fmfukuoka

10月20日(金) Alic Style 行橋駅前ザ・テラス

Alic Style 行橋駅前ザ・テラスを大改造しよう!!

 

ということで、今週もレギュラー陣、

『あったらいいな』の株式会社アライアンス

住宅営業企画営業部 部長山村さんの登場です。

soko20170915_1.JPG

Alic Style 行橋駅前ザ・テラス

行橋市西宮市2丁目1番29

JR行橋駅まで徒歩3分、ふれあい公園まで徒歩2分、

ゆめタウン行橋まで徒歩9分

JR行橋駅から、小倉駅まで特急で14分、博多駅までは60分。

東九州道「行橋インター」まで、車で5分

 

大改造するお部屋のタイプ 4LDKのAタイプ

住戸専有面積 94.23平米  バルコニー面積 53.15平米

 

テーマは、

『フォー・シーズンズ・ハウス?ビバルディによせて?和の心』

四季を感じて、その中にオシャレに和の要素を取り入れていきます

 

アジア人)「今日は、バルコニーの大改造の続きです。」

yukuhashibalcony20171013.jpg

斉藤ふみ)「トランクルームの中をバーにするのも無理で、床に赤土を敷くのもダメなので、現実的にいきたいと思います。四季を感じられるように、グランピングでテントを張りたいんですね。ウッドデッキにすることで、タイルよりは自然な感じがするし、テントが風に飛ばされないように金具で固定することもできると思うんですよ。」

山村さん)「それは良いと思います。」

斉藤ふみ)「ちなみに、プロジェクター用に上からスクリーンを吊りたい時に、天井にフックをつけることはできますか。」

山村さん)「ダメです。構造体に何かを打ち込むことはできません。」

斉藤ふみ)「だったら、自立式のスクリーンが必要ですね。」

アジア人)「それも安全のためにウッドデッキに固定できるようにしたいですね。」

山村さん)「それもできますよ。」

斉藤ふみ)「あと、子供を喜ばせたいので、上から降りてくるタイプの滑り台は可能ですか。」

山村さん)「絶対無理です。そんな危ないものはつけられないです。」

斉藤ふみ)「残念。滑り台があると、流し素麺もできると思ったんですけど。」

アジア人)「仮設の小さなものなら置けると思いますけど、バルコニーに背の高いものを置くのは危ないんじゃないかな。」

安河内さん)「バーカウンターとテントとプロジェクターで十分ですよ。」

斉藤ふみ)「外で音楽や映画を楽しみたい時、どの程度ならOKですか。」

山村さん)「机の上に置く小さなものなら断ることはないのですが、大音量だとヘッドホンをお願いします。ワイヤレスの性能の良いものもありますし。」

斉藤ふみ)「灯りはどうですか。」

山村さん)「設置はできませんが、持ち運びできるものなら可能です。コンセントもありますし。」

アジア人)「フィットネス器具を置くのは可能ですか。」

山村さん)「自転車をこぐくらいの器具なら大丈夫です。」

斉藤ふみ)「ロデオボーイも大丈夫ですか。バルコニーに置くとシュールでいいかなって思うんですよ。場所もとりますし。意外に軽いので、持ち運びもできるので。」

山村さん)「まあ、大丈夫ですけど、上半身だけ動いているのが外から見えるので、ちょっと恥ずかしいですよ。」

アジア人)「ということで、大改造のアイデアもこれで終了です。」

 

来週は、Alic Style 行橋駅前ザ・テラスの大改造のまとめです。

お楽しみに。

 

 

さて、行橋市周辺のスポットを取材してきましたので、ご紹介しましょう。

 

らーめん しながわ

ramensina1.JPG

行橋市西宮市1丁目7-37

0930-28-9803

営業時間 10:00 - 21:00

定休日 水曜日の夜(お昼は開いています)

ramensina2.JPG

行橋駅前にできて6年になるラーメン屋さんです。

店主の品川さんは、ラーメン一筋24年。

いくつか食べてきました。(価格は税込)

 

【ラーメン】(550円)

ramensina3.JPG

スープは、野菜も鶏も何も入れていない、豚骨100%で、3日間ほど炊いています。

前のものと、新しいものを合わせて割っていきます。

下処理とアク取りをしっかりしているので、臭みがありません。

トッピングは、もやし、ネギ、チャーシューです。

麺は一般的な細麺です。

あっさりして、昔懐かしい味のラーメンです。

 

【猪骨(いのこつ)ラーメン】(750円)

ramensina4.JPG

品川さんがみやこ町出身ということで、猪を使ったラーメンを試行錯誤の末に考案。

骨が固いので、1週間は強火で炊いてスープを作っています。

白濁したスープには醬油だれを加え、

キクラゲ、もやし、ネギ、猪肉のチャーシューをトッピング。

猪肉のチャーシューは、サシが入っていない肉だとバラバラになってしまうので、

時期や肉質を選んで作っています。

猪肉をタコ糸で縛って、炊いて作っています。

クセはありますが、アク取りをしっかりして、あっさりした味に仕上がっています。

ちなみに、このスープを使った、「ししカレー」(600円)もあります。

 

大盛、替玉のほか、トッピングは、メンマ、キムチ、

激辛、玉子、からあげ、のり、きくらげ、全て100円です。

 

からあげも人気で、店内で食べるだけではなく、お持ち帰りもできます。

からあげグランプリの第5回西日本しょうゆダレ部門金賞、

第6回西日本味バラエティ部門金賞、

第7回素材バラエティ部門最高金賞を受賞しています。

店内の「からあげ」(300円)は、店主の好きな部位を300円分入れたもので、

持ち帰り用は、部位と量を指定して注文できます。

我々は、持ち帰り用から選んで、店内で食べました。

 

【骨なしモモ】(100g220円)

ramensina5.JPG

ここの唐揚げは、軽くタレに潜らせて、揚げたものなので、

肉がふんわり柔らかいです。

タレには、舞茸を加えているそうです。

冷えても肉が締まらず、ボリュームがあって、美味しいです。

 

【砂ずり】(100g200円)

ramensina6.JPG

砂ずりの弾力が良いです。

 

 

番組では、皆さんからのメッセージをお待ちしています!

「マンションの賢い買い方」など、マンションに関する質問

「こんな風に大改造して!」など、番組に対してのメッセージなど、

どしどしご応募ください。

メールは、こちら!!

soko@fmfukuoka.jp

 

メッセージ

メッセージはこちらから↓
soko@fmfukuoka.jp

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ