FM 福岡 FUKUOKA

12月4日(金) エイリックスタイル 薬院南グランウィズ

エイリックスタイル 薬院南グランウィズを大改造しよう!

ということで、今週もレギュラー陣、
『あったらいいな』の株式会社アライアンス住宅営業企画営業部 部長山村さん、そして、商業建築デザイナーの安河内さんの登場です。



エイリックスタイル 薬院南グランウィズ


福岡市中央区高砂2丁目20号1番
西鉄「高砂」バス停まで徒歩2分
地下鉄「渡辺通」駅まで徒歩9分、
地下鉄「薬院」駅まで徒歩11分
西鉄天神大牟田線「西鉄平尾」駅まで徒歩10分、

14階建てで、全38邸(2LDK、3LDK)
1フロア3邸のうち、2邸が角部屋になります。

今週も、エイリックスタイル 薬院南グランウィズの大改造のアイデア出しをします。

今回は、女性の一人暮らしという設定で大改造を考えています。
なぜなら・・・
職場と住まいが近い「職住接近」なので、通勤時間が短い場所にある
スーパーや病院も近く、便利な場所ですが、静かな場所
女性の単身者でも安心して暮らせるセキュリティ

そして、賃貸ではなく、分譲だからできる大改造は何かを探っています。

アジア人)「今日は、エイリックスタイル 薬院南グランウィズの大改造する間取りを発表します。」

山村さん)「1フロアに3邸で、2/3が角部屋という建物なので、角部屋であるAタイプ、3LDKを大改造しようと思います。」



斉藤ふみ)「素敵です。」

山村さん)「広さは74.54平米です。」

アジア人)「3LDKとしては、どれくらい広いんですか。」

山村さん)「中央区の街中にある物件としては大きな部類に入ります。バルコニーは17.85平米で、10帖くらいの広さですね。」

斉藤ふみ)「バルコニーを部屋の一部みたいに使う人も多いので、4LDKって言ったほうが良くないですか。」

山村さん)「まあ、バルコニーは3か所に分かれていて、合計が10帖くらいということですから。他にも、7帖の個室、キッチンに勝手口が付いていたり、通常より魅力的な間取りになっています。」

斉藤ふみ)「具体的にもっと知りたいです。」

アジア人)「じゃあ、順を追って、間取りを見ていきましょう。玄関前ですが、共用廊下に何かありますね。」



斉藤ふみ)「私、気になっていたんですけど、自転車置き場があります。どのお宅にもあるんですか。」

山村さん)「角の部屋に関しては、1台分の自転車置き場を確保しました。」

斉藤ふみ)「なぜですか。」

山村さん)「こういった場所にお住まいの場合、流行していることもありますが、移動手段が自転車という方が多いんですよ。しかも、いい自転車を持っていらっしゃる方が多いんですよね。だから、玄関前まで持って上がって、ここに駐輪できるようにしました。鍵をかけられるフックも準備しています。」

斉藤ふみ)「最近の自転車は、カスタムしたり、いいパーツを使っていたり、10万円以上しますから、上まで持って上がれたら最高ですね。自転車をお持ちでなくて、ご結婚しててベビーカーを置くとかは良いですか。」

山村さん)「一応、自転車だけにしておいてください。」

アジア人)「夫婦喧嘩して、ここで正座させるのもダメですね。」

斉藤ふみ)「たまにはいいんじゃないですか。人は動けますから。小さい頃は、よく反省させられましたけど。話を戻すと、時代の流行を常に取り入れているんですね。」

アジア人)「続いて、屋内になりますけど、玄関から廊下が伸びています。突き当りがリビングダイニング、両サイドに個室があります。5.2帖と7帖です。」

山村さん)「この周辺だと、6帖もない個室であることが多いんですが、7帖確保しました。例えば、ここにはシングルサイズのベッドだと2台置けますし、クイーンサイズのベッドも大丈夫です。」

アジア人)「7帖の部屋には、2面ガラス戸がありますね。」

山村さん)「開放的な掃き出し窓なので、明かりがたくさん入って、バルコニーの床面も見えるので、広がりを感じます。7帖以上に部屋の広さを感じられると思います。しかも、柱が家の中に出っ張らないアウトポール設計ですので、きれいな四角い部屋になっていますので、使いやすいと思います。」

アジア人)「トイレは特殊なんですか。」

山村さん)「超節水型になりますので、家族4人が家にいたら、1日でお風呂1杯分の節水になります。」

斉藤ふみ)「トイレの水って、そんなに使っていたんですね。」

山村さん)「お風呂1杯は200リットルくらいです。1回に付き、10リットルくらいの節水になります。」

安河内さん)「最近流行りのトルネード方式だから、水が少なくて済むんですよ。」

来週もエイリックスタイル 薬院南グランウィズの大改造のアイデアを出していきたいと思います。
お楽しみに。


さて、高砂・白金周辺のスポットを取材してきましたので、ご紹介しましょう。

石本珈琲



福岡市中央区白金1丁目4-14
092-534-6575
火 - 金曜日 12:00 - 19:00 / 土曜日 12:00 - 18:00
定休日 日曜・月曜・祝日(それ以外にも不定休がありますので、電話で確認してください)
https://ishimoto-coffee.com/


白金1丁目交差点の近くにある、自家焙煎コーヒー豆の専門店です。
店主の石本さんは、もともとコーヒーが好きで50歳を過ぎて、本格的に学び、焙煎は、東京の有名店「カフェ・バッハ」で教えてもらい、SCAJ認定コーヒーマイスターで、CQI認定Qグレーターです。
今の果実味のあるものより、昔ながらのコクと苦味があるものが好きということで、そのようなコーヒー豆を中心に揃えています。

だから、焙煎機も昔ながらの日本製の直火式です。
ちなみに、試験用に小さな焙煎機もあります。

いくつかおススメのコーヒーを教えて頂きました。(価格は税込み)

【インドネシア マンデリン・ビンタンリマ】(100g700円)

深煎りで、力強いボディ感とほのかな甘みがあるコーヒーです。
これが、この店の味が分かるコーヒーです。

【ペルー サンペドロ】(100g660円)
マイルドな苦みと重厚なコク、黒糖のようなとろみと甘さが広がります。
アイスコーヒーにもおすすめです。

【インドネシア ワハナ・ロングベリー・ナチュラル】(100g850円)
華やかでスパイシーなフレーバー。トロピカルフルーツのような味わいです。

ブレンドだと

【ほろにがブレンド】(100g670円)
ほどよい苦みと甘みとコクのハーモニー。

【くつろぎブレンド】(100g640円)
心地よい酸味とコク、ほっとする味わいのコーヒー。

この他、カフェオレベースや、ドリップパックなどもあります。

どのコーヒー豆もとても丁寧に焙煎していて、価格もリーズナブルです。


番組では、皆さんからのメッセージをお待ちしています!
「マンションの賢い買い方」など、マンションに関する質問
「こんな風に大改造して!」など、番組に対してのメッセージなど、
どしどしご応募ください。
メールは、こちら!!

soko@fmfukuoka.jp