FM 福岡 FUKUOKA

7月31日(金) エイリックスタイル 薬院南グランウィズ

エイリックスタイル 薬院南グランウィズを大改造しよう!

ということで、今週もレギュラー陣、
『あったらいいな』の株式会社アライアンス住宅営業企画営業部 部長山村さん、そして、商業建築デザイナーの安河内さんの登場です。



エイリックスタイル 薬院南グランウィズ



福岡市中央区高砂2丁目20号1番
西鉄「高砂」バス停まで徒歩2分
地下鉄「渡辺通」駅まで徒歩9分、
地下鉄「薬院」駅まで徒歩11分
西鉄天神大牟田線「西鉄平尾」駅まで徒歩10分、

14階建てで、全38邸(2LDK、3LDK)
1フロア3邸のうち、2邸が角部屋になります。

今週も、エイリックスタイル 薬院南グランウィズの大改造のアイデア出しをします。

今回は、女性の一人暮らしという設定で大改造を考えています。
なぜなら・・・
職場と住まいが近い「職住接近」なので、通勤時間が短い場所にある
スーパーや病院も近く、便利な場所ですが、静かな場所
女性の単身者でも安心して暮らせるセキュリティ

そして、賃貸ではなく、分譲だからできる大改造は何かを探っています。


アジア人)「賃貸と分譲の違いが分かる、分譲だからできるこだわりの大改造のアイデアを出しています。」

斉藤ふみ)「先週話に出ましたが、家具を造り付けられるってすごいですよね。」

山村さん)「厳密に言うと、賃貸だと釘1本打てませんから。」

アジア人)「釘を打って、抜いてもダメですか。」

斉藤ふみ)「押しピンくらいだったら、壁紙を張り替えれば大丈夫かもしれませんけど。」

山村さん)「基本的には、借りた時のままの状態で返さないといけないというのが賃貸の考え方なので、壁紙がきれいだったらキレイにして返さないといけません。」

斉藤ふみ)「そうじゃなかったら、出ていくときにお金がかかるんですよ。」

アジア人)「そう言えば、出るときにたくさんお金を渡しました。大家さんごめんなさい。では、大改造に入りますが、どこのアイデアを出していきましょうか。」

斉藤ふみ)「リビング・ダイニングで他にもできることってありますか?」

山村さん)「分譲マンションならではだと、代表的なのは、照明計画ですね。」

アジア人)「照明なんて、後から付けられるじゃないですか。」

山村さん)「それは売っている照明を取り付けるだけですね。例えば、ダウンライト、ピンスポット、間接照明などは、天井に掘り込みを造らないと付けることができません。」

アジア人)「天井の裏に配線ができるようになっていないといけないということですね。」

山村さん)「まあ、弊社のマンションは二重天井になっているので、ある程度の掘り込みは可能ですが。」

アジア人)「二重天井って、忍者が入れる隙間があるってことですか。」

山村さん)「そんなからくり屋敷みたいなことにはなっていません。コンクリート面が直接部屋の天井にはなっていないということです。」

安河内さん)「昔のマンションはそうだったし、今でも直接天井になっているのは多いですよ。天井高を稼ぐためですね。」

山村さん)「最近の物件が全て二重天井、二重床になっていると思ったら間違いですよ。」

斉藤ふみ)「それはなぜですか。」

山村さん)「工事費がかなりかかるんです。二重天井になっていると、様々な効果もありますし、その隙間を活用して配線することもできます。今はLEDになっていて、ダウンライトでもあまり深さが必要なくなっていますので、十分可能です。LEDは楽しいです。色も変えられるし、光量も変えられますから。」

アジア人)「たまに飲食店では、すごい場所にライトを設置しているじゃないですか。故障したらどうするんですか。」

安河内さん)「もちろん、変えられるように工夫はされています。」

山村さん)「今は、細い部分に仕込む場合、テープ状になっています。薄いし軽いです。厚さ3mmくらいです。」

斉藤ふみ)「それでも大丈夫なんですか。」

山村さん)「照明として十分使えます。」

安河内さん)「蛍光灯のような形をして、筒の中にLEDが並んでいるものもありますよ。」

山村さん)「そこに、色がコンビネーションで入っているので、光の三原色を利用して、色を変えられるようにしているんです。シーンコントロールといって、調節した光を記憶させる装置もあります。映画用など専門の照明を作ることができるんです。」

来週もエイリックスタイル 薬院南グランウィズの大改造のアイデアを出していきたいと思います。
お楽しみに。


さて、高砂・白金周辺のスポットを取材してきましたので、ご紹介しましょう。

もちゃもにぃ



福岡市中央区薬院3丁目12-31 尾花荘1F-1号
092-521-0231
13:00 - 20:00 くらいで、ゆるくやっています
定休日 不定休
http://mochamony.blog.fc2.com/


高宮通りから少し入った場所にある、様々なレトロ玩具を販売しているお店です。
できて7年くらいになりますが、一昨年にリニューアルし、レトロ玩具の中でも、店主の中村さんが思う「カワイイもの、変なもの」を集めています。
年代は、70、80年代が中心になり、100円から1万円台の手頃な価格で揃えているので買いやすいです。

まず、入り口付近にあった観光系のもの。
様々な観光地のキーホルダー、ペナントがありました。

キーホルダーには、よくわからないキャラクターが付いていたり


ペナントは、「ウォーター・フォール・オブ・ヨウロウ」と、なぜか横文字が書かれていて、面白いです。
今はなき、宮崎サボテン園のペナントもみつけました。

貯金箱では、銀行に預金するともらえていたものから、名前が不明なキャラクターものまであります。
500円札時代のものになるので、500円玉は入れられなかったりします。

カワイイもので言うと、ファンシー系があり、「他の人と違うものを飾りたい、使いたい」という20代の女性に人気だそうです。
中村さん曰く、「カワイイものは、なんのバックグラウンドもなく、ちょっといい加減な設定で、一期一会感が強い」ものだそう。


様々なキャラクター絵柄の缶ペンケース、ソフトペンケースは、実際に使うために買われたり、マグカップは、鉛筆立てや歯ブラシ立てに使う方がいるとのこと。
その他、実際に文房具として作られた消しゴムでカワイイものも揃えています。
決してキン肉マン消しゴムやスーパーカー消しゴムではありません。
中でも人気なのが、「ビクトリアファンシー」というシリーズ。
下敷きや文房具などに様々な謎のキャラクターが入っています。
それが、ちょっと「●●リオ」っぽかったりするのが、あの時代らしいです。

他にも、トコトコ歩く人形や、ちょっとしたオブジェにもなるグッズ、
街中のファンシーショップで売られていたものなど、所狭しと並んでいます。

見ているだけでも楽しいお店です。
是非、お出かけください。


番組では、皆さんからのメッセージをお待ちしています!
「マンションの賢い買い方」など、マンションに関する質問
「こんな風に大改造して!」など、番組に対してのメッセージなど、
どしどしご応募ください。
メールは、こちら!!

soko@fmfukuoka.jp





アーカイブ