fmfukuoka

5月10日(金)

ロニフ・伊都タウンハウスを大改造しよう!

 

ということで、今週もレギュラー陣、

『あったらいいな』の株式会社アライアンス 住宅営業企画営業部 部長山村さん

そして、商業建築デザイナーの安河内さんです。

 

まずは、物件の紹介。

ロニフ・伊都タウンハウス

糸島市波多江駅南1丁目4番

JR波多江駅へ2分

総戸数29戸

木造3階建て 3LDK - 4LDKのタウンハウスになります。

 

大改造するのは、Bタイプ。3LDKの間取りです。

20130412ito3.jpg

 

アジア人)「まだ、ガレージから先に進んでいません。玄関を入って、1階に浴室と洗面所がありますね。」

山村さん)「この洗面所は、そのまま裏庭へと出られるのがいいですね。」

斉藤ふみ)「汚れて帰ってきたら、そのままお風呂に直行ですよ。」

アジア人)「1階部分の間取りは変えられないんですよね。」

山村さん)「浴室と洗面所だから変えようがないです。」

 

アジア人)「では、諦めて2階。リビングダイニング12.5畳、キッチン3.5畳両サイドにバルコニーがあります。」

安河内さん)「これは贅沢ですね。」

斉藤ふみ)「例えば、リビングから見えるバルコニーは、皆に見せてもいいもの。見せたくないものは、キッチンの横を使うなんていうこともできます。」

山村さん)「キッチンの勝手口とくっついていますから。」

斉藤ふみ)「こういう所は上手く使って行きたいです。もう家じゃないですよね。ちょっとカフェみたいな使い方?」

アジア人)「トイレは、ストッカーのさらに置くにあるんですね。」

安河内さん)「いきなりリビングやキッチンからは見えず、ワン・クッション置いているというのが、店舗的な考え方ですね。」

斉藤ふみ)「女性は気持ち的にも安心です。トイレの音に関してね。」

山村さん)「このタイプは、様々な配慮がされています。」

安河内さん)「室内は、アイランドっぽいキッチン以外何もない感じだから、部屋造りで自由に遊べますよ。」

斉藤ふみ)「そうなんですよ。壁際に何か仕掛けを考えようと思います。」

アジア人)「一部吹き抜けはできませんか。1階のガレージまでとか。」

山村さん)「構造体を変えるのは無理です。」

斉藤ふみ)「丸い小さな穴でいいので、棒を通すと消防署みたいに降りられると。登りは階段で。」

アジア人)「たまに鍛えるために、登りも棒を使ったり。」

山村さん)「丸でも四角でも、大きくても小さくてもダメなものはダメです。」

斉藤ふみ)「穴がダメなら、1箇所だけスケルトンは?」

山村さん)「なぜ無理かというと、床下、天上裏にも断熱材が入っています。これを抜くとなると、効果が落ちてしまうんですよ。省エネルギー等級は4という最高の仕上がりになっていますから。」

斉藤ふみ)「それはダメですね。」

 

アジア人)「気を取り直して、3階には3部屋あります。ルーフバルコニーもあります。1番大きな部屋は6.1畳。ここが主寝室ですね。」

山村さん)「収納も大きいですし、バルコニーも大きいですから。」

アジア人)「そして、隣は4.6畳が2部屋あります。」

安河内さん)「ここはプライベート空間やね。ホテルみたい。」

斉藤ふみ)「何か色々話の中ででてきますが、ロニフ・伊都タウンハウス」は、家族という枠組みを超えたところで、テーマを決めたいと思います。」

アジア人)「もう一度言うと、吹き抜けはできませんよ。」

山村さん)「まあ、階段を取るとできないこともない、かも。ただし、階段で下りれなくなるでしょうね。」

アジア人)「登りは縄梯子。」

安河内さん)「吉本新喜劇みたいに、階段が平らになったりして。」

斉藤ふみ)「絶対、いや。」

アジア人)「冗談はさておいて、3階はプライベートを確保できて、広いですよ。」

安河内さん)「通路にとる面積が狭いので、無駄なくお部屋というのもいい。」

山村さん)「ですから、4人家族でも選びやすい3LDKという珍しい間取りになります。」

斉藤ふみ)「贅沢ですね。」

 

さあ、来週は、いよいよテーマの発表になります。

お楽しみに。

 

さて、我々は、「ロニフ・伊都タウンハウス」を大改造中ですが、今日は、福岡市西区、糸島などのお店を取材してきましたので、ご紹介しましょう。

 

福岡県 糸島産あまおう苺加工販売所 伊都きんぐ

itoking1.JPG

糸島市南風台8-4-11

092 - 321 - 1504

営業時間 : 10:00 - 18:00

店休日 : 金曜日

http://ama-king.jp/

 

2011年3月14日にオープンしました。

itoking2.JPG

糸島で採れる「あまおう」をより美味しく食べてもらおうということで、加工して販売するお店です。

itoking3.JPG

納得いく「あまおうスイーツ」を作るため、思う存分研究できる自社ハウスまで作っています。

itoking4.JPG

とにかく、美味しいものを作って、皆さんを感動させたいという気持ちでできたお店です。

店内は、あまおうを使った商品が沢山並びます。

 

【あまおう苺入りどら焼き「どらきんぐ・生」】(380円)

itoking5.JPG

「どらきんぐ・生」「どらきんぐ生・抹茶」「どらきんぐ生・塩バニラ」(各380円)は、

期間限定商品。

おそらく5月いっぱいになると思います。(要電話確認)

固形の糸島産あまおうが丸ごと1粒入っています。その中には、練乳を忍ばせています。

自家製の皮は、もち粉を使い、もっちりした食感で、中も非常にしっとりしています。

「どらきんぐ・生」は、あまおうをコシ餡、生クリームで包んでいます。クリームの中にも果肉が。

あまおうの酸味とクリーム、餡の甘さが程よい感じで、ジューシーで美味しい。

「どらきんぐ生・抹茶」は、宇治抹茶の生クリームを使ったものです。抹茶が濃厚な和スイーツ。

「どらきんぐ生・塩バニラ」は、バニラビーンズ、バニラエッセンス、塩を使ったものです。

 

【あまおう苺入りどら焼き「どらきんぐエース」】(340円)

itoking6.JPG

こちらは通年ある商品です。

あまおうで作ったムース、あんこ、そして、あまおう果肉ソースを使ったどら焼きです。

あまおうの味、香りがたっぷり。

 

【あまおう苺入りどら焼き「どらきんぐ・クリーム」】(300円)

itoking7.JPG

こちらは、あんこを全く使っていないどら焼きです。

生クリーム、あまおうで作ったムース、あまおうバターを使っています。

itoking8.JPG

他にもどら焼きは、「どらきんぐ・あんこ」(210円)、「どらきんぐ・ちーず」(180円)もあります。

 

【あまおう苺入りパンナコッタ「あまコッタ」】(420円)

itoking9.JPG

どら焼き以外では、1番人気。

あまおうの果肉・果汁をたっぷり使ったシャンパン・ゼリーと、濃厚なパンナコッタのコラボ。

2層になってて、ゼリーもたっぷり。一緒に食べると、ほど良い甘さになる。

 

【あまおう苺入りシャーベット】(360円)

あまおうを贅沢に使ったシャーベット。

あっさりしてるが、あまおうの味がしっかりしてる。ツブツブの食感も良い。

 

他にも、【あまおう苺入り「ラスク」】、【あまおう苺入り「わらび餅」】など。

【あまおう苺入りぶつぶつジャム】(1050円)は、35、6粒も入っていて、お得。

1年中、あまおうを楽しめるお店です。

 

ロニフ・伊都タウンハウス」見学の際は、是非、お立ち寄り下さい。

 

番組では、皆さんからのメッセージをお待ちしています!

「マンションの賢い買い方」など、マンションに関する質問

「こんな風に大改造して!」など、番組に対してのメッセージなど、どしどしご応募ください。

メールは、こちら!!

soko@fmfukuoka.jp

 

 

 

メッセージ

メッセージはこちらから↓
soko@fmfukuoka.jp

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ