FM 福岡 FUKUOKA

12月25日(金) エイリックスタイル 薬院南グランウィズ

エイリックスタイル 薬院南グランウィズを大改造しよう!

ということで、今週もレギュラー陣、
『あったらいいな』の株式会社アライアンス住宅営業企画営業部 部長山村さん、そして、商業建築デザイナーの安河内さんの登場です。



エイリックスタイル 薬院南グランウィズ



福岡市中央区高砂2丁目20号1番
西鉄「高砂」バス停まで徒歩2分
地下鉄「渡辺通」駅まで徒歩9分、
地下鉄「薬院」駅まで徒歩11分
西鉄天神大牟田線「西鉄平尾」駅まで徒歩10分、

14階建てで、全38邸(2LDK、3LDK)
1フロア3邸のうち、2邸が角部屋になります。

今週も、エイリックスタイル 薬院南グランウィズの大改造のアイデア出しをします。

今回は、女性の一人暮らしという設定で大改造を考えています。
なぜなら・・・
職場と住まいが近い「職住接近」なので、通勤時間が短い場所にある
スーパーや病院も近く、便利な場所ですが、静かな場所
女性の単身者でも安心して暮らせるセキュリティ

エイリックスタイル 薬院南グランウィズの大改造する間取りは・・・

Aタイプ 3LDK


74.54平米 / バルコニー17.85平米

アジア人)「今週もこの間取りの特徴を紹介していきます。先週までは、都会にある物件では、70平米を超える広さがあるということと、角住戸には玄関前に自転車置き場があるということ、7帖の個室があること、洗面室には2か所の出入口があること、お風呂が1418と広いこと、キッチンが広いことを話してきました。」

山村さん)「街中の物件は南側をとることが難しいので採光制限に引っかかったりするため、広い個室ができるのは貴重ですし、家事導線も考え、お1人様からファミリーまでが住まうことを考えられる間取りになっています。」

斉藤ふみ)「女性にとってお風呂が広いのは、嬉しいですね。」

アジア人)「今週は、どのあたりを紹介しますか?」



山村さん)「まず、リビングですが、窓の数が多いです。縦向きと横向きがあるのですが、ここは横向きで、バルコニーに対して設置面積が広いタイプになります。だから、採光のための窓が掃き出しで広く取れるんです。マンションの場合、キッチン付近が暗くなりがちなことが多いのですが、ここはキッチンまで光が届くので明るいです。また、ペアガラスを採用しているので断熱性能も高く、全体として断熱等級の4を取得しました。」

アジア人)「その断熱等級4ってすごいんですか。牛肉で例えてもらっていいですか。」

山村さん)「牛肉で言うとA5ランクみたいな感じです。冬は温くて夏は涼しいです。光熱費が40%ほど下がると言われています。それだけ、明るさもあるし、断熱性もあると思ってください。」

アジア人)「掃き出し窓だから、窓を開けていたら、リビングから転がってバルコニーまで行けますね。」

斉藤ふみ)「どうぞ転がってください。」

山村さん)「このリビングの掃き出し窓ですが、4枚フリーになります。通常はフィックスと言って、両サイドが固定されて真ん中の2枚だけが動くものなのですが、ここは2枚ずつしか重なりませんが、4枚全て動くので、どちらか一方だけに寄せることもできます。」

斉藤ふみ)「それはいいシステムですね。」

山村さん)「掃除も楽ですよ。例えば、大きな食卓テーブルを置いても、窓ガラスが自由に動くので、体を入れて掃除ができるわけです。」

斉藤ふみ)「これまで、そんなシステム見たことあったかなぁ。」

山村さん)「お見せはしています。当社のマンションはだいたいそのシステムです。生活して分かる便利さがあります。」

斉藤ふみ)「そして、改めて言いますけど、キッチンの勝手口も便利。」

山村さん)「月に何度かしか取りに来ないゴミを置けますし、臭いが気になる方にも好評です。」

斉藤ふみ)「キッチンって一番臭いがこもりやすいから嬉しいです。」

アジア人)「ここはキッチンが広いので、大きめの冷蔵庫も入りますね。」

山村さん)「キッチンのパントリー(物入れ)を用意していますが、解体してここに冷蔵庫を置く方もいらっしゃいますね。もしくは、大きな食器棚です。」

アジア人)「冷蔵庫って壊れたら中の食品がダメになるので、2台使いするのもいいかも。冷蔵庫と冷凍庫みたいに。」

斉藤ふみ)「まあ、ちょっと贅沢ですよね。」

山村さん)「一人暮らしの場合、寝室に小さな冷蔵庫を置く場合はありますけどね。」

来週もエイリックスタイル 薬院南グランウィズの間取り紹介をしていきたいと思います。
お楽しみに。


さて、高砂・白金周辺のスポットを取材してきましたので、ご紹介しましょう。

女王さまのスパカリー



福岡市中央区渡辺通4丁目1-20
092-722-2766
11:00 - 20:30(L.O.20:00)
定休日 水曜日
年末年始は、12月28日から1月3日までお休みです
https://www.instagram.com/joosama_supacurry/


11月1日にオープンしたばかりの、渡辺通り、BiVi福岡の裏手にある、スパイスカレーのお店です。
実は、フレンチレストラン「筥崎宮迎賓館 ラセゾン」の料理長、坂山さんが手がけていて、オーナーで野菜ソムリエの赤間さんが野菜をセレクトしています。
ということで、コンセプトは、野菜ソムリエが厳選した野菜と、小麦粉を使わない、スパイスだけのカレーです。
カレーは、4種類あり、どれもハーフサイズの料金になっていて、合いがけが基本スタイル。
それに、十五穀米と野菜ソムリエが選んだ野菜がワンプレートで出てきます。
いくつか食べてきました。(価格は税込みです)


【女王さまのオリジナルカレー】(半400円)
フレンチのシェフらしく、フォンを使ったカレーですが、小麦粉を使わない分、スパイスがたっぷり入っています。
チキンのスープをベースに、ガツンとスパイスの香りがきますが、
スパイスの女王と言われるカルダモンの香りがして、清涼感もあります。

これと合いがけしたのは、
【チキンカレー】(半450円)
チキンブイヨンを使っていて、鶏の味がしっかりしています。


【シュリンプカレー】(半500円)
女性に人気。
海老の頭や殻からとったビスクをベースに仕上げたカレー。
スパイシーさの中に、海老の味がしっかりきいています。

これと合いがけしたのは、
【牛すじカレー】(半500円)
男性に人気。
牛すじを5、6時間煮込んで作ったカレーで、とてもコクがあります。


それぞれのカレーで最初のフォンから全く違うものを作っているので、大変です。
また、付け合わせの野菜は日替わりになります。
この日は、ジャガイモ、紫キャベツ、葉物野菜のサラダ、カボチャの甘酢漬け、6種類の豆、ブロッコリ、しめじと舞茸のソテー、ラタトゥイユ。
豆は、水から6時間炊いて柔らかくなってから味をつけるなど、手間ひまかけています。
十五穀米の上には、ライムとパクチーが添えてあり、ライムは御飯にかけると際立ちます。
それぞれのカレーを別々で食べても良いし、途中で混ぜても良いし、自分好みの食べ方を探してください。

番組では、皆さんからのメッセージをお待ちしています!
「マンションの賢い買い方」など、マンションに関する質問
「こんな風に大改造して!」など、番組に対してのメッセージなど、
どしどしご応募ください。
メールは、こちら!!

soko@fmfukuoka.jp