12月5日 木曜ラジゴン

ゲストは、河野万里奈さんでした。

raji20191205.jpg

2019年5月15日、5年半ぶりとなった再デビューシングル
『真人間入門』をリリースした河野万里奈さん。
なんと、FM福岡に登場するのは、プロ入り9年目にして初めて!

実は野球女子でして、活動休止中は、野球を見てプロの気構えも学び、
モチベーションを上げていたそうです。
ちなみに、始祖と呼んでいるは、ホークスの?谷 裕亮選手と、
元阪神の鳥谷 敬選手。

再デビュー2ndシングル「水恋」は、11月20日リリース。
水のように溺れる恋。
それは、普通の恋愛だけではなく、何かに夢中になっていたり
するものでもあるとのこと。
河野さんの場合、「歌に恋してる」そうです。


水恋 / 河野万里奈

使っているギターは、筑紫丘高校時代から愛用しているギータローさんです。


河野万里奈ワンマンライブ〜マリナーズ冬の陣〜
12/14(土) 開場 11:30 / 開演 12:00
TSUTAYA O-nest(東京都渋谷区)

過去の自分に打ち勝とう!をテーマに繰り広げるステージは必見です!!


福岡出身です!!
皆さん、応援しましょう!

河野万里奈さんに関しては、
https://kawanomarina.com/


radikoのタイムフリー
http://radiko.jp/share/?sid=FMFUKUOKA&t=20191205151730


木曜ラジゴンでは、
格言の泉、ニュースがぶり寄り、テーマなど、
皆さんからのメッセージ、お待ちしています。

rajigon@fmfukuoka.jp


12月4日、寒い水曜日寒いギャグ。

今日のゲストは The Songbards。birdsじゃなくって。
「Songbird=さえずる鳥」と「bard=吟遊詩人」を掛け合わせたダブルミーニングだそう。そんなお話を前回12月に聞かせてくれました。

松原有志さんと上野皓平さんが今日のゲストです。

バンちん、なぜだか前回ゲストにお迎えしたことをよく覚えていて、ひじょーに好印象だったのですけどね。


ゲストの出演部分はこちらから(LINK)
(radikoタイムフリー、放送後1週間に限り放送エリア内とプレミアム会員の方が聞くことができます)

その時のmini album「The Places」は、ビートルズなどから連綿と続くUKのグッドメロディを現代的なガレージサウンドで鳴らした良作で、ちんもよく聴かせていただいてお気に入りの一枚でした。

それから1年。なんとメジャーデビューして帰ってきてくれました。
神戸で共同生活をしていた皆さんも今はすっかり東京に落ち着いて、精力的に活動を行っています。

「あんまり何も変わらないですけどね」とふたりとも口を揃えて言います。

ガチャポンの質問は今日のメッセージテーマでもある「寒い!」。

「北海道に雪降ってる時期にはじめて行ったんですけど3時間くらいしかいられなくて、思い出が寒い(笑)」

みたいな。何だその話はって感じですけど、あ、今忙しいんだなあ。と伝わる感じ。
ふたりとも自然体で前回も今回も印象はぜーんぜん変わりませんが、音楽的にはまたひとつ大きなステージに上っていったんだなあと思うと感慨深かかったりもします。

他にも楽しいお話をたくさん聞かせてもらいました。タイムフリーで聞いてくださいね。
 

そんなThe Songbardsの待望のメジャーファーストアルバムが11月20日発売の「CHOOSE LIFE」。

いかにもブリティッシュロックっぽい、けど最近珍しいメンバーの顔がデザインされたジャケットが色使いといいデザインといいかっこいいなあと感心していたら、

「背景の布は岩田(ドラムス)がカーテンを自分で染めたんです」と教えてくれました。カカカカカーテン!The Songbardsのデザインに関わる全てを一手に引き受けているドラムスの岩田さん、今回も大活躍です。染めるんだ...

3人のエンジニアさんや多くのスタッフが関わることで大いに刺激になった今回のアルバム。

「今までの活動の中で一つの目標としていた作品になっていて、再録曲も入っていて、いま自分たちができること、アルバムだからできる曲も入っていて、本当にバラエティに富んだアルバムになったと思いますね」

持ち味であるグッドメロディは冴え渡り、一方で今までにないリズムにこだわったナンバー、そして少し歌謡曲的なメロディも含んで今のJ-POPシーンにも真正面から勝負できるよと宣言しているようにも思いました。

以前も今回も様々なレコーディングを重ねる中で、吸収した経験もまた音作りなどに確実に反省しているそう。メジャーデビューにふさわしい今のThe Songbardsの名刺代わりの一枚としても最適。また愛聴盤になりそうです。

CHOOSE LIFE Release Tour

2020年1月25日(土)
熊本 B9.V2

CHOOSE LIFE ワンマンツアー

2020年3月7日(土)
福岡 DRUM SON

※只今WEBで先行予約受付中



「ぜひライブに来てほしいし、ぜひ聞いてほしいですね」
とニコニコ。

あ、なんかこの自然体な感じ。音楽同様、このかんじが印象に残っていまいますね。

次はまた大きなステージに上がっているはず。引き続き応援していきたいです。

The Songbards (外部リンク)


今日は田主丸町の「富有柿」を岩佐農園さんから送っていただきました。

柿大好き!ありがとうございます!

さて、今日のメッセージテーマは「寒い」。
そのまんま。寒いですもん。

「寒い」って面白い言葉で、気温だけじゃなくて近年は心持ちも表現できますね。「暑い」は気持ちを示すときは「熱い」ですもんね。あ、「暑苦しい」だと気持ちですか、どうでもいいですか。

そんなわけで気温でも気持ちでも今日は「寒い」メッセージをお送りくださいというわけです。

ここで思わぬトラブル発生。
「寒い」といえば「オヤジギャグ」なんかも寒いの代表みたいなもんですねと。

実はちんは最近、オヤジのたしなみとして「オヤジギャグ」使いにちょっと憧れています。というような話をしたんですが「じゃあ今日は合間合間にオヤジギャグを言ってください」と言われましてね。

ええ、憧れてるってことは「できません」ということですが!
そろそろ雪がフりそうでスノー。

そんなハプニングもありながらみなさんからもたくさんのメッセージありがとうございました。全体的にバランス良く季節の話題、寒いジョーク、心も凍てつくような話題などいい感じにバラエティ豊かな内容になりました。

まあ当然気温が低い話題は多いんですけど、意外と気持ちの方のメッセージが多くて面白かったです。

いろんな場面で人って気持ちが冷え込むんだなあ。
猫に釣れなくされても心が冷えてくるんだなあ。みたいな。

これから本格的な冬。
体も心も温めておかないとくじけてしまいますな。がんばりませう。


毎週好評頂いてます! 「ほっと一息 弁護士さんとのティータイム」。
お散歩レディの安井杏奈弁護士とホットヨギーの千綿俊一郎弁護士が登場。

今週は離婚の話が出てきました。
バンちんの食いつきっぷりが違います。ええ。

財産分与なんて関係ないわーと思っていても、こうやってお話を聞いているといろいろあるんだなあって思いました。

別に離婚する予定のない人も、その前に結婚していない人もちょっと頭に入れておくことで、いろいろと役に立ちそう。

誠実そうでモテそうな千綿弁護士と、毎回ド緊張しながらも一所懸命お話してくれる安井弁護士のお話聞いていると、弁護士さんって信用していいんだよなあ。なんて当たり前のことを改めて思ったりもしました。

次週も楽しみ。


今週のチンタメは映画史に残る名作ホラー、スティーブン・キング原作、スタンリー・キューブリック監督の1980年作品「シャイニング」のおよそ40年ぶりの続編「ドクタースリープ」を紹介しました。

モダンホラーの帝王スティーブン・キングの原作を「2001年宇宙の旅」はじめ映画界を代表する巨匠スタンリー・キューブリックが監督して、ホラーなのに格調高く緊張感満載の稀有の名作。歴史に残る名作となった「シャイニング」。

父親のジャック・ニコルソンと母親のジェリーデュバルの顔芸がホントに怖かった。

実に40年ぶりにその続編が作られたわけですが、映画界、映画ファンの間では激震が走った。

まず2012年位にキングが「シャイニング」の続編を書くという話があって結局2013年に出版されたんですが、それもまあ驚きなんだけどそれでも「映画版の続編だけはない」と言われていたんですね。

なぜならばスティーブン・キングは映画版の「シャイニング」が大嫌いだったから。

原作のフレームを残してキングが描きたかった部分を大幅に改変した映画版に激怒して、現在に至るまでディスりちらして挙句の果てには、自分で主導してTV版の「シャイニング」をつくったほど。

それが、気がつけばキング自身が続編を書き、しかも映画化をOKして今や諸手を挙げて絶賛しているんだから世の中ってわからない。

その映画を手掛けたのはホラー畑のマイク・フラナガンですが、映画を見れば納得。
この映画はキングの「シャイニング」とキューブリックの「シャイニング」の見事な折衷案であり、キング版「ドクター・スリープ」の映画化であり、キューブリック版「シャイニング」の正当な続編になっていました。

ただし。
映画の雰囲気やトーンは映画の「シャイング」とは全く違うんですね。

原作からしてそうなんですが、まあ超能力戦争みたい。

前作で生き残ったダニー少年(ユアン・マクレガー)も40年後の今、トラウマと自分の能力「シャイング」を封印したく結果アルコール依存症のダメ男になっていました。

そこに同じ能力を持つ少女アブラとつながり、謎の連続少年少女失踪事件の犯人、やはり能力者のローズ・ザ・ハット率いる「トゥルーノット」に付け狙われることになり、再び渦中に身を投じる事になる。

その結果、あの忌まわしい閉ざされた冬山にあるオーバールックホテルへと向かいます。

おなじみのあのシーン、あの登場人物が再び登場して大暴れ。

私は別の映画として楽しみました。
そして、大人の調整能力に舌を巻きました。

みなさんはどう見るか、とっても楽しみです。

興味あればぜひ!

今週はここまで。
また次回です。

12/3 火曜日ラジゴン

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

みなさんこんにちは!

 

ADまゆこです◎

 

今日はゲストがいらっしゃらなかったので、

私のお話にお付き合いください!  

 

 


 

今日の番組テーマは「冬のアイテムベスト3」でした!

1つ目はゆずしょうが!

喉が弱いので冬の必需品です!夏でも飲んでるぐらいです

普通のしょうが湯はしょうがが強くて得意ではないんですが

ゆずが一緒に入っていると甘くて飲みやすいんです〜◎

 

2つ目はポムポムプリンのフリース着ぐるみ!

パジャマがわりに着てお布団に入るととってもぬくぬくです◎

その中にパジャマを着るとさらにあったか!オススメです

 

3つ目はボディクリーム!

乾燥肌で肌荒れしやすい私は1年中ボディクリームを全身にベタベタ塗りまくります!

それでもカサつくので、冬はクリームというよりペースト?

なんかとても濃厚なものをつけています◎

 

改めて考えてみると1年間の必需品でした(笑)

ここ数日で冬が来た!って感じの寒さなので、みなさんお体に気をつけてください! 

 

来週もがんばります!

12/02 月曜ラジゴン

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

みなさんこんにちは!

 

ADまゆこです◎

 

12月ですね!

スタジオの稲川淳二さんのカレンダーも12月に...

 

 稲川さんカレンタ?ー.jpg

 

7、8、9月あたりの怪談シーズンの写真はやっぱり怖めですが

それ以外の月はプライベートでかわいい稲川さんばかりです!

(12月が1番かわいくてお気に入り~◎)

来年は自分用に買っちゃおうかしら~

 

 


 

今日のがちゃぽんゲストは「SANABAGUN」から

"高岩遼"さん、"岩間俊樹"さんでした!

 

 20191202 SANABAGUN.jpg

 

《《《リリース情報》》》

NEWアルバム「BALLADS」

10月23日リリース

◆SANABAGUN初となるコラボ楽曲や、初めてプロデューサーを起用した作品

 Featuring Arist 藤原さくら、Creepy Nuts

 

《《《ライブ情報》》》

「TOUR BALLADS」

12月13日(金)     OPEN 18:15   START 19:00

◆会場:東京 マイナビBLITZ赤坂

 

 

そのほかの詳しい情報はオフィシャルサイトを要チェックです!

 

HP

〈facebook

Twitter

〈Youtube

 

 


 

今日の番組テーマは「12月げな〜」でした!

12月げな!

この去年の冬が終わり、"次の冬までにクリーニングに出そうー"

と思っていたコートたちやカーペット...もう12月げな...

ということで、昨日カーペットをコインランドリーへ!

初めてコインランドリーに行ったんですが、

カーペットのもふもふがなくなることもないし、スッキリサッパリ!

お部屋がまた一段快適になりました〜

...

わかってます...

そんなこと言ってたら

 

夏げな~

 

になり、

 

12月げな~

 

になることをネ☆

 

明日もがんばります!

11月27日、水曜日は逃げ足早く。


今日のゲストは邦楽パワープレイ「最初はハロー」でもうおなじみの立花綾香さんです。

熊本出身のシンガーソングライターさんですが、大人かつ可愛らしい方でした。
今年のメジャーデビュー以前のインディーズ時代は、どっちかというと歌世界に合わせたように黒でシャープなイメージを勝手に持っていたんですけど、実際にお会いするとまったく違うかんじ。

「ちょっとイメチェンしまして」と笑ってらっしゃいましたけど、それってイメージだけでなく音楽の前向きな大きな変化に沿ったものでもありそうです。


ゲストの出演部分はこちらから(LINK)
(radikoタイムフリー、放送後1週間に限り放送エリア内とプレミアム会員の方が聞くことができます)

そう。立花さんにとって音楽はいつも自分自身と周囲に変化を与えてくれるもののよう。

例えば子供の頃からピアノを習っていて本格的に音楽活動を始めると、まったく音楽と無縁のように思っていたお父さんが実はかつてはメジャーデビューを目指していたことが判明。親子関係も随分変化して、バンド仲間のようにもなったりしたそうで、メジャーデビューも一番喜んでくれたそう。なんかドラマみたい。

ガチャポンの質問「今年の一年」に対しては「一言『脱皮』の『脱』ですね!」とキッパリ。

「今まで抜け出したくても抜け出せない殻を抜け出せたなって思って」

一人の音楽活動や他の人の提供楽曲などを歌っていて色々思うことが多かったようですが、現在のチームと出会うことで、もうひとつ先にやっと進むことができた実感があるんだそうです。結果、音楽性のみならず考え方も大きく変わって、新しい自分になることができた。メジャーデビューのとてもいい面を聴かせくれました。

そんな一枚が、11月20日リリースのメジャーデビューミニアルバム「HELLO」です。


「新しい自分だけじゃなく今までの自分も大切にしたいなと、昔の曲から今の曲まで、全体としては寄り添うようなアルバムになったらいいなと」

状況直後、6年くらい前に作った「Eyes」から、苦手だった恋愛をテーマにした(でも書いてみたらスラスラ書けたそうですよ)「パスタ」まで本当に音楽性も心情も多様な楽曲が並びました。

それは27歳の今、満を持してメジャーデビューするというタイミングも含めて多様な表現と気持ちを伝えることができたのかも知れませんね。


立花綾香「HELLO」リリースイベント

2019年12月14日(土)
タワーレコード福岡パルコ店 イベントスペース

メジャーデビューミニアルバム発売記念ワンマンライブ
「HELLO in FUKUOKA」

2020年1月25日(土)
福岡 ROOMS
OPEN 17:30 / START 18:00

初のワンマンライブ、これからまたいろいろな場所で活動することになりますね。
「行ったことのない場所が多すぎて、どう受け入れてくださるのかっていうワクワクが大きいですね」

なんか、こんなにまっすぐメジャーデビューがこんなにいろいろな変化と喜びを与えてくれるというお話を聞けることって、他人事ながら本当にこちらまで嬉しくなります。これからも応援したいですよね。

そしてエフエム福岡としては、毎週月曜日 21:00?21:55放送中の「Weekly Play List」では、12/2(月)からレギュラーコーナー「立花綾香の最初はハロー」(21:15頃?)がスタート!
こちらもどうぞよろしくおねがいします!

ありがとうございました!

HOME HOME - 立花綾香 OFFICIAL SITE (外部リンク)

おかげさまで好評です! 「ほっと一息 弁護士さんとのティータイム」。
今週からは安井杏奈・千綿俊一郎弁護士が登場。

初対面で緊張..かと思いきや今回のお二人もとっても話しやすくて、始まる前から楽しいおしゃべりが始まったりして。今週からもまた楽しみになりましたねえ。

テーマは借金問題について。

最近よく聞く「過払金」なんて、どうもいまいちよく理解してなかったんですが、今回はよくわかりました。

借金を大幅に減額する「個人再生」なんて知ってました?僕知らない。
ほんとに悩み苦しむよりも、まずは弁護士さんに相談すれば道が拓けるかも知れない。ってマジで思いました。

いや面白い。
来週も楽しみです。


今週のテーマは「逃げる、逃げられた」。

今年一年もあっという間に逃げていっちゃう。逃げてるのかな。こっちが見送っているだけのような気もしますね。

そんなわけで今日のテーマは逃げることに絞ってみました。

色々逃げますでしょ。

自分自身やパートナーはもちろん、
友人や、
家族や。
人間だけではないですね、
恋のチャンスや、
お金や、
出世や、
夢や、

もちろん、自分自身のために逃げることだってあります。

今週もたくさんのメッセージを頂いて、しかもどれもこれも面白くて楽しい回になりました。

今年が逃げ切っちゃう前に、色んなこともちゃんとケリつけていかないとなあ。

今週のチンタメは、いま日本で一番忙しい監督白石和彌の最新作「ひとよ」でした。

劇作家・桑原裕子率いる劇団KAKUTAの代表舞台作品を映画化したものですが、なんといっても設定がものすごくて、家族、兄、弟、妹の三兄弟を守るため苛烈なDV夫を自身が運転するタクシーで轢き殺した母こはる。

子どもたちに「これからはなんにでもなれる。好きなように生きなさい」と15年後に帰ってくると言い残して出頭した母。

そして15年後きっかり、母親は帰ってくる。

タクシー会社は残り、三兄弟はそれぞれに大人に成長しているが、母親が不在の15年は彼らにとっても別の意味で厳しい試練にさらされた15年でもあった。

明らかな戸惑いと喜び、反発。それぞれの反応を見せながら家族は崩壊をしていくが果たして家族は再生するのか、それとも。

そんなお話です。

そんなそれぞれに繊細かつ大胆な演技を求められる映画を、母親に田中裕子、三兄弟に鈴木亮平、佐藤健、松岡茉優。さらにもうひとつのストーリーラインを担うタクシー運転手約に佐々木蔵之介。音尾琢真、筒井真理子、浅利陽介、韓英恵、MEGUMIといった見事な名優たちが脇を固めます。超重量級の布陣です。

切ないのは、長男は科学者、次男は作家、長女は美容師にあこがれていた3兄弟はそれぞれ小さな電器店の婿養子、やさぐれまくった三流ゴシップライター、そしてスナックなどで働くコンパニオンと明らかに夢破れていて、この15年、色々あったんだなあなんて思わせます。

そこここに、いわれなき週刊誌暴露記事、タクシー会社への猛烈で執拗な嫌がらせが挟まれ、そんな中でなんとか受け入れようとしている兄弟たちもやがてホンネを顕にしていきます。

そんな中で、母親のこはるだけは今ひとつ何を考えているのか飄々と彼らの日常生活に紛れていく。それがまたいろいろな反応を引き出していくのです。

あなたならどうします?

この映画の難しいところは父親は子供と妻に大しては加害者。だけど、被害者でもある母親は最終的に加害者として父親を殺めてしまい。と加害者も被害者も両方の両親の子どもたち。

守られもしたけれど、結果苛烈な人生を歩むことになった三兄弟はとても複雑です。

それを見事に演じる3人の演技はものすごいのですよ。
激しく兄弟喧嘩し、直後にフっと馴れ合う、しかし心の中は...と、なんとも距離感の難しい肉親の関係を見せてくれます。それは母親も同じ。田中裕子さんの少し心ここにあらずで、でも「決して自分は間違っていない」と言い切る母親を見事に演じています。

家族って難しいですね。
めんどくさいけれど、決して切れない。だけど、無くてはならないもの。

白石監督らしい、鮮烈なバイオレンスとユーモア、そしてアクションまでツッコミながら、気が重くなるようなこの設定を、ある種軽やかに描いて見せるので決して重くはありません。

そうですね、今年見た家族の映画としては是枝裕和の「真実」と並んで今年の思い出深い一本となりました。

ご興味あればぜひ。

今週はここまで。
また次回です。

11/26 火曜日ラジゴン

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

みなさんこんにちは!

 

ADまゆこです◎

 

今日はゲストがいらっしゃらなかったので

私のお話にお付き合いください~◎

 

 


 

今日の番組テーマは「お風呂話」でした!

実家のお風呂は全面タイルでほぼ外みたいな寒さなので

帰った時にお風呂に入るのがすごくすごく嫌で入りたくないと駄々をこねたり、

福岡のお家に戻った時、暖かいお風呂に感謝しながら入ります

そんな非快適な実家のお風呂ですが、母はマダムの気持ちができているようで

小さい頃からいろんなものが浮いたお風呂に入っていました◎

そして先日はなんとバラを浮かせてくれました!

何枚かは香りがした~と言っていたので、私は1枚1枚クンクンして

かろうじて香りが残っていた2枚を手にゆったりとした時間を過ごしました~!

私生活でバラが浮いたお風呂に入っているのは

私か藤原紀香さんかみたいなところがありますね

他にも、お庭で取れたゆずを入れたりしていました!

ゆずは少しモミモミしてから入れると香りがとってもいいんですが

私はモミモミするのが大好きで、中身が無くなるぐらいしちゃっていたので

最後出る頃には刺激が強すぎて全身ピリピリになりながら上がっていたのを

覚えています(笑)

時には直で肌に擦り付けていたことも...

まったく何しているんでしょうね...?

 

来週もがんばります!

11/25 月曜ラジゴン

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

みなさんこんにちは!

 

ADまゆこです◎

 

 


 

今日のがちゃぽんゲストは「松室政哉」さんでした!

 

 20191125 松室政哉.jpg

 

今日のがちゃぽんの中身は「好きなサントラは?」

地元のレンタルビデオ屋さんでバイトをしていたという松室さん!

年間300本観るほど映画がお好きなんだとか!

今の季節オススメのサントラは「ホームアローン」

クリスマスですもんね!イルミネーションの中聴くとワクワクしちゃう気がします!

この時期は金曜ロ◯ドショーなどでホームアローンがあったりして

毎年ホームアローンを観ると、あークリスマスだ~となりますね!

 

《《《リリース情報》》》

「ハジマリノ鐘」

この冬配信リリース予定

 

《《《ライブ情報》》》

「Matsumuro Seiya Tour 2019 ハジマリノ鐘」

「ハジマリノ鐘」を引っ提げたアコースティックツアー

〈福岡公演〉

11月26日(火)     START 19:00

◆会場:福岡ROOMS(福岡市中央区大名)

◆チケット:当日券あります!

◆お問い合わせ:キョードー西日本(0570-09-2424)

 

そのほかの詳しい情報はオフィシャルサイトを要チェックです!

 

HP

Twitter

Instagram

 

 


 

今日の番組テーマは「先生、ありがとう」でした!

ちょうど昨日、地元にいたので久しぶりに小学校からのお友達と

みんなでお酒を飲みながら小学生時代などの思い出を語り合っていたんです~◎

そこで担任の先生のお話にもなりまして

あーあの先生は優しかった!可愛かった!イケメンやったね!など

色々とその時のことを思い出していたのですが...

改めて思い出すと、小学校から専門学校まで関わった先生方

みんな素敵な方ばかりでした!

1人1人にありがとう言ってたら長いので、一気にありがとうですー!!!

あと、注射が痛くない小児科の先生ありがとうー!!!!

 

明日もがんばります!

11月21日 木曜ラジゴン

ゲストはBeverlyさんでした。

raji20191121.jpg

TOGGYはデレデレ状態。

ガチャポンの質問は「忘れられない一日」
答えは、「新曲のMV撮影日」
新しいBeverlyの一面を見せていて、とてもクールな表情。
しかし、後ろでは岡崎体育さんが変なダンスをしているというシチュエーション。
スタッフが笑っている意味が最初、分からなかったとか。

ニューアルバム「INFINITY」は、12月4日リリース。
タイトルに込めた意味は、「無限に歌を届けたい、チャレンジしたい」ということ。
バラードが得意なBeverlyさんですが、今回はダンサブルな曲が多いです。


尊い / Beverly

3rdアルバム「INFINITY」発売記念イベント
11月24日(日)イオンモール福岡 1F イーストコート
?13:00 / ?16:00

Beverlyに関しては、
https://avex.jp/beverly/

radikoのタイムフリー
http://radiko.jp/share/?sid=FMFUKUOKA&t=20191121151800


木曜ラジゴンでは、
格言の泉、ニュースがぶり寄り、テーマなど、
皆さんからのメッセージ、お待ちしています。

rajigon@fmfukuoka.jp


藍井エイルさん。今週のゲストです。

北海道出身、高校時代はバンドを組んでいたのですがその後、ネットの動画サイトにピコの「Story」のカバー曲を投稿したことで道がひらけ2011年に「MEMORIA」でデビュー。当初は顔の半分だけしかさらさないというミステリアスな感じで話題になったりもしましたね。

一時、活動を休止しましたが現在は精力的に活動中。パワフルな歌唱力と親しみやすいそのキャラクターで多くのファンの支持を受けています。


ゲストの出演部分はこちらから(LINK)
(radikoタイムフリー、放送後1週間に限り放送エリア内とプレミアム会員の方が聞くことができます)

今日のガチャポンの質問「暇なときは何をしてる?」に「ゲーム」と答えて一気にゲームのお話になったんですが、ちんはかなり以前から藍井エイルさんのゲーム実況を配信しているのによく出くわします。

「今は自宅から実況してますねー」とニコニコ。

生粋のゲーム好き。
モンスターハンターのオンラインを「最高21時間くらいぶっつづけで(照)」。
「夢でもゲームの夢を見るんですよ」

弟さんとも仲良しでいつも一緒にやっていたそう。

そんな藍井エイルさんのニューシングルが「星が降るユメ」(11月27日発売)です。

「出会いと別れの中で気づいた大切なこと、大切なもの、そして大切な人という事、あとは自分で選んできたことは決して間違いじゃないよねっていう信じる気持ちをテーマに歌っています」

そしてこの曲はアニメ 『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』の エンディングテーマでもあります。実は藍井さんのデビュー曲「MEMORIA」は『Fate/Zero』のエンディングテーマ。

そういえば他の曲もあわせて全体に強く原点回帰の印象のあるシングルですね。

藍井エイルさんは2016年に一度活動を休止したこともあるのですが、その後の精力的な活躍を見るとやっぱりその時期にもう一度自分自身と向き合ったことも現在の好調と関係あるのかも知れませんね。

「やっぱり、活動休止を決めるのはすごく怖かったんですが、今振り返るとすごく自分にとって大事な休みだったなって思います」

「10年先に振り返ったときに、しんどい思いもしたけど良かったな。って思うんだろうなあって思うので、今回それをテーマに歌詞がかけたので良かったなあとは思いますね」

そんなふうに限られた時間でしたが、今回なんだかとっても良いお話聞けました。ぜひタイムフリーで聞いてくださいね。

でも、真面目な話をするとすぐゲームの話でかき混ぜるちんでした。すみません・・・

でもですね。藍井さんはゲームですが、世間にはアニメでも、コスプレでもなんでもいろんな趣味の人はたくさんいますが、それぞれがそれぞれにそれによって救われて前に進むエンジンになっているんじゃないでしょうか。それはスポーツでもなんでも、それがあるからこそ生きていける。そういうものって大事だなあと思いますね。

そしてライブも今年、来年と予定されています。
アニソンのイメージも強い藍井エイルさんですが、ライブはアグレッシブでロックなかんじ。

そしてライブハウスとホールという会場でそれぞれ違う楽しみを考えているそうですよ。
こちらも見逃せません。

藍井エイル LIVE HOUSE TOUR 2019 ~星が降るユメ~
11月21日(木)
DRUM LOGOS (福岡) 0pen 18:15/Start 19:00

藍井エイル LIVE TOUR 2020
5月8日(金) 福岡国際会議場メインホール

なんだかお話がとても楽しくて、気がつけばあっという間にお時間になっちゃいました。
スタジオの外は熱心なファンの皆さんも駆けつけて熱い視線をなげかけてくれました。

またスタジオに遊びに来てくださいね。
いや、オンラインゲームにアクセスして探しに行きましょうかね。

藍井エイル公式サイト(外部リンク)


ついに完全に打ち解け過ぎてしまっています「ほっと一息 弁護士さんとのティータイム」。

今週のヤツは聞きました?
個人的にはどストライクの「任意後見制度」の話。

私なんて一人ですからね。幸い遺産は1円もないからそっちの心配はないんだけど(う)、自分もやっぱり老いていくし認知症になっちゃうかも知れない。なんて心配してるんですけどね。どうしようどうしよう。ってなときに、元気なうちに後見人を契約して決めておくことができるってことですね。たぶん。

誰も居なければ弁護士さんに相談もできるとか。

なるほど、そんな制度もあるんだと知っただけでも、なんだかずっと将来の不安がかるーくなるような気がします。

あんま意識してなかったせいかそんなお話を毎週聞けるので、私、個人的に毎週楽しみ。
きっとみなさんもそうじゃないかしらねえ。

みなさんもご意見や、こんなこと聞いてみたいな?ってことがあればラジゴンまでお送りください。

それにしても弁護士さんは興味深い人たちです。

さて今日のメッセージテーマは「アニキ!」でした。

福岡サンパレスホテル&ホールの「TSUYOSHI NAGABUCHI CINEMA & LIVE 2019 太陽の家」がいよいよ11月25日(月)26日(火)に迫ってまいりましたので、再び気合を入れるべく「アニキ」なわけです。

今週もたっくさんメッセージいただいたんですが、思った以上にこのテーマ面白い。

「アニキ」についてのメッセージは総じて、なんですかね心温まるっちゅうか、だから結局「アニキ」と呼ぶ以上やっぱりリスペクトがありますんでね、その清々しさというか「アニキ」と呼べる人がいることへの憧れっていうんですかね。そういう関係性の暖かさみたいなものが伝わってきたんだと思いますね。要するに微笑ましい。

そして、あわせて「アニキの条件」みたいなメッセージ頂いて、ある種の「肉体的な頼りがい」と「精神的な頼りがい」みたいな、加えて若干の「ヤンキー感」そういったものを受け取りました。身近な理想の大人ってことですね。

番組中でもずーっとしつこく言っていましたが、「アニキ」あるいは「アネキ」と呼ばれる人と呼ばれない人には圧倒的な違いがある。「姉貴」と「姉御」は違うし、なんなら「アニキ」と「兄貴」だって違う。その微妙なニュアンスの違いが面白いなあと思うのですよ。

そんな実際に存在する「アニキ」たちのエピソードと、アニキの条件を聞いているのが楽しくて、良い回でしたねえ。

そんでもって、自分は一生アニキとは呼ばれないんだなあと、潔く諦めがつきました。早い。

みなさんありがとうございました。

さて今日のチンタメは今週末から公開、話題の大ヒット作の続編「アナと雪の女王2」です。

やあもう言わずもがなの大ヒット作2013年公開、ディズニーの「アナと雪の女王」。

世界興行収入約1279億円超え、アニメ映画歴代No.1。国内でも255億円、歴代興行収入当時3位。アカデミー賞では長編アニメーション歌曲賞「レット・イット・ゴー」はじめ各賞、オリジナル・サウンドトラックはプラチナディスク。破格の大ヒット。それ以上に社会現象となった作品が「アナ雪」です。

単に興行的にヒットしただけでなく、ディズニーの屋台骨ともいうべきディズニープリンセス路線の作品がついにやっと時代に追いついてリードすることができた作品でもあるのですね。

というのももともとディズニーは作風として非常に保守的で、今となってはなんなら差別的なくらいに古い価値観で作られていてそれは比較的最近まで続いていたのです。

そんなわけで近年は色んな作品でアップデートを試みていたのですが、ディズニープリンセスでも「リトルマーメイド」あたりから強い女性像を求め始めて「塔の上のラプンツェル」「メリダとおそろしの森」と着実に成果をあげながらついに「アナ」で決定版となったというわけ。

その独自性とは、端的に言うと「王子様と結ばれることがゴール=幸せではない」という点。そして、氷の魔法を持っていることで悩むエルサに「人と違うことは呪いではなくて、個性」、まさに「ありのままで」と多様性を認めるべきというメッセージ。この2点です。

なんせエルサなんて映画の中で恋愛しませんからね。
ディズニー史上でも興行的な成功とあわせて唯一無二の記念碑的な作品となったのです。

でですよ。

問題はそんな作品の続編なんてどう作れっちうねん。というわけです。
そのプレッシャーたるや想像を絶するもの。

それに答えるため6年間をかけて、作り上げたのがこの「アナ雪2」です。

オリジナルの監督クリス・バック/ジェニファー・リー、音楽もクリストフ・ベック。声の配役もクリステン・ベル、イディナ・メンゼル、日本版も神田沙也加、松たか子はじめオリジナルキャストを揃えて万全の体制で臨みました。

今回のテーマはズバリ「エルサはなぜ魔法が使えるのか?」。

今回はエルサが自身の生い立ち含む秘密に向き合うべく、仲間たちと探求の旅に出ます。
結果、物語は前作よりもちょっと複雑で大人っぽく激しくなっています。

もちろん、素晴らしい歌、新曲は7曲いずれも素晴らしい仕上がりで、全体はよりミュージカルらしくなっています。オラフとクリストフは今回もコメディリリーフとして可愛らしくて楽しく、エルサとアナはキュートなばかりでなく激しいアクションと胸アツの姉妹愛で泣かせます。

私もちょい泣いてしまいましたんですけどね。

何よりもこの映画を作った人たちの「気迫」に圧倒されました。すんごいんですよ「絶対失敗できない」という責任感。「これでもか!これでもか!」と繰り出す映像、音楽、ドラマの迫力。逆に言えばちょい過剰では?と思うくらいのボリューム感で迫ってくる、画面を通じてビンビンくる「気合」に泣かされました。

やっぱディズニーすげーや、ってことです。

できるだけ大きな画面でいい音で楽しんでくださいね。

今週はここまで。
また次回です。

11/19 火曜日ラジゴン

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

みなさんこんにちは!

 

ADまゆこです◎

 

今日はゲストがいらっしゃらなかったので

私のお話にお付き合いください! 

 

 


 

今日の番組テーマは「髪型、昔と今」でした!

私はここ1年弱、ずっとブリーチをしていて金髪さんなんです◎

地毛が茶色気味で染めなくてもいい感じの色だったので

20歳ぐらいまで一切髪色を変えたことがなかったのですが、

その反動でしょうか...今やヤンキーよりもヤンキー色です(笑)

ブリーチをし始めて思ったことが2つ!

1つ目は、"知らないおばあちゃんにナチュラルに話しかけられる"

明るい髪になってから、信号待ちをしていたりバス停で待っていたりすると

いきなり知らないおばあちゃんと世間話が始まります!

私も知らない人には人見知りしないという謎性質なので、

まるで最初から一緒にバスを待っているかのように

本当におばあちゃんと孫のように話しちゃいます(笑)

スーパーなどのお店なんかでもよく喋り掛けられるんですが...本当に謎です(笑)

おばあちゃん、白髪に見えて同じ年代と思っているんでしょうか?

2つ目は"赤ちゃんや犬に話しかけられる"

いや、話しかけられすぎじゃないですか???

赤ちゃんも犬もなんて言ってるか全然わかりませんが、よく懐かれます...

元からすぐに懐いてくれる体質ではありましたが、髪が明るくなってからは

その頻度も増えているのです...(笑)

なんでしょう、金髪って親近感があるんですかね??

街を歩いていても視線を感じることも増えましたし、

なんだかくすぐったいですね

みんながみんな見てくるのでモヤモヤ~とはしますが(笑)

 

今は、ピンク色が落ちてきたので、また何か入れたいのですが...

何色にしようかな~?

今まで、紫、緑みのあるグレー、ミルクティーっぽい茶色、など色々やってきて

個人的にはピンクが好きでした~◎

 

来週もがんばります!