FM 福岡 FUKUOKA

5月7日(金) CLUB THE.平尾駅前

CLUB THE.平尾駅前を大改造しよう!

ということで、今週もレギュラー陣、
『あったらいいな』の株式会社アライアンス住宅営業企画営業部 部長山村さん、そして、商業建築デザイナーの安河内さんの登場です。



アジア人)「現在は、新しい物件「CLUB THE.平尾駅前」に取り掛かるということで、物件の特徴を紹介しています。」

CLUB THE.平尾駅前
福岡市中央区平尾2丁目16番10
西鉄大牟田線平尾駅から徒歩3分、平尾バス停徒歩2分
地上14階建てで、1フロアが3邸なので、角住戸率が67%。
全邸 東南向き 2LDK、3LDK

アジア人)「平尾交差点からすぐそばというのが最大の特徴となります。」

斉藤ふみ)「何でもあって、中心地からも近い。とにかくスペシャルな場所です。」

アジア人)「先週はマンションの購入事情をお聞きしました。ローンが40年、50年と組むことができて若い人も購入しやすくなってきたということで、年齢層によってマンションの購入の考え方がどう違うのか教えてください。」

山村さん)「そうですね、若い方だとファッションアイテムのような感覚で考えている方は結構いらっしゃいますね。」

安河内さん)「見た目とかっていうことですかね。」

アジア人)「買うのも初めてでしょうからね。」

山村さん)「住宅に対する造形はあまり深くはないからですね。そして40代、50代になってくるとお子さんができたりライフスタイルが決まって、お年を召されたときとか先のことを考え始めますね。バリアフリーとか。」

アジア人)「例えば手すりを付けるとかですね。」

山村さん)「特に特定の病気にかかると住宅ローンが組めなくなってしまうので、その年代だと焦っている方もいらっしゃいますね。」

アジア人)「あとは2軒目って方もいますよね。」

山村さん)「そうですね、最近だと購入した時よりも高く売却される方もいるので、そういう方が税金の対策に急いで買われることもあります。」

斉藤ふみ)「買い方も様々なんですね。」

山村さん)「不動産はタイミングによって買い方も考え方も変わります。郊外が流行った時期もありましたからね。今の流れは都心回帰です。」

アジア人)「今は極端じゃないですか。都心に住む人もいれば山の中に住む人もいますし。」

山村さん)「今は山の中でも不便なことが減りましたからね。通販もありますし。」

斉藤ふみ)「ネットショッピングも便利ですもんね。」

アジア人)「そのうち山の中にマンションがポツンと建って、雰囲気はめちゃくちゃいいんだけど都心にいるのと変わらないっていうのもできそうですね。」

山村さん)「もうすぐそこまで来てると思いますよ。」

斉藤ふみ)「贅沢だなぁ。」

安河内さん)「今はだから若い人が山奥に住んで、逆に不便なところに住んでたようなお年寄りの方が駅前の物件を買うっていうのもよく見ますね。」

山村さん)「そうですね、振れ幅が大きいんです。途中がないって言ったほうがいいんですかね。あと、若い方はスタイリッシュさですかね、個人の表現として壁紙や床にこだわる傾向が強いですね。そして40代、50代の方は機能性を重視する方が多いです。それ以上になると、さらに将来の不安に対しての備えが加わります。」

アジア人)「若い人は先のこととか機能性よりも今の時点で外装とか内装を選ぶんですね。」

山村さん)「ライフスタイルが全然違いますからね。」

斉藤ふみ)「世代によってやっぱり変わってくるんですね。」

安河内さん)「だからそういうことを踏まえて改装するのが大切ですね。」

来週も年代を踏まえながら改装の話をしたいと思います。


さて、平尾周辺のスポットを取材してきましたので、ご紹介しましょう。

KaILI IKKEN



福岡市中央区平尾2-14-21
070-8387-5695
11:00 - 16:00
営業日 金曜日、土曜日
http://kaili.jp/


狭い路地を入った、通称、平尾村と言われる場所にある、4月23日にオープンしたばかりのバッグの専門店です。
オーナーの山内さんにお話をお伺いしました。
平尾の工房で製造し、全国のセレクトショップなどで取り扱われている、5年前に生まれたバッグのブランド「KaILI」。
そのショールームであり、直営ショップになります。
ブランドのコンセプトは、「矛盾あるデザイン」。
デザインの違和感に気づいて、考えるのを楽しんでもらうような仕掛けになっています。

お店に並んでいた商品をいくつかご紹介しましょう。

インテリアコレクション

高級自動車の内装に使われる素材をメインに使用したバッグです。
その中でも、ショルダーバッグからトートバッグへと
形を変えることができる2way仕様のものがありました。
ショルダーバッグの時に折り返している生地を伸ばすと、
トートバッグに変化して、容量も増えるという仕掛けです。
手触りもよく、お出かけには便利です。
価格は、38500円、49500円など、大きさによって変わります。

NOT COMPACT ECOBAG(6350円)

ナイロン製で、巾着としても使用でき、中から引っ張り出すと、エコバッグに変わります。

ラージ・ウォレット
(11000円)

一見、財布には見えない大きさの、丈夫なナイロン素材の財布です。
円、台形、正方形など、様々な形に財布の機能を当てはめてみたというもので、
大きいので、領収書やカードなどが多い方には便利かも。
値段もリーズナブルです。

温泉ポーチ(11000円)

山内さんが銭湯が好きで作ったアメニティポーチ。
アメニティの他に、タオルなども収納でき、お風呂場に持ち込んで濡れても大丈夫。
ひっくり返せば、乾燥した面を表にでき、他のものを濡らすことはありません。
このひっくり返せる優越感が良いです。

まさに「痒い所に手が届く」バッグで、是非、手に取ってもらいたいものばかりでした。


番組では、皆さんからのメッセージをお待ちしています!
「マンションの賢い買い方」など、マンションに関する質問
「こんな風に大改造して!」など、番組に対してのメッセージなど、
どしどしご応募ください。
メールは、こちら!!

soko@fmfukuoka.jp