fmfukuoka

5月25日(金)

エイリック・スタイル 姪浜フレシオを大改造しよう!!

 

ということで、今週もレギュラー陣、

『あったらいいな』の株式会社アライアンス 住宅営業企画営業部 部長山村さん、

そして、商業建築デザイナーの安河内さんです。

 

現在大改造中なのは・・・

クラブ・エイリック 藤崎南 ザ・テラスですが、1回お休みして、・・・

お待たせ致しました。

エイリック・スタイル 姪浜フレシオの見積もりを発表します。

 

斉藤ふみ)「全体的にマリン・テイストを取り入れて、見えないところにもボーダーを取り入れたりしましたね。」

 

玄関 : 49万

オーダー : 靴箱の中はボーダー、扉はガラリ、床はモザイク・タイル、フローリングのボーダー貼り

アジア人)「一番お金がかかったのが、フローリングのボーダー貼り。」

山村さん)「まあ、白と青のボーダーなんてないからですね。塗装して研磨をかけて作りあげるんです。」

アジア人)「これだけで30万円掛かっています。」

斉藤ふみ)「まさか、毎日通るだけの所に30万円!」

 

洋室2 : 51万

オーダー : クローゼットに2段ベッドを仕込み、下は収納、上はベッド、飛び出した部分は船先の形、ドアは丸窓、通信管

アジア人)「これ見積もった方は、馬鹿じゃないのと思ったでしょうね。」

山村さん)「通信管ですけど、真剣に見積もってますね。8万もかかっていますから。ただ、ベッドに関しては強度の問題もあるので、かなり丈夫で安全にはしています。」

 

洋室3 : 23万+α

オーダー : 丸窓、クローゼット内ボーダー、鯨の中のようなアーチ、プロジェクター

安河内さん)「鯨の中のようなアーチまで作ってこの値段は安いですね。」

アジア人)「プロジェクターは、お客様で選んで下さいということで、プラスαになっています。」

 

和室 : 26万

オーダー : 琉球畳、大きな丸窓

アジア人)「琉球畳で、5万円って、そんなに高くないですね。」

山村さん)「畳に関しては、入れ替えて追加ですから、それくらいで済んでいます。丸窓は、単純に増えるので高くなるわけです。」

 

浴室 : 30万

オーダー : マイクロバブル

安河内さん)「超微粒の泡で美容に良いものやね。」

 

キッチン・リビング : 26万

オーダー : 無数の小さなシャンデリア、真鍮色の金具

斉藤ふみ)「LEDにして、シャンデリアは16万円。」

山村さん)「なんとなく、これぐらい用意しておけば大丈夫だろうということですね。」

斉藤ふみ)「炭酸サーバも用意しました。これが4万円。」

アジア人)「収納の内側にもボーダーです。」

 

トイレ : 15万

オーダー : 壁がボーダー・タイル、便器のボーダー

斉藤ふみ)「結構かかりますね。」

山村さん)「耐久性も良いし、無駄ではないと思います。」

アジア人)「でも、便器のボーダーは無駄じゃない?3万円も掛かってる。」

斉藤ふみ)「夢とおしゃれが活きてますから、いいんです。」

山村さん)「各所にボーダーを使ってますけど、見えないところにかなりお金をかけてますね。」

アジア人)「違うんですよ、見えないところにお金をかけるのがおしゃれなんです!」

 

バルコニー : 60万

オーダー : ウッドデッキ、帆布のターフ

アジア人)「ウッドデッキの40万円はびっくりしました。」

山村さん)「ウッドデッキはピンキリです。今回は、ある程度のものを使ってますけど、とびっきりではありません。高いものになると、樹脂を混ぜて、手入れが楽なものもありますから。ウッドデッキ自体が非常に高価なんですね。」

アジア人)「ホームセンターに行って、すのこでも買って来るか。」

斉藤ふみ)「イヤー!! それだけはおやめください!!」

 

合計 280万円

斉藤ふみ)「今回は、結構きましたね。」

山村さん)「詳細を詰めていないので、ざっくりではあります。」

斉藤ふみ)「でも、各所にボーダーを使うのは楽しかった。」

 

ということで、エイリック・スタイル 姪浜フレシオは終了です。

来週は、いよいよクラブ・エイリック 藤崎南 ザ・テラスの大改造のテーマを決めよう・・・かな?!

 

さて、我々は、「クラブ・エイリック 藤崎南 ザ・テラス」を大改造中ですが、今日は、早良区原、高取、荒江、弥生などのお店を取材してきましたので、ご紹介しましょう。

 

Eau de bouche(オー・ド・ブーシュ)

eau1.JPG

福岡市早良区荒江3丁目28 - 12

092-843-3212

9:00 - 18:00

定休日 : 日曜、第1、3、5月曜日

eau2.JPG

荒江にある、できて8年目のパン屋さんです。

オーナーシェフの坂元さんは、大手や、湯布院、ダム・ド・フランス、グランドハイアットなどのパン屋さんを経て、独立。この道18年。

eau3.JPG

フランスパンもあれば、食パンや、アンパンなど、皆さんに馴染みのあるパンを、揃えています。

作り方は、基本に忠実で、ズルをせず、粉からこの店で手作りしています。

全体的に、生地は、しっかりしていて、フランスっぽい感じ。

外はカリッとして、中はふわっとしています。

見た感じ、デニッシュが多かったのですが、今だと、10種類くらいあるそうです。

 

【アップルデニッシュ】(151円)

リンゴは、大ぶりなまま、バターでソテー。シナモンを振らず、ストレートで勝負。

デニッシュの層がサクサクで、最後にキャラメリーゼしています。

甘く見えて、見た目よりあっさりしてます。

 

【シャンピニオン・フロマージュ】(160円)

eau4.JPG

この店のオリジナルで、キノコの形をしているので、シャンピニオンというそうです。

フランスパンの生地に、ブルーチーズ、

クリームチーズ、ゴルゴンゾーラ、クルミが入っています。

お酒に非常に合うパンです。

 

【フランボワーズのブリオッシュロール】(210円)

eau5.JPG

外はカリッ、中はふわっとして、食べると、フランボワーズが広がるパン。

ブリオッシュの生地にバターを織り込み、デニッシュのように作り、

層になって、とても柔らかい生地です。

こんなブリオッシュは初めてです。

フランボワーズは、濃厚なジャムのようなものを作り、

アーモンドクリームと絡め、ネバっとさせて、入れてます。

仕上げに、マカロン生地をかけていて、見た目もかわいいです。

 

【ガーリック】(136円)

eau6.JPG

ガーリックをジューサーにかけ、バター、パセリを合わせたものを塗ったパン。

 

食パンは、角食(1斤235円)、イギリス(1斤247円)という山型のハード系、レーズン(1斤386円)の3種類。

eau7.JPG

どのパンも予約できます。

1人で作っていて、製造量に限界があるので、慣れてきたら予約するのも手かも。

店頭で、購入する場合、午前11時くらいが、一番種類の揃う時間帯になります。

 

クラブ・エイリック 藤崎南 ザ・テラス」からも近い場所にあります。

 

番組では、皆さんからのメッセージをお待ちしています!

「マンションの賢い買い方」など、マンションに関する質問

「こんな風に大改造して!」など、番組に対してのメッセージなど、どしどしご応募ください。

メールは、こちら!!

soko@fmfukuoka.jp

 

 

メッセージ

メッセージはこちらから↓
soko@fmfukuoka.jp

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ