fmfukuoka

3月3日(金) Alic Style 行橋駅前ザ・テラス

Alic Style 行橋駅前ザ・テラスを大改造しよう!!

 

ということで、今週もレギュラー陣、

『あったらいいな』の株式会社アライアンス住宅営業企画営業部 部長山村さん、

そして、商業建築デザイナーの安河内さんです。

 

Alic Style 行橋駅前ザ・テラス

行橋市西宮市2丁目1番29

JR行橋駅まで徒歩3分、ふれあい公園まで徒歩2分、

ゆめタウン行橋まで徒歩9分

JR行橋駅から、小倉駅まで特急で14分、博多駅までは60分。

東九州道「行橋インター」まで、車で5分

 

大改造するお部屋のタイプ 4LDKのAタイプ

住戸専有面積 94.23平米  バルコニー面積 53.15平米

 

テーマは、

『フォー・シーズンズ・ハウス?ビバルディによせて?和の心』

 

アジア人)「今週は、玄関の大改造の続きですが、天井が残っていますね。」

斉藤ふみ)「天井も木な感じにしたほうが良いですか。」

安河内さん)「床が木ですから、後を白くして床だけを強調する場合もありますし、こだわれば、天井も同じ木目でいくのも面白いですね。今、天井に木目を使うのも流行っていますし。本物でなくてもフェイクもありますから、その辺りは山村さんとご相談しましょう。あと、天井と言えば、照明もあります。ポイントタイルを貼るなら、そこに光が当たるように際から照明を落としてあげると、立体感が出て、より強調されます。すると、他が白くても良いですよ。」

斉藤ふみ)「せっかくのポイントタイルなので、照明にはこだわりたいです。で、提案なんですけど、この彫刻タイルの裏側に空間を造って、隠し扉みたいにすることはできますか?」

アジア人)「でも、彫刻タイルの裏はトイレですよ。」

斉藤ふみ)「だから、トイレに少し出っ張りがあっても気にならないじゃないですか。その上が棚にもなるし。引き扉にしてもいいですし。」

アジア人)「なんのためにするの?」

山村さん)「横に開くのは却下です。で、扉型に開けるのは難しいんですよ。だから、枠の中にタイルを落とし込んで、枠ごと開くようにしないといけません。すると、見た目が悪くなってしまいます。」

斉藤ふみ)「鍵とかへそくりを入れておくようにしたかったんですけど。」

山村さん)「皆が開けたくなるようなもので、しかも玄関でしょ。危険です。まあ、タイルって、穴を開けたり蝶番をつけるのが極めて難しい素材なんですよ。」

斉藤ふみ)「やっぱりやめておきましょう。じゃあ、土足の下のタイルの1枚が開くとかは?面白いでしょ。やっぱり無理ですか?」

アジア人)「なんのためですか。」

山村さん)「まあ、検討してみましょう。」

斉藤ふみ)「やったぁ。シュークローゼットの中は白のままですか。」

アジア人)「見えるところじゃないし、そのままでいいよ。廊下はどうしましょうか?玄関がセンターにあって、左右に廊下が広がります。」

斉藤ふみ)「玄関が和な感じなので、長い廊下には洋の雰囲気を取り入れたいと思います。四角い木枠の床材がありますよね。」

安河内さん)「パーケットですね。」

斉藤ふみ)「ちょっと古い感じのイメージで、それを使うことはできますか。個性的にしたいんです。」

山村さん)「無垢材を薄くカットして寄木にしたものでしょ。結論からいうと、したくないです。実は、パーケットを標準採用したことがあるんですけど、トラブルが多くて大変でした。無垢材を薄くカットしているので、曲がるんですよ。また、ボンド付けするので、リフォームが利かなかったり、マイナス面もあるので、今は採用を見送っています。」

安河内さん)「本物の木だから味わいはあるんで、それが暴れても良いという考えならいいですけどね。」

山村さん)「最近は良い床材が豊富にありますから。」

 

来週も、大改造していきます。

お楽しみに。

 

 

さて、行橋市周辺のスポットを取材してきましたので、ご紹介しましょう。

 

大村大月堂

daigetu1.JPG

行橋市大橋3-11-20

0930-22-0149

営業時間  9:00 - 18:00

定休日 日曜日

daigetu2.JPG

なんと、創業明治23年、126年になる和菓子屋さんです。

現在は、5代目の大村さんファミリーで切り盛りしています。

もともとカステラを作るお店として創業し、

ご先祖様が、シュガーロードを辿って長崎からこちらに来たようです。

ということで、このシュガーロードを伝って出来たお菓子が、全部揃っています。

しかも、昔ながらの製法にもこだわり、原材料も国産。

賞味期限が短いのも、真空パックに入れていますが、

防腐剤などが入っていないからです。

非常にこだわっています。

 

【いちじく饅頭】(130円)

daigetu3.JPG

行橋のフルーツと言えば、いちじく。しかも、蓬莱になります。

そこで、蓬莱を活かす饅頭を作りました。

餡の3分の1はいちじくで、皮は、今風の柔らかなものです。

餡の中でプチプチする食感もあり、少し酸味を感じます。

 

【馬ヶ岳城 黒ぼうろ】(120円)

daigetu4.JPG

黒田官兵衛が、九州で初めて居城した馬ヶ岳は、ふたこぶの小さな山です。

それをイメージして、黒糖を使い、真っ黒な丸ぼうろになっています。

daigetu5.JPG

噛んだ途端に、黒糖の香りがして、味がしっかりして美味しいです。

生地も密度が濃く、歯ごたえもあります。

 

【牡蠣しるこ】(180円)

daigetu6.JPG

今、豊前海ひと粒牡蠣が有名なので、できた商品。

最中の皮を作るのにも一苦労したそうで、

上下別々の金型を作る職人を名古屋まで探しに行ったそうです。

daigetu7.JPG

お椀に入れて、お湯を注ぐだけでできあがります。

 

【ゆくはし 黒糖饅頭】(350円)

daigetu8.JPG

一口サイズの黒糖饅頭が10個入って、なんと、この値段。

東北の餡子を取り寄せ、上品な甘さで、サイズも良く、

何個でも食べられそうな饅頭です。

この店の大人気商品です。

 

【百年カステラ】(1200円)

daigetu9.JPG

卵、砂糖を湯煎し、攪拌し、小麦粉をサックリと混ぜて焼くという、

先祖代々伝わる、昔のままのレシピと製法で作っています。

なので、切れ目もなく、五三焼きではなく、粗目を敷いたりはしていません。

外側の香ばしい部分もよく、懐かしい味です。

 

Alic Style 行橋駅前ザ・テラスからも近いですよ。

是非、お立ち寄り下さい。

 

番組では、皆さんからのメッセージをお待ちしています!

「マンションの賢い買い方」など、マンションに関する質問

「こんな風に大改造して!」など、番組に対してのメッセージなど、

どしどしご応募ください。

メールは、こちら!!

soko@fmfukuoka.jp

 

 

メッセージ

メッセージはこちらから↓
soko@fmfukuoka.jp

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ