fmfukuoka

8月22日(金)

Alic Town 博多南ザ・テラスを見学しよう!

 

ということで、今週もレギュラー陣、

『あったらいいな』の株式会社アライアンス 住宅営業企画営業部 部長山村さん、

そして、商業建築デザイナーの安河内さんです。

 

Alic Town 博多南ザ・テラス

 

筑紫郡那珂川町松原1番8

西鉄バス「那珂川ハイツ入口」停 徒歩約1分

博多南駅から博多駅までは9分

総戸数 107戸 (3LDK、4LDK)

竣工予定時期 平成27年10月下旬

 

福岡市南区、折立の交差点にあるモデルルームの見学です。

 

アジア人)「この部屋は子供部屋ですか。」

20140822hm1.JPG

山村さん)「その想定なので、子供っぽい壁紙を貼っています。床も明るい感じですね。」

アジア人)「ここに入ってきて初めて気がつきましたが、扉の背丈が高いですね。」

山村さん)「ドアは廊下の天井高に合わせて作った特注になります。」

20140822hm2.JPG

アジア人)「まるで飲食店かブティックのような感じだね。」

斉藤ふみ)「こういったところは、言わないと誰も気がつかないかもしれませんが、その細かいところにこだわっているのが凄いですよね。」

斉藤ふみ)「で、いつも言っていますけど、フックがいいですね。」

山村さん)「既製品より20cmほど高くなっています。そうすることで、天井からの下り壁がなくなるので、風通しが良くなるんですよ。」

アジア人)「これがエコなんですよ。細かいところで言うと、ドアとクローゼットの高さも同じだ。」

山村さん)「ここも特注で、すっきり見えるようにしています。」

斉藤ふみ)「続いてリビングです。」

山村さん)「その前に、廊下にコンセントがありますが、非常時にはランプがつく様になっていますし、外して懐中電灯のように使うこともできます。」

20140822hm3.JPG

安河内さん)「これは便利だね。常に充電もされるし。」

アジア人)「さあ、デザイン扉を開けると、リビングです。これは、3LDKを4LDKに設計変更しているんですね。めちゃめちゃ広い!」

20140822hm4.JPG

山村さん)「リビングダイニングで約20帖あります。」

斉藤ふみ)「リビングダイニングに、オープンな書斎がありますよ。」

20140822hm5.JPG

安河内さん)「太めの木の格子で区切っているね。ちょっと待ってよ。凄い。これ、和室とフラットにもなっている。」

20140822hm6.JPG

山村さん)「何も言わなくてもフラットではあるんですけど、和室との仕切りの扉を外したので、レールがないんですよ。」

斉藤ふみ)「扉がなくなることで、開放感もあるし、これだったら和室として残してもおしゃれ。壁も凄い。」

山村さん)「下がタイルで上がクロスになります。」

アジア人)「二重壁にしているのはオプションですか。」

山村さん)「オプションです。わざと壁をふかして、照明を仕込んでいます。」

アジア人)「そして、キッチンですけど、通路が広い。」

20140822hm7.JPG

山村さん)「それだけではなく、キッチンの天板も1mあります。それにミセスコーナーも設けています。」

斉藤ふみ)「ミセスコーナーの横にはパントリー(食品庫)があります。」

アジア人)「キッチンの収納も、大きな寸胴が入る深さがある。」

20140822hm8.JPG

山村さん)「3Dシンクになっているので、水を流しながらの調理もできます。これは標準です。」

アジア人)「魚を捌くときにいいね。」

安河内さん)「奥には勝手口もある。雪見障子みたいに上下にも開く。」

山村さん)「空気抜きですね。キッチンは非常に凝っていますので、収納もベアリングレールで静かですし、重さも感じないようになっています。」

アジア人)「キッチンの反対側は食器収納になています。1mあるからたっぷり入るね。」

山村さん)「これも標準です。」

斉藤ふみ)「ベランダとリビングの一体感もいい。」

20140822hm9.JPG

山村さん)「ザ・テラスですから。ガラス戸も4枚開放ドアになります。全て動くので、自由な空間を楽しめます。」

アジア人)「テラスも広いね。」

山村さん)「10帖から15帖ほどあります。」

アジア人)「ここで住めるくらいの広さです。」

安河内さん)「テントも張れる。」

山村さん)「シンクの上にスポットライトも用意しました。こちらもセットで標準装備です。」

斉藤ふみ)「リビングのフローリングとテラスの床の色を揃えるだけで、より広く感じます。」

山村さん)「広さは何物にも変え難いですから。それぞれが少しずつ広いんですよ、このマンションは。」

アジア人)「天井も高いから。だから、下り天井などの細工もできるんだよね。」

山村さん)「ちなみに、今回は水周りの移動も可能です。室内にパイプスペースをとっておりませんのと、床に下に細工を施しているので、将来お風呂やキッチンの位置を移動することが可能です。」

斉藤ふみ)「アイデア浮かびました。」

 

来週は、アイデア出しです。

お楽しみに。

 

 

さて、我々は、「Alic Town 博多南ザ・テラス」を大改造中ですが、

那珂川町のスポットを取材してきましたので、ご紹介しましょう。

 

手づくりパン工房MADOKA 那珂川店

madoka1.JPG

筑紫郡那珂川町埋金408-1

092-952-8051

10:30頃 ? 17:00頃 (ピザは12時から) 金土日のみ

http://madoka-pinokio.jimdo.com/

 

madoka2.JPG

国道285号線を曲がった場所にある、

手作りの石釜パンとピザを食べられるお店です。

店主の圓さんは、元々お菓子メーカーの社員でしたが、

アウトドア・スタイルに憧れ、一念発起して退職。

19年前に、そのお手本となる先輩と、製粉会社の方の指導を仰ぎ、

油山で石釜パンを始めました。

何でも手作りする人で、住んでいる家、お店、石釜、家具、全て手作りです。

やる気があればできると言い、設計図もなしに作るそうです。

しかも、家は廃材なども利用しています。まるで北の国から。

そのお店は、一昨年に息子さんに譲り、ここをオープン。

今年の始めに一度、火事で石釜が使えなくなりましたが、復活しました。

madoka3.JPG

パンは、天然酵母を使い、薪を燃料とした石釜の余熱で焼く、

100年前のヨーロッパスタイルです。

うそやま卵や、地元の野菜、小麦粉などの素材も、

自分の手の届く範囲でこだわっています。

だいたい15種類ほどある中で、いくつか食べました。

 

【小形チーズフランス】(270円)

madoka4.JPG

1番人気。デンマークのマリボーチーズを中に入れたハード系のパン。

外がパリッとしていますが、中はもっちりして詰まっています。

朝食でも、おやつでもOK。

 

【食パン ソフト生地】(470円)

madoka5.JPG

素朴で穀物の味がしっかり。噛めば噛むほど甘味が出て、バターもいらない感じ。

 

【果樹園】(570円)

madoka6.JPG

ドイツのシュトーレンから思いついた、オリジナル・パン。

外側に胡麻がたっぷり。木の実などをふんだんに使っています。

木の実は、くるみ、カシューナッツ、オレンジピール、レーズン、クランベリーなど。

 

こちらには、カフェが併設され、買ったパンを食べることもできますし、

ピザ、ドリンクもあります。

ドリンクは、コーヒー、紅茶、アップルサイダー、ワイン、ビールなど。

アイスクリームもあります。

 

【ピザ・ランチ】(1300円)

madoka7.JPG

手作りピザ、サラダ、ドリンクのセットです。

ピザは3種類ほど用意され、日替わり。単品で頼むこともできます(850円)。

我々は、ミックス・ピザをオーダー。

具材は、じゃがいも、ピーマン、ハム、海老でした。

このピザ・メニューは、奥様がいつも考えています。

石釜で焼いているので、表面はパリッとして、クリスピーな感じですが、

生地にも酵母を使っているので、ふっくらした食感も味わえます。

一般のピザとは、また違う味わいです。

また、サラダも新鮮でシャキシャキ。

最後に、ここの石釜で自家焙煎した、エスカルゴ・コーヒーが出てきました。

ネーミングは、ここの石釜「エスカルゴ」から。豆はブラジル・サントス産になります。

香ばしくて、美味しいコーヒーでした。

madoka8.JPG

Alic Town 博多南ザ・テラスからも近いので、是非、お立ち寄り下さい。

 

 

番組では、皆さんからのメッセージをお待ちしています!

「マンションの賢い買い方」など、マンションに関する質問

「こんな風に大改造して!」など、番組に対してのメッセージなど、

どしどしご応募ください。

メールは、こちら!!

soko@fmfukuoka.jp

 

 

 

メッセージ

メッセージはこちらから↓
soko@fmfukuoka.jp

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ