FM 福岡 FUKUOKA

6月25日(金) CLUB THE.平尾駅前

CLUB THE.平尾駅前を大改造しよう!

ということで、今週もレギュラー陣、
『あったらいいな』の株式会社アライアンス住宅営業企画営業部 部長山村さん、そして、商業建築デザイナーの安河内さんの登場です。



CLUB THE.平尾駅前
福岡市中央区平尾2丁目16番10
西鉄大牟田線平尾駅から徒歩3分、平尾バス停徒歩2分
地上14階建てで、1フロアが3邸なので、角住戸率が67%。
全邸 東南向き 2LDK、3LDK

平尾の交差点のすぐそばという場所が最大の特徴
南側の日当たりが基本的には長期間確保できる立地(日照通風)
2LDK、3LDKで比較的コンパクトな造り
リビングにバルコニーがあって明るい
外観のデザインが強く入っている
あえてカウンターキッチンではない
ダイニングスペースとリビングスペースが分けられやすくなっている


アジア人)「今週も、『SUUMO』に戸建て用の本当に良かった間取りというのが紹介されていたので、それを参考にしつつ、これからの大改造に取り入れていこうではないかというお話をしていきます。今日はオープンLDK。」

山村さん)「マンションで言えば、バルコニーの活用になると思います。リビングから連結しているバルコニーですね。」

斉藤ふみ)「戸建てだと、庭とつながっている感じですか。」

山村さん)「違いますね。あくまでもリビングの延長でないといけません。」

アジア人)「リビング、ダイニング、キッチンをまとめて、さらにバルコニーも足すんですね。どこにいても家族の位置が分かるような設計です。僕は苦手です。」

斉藤ふみ)「私は大解放のほうが好きです。」

アジア人)「仕切りがないことで、家族が集まりやすくなったり、お客様が来ても便利な空間になります。」

安河内さん)「昔は、お客様のために年に数回しか使わない部屋もあったけど、もったいないからね。」

山村さん)「そのような仕様で使える家具も増えてきましたしね。グランピングという考え方も出てきましたし。」

斉藤ふみ)「外をうまく使う生活を考えてみるのもいいかも。」

山村さん)「バルコニーにもお金はかかっていますから、洗濯物干しだけにしか使わないのはもったいないです。」

斉藤ふみ)「確かにアライアンスさんのマンションはバルコニーが広いですから。」

アジア人)「僕は、洗濯物干しと物置にしか使っていないので、胸が痛いです。」

斉藤ふみ)「私はきちんとバルコニーを活用していますよ。花を置いて、テーブルと椅子もあって、そこで過ごす時間もありますね。」

アジア人)「それが普通なんですか。」

斉藤ふみ)「私たち世代だったら、そんな暮らしをしている方はたくさんいますよ。」

アジア人)「そう言えば、バルコニーにテント張っているのをみたなぁ。」

山村さん)「今、バルコニーでテントが張れるようにするペグも売っていますからね。ようは重しなんですけど。」

アジア人)「ちなみに、イベント業界では重しのことを『しず』と言います。業界によって言い方は変わりますね。」

斉藤ふみ)「でも、そんな活用は誰もがしたいと思います。」

山村さん)「ちょっと前ですけど、エコクールの考え方で蔦系の植物を窓際に植えることが流行りましたね。」

アジア人)「例えば、その蔦が他の家まで伸びたら、どうします。」

山村さん)「それは摘んでもらいます。ご自身のバルコニーの中だけでは自由です。」

斎藤ふみ)「それは常識ですよ。」

来週も、間取りについて話していきたいと思います。


さて、平尾周辺のスポットを取材してきましたので、ご紹介しましょう。

ルヴァン 福岡



福岡市中央区平尾5-17-9
092-534-9115
11:00 - 21:30
定休日 不定休

平和交差点の近くで、マキイのすぐ近くにある、老舗のワイン専門店です。
オーナーの西村さんは、1973年からこの業界で働き、まだワインを飲む人が少なかった1989年に今津で専門店を立ち上げ、その後、平尾に移転して15年になります。
会社の名前が「福岡ワインクラブ」なので、そちらで知っている方も多いかもしれません。



西村さんが扱うワインは、物語があるもの。
例えば、畑の歴史だったり、醸造家の工夫や苦労などのエピソードまでを知った上で販売するようにしています。
そのため、以前は毎年のようにフランスに通い、今は代替わりしたワイナリーもあるそうです。そこからは、今でも連絡があり、あまり日本には数が入らないものもあったりします。
ということで、西村さんに家飲みにおススメの物をいくつか聞きました。

白ワイン【トゥーレーヌ ソービニオン レグレネット】(2000円)

トゥーレーヌという場所にあるレグレネットという畑のワインです。
ドメーヌ・ド・ボーセジュールという人が作っていて、ブドウは有機栽培。
果実味が豊かで、季節的には、今が一番ぴったりなワインです。

赤ワイン【ポールジャブレ シラー】(1800円)

この店でよく売れているワインです。
シラー100%の赤ワインで、誰が飲んでも美味しいとのこと。

赤ワイン【スパイスルート ムールベルド】(2800円)
南アフリカ産のキレがよく、これからの季節に良いです。
普段は混ぜて補助役で使うことが多い、ムールベルドというブドウ品種を100%使った珍しいワインです。

赤ワイン【ドメーヌ・パラン ブルゴーニュ ピノノワール】(4000円)

以前、フランスに通っていた頃からの友人のワイナリーで、現在は娘さんが引き継いでいます。
昔のブルゴーニュワインを感じる1本です。


この他にも、最も高価なワインの一つに数えられる「ル・パン 85」(70万円)などの高級ワインもあります。

是非、この店で自分に合ったワインを探してください。


番組では、皆さんからのメッセージをお待ちしています!
「マンションの賢い買い方」など、マンションに関する質問
「こんな風に大改造して!」など、番組に対してのメッセージなど、
どしどしご応募ください。
メールは、こちら!!

soko@fmfukuoka.jp