FM 福岡 FUKUOKA

7月23日(金) CLUB THE.平尾駅前

CLUB THE.平尾駅前を大改造しよう!

ということで、今週もレギュラー陣、
『あったらいいな』の株式会社アライアンス住宅営業企画営業部 部長山村さん、そして、商業建築デザイナーの安河内さんの登場です。



CLUB THE.平尾駅前
福岡市中央区平尾2丁目16番10
西鉄大牟田線平尾駅から徒歩3分、平尾バス停徒歩2分
地上14階建てで、1フロアが3邸なので、角住戸率が67%。
全邸 東南向き 2LDK、3LDK

平尾の交差点のすぐそばという場所が最大の特徴
南側の日当たりが基本的には長期間確保できる立地(日照通風)
2LDK、3LDKで比較的コンパクトな造り
リビングにバルコニーがあって明るい
外観のデザインが強く入っている
あえてカウンターキッチンではない
ダイニングスペースとリビングスペースが分けられやすくなっている


アジア人)「前回、どの年代をモデルにしようかという話がありましたけど。」

斉藤ふみ)「この物件に関しては、偏らない方が良いという話でしたね。平尾ならではで、どんな人にもハマるようなアレンジができるマンションにしたほうが良いのかなって思います。」

アジア人)「とは言え、20代って感じでもないんじゃないですか。」

山村さん)「20代の方もいらっしゃいますよ。」

斉藤ふみ)「そうなんだ。」

山村さん)「20代の方もいるというだけで多いということではありません。例えば、薬院ステーションタワーで3LDK、4LDKになるとご年齢が上がるんですけど、CLUB THE.平尾駅前は、各年齢層の方がいらっしゃるんです。」

アジア人)「住みやすいし買いやすいということですか。」

山村さん)「買いやすくなっているということは、確かにあります。以前だと、20代の方が4000万円台のマンションを買うのは大変でしたが、ローンの期間が延びたり、金利が安くなるなど、環境が整っていますからね。だから、少しハイランクの物件が手に入るということです。」

アジア人)「逆にリタイアしたご夫婦が郊外ではなく街中に住むという考え方も増えましたよね。」

山村さん)「高齢者専用の賃貸住宅も、最近では郊外には建ちませんからね。福岡の特徴の一つかもしれませんが、現役時代に天神博多に通っているため、街に慣れているんですよ。だから、不便な場所に耐えられないということです。足腰も弱くなってきますし。」

アジア人)「サッシュが進化したので、街中でも静かですしね。」

安河内さん)「気密性もあるので、冷暖房も快適ですしね。」

斉藤ふみ)「私の親は運転しなくても良い場所ということで住む場所を考えました。それが一番大きいかも。」

安河内さん)「でも、都会でもど真ん中だと食料品などの買い物が大変だから、程よい距離感が必要です。」

斉藤ふみ)「やっぱり年齢などは決めつけないほうがいいですか。」

アジア人)「大人ということでいいんじゃないですか。」

山村さん)「個性化が難しいマンションではあるんです。」

斉藤ふみ)「でも、アダルティックでオールマイティで平尾ならではのおシャレさを取り入れていけばできそうな気がします。」

アジア人)「ちなみに、ここは1回目の購入と2回目の購入とどちらが多いですか。」

山村さん)「2回目の方が多いですね。」

アジア人)「だったら荷物が多かったりして。」

山村さん)「それは言い切れません。荷物を減らして来る方もいらっしゃいますから。」

斉藤ふみ)「私も、食器などをドンドン減らしていってます。それをオシャレに収納できたり、照明にもこだわりたいですね。」

山村さん)「概ねゆとりがある方が多いのは事実ですね。そこを統一テーマにしてもよいかも。」

斉藤ふみ)「ゆとりのある暮らし。」

山村さん)「仕事も金銭も子育ても気持ちなども余裕があるということですね。例えば、バリバリ着飾ったりはしないけど、ジャージでは歩かない感じかな。」

斉藤ふみ)「色んなものにこだわりを持つ感じですね。」

来週も、色々話していきたいと思います。


さて、平尾周辺のスポットを取材してきましたので、ご紹介しましょう。

焼肉 スグル



福岡市南区那の川2-3-14
092-522-6699
11:30 - 14:00 / 17:00 - 23:00 
定休日 月曜日


サニー那の川店の近くにある、焼肉店です。
店長の池田さんにお話をお伺いしました。
それまで居酒屋だったのが、3年ほど前に焼肉店にチェンジ。
そして、オーナーがキン肉マン好きだったでこの店名になりました。
ただ、扱う肉はほぼ黒毛和牛で、鹿児島の牧場まで行って契約してます。

ランチにいくつか食べてきましたので、ご紹介しましょう。
ランチメニューは、焼肉ではなく、ハンバーグコンビ定食、黒毛和牛煮込みハヤシ、担々麵・鶏白湯ラーメンになります。
ハンバーグコンビ定食は、ハンバーグと何かの組み合わせになり、人気は「ハンバーグ&チキン南蛮」(900円)と、「ハンバーグ&メンチカツ」(900円)。

【ハンバーグ&熟成牛タン】(1500円)

我々は、焼肉店らしい定食をチョイスしました。
ハンバーグは、豚肉と牛肉の合挽に、さらに和牛、玉子、10種類以上のスパイスを加えて成型。
じっくり焼いて、ふわっとした仕上がりになっています。
熟成牛タンは、店内で熟成させたものを焼いてスライス。
5種類ほどの調味料を混ぜて作った味噌ダレを添えているので、お好みで。
それに、ボリューミーなサラダ、玉葱やほうれん草など具沢山の味噌汁、御飯が付いています。

【和牛ハヤシライス】(700円、大盛り800円)

黒毛和牛の骨をベースにスープを取り、玉葱をたっぷり使って、5、6時間ほど煮込んでいて、デミグラスのようになっています。
酸味も抑えめで、コクがあり、美味しいです。
ハヤシライスには、トッピングメニューがあり、「和牛コロッケ」「肉屋のメンチカツ」「雲仙ハムカツ」「チキン南蛮」が200円、「ハンバーグ」が、250円になります。
我々は、「肉屋のメンチカツ」をチョイス。
合挽き肉に和牛、玉葱をプラスして衣をつけて揚げたもの。
サクッとした衣の中は、とてもジューシーでした。

この辺りにお住まいの方や会社勤めの方で、お昼はすぐにいっぱいになる人気店です。
ボリュームも満点なので、是非、お立ち寄りください。

番組では、皆さんからのメッセージをお待ちしています!
「マンションの賢い買い方」など、マンションに関する質問
「こんな風に大改造して!」など、番組に対してのメッセージなど、
どしどしご応募ください。
メールは、こちら!!

soko@fmfukuoka.jp