FM 福岡 FUKUOKA

第2回:相原純一先生による「給料を増やす節税方法」にまつわるお話

 10月13日 今回の放送は「お給料の手取りを増やす節税方法」にまつわるお話 iDeCoを活用!! 


 “1000万円貯めるをキーワードに、イマの時代のお金との賢い付き合い方を、

ファイナンシャルプランナーの先生に伺う、「マネーレッスン~目指せ!プラス1000万円~」。

      今週も「グライブ (福岡オフィス)」の相原純一先生にお話を伺いました。


「先週は、これからの時代は、ただお金を預けるだけではいっぱい増やすのは難しい!という

お話をしましたが...“マイナス金利”という言葉も叫ばれるほど、金利の低い今の時代は、預貯金だけでは老後が不安ですよね」


とっても不安です。そんな中、相原先生に、

節税してお給料を増やすという気になる方法を教えていただきました。


「一般的にお給料というと、会社が決めた給与額から、

社会保険料や税金を引かれた金額が振り込まれますよね」

私も明細表を見る度に、結構な額が引かれているなと、気になっていました。



「この時代、給与額がドンドン増えていくというのは難しい...という方は多いと思います。

でも節税することで、引かれる税金を少なくして手取りを増やすということはできるんです」

そんな節税には様々な方法があるそうですが、

その中でも相原先生のおススメは、イデコ(iDeCoだということです。


https://www.ideco-koushiki.jp/guide/

※iDeCo公式サイト 


イデコは簡単にいうと、毎月の給料の一部を将来の自分のために積み立てて自分で運用し、資産を形成する年金制度です。

この制度を使うと老後のために貯金をしながら、税金を安くすることができるんです。

仮に年収500万円のサラリーマンが毎月20,000円、年間24万円イデコを利用すると、

所得税24,000円と住民税24,000円で、なんと48,000円も税金が軽減されます」

24万円に対して48,000円が軽減されるなんて、すごいと思いませんか?

「節税や税金対策というと、相続税とか贈与税とか大きなものを想像しがちで、

自分には関係ないと思っている人が多いのですが、毎月の所得税を節税して、

その分を将来の自分のために貯められると思うと、お得ですよね」

相原先生のお話を聞いて、私も考えなきゃ!って思い始めました。




ちなみに、投資や投機となると、ハードルが高い部分もありますが、

このイデコのように、節税なら比較的簡単に始められる手段が色々とあるそうです。


今週は相原先生に、イデコを紹介していただきましたが、

当然、その人、その人のライフプランよって、おススメの手段は違ってきます。

「自分にあった手段を、もちろん、ご自身で勉強することもできますが、結構小難しい用語が多い話なので、

ファイナンシャルプランナーにご相談していただけると、ご自身にあった手段を簡潔に知ることができます


難しい用語を噛み砕いて教えてもらえるって嬉しいですよね。これは頼りにしない手はないです!

次回、1020日(火)の放送では、釈迦堂容子先生に今からできる老後の備えについて伺います。お楽しみに!




アーカイブ