FM 福岡 FUKUOKA

5月28日(金) CLUB THE.平尾駅前

CLUB THE.平尾駅前を大改造しよう!

ということで、今週もレギュラー陣、
『あったらいいな』の株式会社アライアンス住宅営業企画営業部 部長山村さん、そして、商業建築デザイナーの安河内さんの登場です。



CLUB THE.平尾駅前
福岡市中央区平尾2丁目16番10
西鉄大牟田線平尾駅から徒歩3分、平尾バス停徒歩2分
地上14階建てで、1フロアが3邸なので、角住戸率が67%。
全邸 東南向き 2LDK、3LDK

平尾の交差点のすぐそばという場所が最大の特徴
南側の日当たりが基本的には長期間確保できる立地(日照通風)
2LDK、3LDKで比較的コンパクトな造り
リビングにバルコニーがあって明るい
外観のデザインが強く入っている
あえてカウンターキッチンではない
ダイニングスペースとリビングスペースが分けられやすくなっている


アジア人)「先週から『職住一体』というキーワードで盛り上がっています。」

斉藤ふみ)「私たち世代だと、これから家を買って、家で仕事をしようかなって考える方も多いと思うんですよ。」

アジア人)「でも、マンションの場合、来客が頻繁にあるような仕事はダメですよという話でした。特に飲食の場合は、マンションそのものの用途変更をしないといけないんですよね。」

山村さん)「用途変更はもちろん、クリアしないといけない法規がたくさんあります。」

安河内さん)「保健所の問題もありますし。また、女性がメインに接客する場合は、風営法も関わってきますよ。」

アジア人)「すごいね。マンション・キャバクラみたいなこと?」

斉藤ふみ)「そこで盛り上がらない。お昼ですよ。でも、これからマンションを建てる時に、職場にもなるようなことを考えてということはあるんですか?」

山村さん)「これまで話したことはなかったのですが、弊社のAlic Town 二日市湯町の杜の共有部分はそうなっているんです。」

斉藤ふみ)「どういうことですか。」

山村さん)「1階にオフィスのような場所を設けているんです。そこではインターネットもつながるので、パソコンを持って行けばいいですし、大きなテーブルもあるので、ちょっとした打ち合わせなどもできるようになっています。ただし、住居棟には入らないということですね。応接セットもあります。」

安河内さん)「じゃあ、来客も良い訳だ。」

アジア人)「これから働き方が変わっていくにあたって、マンションも変わっていくんでしょうか。」

山村さん)「リモートワークに対する対策は私たちも行っていますし、各社が考えています。しかし、不特定多数の来客がある仕事となると、これからも難しいんじゃないかな。大きなマンションじゃないと、共有部分を充実させることができませんし。不可能ではないんですよ。管理費、メンテナンス費用などが掛かりますから、ある程度の大きさがないと大変です。」

アジア人)「最初から住宅兼店舗や職場でもいいですよっていうマンションはないんですか。」

山村さん)「なくはないです。CLUB THE.薬院ステーションタワーはそうなっています。下層階は若干の事務所的な使い方が可能となっています。ただ、店舗はダメですよ。」

アジア人)「じゃあ、マンションを購入する時に、その説明を聞いておけば職場としても使えるということですね。」

山村さん)「ただ、新築マンションでオフィス兼用は好まれないんですよ。やっぱり今はセキュリティ面を上げていっているので、不特定多数の人が出入りするのは受け入れがたいですよね。」

来週は、CLUB THE.平尾駅前について話していきたいと思います。


さて、平尾周辺のスポットを取材してきましたので、ご紹介しましょう。

Spuitnik(スプートニク)



福岡市中央区平尾3丁目10-10
092-518-7668
平日 12:00 - 20:00
土日祝 12:00 - 19:00
定休日 月曜日、年末年始
https://sputnikcycle.com/


平尾北交差点の近くにある、自転車のお店です。
店主の福井さんは、関西で自転車の勉強をして、2012年に平尾西交差点の近くにオープン。
6年後の2018年に、ココに移転オープンしました。
このお店のコンセプトは、競技指向でもなく、ママチャリでもない、生活に根差した楽しくて機能的な自転車を扱うこと。
例えば、競技指向のものは無駄を省くことでより遠くへ早く人を運ぶことを目的にしていますが、そこまでの機能はなくても、街乗りにぴったりで、かつ、デザインも良いものを置いています。
メーカーだと、イギリスの「Raleigh」、アメリカの「Veloorange」、「FUJI」、日本の「ライトウェイ」などがあったり、パーツを組み合わせてのカスタムもできます。

ちなみに、タイヤが小さいとフレームの自由度が増して、オシャレな自転車になるそうです。
しかし、機動力はあるので、ママチャリより楽に速く動けます。

今、この店でおススメのものは、「DAHON(ダホン)」というメーカーの「K3」という折りたたみ自転車。
【DAHON K3】(96800円)

タイヤは小さいですが、機能的でママチャリより速いです。
通常ママチャリが20kgほどの重さなのに対し、これはわずか8kgととても軽いです。
折りたためるので、家や職場に持ち込んで盗難に合わないだけではなく外に置きっぱなしにしないので、結果的に痛みも少なく、長持ちだそうです。


また、電動アシストでは、台湾のBESV(ベスビー)が人気とのこと。

面白いのが里親募集。
この店で購入して、例えば子供用の自転車でサイズアウトしたり、買い替えて以前のものに乗らなくなった場合、委託販売を受け付けています。

そして、試乗車があるのも、便利です。

子供用から大人用まで、様々なちょっとおしゃれで機能的な自転車が揃います。
是非、お立ち寄りください。


番組では、皆さんからのメッセージをお待ちしています!
「マンションの賢い買い方」など、マンションに関する質問
「こんな風に大改造して!」など、番組に対してのメッセージなど、
どしどしご応募ください。
メールは、こちら!!

soko@fmfukuoka.jp