FM 福岡 FUKUOKA

6月18日(金) CLUB THE.平尾駅前

CLUB THE.平尾駅前を大改造しよう!

ということで、今週もレギュラー陣、
『あったらいいな』の株式会社アライアンス住宅営業企画営業部 部長山村さん、そして、商業建築デザイナーの安河内さんの登場です。



CLUB THE.平尾駅前
福岡市中央区平尾2丁目16番10
西鉄大牟田線平尾駅から徒歩3分、平尾バス停徒歩2分
地上14階建てで、1フロアが3邸なので、角住戸率が67%。
全邸 東南向き 2LDK、3LDK

平尾の交差点のすぐそばという場所が最大の特徴
南側の日当たりが基本的には長期間確保できる立地(日照通風)
2LDK、3LDKで比較的コンパクトな造り
リビングにバルコニーがあって明るい
外観のデザインが強く入っている
あえてカウンターキッチンではない
ダイニングスペースとリビングスペースが分けられやすくなっている


アジア人)「今週も、『SUUMO』に戸建て用の本当に良かった間取りというのが紹介されていたので、それを参考にしつつ、これからの大改造に取り入れていこうではないかというお話をしていきます。まずはウォークインクローゼット。マンションの間取りではWICって書いていますよね。昔の日本にはなかったものです。」

安河内さん)「物置とか押し入れとかはあったけどね。」

山村さん)「納戸のほうが近いかな。まあ、入っていけるクローゼットです。日本はタンス文化だったので、クローゼットの考えがなかったんですね。だから、家具を置いていたというわけです。現在は綺麗にレイアウトされた状態で真四角になるように造られています。また、ウォークインクローゼットにも様々な考え方があって、単にクローゼットが大きくなって、洋服だけを収納しているような部屋をウォークインクローゼットと呼ぶケースがありますし、色んなものを収納できる部屋をウォークインクローゼットと呼ぶこともあります。」

アジア人)「すると洋服だけではなく、食器なども置けるようになりますよね。」

山村さん)「だから以前、部屋そのものをクローゼットにしてはどうかと提案したことがありました。そこにフィッティングテーブルを置いて、洋服合わせができるようにしても、クローゼットの一種になります。」

斉藤ふみ)「楽しかったですよね。」

アジア人)「クローゼットと言えば、中二階を造って、上をベッドにして、下をクローゼットにする方法もありますけど。」

山村さん)「奥行きの問題が出てきますね。シングルベッドの幅でも、立てないような高さでクローゼットを作ると奥のものを取り出しにくくなります。逆に立てるくらいまでの高さにすると上のベッド部分が30cmくらいになってしまうので、寝るというよりハマる形になってしまいます。」

斉藤ふみ)「私は苦手です。」

安河内さん)「閉所恐怖症の方は絶対にイヤだろうね。」

アジア人)「他に、見せるウォークインクローゼットもあります。ブティックみたいに洋服を置くんですね。」

斉藤ふみ)「壁に棚をいっぱい造って、お店みたいにするんだ。でも、かなりの面積が必要じゃないですか。」

山村さん)「面積より家具が難しいと思います。家具がきれいに揃ってハマっていればお店のように見えると思います。システム収納があるので、それが合えばいいですね。」

安河内さん)「以前、アライアンスのモデルルームでも見ましたよね。」

アジア人)「それを外から見えるように造るとか。」

斉藤ふみ)「それできたらいいですね。キャンプ道具とかも置きたいし。」

山村さん)「その場合、適正な収納量と言うのが求められるので、意外と難しいですよ。例えば、収まり切れない量の物があふれてきたら、見えないようにすれば良かったと後悔するハメになりますからね。逆にスカスカでもちょっとみすぼらしいですね。」

斉藤ふみ)「でも、その辺りも私たち世代なら経験もありますから、アイデアを取り入れて活かしていければと思います。」

来週も、間取りについて話していきたいと思います。


さて、平尾周辺のスポットを取材してきましたので、ご紹介しましょう。

PATISSERIE SALUT パティスリーサリュー



福岡市中央区平尾5-17-11 プレジール南山荘101
092-526-4511
10:00 - 20:00
定休日 水曜日、月に1度火曜日
https://www.facebook.com/PatisserieSalut/


平和交差点の近くで、マキイのすぐ近くにある、黒いテントが目印のケーキ屋さんです。

オーナーパティシエの山下さんは、東京の帝国ホテルのあと、フランスへ渡り、MOF(フランス国家最優秀職人章)を持つ人と働くなどしたあと、2010年9月1日にこの店をオープン。この道30年です。
ここに並んでいるケーキは、古典的なものから、創作まで幅広くあります。
どれも大きいのに、値段が安いです。
プチガトー(小さいケーキ)は、選ぶ楽しさがあるように常時25種類ほどあります。
ちなみに、お客様が1人でも食べたいと言ったら、季節外れでも作るそうで、何か食べたいケーキがある時は、たずねてみるのもいいかも。

いくつか食べてきましたので、ご紹介しましょう。

【ピスターシュ】(518円)

ピスタチオを使ったケーキは人気で、その1つになります。
ピスタチオのババロアの中に、木苺のジュレと木苺を詰めたものです。
アーモンド生地も入っていました。
さわやかで夏にぴったりのケーキです。

【パリブレスト】(432円)

東京であったケーキのコンテスト「アンドレルコント杯」入賞の古典的なケーキ。
シュー生地に、プラネリクリームと生クリーム、キャラメリゼしたアーモンドをサンドしています。
このアーモンドがいい仕事をしています。

【キャラメル サレ シトロン】(518円)

マカダミアナッツコンクール準優勝のケーキ。
マカダミアナッツと塩キャラメルが入ったクッキー生地のタルトの上に、レモンクリームをのせ、表面を少し炙っています。
さらに上にもマカダミアナッツがのり、しっかりマカダミアナッツの味を活かしたケーキです。

【ミエル ショコラ】(540円)

チョコの袋で包んだような形をしたケーキ。
重めなチョコレートムースと蜂蜜のムースが層になり、上にチョコフレークがのっています。
チョコが濃厚でしっとりして、チョコ好きにはたまらないケーキです。


もちろん、焼き菓子などもあります。


バースデイケーキも受け付けていて、4号サイズ2500円からあります。
当日でも可なので、是非、ご相談下さい。


番組では、皆さんからのメッセージをお待ちしています!
「マンションの賢い買い方」など、マンションに関する質問
「こんな風に大改造して!」など、番組に対してのメッセージなど、
どしどしご応募ください。
メールは、こちら!!

soko@fmfukuoka.jp