fmfukuoka

12月30日(金) 

クラブ・エイリック グランカーサ室見」を大改造しよう!!

 

ということで、今週もレギュラー陣、

『あったらいいな』の株式会社アライアンス 住宅営業企画営業部 部長山村さん、

そして、商業建築デザイナーの安河内さんの登場です。

 

現在は、クラブ・エイリック グランカーサ室見の大改造です。

まず、どのような物件なのか、説明しましょう。

 

クラブ・エイリック グランカーサ室見

 

福岡市早良区南庄6丁目5番4(地番)

福岡市営地下鉄空港線「室見」駅 徒歩12分 西鉄バス:室見団地バス停 徒歩 1分

第2種中高層住居専用地域・第2種15M高度地区

総戸数は、全12戸。3階建てです。

専有面積  74.38? - 112.21?

間取り  3LDK - 4LDK

販売価格(税込)  3,100万円 - 4,880万円

駐車場  13台

 

西区内浜中学校のすぐそば

エイリックスタイル・マンション・ギャラリー・ウエストでモデルルーム公開中

0120?777?205

 http://www.club-alic.jp/grancasa_muromi/

 

今回の大改造のテーマは、『SEX AND THE CITY』。

 

大改造する部屋は、1階、Aタイプ、4LDK、86.86平米になります。

 

Aタイプの間取りは、こちらをチェック!!

http://www.club-alic.jp/grancasa_muromi/plan/a_type.htm

 

ダブルクローゼット、ミセスコーナー、勝手口もあり、ワイドスパン設計です。

 

アジア人)「さあ、いよいよ大改造の見積もりを発表します。まずは、玄関から。靴箱の扉を鏡張り、内側に照明を入れて、棚をガラス張りにするという改造でした。」

山村さん)「扉に鏡を付けるのが8万円。内側の照明も2、3箇所付けたとして5万円。問題は棚です。枚数を正確には確認しておりませんが、ざっと31万円。怪我しないように角もカットしないといけませんからねぇ。」

斉藤ふみ)「手仕事や、ガラスの質も大いに関係あるわけですね。」

アジア人)「次は、廊下。フローリングをやめて、カーペットにするということでしたが。」

山村さん)「毛足の長いものをご指定でしたね。フローリング自体も安いものではなかったのですが、それでも5万円増です。」

アジア人)「カーペットのほうが、我々だけのための注文になるから、高くなるんですね。それでは、洋室に移りますが、間仕切りを取り除いて、片方をウォークインクローゼットにするというアイデアでした。」

山村さん)「現場が非常に頑張ってくれています。まず、ドアが一つ少なくなるので、?3万円。扉の鏡は大きなものなので、30万円ほど。で、クリスタルの棚は、15万円。洋室の片方をウォークインクローゼットにというところは、プラスマイナス0円にしてくれています。」

斉藤ふみ)「ありがとうございます。」

山村さん)「あとは、ご主人ようのテーブルの天板ですが、5万円。最後に寝室のドアをステンドグラスという風におっしゃっていましたが、価格が不明な部分なので、とりあえず、8万円。」

安河内さん)「ステンドグラスは、アートな部分もあるから、有名な人の作品になると高いしね。値段は概算になるでしょう。」

アジア人)「次に、別の洋室を、バーに変えるんでしたよね。」

山村さん)「こちらは、クローゼットをお酒を置けるような棚に改造するんですが、ガラスを使って8万円。間接照明は5万円。カウンターの腰をガラスブロック、天板でウレタン塗装までかけて10万円、給排水の工事で25万円。」

アジア人)「安いですね。そして、子供部屋。」

山村さん)「真剣に考えていますよ。まず、上下2枚ドアです。これは、プラス3万円。ジャングルジムのようなベッドは、・・・・」

斉藤ふみ)「それ、滑り台もあって、登っていけるようなものもあるものです。」

アジア人)「その見積もりは・・・」

山村さん)「現場も分からなかったようで、却下してきました。天井の布団張りは3万円。クローゼットにキャスター付きボックスは6万円です。」

アジア人)「では、リビング、キッチン。まずは、キッチンを動かすという話でしたが・・・。」

山村さん)「これは一か八かでしょうが、5万円。動かせるのかという疑問は、まだ残っていますが。そして、カウンターを広げる話ですが、高価な御影石を使うということで、30万円。台下収納、冷蔵庫は却下です。カウンターを無垢の人造大理石に取り替えると、?7万円。プロジェクターを設置する部分は、15万円です。」

アジア人)「モデルルームで選んだ部分は、0円ですね。」

山村さん)「子供部屋の白木の床に変更で?15000円になっています。」

 

さあ、見積もりの合計ですが・・・

248万5千円

まだ未定の部分も含まれますし、もう少し細かくつめると、200万円くらいで可能だと思います。

 

来週は新規物件です。

お楽しみに!

 

 

さて、我々は、「クラブ・エイリック グランカーサ室見」を大改造中ですが、今日は、早良区南庄、小田部などの面白い教室を取材してきましたので、ご紹介しましょう。

 

絵画教室【アートスタジオアライヴ】

福岡市早良区小田部7-7-35 スカイアーベイン室見3010

092-822-3286

http://www.artstudio-alive.com/

works_work001_b.jpg

★鉛筆画専門の教室です。

代表の坂本貴彦さんは、大学卒業後にデザインの仕事をする傍らで鉛筆を使ったデッサンを趣味で始めました。

独学で誰にも教わらずに数々の技法を生み出し、展覧会などにも出品するようになったそうです。

そして趣味が高じて、約3年前に現在の教室をオープン。

始めた頃は自分が誰にも教わったことが無いので、教えるのも大変だったそうです。

教室の方も現在では50人以上の生徒を抱え、幅広い世代の生徒が熱心に絵を学んでいます。

 

鉛筆画の教室は他にはないこともあり、県外から通っている方も多いです。

(長野から定期的に通う生徒もいます!)

works_b_meka002_b.jpg

★製作の流れ

*デッサンの元となる写真に縦横のマスを書き、それより大きなマスを画用紙に書きます。

*写真に書いたマスを一マスずつ正確に画用紙に書き写して下書きを作ります。

*数種類の鉛筆を使用し、濃淡や線の太さなどをつけながら描いていく。

*筆圧の調整が一番のポイント。グラデーションをつけたり、同じトーンで塗りつぶすのが難しい。

*指などを使ってボケ味を出し、消しゴムを使って凛とした線を作るなど、様々な技を使って表現します。

*    一枚の絵を描くのに3ヶ月?半年、大作になると1年かかることも!

 

作品が仕上がる頃には一通りのテクニックが身に着くので、すぐに次の作品に取り掛かる生徒が多いそうです。

 

全く絵を書いたことのない方でも、半年で最初の作品が完成するそうです。

works_animals002_b.jpg

*現在、来年1月に開催される作品展に向けて生徒さんたちも坂本さんも製作に没頭中!

「鉛筆画教室作品展」 2012年1月11日(水)〜1月15日(日) 福岡市美術館

 

*無料のキッカケレッスンがあり、どんな内容で指導しているかを体験することができます。

興味がある方、苦手だけど絵が描けたらいいなとお思いの方はぜひお問い合わせください。

 

クラブ・エイリック グランカーサ室見」の近くにあります!

 

 

番組では、皆さんからのメッセージをお待ちしています!

「マンションの賢い買い方」など、マンションに関する質問

「こんな風に大改造して!」など、番組に対してのメッセージなど、どしどしご応募ください。

メールは、こちら!!

soko@fmfukuoka.jp

 

 

メッセージ

メッセージはこちらから↓
soko@fmfukuoka.jp

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ