FM 福岡 FUKUOKA

6月19日(金) エイリックスタイル 薬院南グランウィズ

エイリックスタイル 薬院南グランウィズを大改造しよう!

ということで、今週もレギュラー陣、
『あったらいいな』の株式会社アライアンス住宅営業企画営業部 部長山村さん、そして、商業建築デザイナーの安河内さんの登場です。



エイリックスタイル 薬院南グランウィズ



福岡市中央区高砂2丁目20号1番
西鉄「高砂」バス停まで徒歩2分
地下鉄「渡辺通」駅まで徒歩9分、
地下鉄「薬院」駅まで徒歩11分
西鉄天神大牟田線「西鉄平尾」駅まで徒歩10分、

14階建てで、全38邸(2LDK、3LDK)
1フロア3邸のうち、2邸が角部屋になります。

今週も、エイリックスタイル 薬院南グランウィズの大改造のアイデア出しをします。


今回は、女性の一人暮らしという設定で大改造を考えています。
なぜなら・・・
職場と住まいが近い「職住接近」なので、通勤時間が短い場所にある
女性の単身者でも安心して暮らせるセキュリティ

そして、賃貸ではなく、分譲だからできる大改造は何かを探っています。


アジア人)「やっぱり角部屋の方が人気なんですか。」

山村さん)「そうとも限りません。角部屋の方が割高になっていますので、ご予算に応じてお選び頂いています。また、家具をたくさん置きたい方や内装に凝りたい方の場合、角部屋は壁が少ないので、中部屋を選ばれることもあります。郊外だと角部屋を選ぶ方が多いんですけど、街中だとメインの窓の前にも建物があったりしますよね。それなら中部屋でいいとおっしゃる方も多いんです。防犯という観点からも中部屋が良いという方がいらっしゃいます。」

アジア人)「さて、今週は、キッチンの大改造のアイデアを出していきたいと思います。女性の一人暮らしを満喫できるアイデアが欲しいですね。」

斉藤ふみ)「シンクの先にあるカウンタースペースは気になりますね。一人暮らしだとダイニングテーブルっていらないかなって思うんですよ。友達が来たとしても、キッチンで料理を作りながら、カウンター越しに話したり。だからこのカウンターをアレンジできたらって思います。」

山村さん)「できますよ。例えば、カウンターキッチンですが、コンロを壁側に設置します。すると、先だって見て頂いたマンションのキッチンのように、最初からテーブルを作りつけることが可能となります。」

安河内さん)「アレは凄く広いテーブルだったけど、何人かがちょっと座れるくらいでいいからね。」

山村さん)「もちろん、2LDKくらいの広さだったら、そもそもスペースがないので、大きなものは取り付けられません。ただ、意見が分かれてどうするか悩みどころなのが、食器の数なんです。必要最低限の食器があればいいと考える方もいますし、何セットか揃えるという方もいらっしゃいます。もしかしたら、女性の一人暮らしの場合、思ったより食器の数が多いかもしれないんです。ワークスペースを広げると、食器を収納する場所が狭くなります。だから、そこの考え方が微妙なんですよ。」

アジア人)「じゃあ、格好良いカウンターを買ってくっつければいいじゃないですか。」

山村さん)「専有面積がさほど広い部屋ではありませんので、機能的に造る方が良いです。例えば、カウンターの奥行きを25cm、30cmせり出すだけでも十分使えると思います。」

安河内さん)「飲食店のテーブルは、50cm、60cmくらいだからね。あそこまで皿や鍋を並べることもないと思うし、十分じゃないですか。」

山村さん)「そうですよね。だったら、表面材を同じもので作って連結すると、機能的になると思います。」

安河内さん)「食器棚を別で購入してもらいましょう。」

斉藤ふみ)「コンロの下に収納はありますよね。」

山村さん)「もちろんです。」

斉藤ふみ)「一人暮らしだったら、それで十分だと思います。」

山村さん)「もともとカウンターキッチンのコンロの下も収納なわけで。コンロを壁側に移動しても収納自体は残っていますから、収納力は広がっています。」

斉藤ふみ)「やりくりすれば、イケそうな気がします。」

山村さん)「ワークスペースが広いキッチンはビジュアル的にもいいですよ。」

斉藤ふみ)「できる女のイメージになります。オシャレな大きなお皿も置けるし。」

山村さん)「キッチントップも、思い切った色に変えてみるものいいですね。通常だと、白、グレイ、クリームなどしか思い浮かばないかもしれませんが、黒もありますし、赤もあります。」

斉藤ふみ)「そんな鮮やかな色にされる方もいるんですね。」

山村さん)「滅多にはいませんよ。ただ、黒はたまにいらっしゃいます。」

アジア人)「汚れが目立つので、掃除をしっかりするからね。」

安河内さん)「私が設計した住宅でも黒の天板はありました。」

山村さん)「私の自宅も黒です。」

斉藤ふみ)「どんな黒なんですか。」

山村さん)「御影石の黒です。」

来週もエイリックスタイル 薬院南グランウィズの大改造のアイデアを出していきたいと思います。
お楽しみに。


さて、高砂・白金周辺のスポットを取材してきましたので、ご紹介しましょう。

ENCONTRAR 



福岡市中央区白金1-10-5 1023A-21
092-791-5885
11:00 - 18:00
定休日 不定休

https://www.facebook.com/ENCONTRAR.plus/



白金交差点の建物の2階にある、雑貨屋さんです。
店主の出野さんは、20年近く雑貨に携わってきて、2018年にこの店をオープン。
福岡で取り扱いが少ないものや、手仕事の一点物、作家物などが揃い、手作りや普遍性があるものにこだわってセレクトしています。
いくつか人気の商品を聞きました。

【conteシリーズ】

ステンレス加工の一大産地、新潟県燕市にある会社のブランド調理器具です。
グッドデザイン賞もとった、とてもラインがきれいなもので、まだまだ福岡での取り扱いは少ないです。
ボウルや丸バット、平ザルは、そのまま調理器具として使えるだけではなく、食器にしても良さそうな雰囲気。
それだけではなく、際が巻いていないので衛生的だったり、液だれしなかったり、ボウルは下に重心があるので安定感があったりと、様々な工夫があります。
小さめのボウルで1800円からと、手軽なのも良いです。
これからの季節、これでざるそばを出すのもオシャレかも。

【Ladybugシリーズ】(850円から)

熊本県南阿蘇で厳選した素材を使って、ひとつひとつ丁寧に手作りした石鹸です。
様々な香りがあり、阿蘇の地酒「れいざん」の酒粕を使ったもの、阿蘇吉無田高原の緑茶を使ったものなどがあります。
界面活性剤を使わず、女性のリピーターが多い石鹸です。

【SHINTO TOWEL】

生地の産地としても有名な大阪、泉州のタオルです。
二重構造になっていて、中にガーゼやパイル生地を使って吸水率を高めています。
また、泉州の独特の「後ざらし」という工法によって、不純物を取り除いているので、ふんわりした肌触りです。
中くらいの大きさで1800円から、大きなもので3000円からです。
バスタオルの他に、ブランケットなどに使う人もいます。


他にも、廣田硝子による、復刻版の「Yグラス」

「元祖すり口醤油差し」

アフリカンバティックを使ったスリッパなどもありました。
このスリッパは、生地をアフリカから輸入して日本で作られているので、丈夫です。
左右非対称なのが個性的で、2900円でした。


番組では、皆さんからのメッセージをお待ちしています!
「マンションの賢い買い方」など、マンションに関する質問
「こんな風に大改造して!」など、番組に対してのメッセージなど、
どしどしご応募ください。
メールは、こちら!!

soko@fmfukuoka.jp





アーカイブ