FM 福岡 FUKUOKA

7月10日(金) エイリックスタイル 薬院南グランウィズ

エイリックスタイル 薬院南グランウィズを大改造しよう!

ということで、今週もレギュラー陣、
『あったらいいな』の株式会社アライアンス住宅営業企画営業部 部長山村さん、そして、商業建築デザイナーの安河内さんの登場です。



エイリックスタイル 薬院南グランウィズ



福岡市中央区高砂2丁目20号1番
西鉄「高砂」バス停まで徒歩2分
地下鉄「渡辺通」駅まで徒歩9分、
地下鉄「薬院」駅まで徒歩11分
西鉄天神大牟田線「西鉄平尾」駅まで徒歩10分、

14階建てで、全38邸(2LDK、3LDK)
1フロア3邸のうち、2邸が角部屋になります。

今週も、エイリックスタイル 薬院南グランウィズの大改造のアイデア出しをします。

今回は、女性の一人暮らしという設定で大改造を考えています。
なぜなら・・・
職場と住まいが近い「職住接近」なので、通勤時間が短い場所にある
スーパーや病院も近く、便利な場所ですが、静かな場所
女性の単身者でも安心して暮らせるセキュリティ

そして、賃貸ではなく、分譲だからできる大改造は何かを探っています。


アジア人)「現在は、キッチンの話をしていますけど。」

斉藤ふみ)「先週、キッチンの壁をホーローにすると便利という話が出ましたが、キッチン以外にもホーローにすると便利な場所はありますか。」

山村さん)「ホーローは衛生的なので使えるところは結構ありますよ。例えば、洗濯機の側面の壁に使うと、カゴなどを磁石でくっつけることもできますので、洗濯バサミなどを置けるようになります。」

アジア人)「ホーロー浴槽もありますね。」

山村さん)「今でもありますよ。」

斉藤ふみ)「ホーロー浴槽だと汚れも付きにくいし洗いやすいんですよね。」

山村さん)「そうですね。でも、昔は浴槽で沸かしていたので、熱に強い素材でないといけなかったんですよ。だからホーローが使われていたんですよね。」

安河内さん)「五右衛門風呂は鉄でしたしね。」

斉藤ふみ)「今は、オシャレな素材として使われることが多いですよね。」

山村さん)「磁石を使える特性って、色々便利なんです。例えば、玄関。鍵を置く場所にお困りの方もいらっしゃると思いますが、磁石で鍵掛けを付ければいいんです。もしくは、キーホルダーに磁石があれば、そのままくっつきます。」

斉藤ふみ)「いいですね、それ。」

山村さん)「カゴや棚なども磁石でつくものがありますから。強力なものだったら、傘だって掛けられますよ。」

斉藤ふみ)「分譲とは言え、穴を開けたくないところはありますから。そういう場合に便利ですよね。」

アジア人)「ホーローも昔に比べて強くなりましたからね。」

山村さん)「使い勝手も良くなって、デザイン性も上がりました。ステンレスと違って、色も選べますし。」

アジア人)「キッチンの話に戻すと、他にも変えられる部分はあるんですか。例えば、蛇口とか。」

山村さん)「蛇口もシンクも変えられます。」

アジア人)「シンクって、どんな風に変えられるんですか。深さとか。」

山村さん)「まず、形があります。2段や3段、膨らみがあるものなど。究極で言えば、一発プレスもできます。」

斉藤ふみ)「一発プレスって何ですか。」

山村さん)「シンクまで人造大理石にできるんです。」

斉藤ふみ)「シンクの形は変えたいですね。オシャレにしたい。例えば、角が丸いのではなくて、四角いのとか。それも、完成する前だったらできるんですね。」

山村さん)「そうですね。洗面台はオンボードで色々なものがありますから簡単ですけどね。ちなみに、一発プレスにすると、異種結合ではないので、段差がなくなり、掃除もしやすく衛生的になります。」

安河内さん)「どんどん進化するね。」

山村さん)「蛇口も最初からホースが飛び出していて、そのまま使えるものがあります。手を離したら、元の位置に戻ります。」

斉藤ふみ)「お利口さんですね。」

山村さん)「蛇口は来週も続けましょう。」

来週もエイリックスタイル 薬院南グランウィズの大改造のアイデアを出していきたいと思います。
お楽しみに。


さて、高砂・白金周辺のスポットを取材してきましたので、ご紹介しましょう。

manucoffee roasters クジラ店



福岡市中央区白金1-18-28
092-707-0306
10:00 - 21:00
定休日 無休
https://www.manucoffee.com/


薬院駅の裏手にあるコーヒーショップです。
福岡市内にいくつか展開するマヌコーヒーの旗艦店になり、ここで焙煎した豆が各ショップに運ばれます。
お話は、この店の焙煎士の杉浦さんにお伺いしました。
最初はカフェからスタートし、8年前から自家焙煎に切り替え、3年前にクジラ店がオープン。
なぜクジラなのか聞いたところ、昔、この辺りは海でクジラが回遊していたからだそうです。ちなみに、平尾は、クジラの大きくて平たい尾っぽからきているそう。
大きな焙煎機はアメリカ製の熱風式で、日本に入ってきた1号機。
風を使って焙煎していくので、焦げにくいそうです。

お店では、豆を買う他、店内で飲むこともできます。

いくつか人気の商品を聞きました。
(価格は税込みです)
豆は定番のものから、季節によって変えているブレンドまで、様々なものがあります。

【ニカラグア】(250g2230円、500g3720円、1kg6380円)
ここのオリジナルで作っている豆で、クジラ店か通販でしか買えません。
ニカラグアにあるブエノス・アイレス農園まで行き、生産処理なども手伝い、アナエロビック・ファーメンテーションというワインに使う処理で実を発酵させています。

【クジラブレンド】(250g1100円、500g2200円、1kg3300円)
ブラジルの豆を中心に南米、中米、アフリカと様々な国の豆をブレンドし、複雑で繊細なコーヒーに仕上げたオリジナルブレンドです。
クリーミーな口当たり、優しい甘さが特徴です。

【ララブレンド】(250g1100円、500g2200円、1kg3300円)
ニカラグアの豆を「農園違い&プロセス違い」でブレンドしたものです。
暑い夏にピッタリな爽やかなコーヒーで、夏季限定になります。

その他にも、ケニア、グアテマラ、ブラジルなどもあります。
また、水出しコーヒーもあるので、これから暑い日にがぶ飲みしたい方にはぴったりかも。
お茶菓子として、北九州の入江製菓とコラボした金平糖(300円)もあります。

店内で飲む方には、エスプレッソ(340円)からアメリカーノ(510円)、
ラテ(550円から)など20種類以上用意しています。


番組では、皆さんからのメッセージをお待ちしています!
「マンションの賢い買い方」など、マンションに関する質問
「こんな風に大改造して!」など、番組に対してのメッセージなど、
どしどしご応募ください。
メールは、こちら!!

soko@fmfukuoka.jp





アーカイブ