FM 福岡 FUKUOKA

6月26日(金) エイリックスタイル 薬院南グランウィズ

エイリックスタイル 薬院南グランウィズを大改造しよう!

ということで、今週もレギュラー陣、
『あったらいいな』の株式会社アライアンス住宅営業企画営業部 部長山村さん、そして、商業建築デザイナーの安河内さんの登場です。



エイリックスタイル 薬院南グランウィズ


福岡市中央区高砂2丁目20号1番
西鉄「高砂」バス停まで徒歩2分
地下鉄「渡辺通」駅まで徒歩9分、
地下鉄「薬院」駅まで徒歩11分
西鉄天神大牟田線「西鉄平尾」駅まで徒歩10分、

14階建てで、全38邸(2LDK、3LDK)
1フロア3邸のうち、2邸が角部屋になります。

今週も、エイリックスタイル 薬院南グランウィズの大改造のアイデア出しをします。

今回は、女性の一人暮らしという設定で大改造を考えています。
なぜなら・・・
職場と住まいが近い「職住接近」なので、通勤時間が短い場所にある
女性の単身者でも安心して暮らせるセキュリティ

そして、賃貸ではなく、分譲だからできる大改造は何かを探っています。


斉藤ふみ)「賃貸だと、そのまま借りることしかできませんが、分譲だと細かい所をアレンジできますからね。」

アジア人)「先週からキッチンの話をしていますけど。」

斉藤ふみ)「カウンターを広くして、そこで食事できるようにするので、その上にシャレた照明も欲しいですよね。」

安河内さん)「最近は、コードペンダントと言って、小さめの照明を2つ3つ吊り下げるのが流行っていますね。」

斉藤ふみ)「先日の億ションを見学させて頂いた時にも、ありましたね。」



アジア人)「照明と言えばですよ。せっかくカウンターを拡張するのならば、飲食店がするような、昔、スリムラインと言っていた照明を仕込むのはどうですか。」

安河内さん)「カウンターの下にLEDを仕込んで、じわっと光るものですね。」

山村さん)「もちろん、できますけど、お金にゆとりがあればです。他にもアイデアがあるのですが、カウンターの天板を光を透過する人造大理石で作るという手もあります。少し透けるんです。すると、カウンターの下に仕込んだ照明のおかげで天板が光るんです。これは以前、当社でやったことがあります。」

斉藤ふみ)「光る天板ってどうですか。」

山村さん)「テーブルが明るいと清潔感がありますよね。それも、研磨がよく効いている人造大理石だったんで、ツルツルして気持ちいいです。」

斉藤ふみ)「色んなものの撮影にも使えそうな感じですね。」

アジア人)「食器もキレイに見えますよ。」

斉藤ふみ)「一人の空間がこんなに素敵になるなんて、マンションを購入して良かったなって思える瞬間になりますよ。」

山村さん)「家を買うというのは、その目的のためですから。充足感も得られて、寛げる場所です。」

斉藤ふみ)「ところで、カウンターを拡張しますけど、元々4人掛けのテーブルを6人掛けにできるテーブルってあるじゃないですか。そういう仕掛けを作ることはできますか。」

山村さん)「細工が可能なシステムがあればできます。まあ、バタフライテーブルみたいな感じですよね。」

安河内さん)「ただ人造大理石は重いから、その仕掛けは無理ですよね。」

斉藤ふみ)「では、どうやるとテーブルをさらに拡張できますか。」

山村さん)「鼻からそれが目的でしたら、同じ高さのセンターテーブルを作ればよいです。それを持ってきて、くっつけられるような仕掛けを付けるだけです。すると、テーブルだけで別の用途にも使えますし。リビングのテーブルにも使えますよ。」

斉藤ふみ)「その仕掛けがあるとテーブルが広がるので、人も呼びやすいですね。」

アジア人)「ところで、キッチンの横の壁はクロスになっているんですか。」

山村さん)「不燃パネルを設置しています。当然、変更して頂いても結構です。タイルは美しいですよね、お掃除は大変ですけど。また、最近、無印良品などで売っているキッチン小物で磁石付きのものが多くなっているので、磁石が使えるようにしたいという要望はあります。」

アジア人)「じゃあ、なぜステンレスを使わないんですか。」

山村さん)「ステンレスは手入れが大変なんです。」

アジア人)「楽なんじゃないですか。だから飲食店も使っているわけでしょ。」

山村さん)「まず、油が落ちにくいんです。また、ちょっとしたことで傷が付きますから。ただ、強度の面で言うと、ステンレスは圧倒的に強いです。」

安河内さん)「だから業務用ではステンレスを使うんですよね。」

山村さん)「あと、薄いものが貼れないのが一番の弱点です。すると重量もかかってきます。それに、どうしても面積が広くなると、本当にお店の厨房っぽくなるんですよね。」

斉藤ふみ)「それがいいという人もいますから、好き好きですね。」

来週もエイリックスタイル 薬院南グランウィズの大改造のアイデアを出していきたいと思います。
お楽しみに。


さて、高砂・白金周辺のスポットを取材してきましたので、ご紹介しましょう。

BON POINT BLEU (ボン・ポワン・ブルー)



福岡市中央区高砂1丁目15-7 1F
092-516-2453
11:00 - 20:00
定休日 水曜日



日赤通りの高砂1丁目交差点から入った場所にあるケーキとコーヒーのお店です。
今年3月19日にオープンしたばかりで、店名の通り、青いエントランスが特徴。
代表の丹後さんは、大阪の調理専門学校を卒業後、京都のケーキ屋で腕を磨き、小川珈琲本店でバリスタとして修業し、再びパティシエとしての経験を積みました。
全国でも1000人程度しかいない「コーヒーインストラクター1級」の資格を持ち、ジャパン・ハンドドリップ・チャンピオンシップの決勝に出場したり、ジャパン・ラテアート・チャンピオンシップでは、5位入賞を果たす実力の持ち主です。
ケーキは毎日、この店で作っていて、だいたい8種類から10種類ほどが並び、持ち帰って良いし、店内でドリンクと一緒に楽しむこともできます。

いくつか食べてきました。(価格は税別です。)
ここのスイーツは、どれもコーヒーに合うように考えられたものになっています。

【ルージュ デ オ レ】(430円)

一番下には、千代乃園の和紅茶に砂糖を加えたジュレ。
その上には、九州産の生クリームと牛乳で作った滑らかなブランマンジェ。
一番上には、ベリー系のソースがかかったカップスイーツです。
和紅茶も優しい味で、あっさりしています。

【エグリーズ】(420円)

九州産小麦で作ったふんわりしたジェノワーズ(スポンジ)で、生クリーム、ピスタチオクリームをサンド。それをカットして、カップの半分に詰め、残りの半分には、ピスタチオクリームとアメリカンチェリーを入れ、生クリームでフタをして、飾りでホワイトチョコ、ブルーベリーをのせたカップケーキです。
ピスタチオの味がしっかりしていて、美味しいです。

【フロマージュ フォンデュ】(400円)

九州産と北海道産のクリームチーズを合わせ、低温で1時間ほど湯煎焼きしたチーズケーキ。上に、レモンの果汁が入ったカスタードクリームをのせているので、酸味もあります。
濃厚なチーズの旨味を楽しめるケーキです。

【シューサブレ リリ】(250円)

いわゆるシュークリームですが、皮に米粉を使っているので、グルテンフリーです。
カスタードクリームも濃厚で、メロンパンのようなサクッとしたミミもあるのが特徴です。

ドリンクも頂きました。

【ハチミツレモンジンジャー】(450円)

ベースとなるものは、蜂蜜、砂糖、レモンを弱火で煮だしたもの。
あえてレモンの皮も入れることで、渋さを出し、大人っぽい飲み物にしています。
それに、別で作ったジンジャーシロップを加えるますが、お好みによって量の調整のリクエストができます。また、その日の気分で、水か炭酸で割ることもできます。

【八女抹茶ラテ】(500円)

八女の抹茶ときび糖をお湯で溶き、牛乳を加えたものです。抹茶の香りが良いです。


コーヒーには、非常にこだわっています。
豆は京都時代の先輩である焙煎士や、福岡の焙煎士の手によるものです。
ブレンドも指定して作っていて、ケーキによっておススメの豆も変わります。

我々は、エチオピア、ブラジルをベースとしたライトブレンドを頂きましたが、口当たりがまろやかで、コクもあるコーヒーでした。


番組では、皆さんからのメッセージをお待ちしています!
「マンションの賢い買い方」など、マンションに関する質問
「こんな風に大改造して!」など、番組に対してのメッセージなど、
どしどしご応募ください。
メールは、こちら!!

soko@fmfukuoka.jp





アーカイブ