fmfukuoka

5月3日(金)

ロニフ・伊都タウンハウスを大改造しよう!

 

ということで、今週もレギュラー陣、

『あったらいいな』の株式会社アライアンス 住宅営業企画営業部 部長山村さんの登場です。


まずは、物件の紹介。

ロニフ・伊都タウンハウス

糸島市波多江駅南1丁目4番

JR波多江駅へ2分

総戸数29戸

木造3階建て 3LDK - 4LDKのタウンハウスになります。

 

大改造するのは、Bタイプ。3LDKの間取りになります。

20130412ito3.jpg

斉藤ふみ)「やはり、3階建てというのを活かしたいと思います。まず、色で遊ぶ。壁は一部屋ずつイメージ・カラーを付けたいな。1階のガレージは、車を停めるのではなく、違う用途で使いたいです。」

アジア人)「近所に駐車場はあるんですか?あるならガレージをそのまま自由に使えるよね。」

山村さん)「あります。比較的お安い価格です。

斉藤ふみ)「ここも使えれば、4LDKになりますよ。」

アジア人)「普通の部屋にすることもできるんですか。」

山村さん)「建物の中なので大丈夫です。実際、陶芸をする方などもいらっしゃいます。使い方は自由です。」

安河内さん)「床を造って、靴を脱いであがるとかも?」

山村さん)「いいんですが、部屋とは、直接繋がっていませんので。」

アジア人)「極端な話、池も造れるんですか?

山村さん)「大丈夫ですよ。強度はありますから。」

アジア人)「じゃあ、お金の話は別にして、できるんですね。」

斉藤ふみ)「露天風呂もできるんだ!」

安河内さん)「お湯が出るようにして、換気扇を付けて、内壁と天井にバスリブをつけて。」

アジア人)「自分の敷地内で温泉を掘るのはダメですか?」

山村さん)「れは無理です。

アジア人)「糸島だろ?新鮮な魚介類があるから、生簀を造る!1階からイカをすくってきて!とか。」

斉藤ふみ)「半分生簀で半分お風呂。サイエンスウォーターだし。小さな旅館テイスト。人を泊めるための家とか。2階はカフェとか。」

安河内さん)「とにかく水が使えるのはいいね。水族館みたいにもできる。重量的なものを考えなくていいし。」

山村さん)「あと、靴で動ける場所って、少ないじゃないですか。ここだと多少汚れても気にならない。ちょっとした工房にもできます。」

斉藤ふみ)「本棚も欲しい。テーブル置いて、ちょっとした素敵な空間になりますよね。」

アジア人)「マイ・カラオケ・ボックスもできる?」

山村さん)「防音もできますよ。ばっちりしたら、スタジオにもなります。家は、外からはくっついているように見えますけど、壁は個別になっていますから、マンションより楽ですね。」

斉藤ふみ)「うわー、どうしよう。」

アジア人)「鉄道模型でジオラマを造るのもいいね。」

斉藤ふみ)「床をガラス張りにして、その下を鉄道模型が走るのはいい。ちなみに、私は『乗り鉄』ですから。」

アジア人)「ここで商売はダメ?」

山村さん)「住宅専用ですから、不特定多数の方を呼び込むのはダメです。でも、ここでパーティもいいですよね。」

 

さあ、大改造のアイデアは尽きません。

来週は、どうなるのでしょうか?お楽しみに。

 

さて、我々は、「ロニフ・伊都タウンハウス」を大改造中ですが、今日は、福岡市西区、糸島などのお店を取材してきましたので、ご紹介しましょう。

 

猪料理 狩人

itokari1.JPG

糸島市泊1606

092 - 322 - 1325

営業時間 : 11:30 - 22:30(O.S.22:00)

店休日 : 第3木曜日

 

猟師さんが、自分で獲った猪や鴨を食べさせてくれるお店です。

itokari2.JPG

大将の中園さんは、農業を営み、趣味で魚釣りをしていましたが、猪狩りに転向。

以来、鉄砲歴は、50年。お店は、開いて10数年になります。

メインである猪肉は、なんと言っても、処理の仕方が良く、全く臭みがない

撃って、〆ると、その場で血抜きして、素早い処理をしているのがポイント。

11月?5月くらいまでのものが美味しいのだそうです。

鴨は、網で獲ります。真鴨かカルガモです。

鴨は、12月1月が旬。その後、脂肪を落とすため、青物を食べてダイエットするそうです。

これらの作業を全部1人でやっています。70歳ですよ!!

80kgもある猪を1人で運んでいるのだから、驚きです。

 

【猪焼き(ししやき)】(1人前1500円)

itokari3.JPG

2人前から。バラ肉になります。猪の肉は、淡白な赤身で、脂がとても甘い。

カロリーは低く、カルシウムやビタミンB1が豊富。コラーゲンもたっぷりです。

itokari4.JPG

肉の他にも、玉葱、茄子、キャベツ、椎茸などの野菜がセットになっています。

特に、茄子は、脂を吸って美味しくなるので、お代わりする人もいるらしい。

胡麻塩につけて食べるので、肉の味をしっかり堪能できます。

itokari5.JPG

 

【ぼたん鍋】(1人前1500円)

2人前から。これも人気。味噌仕立てで、部位はロースになります。

 

【猪カレー】(500円)

itokari6.JPG

ボリュームたっぷり。肉が柔らかくなるまで、3日間、しっかり煮込んでいます。

定番のニンジン、玉葱、じゃがいもの他、きのこ類も入っていました。

半熟の目玉焼きものっています。

 

【猪スペアリブ】(1000円)

itokari7.JPG

若い猪のスペアリブを煮込んでいます。少しクセはありますが、食べやすい。

 

【鴨のワイン煮込み】(1500円)

itokari8.JPG

鴨は、赤ワイン、醤油、砂糖に漬け込み、煮る。

玉葱、パプリカ、トマト、山葵菜が添えられていて、見た目も鮮やか。

少しスモークしたような独特の味がして、お酒に合いそうな一品。

 

ロニフ・伊都タウンハウス」見学の際は、是非、お立ち寄り下さい。

 

番組では、皆さんからのメッセージをお待ちしています!

「マンションの賢い買い方」など、マンションに関する質問

「こんな風に大改造して!」など、番組に対してのメッセージなど、どしどしご応募ください。

メールは、こちら!!

soko@fmfukuoka.jp

 

メッセージ

メッセージはこちらから↓
soko@fmfukuoka.jp

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ