FM 福岡 FUKUOKA

6月12日(金) エイリックスタイル 薬院南グランウィズ

エイリックスタイル 薬院南グランウィズを大改造しよう!

ということで、今週もレギュラー陣、
『あったらいいな』の株式会社アライアンス住宅営業企画営業部 部長山村さん、そして、商業建築デザイナーの安河内さんの登場です。



エイリックスタイル 薬院南グランウィズ

福岡市中央区高砂2丁目20号1番
西鉄「高砂」バス停まで徒歩2分
地下鉄「渡辺通」駅まで徒歩9分、
地下鉄「薬院」駅まで徒歩11分
西鉄天神大牟田線「西鉄平尾」駅まで徒歩10分、

14階建てで、全38邸(2LDK、3LDK)
1フロア3邸のうち、2邸が角部屋になります。

先週まで、CLUB THE. 薬院ステーションタワーのエグゼクティブフロアの見学をしましたが、今週から再び、エイリックスタイル 薬院南グランウィズの大改造のアイデア出しをします。

今回は、女性の一人暮らしという設定で大改造を考えています。
なぜなら・・・
職場と住まいが近い「職住接近」なので、通勤時間が短い場所にある
女性の単身者でも安心して暮らせるセキュリティ

そして、賃貸ではなく、分譲だからできる大改造は何かを探っています。


斉藤ふみ)「最近は、結構な数の女性がマンションを購入されているんですよね。」

山村さん)「非常に多くなってきています。」

アジア人)「20代で家を持とうというCMも増えていますしね。」

山村さん)「様々な環境が整って、持ちやすくなったんですよ。」

安河内さん)「金利も安いから。」

アジア人)「さて、賃貸ではできないこだわりの大改造をしようということで勉強しています。これまでは、お風呂、洗面台、洗面所、トイレの話をしてきましたけど、他にはどこが改造できますか。」

山村さん)「女性は目の付け所が全く違うんですよ。どこでもここでもアイデアをたくさん持っています。」

斉藤ふみ)「男性だと考えられないようなアイデアがあるんですか。」

山村さん)「例えば、玄関や廊下にも手を入れるアイデアがあります。」

斉藤ふみ)「私も以前、廊下でアイデア出しましたよ。廊下をアートギャラリー風にして、本棚を置きたいというアイデアです。」

安河内さん)「普通は廊下に何も置きませんからね。」

アジア人)「最近だとどんなアイデアがありましたか。」

山村さん)「先だってお打ち合わせした話なんですけど、廊下は大きな壁があるのが特徴です。そこで、大きな姿見を設置したいという話がありました。分かりやすく説明すると、バレエスタジオの鏡のようなものです。その上に照明を設置し、ヨガができるようにするそうです。」

斉藤ふみ)「ヨガマットも置けるし、最高のアイデアだと思います。」

山村さん)「廊下に物を置くことがないので、絶対にスペースを確保できるんですよ。」

アジア人)「僕はシュークローゼットに入りきらない靴がはみ出ているけどね。」

山村さん)「まあ、ご家族で住む場合と独身である違いもあると思います。」

斉藤ふみ)「独身でしかも分譲だからできる改造ですよね。」

アジア人)「ただ、壁一面が鏡だと費用はかかりそうですね。」

山村さん)「それは当然です。」

アジア人)「でも、飛んだり跳ねたりしなければ、筋トレもできるしね。いいかもね。」

斉藤ふみ)「ヨガの場合、仄暗い中でする方が精神を開放できるので、ちょうど良いかも。」

安河内さん)「ただ歩くだけの廊下を活用できるね。」

斉藤ふみ)「調光はできるんですか。」

安河内さん)「照明器具の問題なので、間違いなくできます。」

アジア人)「お風呂場も近いし。」

斉藤ふみ)「バーも付けられたら最高です。柔軟もできるようになります。」

山村さん)「それは可能です。」

安河内さん)「年を取ってくれば、手すりの代わりにもなるしね。」

斉藤ふみ)「床にもヨガマット代わりのものを埋め込めたら嬉しいなぁ。」

山村さん)「それは無理ですね。柔らかい床素材の場合、直接コンクリートに打ち付けることになるので、音が響きますし、柄などの種類も少ないので、おススメしません。」

アジア人)「ともあれ、大きな姿見があると、自分のファッションチェックもできるし、いいね。」

来週もエイリックスタイル 薬院南グランウィズの大改造のアイデアを出していきたいと思います。
お楽しみに。


さて、高砂・白金周辺のスポットを取材してきましたので、ご紹介しましょう。

量り売り商店 POCO MUCHO (ポコムーチョ)



福岡市中央区白金1-10-30 ハイネス白金1階C号
092-525-0025
11:00 - 19:00
定休日 月曜日

http://pocomucho.jp/




白金交差点近くにある、食品などの量り売りをしているお店です。
店主の柳瀬さんは、ニュージーランドやオーストラリアで学生時代を過ごし、IT企業に勤めていましたが、一念発起してインドへ飛び、遊牧民と生活。その後、岡山の山の中で自給自足の生活をし、福岡に戻ってきて、このお店をスタート。

お店に置いてある食品は、ナッツ、ドライフルーツ、蜂蜜、油、スパイスなどで、どれも量り売りです。また、買う時も簡素化して、無料の袋もありますが、家からタッパや瓶など、何でも持ってきて、容器にすることもできます。
つまり、ゴミを減らして、体いに良い物を食べたい量だけ買えるお店を目指しています。

いくつか買って食べてみました。(価格は税込み)
【できたてピーナッツバター】(10g55円)
【できたてアーモンドバター】(10g65円)

オーストラリアから輸入した粒の大きさを調節できるマシンで、好きな量だけ搾れます。初回は好きな瓶を選んで、絞ったグラム数によって値段が変わりますが、次回からは、瓶を持ってくると50円引きになります。

ピーナッツバターは、ミディアムとスムースの間くらいで絞ると美味しいとのこと。
とても滑らかな食感で、パンや担々麵、ピーナッツ和えなどに使えます。
アーモンドバターは、ミディアムくらいで絞ると美味しいとのこと。
香りも良く、野菜ディップなどに使えます。


ナッツ類は、15種類ほどありました。
どれも1g6円なので、同じ袋で混ぜても構いません。
ちなみに、「素焼きアーモンド」と「殻付きアーモンド」を食べ比べてみましたが、味が違います。
他にも、殻をむくのが面倒な人に良い「むき実ピスタチオ」や、シンガポールなどによくある「皮付カシューナッツ」があったり、マカデミアナッツだけで、味付けが違う4種類があったりします。
定番で人気なのは、ピスタチオやクルミなどです。

ドライフルーツは、20種類ほどあり、こちらも1g5円で統一なので、同じ袋に入れても構いません。

「有機完熟白イチジク」は、トルコ産で、しっかりした味。粒々感もあります。
「有機マンゴースライス」は、酸味と甘さがあり美味しいです。
「無添加パイナップル」は、噛めば噛むほど、味が染み出てきます。
どのドライフルーツも砂糖などを使っていないので、素材そのものの味を楽しめます。
また、ドライフルーツは、一晩ヨーグルトと一緒にしておくと、プルプル感が戻ってくるので、お試しあれ。
ナッツやドライフルーツを選ぶのが面倒な人には、お店でミックスしたものも販売しています。


他に、シリアル、蜂蜜、アガペシロップ、白絞油、オリーブイル、スパイスもありました。


番組では、皆さんからのメッセージをお待ちしています!
「マンションの賢い買い方」など、マンションに関する質問
「こんな風に大改造して!」など、番組に対してのメッセージなど、
どしどしご応募ください。
メールは、こちら!!

soko@fmfukuoka.jp



アーカイブ