fmfukuoka

5月4日(金)

クラブ・エイリック 藤崎南 ザ・テラスを大改造しよう!!

 

ということで、今週もレギュラー陣、

『あったらいいな』の株式会社アライアンス 住宅営業企画営業部 部長山村さん、

そして、商業建築デザイナーの安河内さんです。

 

ということで、新規物件がスタートしました。

クラブ・エイリック 藤崎南 ザ・テラスです。

 

場所は、福岡市早良区原1丁目

西鉄「弥生2丁目」バス停へ徒歩約3分、地下鉄「藤崎」駅へ徒歩約11分

総戸数 43戸

間取り 2LDK〜4LDK

 

奥行き3mのワイドバルコニー

南向き中心

全戸トランクルーム設置

クラブサロンあり

 

モデルルールなどのお問い合わせは、

0120-777-205

 

今日は、コンセプトブックを元に、大改造のアイデアを出していきます。

 

 

アジア人)「奥行き3mのワイドバルコニーは活かしたいよね。」

斉藤ふみ)「リビングとつなげて、一体感のある空間にしたいです。」

山村さん)「女性の方は、バルコニーでヨガマットを敷いて体操もできますよ。」

斉藤ふみ)「だったら、バルコニーにサウナを作りたい!」

山村さん)「サウナスーツで我慢して頂けないでしょうか。」

アジア人)「転がせて、移動できるんならいいんですけどね。」

斉藤ふみ)「では、家具とかキッチンも移動できるようにするとかは?」

アジア人)「どんな家ですか。」

安河内さん)「今回のキーワードは開放感やね。」

斉藤ふみ)「開放感と言えば・・・露天風呂は可能ですか?

山村さん)「難しいです。水をバルコニーに持ってくることが不可能なので。」

斉藤ふみ)「でも、バルコニーの排水溝があるじゃないですか。そこに栓をしたら、水が溜まるんじゃないですか。」

山村さん)「今回、ガラス手すりになってまして・・・。」

安河内さん)「立ち上がりがないから、水を溜めようがないな。」

アジア人)「つまり、強化ガラスを使っているんですね。だったら、そこに映像を映すようにしたら?」

斉藤ふみ)「奥行きのあるジャングルに見える映像とか。」

アジア人)「それか、ここをステージに見立てて・・・。」

斉藤ふみ)「それなら、ボタンを押したらピューって仕切りが出てきて防音になるとか。」

山村さん)「建て増しちゃダメですよ。建築法上無理です。ただ、屋根はありますから、雨掛かりは少ないですね。」

アジア人)「僕らが見ているコンセプト図面は、リビングとつなげたら22畳もあるんだよ。これは毎週パーティだな。」

斉藤ふみ)「キッチンにグリル台を追加することは無理ですか?エスニックのお店とかで、チキンを串に刺してクルクル回っている、あれが欲しいです。」

山村さん)「それはできますけど。」

アジア人)「あのデカイ機械を買うわけ?パーティのために?」

斉藤ふみ)「冗談は置いておいて、この広い空間をうまく利用できる大改造にしたいですね。」

アジア人)「バルコニーのトランクルームからバーカウンターが出てくるのは?」

斉藤ふみ)「では、床からもテーブルが登場!」

山村さん)「・・・。(話を変えて)女性はバルコニーの使い方が上手いですよね。男性なら日曜大工もいいかもしれません。」

アジア人)「バルコニーをフィットネスクラブにしたら?サウナはユニットバスにオプションであるし。」

山村さん)「移動できるものならOKです。サウナは、水ミストと言って、クールダウンさせるものもあります。」

斉藤ふみ)「火は焚いたらダメですか?ここまで広いとアウトドア気分になります。キャンプファイアー!」

山村さん)「ダメです!

アジア人)「それ、火事になります。それなら、せっかく水がきれいなので、素麺流しができるよ。」

斉藤ふみ)「いいですね。じゃあ、そんな感じで。」

アジア人)「どんな感じや!!」

 

今回の物件は、本当に造り上げ、そのまま販売も致します

果たして、売り物になるようなアイデアが出るのでしょうか?

 

来週は、モデルルームを調査して、アイデアを広げます。

 

さて、我々は、「クラブ・エイリック 藤崎南 ザ・テラス」を大改造中ですが、今日は、早良区原、高取、荒江、弥生などの美味しいお店を取材してきましたので、ご紹介しましょう。

 

Pizza ar taio  ピッツァ アル ターイオ

artaio1.JPG

福岡市早良区弥生1 - 5 - 16 メゾンドマルス102

092 - 407 - 7405

http://pizzaartaio.blog11.fc2.com/

8:00 - 11:30 コーヒー、軽食のみ

11:30 - 21:00 ピッツァ、お惣菜、カフェ

21:00 - 24:00 Bar Time

無休

artaio2.JPG

ピッツァを中心とした、イタリアの大衆食堂です。

イタリアでは、大衆食堂のことを、ターヴォラ・カルダといい、作り置きの惣菜などがあって、気軽に食事できる場所になっています。

この店は、そのターヴォラ・カルダの特徴を活かし、ローマンスタイルの量り売りピッツァや惣菜を、好きな分だけ注文して食べられます。

だから、1人でも、何種類ものピッツァが楽しめてしまうんです。

代表の嶋岡さんは、イタリアとスペインで、6年間、レストランのコックとして働いてきました。

その時に、嶋岡さんが普段親しんでいたイメージをできるだけ再現したお店になっています。

 

ピッツァは、常時7種類ありますが、ほぼ日替わり。

これまでに1000種類以上も登場しています。

artaio6.JPG

ちなみに、イタリアでも、圧倒的に多いのは、この店と同じ、ローマンスタイルです。

生地は、イタリア産小麦と、ローマと同じ硬水を使い、18時間かけて熟成させたもの。

ピッツァは、店内で食べても良いし、お持ち帰りもOK。

持ち帰る時は、温め用の紙も付けてくれます。

 

【マルゲリータ】(100g280円)

artaio3.JPG

これは常時ある定番メニュー。チーズがのびるほどジューシー。

 

【ホタルイカと菜の花のアンチョビ風味ピザ?ポヴォローネチーズ?】(100g320円)

artaio4.JPG

この店のオリジナル。旬の食材、モッツァレラを熟成させたチーズを使い、海の風味豊かでした。

イカの味噌はあるのに、目玉も背綿もとってある細かさが嬉しい。

 

【グリーンアスパラとプチトマト イタリアン産豚バラハムのピザ?リコッタチーズ】(100g320円)

artaio5.JPG

これもオリジナル。一品料理で出てもおかしくないくらいの具材が生地にのっています。

 

アンティパストは、常時15種類くらい。季節によっても変わります。

夕方からは、肉の煮込みなど、ボリュームある料理も出てきます。

旬の食材を使っているので日替わりですが、豆系の料理は人気だそうです。

 

【ラザニア】(小350円、大700円)

artaio7.JPG

土日のみのメニュー。生パスタから全て手作り。合挽き肉のラザニアです。

濃厚だけど、しつこくなくて、美味しかった。

 

ドルチェもあります、カフェは、プロのバリスタがいるので、本格的な飲み物があります。

夜は、ワインで軽く一杯なんてことも。

お店でも楽しめますし、お持ち帰りすると、家で少し料理を加えるだけで、コースになります。

一日に何回でも通えるお店です。

 

クラブ・エイリック 藤崎南 ザ・テラス」モデルルーム見学の際は、是非、お出かけ下さい。

 

番組では、皆さんからのメッセージをお待ちしています!

「マンションの賢い買い方」など、マンションに関する質問

「こんな風に大改造して!」など、番組に対してのメッセージなど、どしどしご応募ください。

メールは、こちら!!

soko@fmfukuoka.jp

 

 

メッセージ

メッセージはこちらから↓
soko@fmfukuoka.jp

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ