篠栗III

糟屋郡篠栗町大字乙犬995番地3

JR「門松駅」から徒歩5分。JR「門松駅」から博多駅までは、17分

都市高速「粕屋」インターまで車で8分、九州道「福岡」インターまで車で4分

スーパーまで徒歩3分、イオンモール福岡まで車で9分

幼稚園、小学校も徒歩18分、病院は徒歩1分の場所にあります。

 

15階建て、3LDK、4LDK、総戸数54邸、

全邸南向き、フリーオーダープラン

奥行き2.5mのフルテラスバルコニー(約11帖)

 

アジア人)「今週も大改造のアイデアを出していきますよ。」

斉藤ふみ)「都会に近く、自然も豊かな場所なので、自然を眺めながら都会的な暮らしが楽しめたらいいなと思っています。キッチンはすごく機能的ですよね。」

山村さん)「今回もLIXILさんのキッチン、リシェルを採用しています。使いやすくて評判の良いキッチンです。フル装備で、楽パットという引き出すと収納が順に出てくるものや、ダンパーのついたレールなので静かに閉まったり、カウンター下の食器棚も標準でつけています。」

斉藤ふみ)「ダイニング側にも収納がついているんですよね。こんな機能的なものがあるから、改造もそこに合わせていけたらいいなと思います。」

アジア人)「新婚さんから、小さなお子様がいらっしゃるご家庭を想定しているので、若い感覚でおしゃれに仕上げたいですね。」

斉藤ふみ)「リビング・ダイニングなど、人が集まるところは都会的なカフェみたいにしたいんですけど。カフェの延長でバルコニーも使えるようにするとか。照明もクリスタルを多く使ったり。」

安河内さん)「装飾的な部分なので、大丈夫じゃないですか。」

アジア人)「お店ではクリスタルの照明を使っていますけど、家庭では見かけないですよね。」

山村さん)「クリスタルを使うと重くなるのが理由です。補強をしないと家庭では使えないです。しかし、最近、LEDになって、プラスティックなので、非常に軽くなっています。見た目では分からないですが、触ったら熱くないという感じですね。」

斉藤ふみ)「じゃあ、家庭でも使えますね。」

安河内さん)「あとは天井までの高さの問題だね。このマンションだと一般的なものより少し高さはありますけど。照明の選び方次第です。」

アジア人)「テーブルを固定すれば、邪魔にはならないですよ。」

安河内さん)「ところで、最近のカフェは手作りっぽいものや古民家風なども多いけど、どの辺りの感度で行くか決めたほうが良いですね。」

斉藤ふみ)「言ってみれば、おしゃれな朝食や夕食が出るような贅沢な民泊みたいな雰囲気がいいです。寝室も人を入れても良いような造りですね。ラグジュアリー感が欲しいです。」

山村さん)「シャープで都会的な感じですね。」

安河内さん)「エントランスもアーバンでおしゃれな空間になっていますから。」

斉藤ふみ)「パンフレットを見ても、私が言っていることに近いですよね。」

山村さん)「2.5mのバルコニーの使い方のご提案も色々しています。」

安河内さん)「テラコッタ・タイルと石目調タイルの間にちょっと隙間を作って玉砂利を入れたり、格好良くなっています。もちろん、ウッドデッキもできるし、かなり研究しているね。」

斉藤ふみ)「今あるものを活かしながら、おしゃれなカフェ風に、ちょっと贅沢な民泊風に仕上げていきたいと思います。」

 

来週も、大改造のアイデアを出していきます。

お楽しみに。

 

 

さて、篠栗町周辺のスポットを取材してきましたので、ご紹介しましょう。

 

蕎麦処 恵比寿や

sobaebisu1.JPG

糟屋郡粕屋町上大隈642

092-609-9010

営業時間 11:30 - 15:00(L.O.14:45)

定休日 水曜日

http://www.ebisuya-foods.com/

sobaebisu2.JPG

できて3年になるお蕎麦屋さんです。

オーナーの海野さんが蕎麦が大好きで、蕎麦を研究し、この店をオープン。

料理長は、佐々木さんです。

二八蕎麦が基本となりますが、土日・祝日限定で十割蕎麦も提供しています。

もう新蕎麦が入荷されていて、現在は北海道産。

他にも、長野、熊本、鹿児島など、時期によって産地は変わっています。

毎朝、店内で打ち、切り立て、湯がきたての蕎麦になります。

蕎麦を打つときは、軟水を使用しているそうです。

 

面白いのが、食べ放題の惣菜があること。

sobaebisu3.JPG

日替わり天ぷら(この日は、芋、かぼちゃ、玉葱とニンジンのかき揚げ、ごぼうなど)

生野菜サラダ(トマト、玉葱、きゅうり、オクラ、揚げ蕎麦)

おでんとマーボー豆腐が1週間毎に交互に登場。

おでんは高い天ぷらを使い、ダシもしっかり。

「そば入り白玉ぜんざい」などのデザートもありました。

野菜不足も解消できるのが良いです。

 

いくつか食べてきました。(価格は税込)

【温そば】(750円)

sobaebisu4.JPG

温かい蕎麦です。いわゆるかけそば。

ダシは、鰹、昆布、雑節。鰹を強めに利かせていて、少し甘めに仕上げています。

これに、食べ放題の惣菜から、天ぷらを加えると、

あっという間に天ぷら蕎麦になります。

冬場の温かい蕎麦は、「鶏だしつくね蕎麦」が人気だそうです。

軟骨入り鶏つくねと、鶏皮、鶏肉が入り、こちらは、鶏ダシになります。

 

【鴨せいろ】(1100円)

sobaebisu5.JPG

冷たい蕎麦を、温かい鴨汁につけて食べます。

sobaebisu6.JPG

白葱と厚めに切った鴨肉がしっかり入っています。

汁は、3種類のスープを使い、冷たい蕎麦のつゆ、温かい蕎麦のダシ、

鴨の煮汁を合わせたもの。

蕎麦の喉越しと、濃厚な鴨の味で、美味しかったです。

 

sobaebisu7.JPG

お蕎麦は、プラス100円でセットにでき、かしわ飯がついてきます。

海老天丼、親子丼などの丼とのセットもあります。

(丼か蕎麦がミニサイズになる)

 

他に、お持ち帰り用に、明太子も500g1500円で販売しています。

ダシをきかせて、まろやかな辛さに仕上げたものです。

sobaebisu8.JPG

 

番組では、皆さんからのメッセージをお待ちしています!

「マンションの賢い買い方」など、マンションに関する質問

「こんな風に大改造して!」など、番組に対してのメッセージなど、

どしどしご応募ください。

メールは、こちら!!

soko@fmfukuoka.jp

 

コメントする

メッセージ

メッセージはこちらから↓
soko@fmfukuoka.jp

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アーカイブ