FM 福岡 FUKUOKA

8月27日(金) CLUB THE.平尾駅前

CLUB THE.平尾駅前を大改造しよう!

ということで、今週もレギュラー陣、
『あったらいいな』の株式会社アライアンス住宅営業企画営業部 部長山村さん、そして、商業建築デザイナーの安河内さんの登場です。



CLUB THE.平尾駅前
福岡市中央区平尾2丁目16番10
西鉄大牟田線平尾駅から徒歩3分、平尾バス停徒歩2分
地上14階建てで、1フロアが3邸なので、角住戸率が67%。
全邸 東南向き 2LDK、3LDK

平尾の交差点のすぐそばという場所が最大の特徴
南側の日当たりが基本的には長期間確保できる立地(日照通風)
2LDK、3LDKで比較的コンパクトな造り
リビングにバルコニーがあって明るい
外観のデザインが強く入っている
あえてカウンターキッチンではない
ダイニングスペースとリビングスペースが分けられやすくなっている

大改造のテーマ
ORUsな暮らし、そして、SYKsをつくる
『Oneランク上の暮らし』で、『少し余裕のある暮らしをつくる』という意味です。

大改造する間取りは、



Aタイプ
3LDK+SCL
専有面積 66.73平米
バルコニー面積 9.01平米

アジア人)「この間取りの特徴が、あえてカウンターキッチン、対面キッチンにしていないということです。先週も色々アイデアが出ましたけど、内装をちょっとポップにしてもいいかもね。」

斉藤ふみ)「ポップにしたいです。」

山村さん)「ポップはちょっと。」

アジア人)「ふみちゃんのことだから、ピンクとかすごい色にされそうで怖いんじゃないですか。」

斉藤ふみ)「私のイメージでポップ恐怖症になっているんですか。」

アジア人)「やっぱり派手好きと思われているんですよ。」

斉藤ふみ)「だからショッキングな色ではなく、小花柄にしたりヨーロッパ風にするとホーローと合うんじゃないかなって思ったんです。床も変えると料理をする時の気持ちも上がりますし。」

アジア人)「キッチンの床に使えるのは、どのようなものがあるんですか。」

山村さん)「掃除がしやすいツルツルのものもありますし、シートもあります。」

安河内さん)「パネルも塩ビタイルもありますね。」

山村さん)「そうですね。フローリングもあります。」

斉藤ふみ)「色も選べますか。」

山村さん)「結構な数がありますので、大丈夫です。」

安河内さん)「木目、石目などもありますし、単色もあります。」

山村さん)「ホーローはあまり選べませんけどね。」

斉藤ふみ)「ホーローは皆さん白が好きだと思いますから、それで良いです。ちなみにキャンプでもホーローが流行っていて、オシャレ女子の中でもちょっとしたブームになっています。」

アジア人)「以前見学に行きましたけど、ホーローも昔とは違って随分頑丈になっていましたよね。金槌で叩いても割れませんでしたし。」

山村さん)「未だにそうですよ。タカラスタンダードさんのホーローが特別なだけです。」

アジア人)「そうなんですね。ちなみに床に関しては、柄が入っている方が汚れても目立たないのでいいですよ。」

安河内さん)「いいですね。ちなみに、私が以前デザインしたキッチンは壁と天井を真っ白にして、吊戸棚やシステムキッチンなどの扉を真っ赤にしましたよ。好評でした。こういった差し色をするといいいかもしれませんね。」

山村さん)「実はホーローにも何種類かあって、キッチンに貼る分厚いものと別に薄いものがあります。」

斉藤ふみ)「薄いホーローはどこに使うんですか。」

山村さん)「弊社の過去のモデルルームでは、トイレに使いました。」

アジア人)「トイレにホーローを使うのは、どんなメリットがあるのですか?」

山村さん)「まず、水に強いですよね。」

アジア人)「ステンレスだとダメなんですか?」

山村さん)「ステンレスは分厚くなります。ここに使うホーローはシートに近い薄さなんですよ。それに加工のしやすさがあります。ステンレスでピン角を出す(綺麗な直角を出す)のは、厚みがあって難しいんですよ。薄くするとアルミホイルのようになってしまいますし。」

斉藤ふみ)「だったらトイレにもホーローを使いましょう。かわいい統一感です。」

アジア人)「だったら、マグネットも使えるので便利ですね。」

山村さん)「マジックで書けて消せますから。そう考えると、冷蔵庫の後ろ、洗濯機の後ろもいいですよね。水に強くて磁石も付けられるなら、ちょっとしたものを掛けられるということですから。」

斉藤ふみ)「なるほど!」

アジア人)「さあ、キッチンの扉はどうしましょう。」

山村さん)「この物件に関しては、完全に音がしないようにしたほうが良いと思います。だから外との接点が欲しいということであれば、その扉に窓をつけて置けば良いかと。ガラリにすると、音と匂いまでも逃げていくので、しっかり閉まるものにしましょう。」

安河内さん)「そうすると、キッチンの空調をどうするかですけど。」

山村さん)「必要な時は扉を開ければ良いですし、換気扇を回せば基本的に吸い込んでいきますから、大丈夫です。」

来週も、大改造していきたいと思います。


さて、平尾周辺のスポットを取材してきましたので、ご紹介しましょう。

コウブツ



福岡市南区大楠3-8-16 1F
092-524-1139
7:00 - 17:00 (店休日前は、15:00まで)
定休日 月曜日、第1日曜日


大楠で有名なあさだ荘の近くにある、パン屋さんです。
看板が小さく、あまり目立たないため、ちょっと見過ごしそうになります。
店主の藤田さんは、元々会社員でしたが、机にかじりついてじっとしているのがダメで、食べるのが大好きということで、サイラーで修業するなど、パンやケーキの勉強をし、独立。
この道25年です。
こだわりを持たず、自分が好きなものを作っていて、全粒粉のパンが多めですが、ヘルシーさを求めているわけではありません。
いくつか食べました。

【カルピス食パン】(400円)

水を使わずに、小麦粉にカルピスと牛乳と練乳を加えて作っています。
もっちりしていて、爽やかでほんのりカルピスで甘味があります。
中がふわっとしていて、バターを抑えているのでクドさもありません。
食パンは、この他に全粒粉、胡麻入りもあります。

【トマトパン】(210円)

水の代わりにトマトジュース100%で作ったパンです。
トマトの青臭さはなく、食事に良いです。

中まで真っ赤です。
藤田さん曰く、チーズを挟んで焼くと美味しいとのこと。

【ごぼうチーズ】(210円)

大きめにカットしてオリーブオイルでソテーしたゴボウと角切りのチーズが生地の中に入り、上にはエダムチーズをかけて焼き上げています。
もっちり食感で、ゴボウの香りがよく、甘みも出ていて、お菓子にも食事にもなるパンです。

【れんこんパン】(190円)

玄米粉、ライ麦粉を使った生地に蓮根をのせ、胡麻油を塗って焼いています。
玄米を使っているので、焼いたお餅のような感じの味と食感がして、面白いです。
おつまみ感覚のパンです。

【アーモンド】(220円)

週に一度、土曜日だけ作っています。
シロップを染み込ませた生地に、アーモンドクリームとスライスアーモンドをのせて焼いたもの。
しっとりした生地で、菓子パンではありますが、バターを使ってないのでクドくありません。

【黒糖ラスク】(50円)
【きな粉ラスク】(50円)

どちらも1枚売りしているのが珍しいです。
黒糖ラスクは、胡麻食パンに、黒糖と無添加マーガリンを塗ったもので、
な粉ラスクは、全粒粉食パンに、きな粉、砂糖、無添加マーガリンを塗ったもの。
油もなく、サクサクしていて美味しいです。

開店と同時にほぼ全種類揃いますので、是非、お早めにお買い求めください。

番組では、皆さんからのメッセージをお待ちしています!
「マンションの賢い買い方」など、マンションに関する質問
「こんな風に大改造して!」など、番組に対してのメッセージなど、
どしどしご応募ください。
メールは、こちら!!

soko@fmfukuoka.jp