FM 福岡 FUKUOKA

第3回:釈迦堂容子先生による「今からできる老後の備え」にまつわるお話

 10月20日 今回の放送は「今からできる老後の備え」にまつわるお話 高齢化時代を生きる!! 


 “1000万円貯めるをキーワードに、イマの時代のお金との賢い付き合い方を、

ファイナンシャルプランナーの先生に伺う、「マネーレッスン~目指せ!プラス1000万円~」。

     今週は「グライブ (福岡オフィス)」の釈迦堂容子先生にお話を伺いました。




釈迦堂先生は元銀行員で、たくさんの方の資産形成のお手伝いしてきたそうです。


「今週はその資産形成の中でも大切な高齢化時代の話をしたいと思いますが、

現在、日本では今65歳の女性100人のうち、90歳まで生きる人はいったい何人いるかご存じですか?」。


私は、10人くらいかと思ったのですが、高齢化を甘く見ていました...


http://www.ipss.go.jp/site-ad/TopPageData/PopPyramid2017_J.html

国立社会保障・人口問題研究所 


「厚生労働省の発表では、65歳の女性100人のうち、90歳まで生きる人は50人以上だとされています。

今は2人に1人は90歳を迎える時代ですから、

20代後半の松藤さんも65歳になった後、今まで生きてきた人生と同じくらいの時間があるかも知れません」。


そう言われると老後の時間の長さが実感できますよね。

 
「その結果、50年前は65歳以上のお年寄りが人口のたった7%でしたが、今年は29%、

40年後には38%にまで増えると言われています。近い将来、医療費や年金の仕組みが

成り立たなくなるとニュースで言われているのも、当然だと思えるのではないでしょうか」。


https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life19/index.html

厚生労働省 (令和元年簡易生命表から計算可能) 


俄然、心配になってきました!だからこそ長い老後に備えて、

今できることから始めることが大事だということです。でも、どうすればイイのでしょうか?


きちんと資産運用の方法を知って、長い期間をかけて準備していけば、

ゆとりある老後生活に必要なお金を貯めることは不可能ではありません」。


でも、資産運用というとハードルが高いイメージがありますよね。

 
「そこで!私たちファイナンシャルプランナーをうまく使って欲しいのです。時間をうまく使って、リスクを軽減して、

無理をせずお金が増えていく仕組みを作ることが私たちの仕事ですから、ぜひプロに頼ってください」。



福岡でも今、マネーセミナーが増えていますので、この番組でお伝えしている内容も

掘り下げてわかりやすく説明してくれると思います。ぜひ一度参加してみてください」。

 
私も参加してみよう!という気持ちになりました。

次回、1027日(火)の放送では、釈迦堂先生に老後に必要なお金と、日本人のお財布事情について伺います。お楽しみに!
























アーカイブ