fmfukuoka

番組紹介

放送時間: (土)09:30-09:50
出演: 木原友香

毎週土曜日の朝、「茶のくに」八女からの情報をお届けします。

メールアドレス: yame@fmfukuoka.jp
皆さんからのメッセージお待ちしてます。


第430回 2019年1月12日オンエア

ゆうかのトークギャラリー

蒔絵・螺鈿職人 

毎年この季節になると、八女の職人さんにスポットを当ててご紹介している
「茶のくに八女は楽しい」。

皆さんは、「蒔絵職人(まきえしょくにん)」、「螺鈿職人(らでんしょくにん)」
と呼ばれる職人さんをご存知ですか?
今回、「松本蒔絵店」にお邪魔して、蒔絵・螺鈿職人の松本仁邦さんに
お話を伺ってきました。

DSC_9909.jpg

この「螺鈿」と「蒔絵」は、漆職人さんが仕上げた漆塗りの板や、漆器の表面に、
漆で絵を描いた後、乾燥する前に金や銀の粉を降り掛けることで絵を描く技法と、
アワビなど、貝殻のキラキラした部分を必要な形にカットして貼りつける技法で、
それぞれにその美しさが光る「漆を使った装飾方法」のことなんです。

身近には、それこそ仏壇の引き戸や引き出しに描かれていたり、
提灯の脚や持ち手に描かれている、金や銀、七色に光る貝殻の部分なんです。

島原の仏壇店で生まれ育った松本さんは、
元々、大手家電メーカーで設計の仕事をしていたんだそうです。
そんな時、お父様から「こんな仕事もあるよー」と蒔絵を紹介してもらうと、
「絵を描いて生活できるなんて素敵だなぁ」...と一念発起、
鹿児島での修業を経て、独立を機に八女に移住したんだそうです。

漆が乗るものであれば、仏具だけでなく、櫛や櫛台、帯留め、ぐい飲みまで、
希望に応じて蒔絵や螺鈿を施しますよ!!と仰る通り、
インタビューの時に見せて頂いた櫛や帯留めは、まさに「和」を感じる、
美しくて可愛らしいものでしたよー。

DSC_9904.jpg

年に1回は、「旅する茶のくに週間」で「蒔絵・螺鈿体験」も
おこなっていらっしゃるので、是非、自分でも体験してみたい!!
という方は、旅する茶のくに週間もチェックしてくださいね!!

DSC_9898.jpg

DSC_9899.jpg

DSC_9902.jpg

DSC_9903.jpg

(↑螺鈿がどのようなものか、さわりだけ教えて頂きました♪)

【松本蒔絵店】
 住所:八女市新庄610-3  
 蒔絵や螺鈿のオーダーなど、お問い合わせは
 電話:0943-23-2162 松本さんまでお願いします。


八女の夜の飲食店特集「ウメノ商店(屋台の日)」

今週も、トークギャラリー後半パートは、八女の夜の飲食店特集です!!
二件目となる今週は、FM八女から局長の高木祥平さんと、
市民パーソナリティの思い出屋さんのお二人も合流して、
始まったばかりの「楽しい」お店に行ってきました!!
それは、以前もご紹介したことがある「ウメノ商店」なんですが、
なんと、毎週木曜日だけ「屋台」を使って営業している!!と、
八女市観光振興課の荒川真美さんから教えて頂いたので、
早速お邪魔して、店主の梅野達典さんにお話を伺ってきました。

DSC_0007.jpg

DSC_0008.jpg

屋台の雰囲気は、一言でいうと、「八女の夜の人情酒場」...さいっこうの雰囲気です。

元々、梅野さんの奥さんが営む「ウメノ雑貨店」を店舗拡張するに辺り、
梅野さんのガレージが無くなったので、自転車やバイクを入れるための車庫を
「屋台風」に作ろうかなぁ...なんて思っていたところ、
久留米で営業していた本物の屋台を譲って貰える事になった梅野さん。

譲って貰うからには、車庫代わりに使うのではなく、本当に屋台として営業しなければ!!と、
毎週木曜日を屋台営業の日にしたんだそうです。

知らない人たちが屋台を囲む中で、仲良くなる...
そんな風景を、子供達にも体験して欲しいと梅野さんも仰っていましたが、
ここウメノ商店の屋台は、ウメノ商店の駐車場と店舗の間のスペースで営業しているので、
子供を連れてでも安心して行けるお店なんです。

DSC_0001.jpg

もちろん、木曜日以外の日は、ウメノ商店内で、
自慢の「スパイスカレー」や「ラーメン」に、
オリジナルメニューの「白壁焼き」など豊富なメニューを味わう事も出来ますよ!!
木曜日の屋台の日もその他の日もウメノ商店にお邪魔して、
梅野さんの人情味溢れる空間を楽しんでくださいね!!

DSC_0009.jpg

【ウメノ商店】
 住所:八女市本町173 (白壁の街並み)
 営業時間:昼の部は 11時30分から15時まで
       夜の部は 18時から、(*木曜日のみ屋台営業) 
定休日:火曜日 (不定休アリ)
      お問い合わせ:0943-43-5055


Good Job 八女!

FM八女のスタッフの皆さんに、最新の八女の情報を教えて頂くGood Job八女!
今回は、FM八女の高木祥平さんに伝えて頂きました。

八女文化会館「みんなでうたいましょう、岩?記代子ピアノ弾き語りお正月コンサート」

八女市本町の八女文化会館では、来週19日(土)に
「みんなでうたいましょう、岩?記代子ピアノ弾き語りお正月コンサート」
が開催されます。

八女市観光大使を務める、声楽家で作曲家、岩?記代子さんの
素敵な歌声で、新年のスタートを過ごしませんか?
童謡や唱歌などを学びながらみんなで楽しく歌いましょう!

開催時間は、午後1時30分から、
入場無料で、200人限定となっています。

詳しいお問い合わせは、岩?記代子音楽記念館
 電話 092-923-7881 まで


プレゼント

今週の八女のお土産は、今日ご紹介した「ウメノ商店」から、
ウメノ商店オリジナル商品セットを2名の方にプレゼント!!


応募方法は、住所、お名前、電話番号と番組で発表されたキーワードを明記の上、
FAXかEメール、もしくはコチラの応募フォームからご応募ください。
FAX番号   092-526-5300「茶のくに 八女は楽しい」宛 
Eメールアドレス yame@fmfukuoka.jp

オンエア曲

♪ 未来  / ノーナ・リーヴス
♪ Flash!!  / King Gnu

詳しくは下記アドレスから、radikoのタイムフリーで聴いてくださいね♪
(放送終了後から1週間だけ聴くことができますよ♪♪)

http://radiko.jp/share/?sid=FMFUKUOKA&t=20190112093000

第429回 2019年1月5日オンエア

ゆうかのトークギャラリー

三田村恒之八女市長「新年のご挨拶」 

2019年、新年を迎えて最初のトークギャラリーは、
三田村統之八女市長から2018年のトピック、そして2019年のおススメイベントなどを
お伺いしてきました。

DSC_9949.jpg

2018年の重大トピックスは2つ、昨年7月、矢部村にグランドオープンした
「奥八女別邸やべのもり」。この番組でもご紹介しましたが、
本当に高級感に溢れ、お客さんのプライベート空間が守られる
素晴らしいお宿でした!!

そして、もう一つのトピックは、先月12月8日に開通したばかりの
「合瀬耳納(おうぜみのう)トンネル」。このトンネルは、
うきは市と八女市星野村をつなぐトンネルで、
いままでよりも時間にして13分程短縮して行き来できるようになったんだそうですよ!!
こちらも今後、取材して番組でご紹介しようと思っています。

また、2019年のおススメイベントとして三田村市長にご紹介いただいたのは、
来月2月におこなわれる2つのお祭り「雛の里八女ぼんぼりまつり」と、
「夢たちばな観梅会」でした。

もちろん、来月のトークギャラリーでも詳しくご紹介していきますので、
是非、番組もチェックしてくださいね!!

八女の夜の飲食店特集「居酒屋 いけす料理 黒潮」

今月1か月間、トークギャラリー後半パートは、毎年恒例となりました、
 八女の夜の飲食店特集と題し、毎週おススメのお店をご紹介していきます!!

今年も、いつもお世話になっている八女市観光課の荒川真美さんとのはしご酒取材。
昨年は「土橋市場界隈」のお店をご紹介しましたが、
今年は「八女福島、白壁の街並み界隈」のお店を
荒川さんにピックアップして頂きましたよー!!

1週目となる今週は「イカと魚が泳ぐ店」と暖簾に書かれた
「居酒屋・いけす料理 黒潮」にお邪魔して、店主の加藤健一さんにお話を伺いました。

DSC_9982.jpg

残念ながら取材の時は、時化で新鮮なイカが手に入らなかったそうで、
一番人気の「イカ刺し」等のイカ料理は今回食べることは出来なかったんですが、、、
その代わりに...と出して頂いた「カワハギのお造り(肝ポン酢付き)」!!
これはほんっと美味しかったですよー!!

DSC_9986.jpg

また、荒川さんの好きなメニューという、岡山産のタイラギのわたに、
タラの白子も絶品!!日本酒をちびりちびりとやりながら、
美味しくいただきたいラインナップの試食でした!!

DSC_9996.jpg

日々、「鮮度」にこだわり、美味しいイカや、お魚を提供しています!!
と、仰る加藤さんの笑顔と鉢巻き姿を見ながら、
是非一度イカやお魚料理を堪能してくださいね!!
 

【居酒屋 いけす料理 黒潮】
 場所:八女市本町西宮野町511-3
 営業時間:夕方5時から夜11時まで (定休日:月曜日)
 電話:0943-22-6633

Good Job 八女!

FM八女のスタッフの皆さんに、最新の八女の情報を教えて頂くGood Job八女!
今回は、FM八女の木下晴菜さんに伝えて頂きました。

茶の文化館「第2回 新春 星の大闘茶会」

八女市星野村の「茶の文化館」では、今月20日(日)、
「第2回 新春 星の大闘茶会」が開催されます。

「闘茶」とは、お茶の産地や種類を飲み当てる「聞き茶」の競技で、
大闘茶会当日も、お茶の葉を見たり、飲んだりしながら
他の参加者と競い合います。

出場者には、参加賞はもちろん、5位までに入れば景品が授与され、
優勝者には、なんと賞金3万円が贈られますよ!

定員は先着50名で、参加費は1500円、
申込期限は、今月13日(日)必着となっています。

詳しいお問い合わせは  茶の文化館 電話0943-52-3003 まで

高級茶の産地、星野村でぜひ、お茶を楽しく学んでくださいね。


プレゼント

今週の八女のお土産は、番組でもご紹介した八女観光物産館ときめきから、
八女のご当地カレーセットを2名の方にプレゼント!!


応募方法は、住所、お名前、電話番号と番組で発表されたキーワードを明記の上、
FAXかEメール、もしくはコチラの応募フォームからご応募ください。
FAX番号   092-526-5300「茶のくに 八女は楽しい」宛 
Eメールアドレス yame@fmfukuoka.jp

オンエア曲

♪ In This Place?2人のキズナ  / 青山テルマ
♪ 休日 / THE CHARM PARK

詳しくは下記アドレスから、radikoのタイムフリーで聴いてくださいね♪
(放送終了後から1週間だけ聴くことができますよ♪♪)

http://radiko.jp/share/?sid=FMFUKUOKA&t=20190105093000

第428回 2018年12月29日オンエア

ゆうかのトークギャラリー

酒邸 吟乃香 

今回、お邪魔したのは、八女の酒蔵「喜多屋」さんのお酒に合わせた料理を楽しめる
隠れ家的酒処、「酒邸 吟の香」。こちらでは、ランチに会席、宴会コースなど、
様々なニーズに合わせて、美味しいお酒を味わえるお店なんですが、
今回お邪魔して見つけたのが、「喜多屋の清酒ペアリングコース」というメニュー。
店主の木下雄一郎さんにお話を伺ってきましたよ。

DSC_9856.jpg
 
お酒の味をじっくりと味わいたい方にお勧めの「喜多屋の清酒ペアリングコース」は、
なんと、料理一品一品に合わせてその料理に合うお酒を出してくれるコース料理!!
しかも、5000円のコースと8000円のコースがあるので、
それぞれどんなお酒と料理がペアリングされるのか、
とっても楽しみなメニューだと思いませんか?

他にも、夜の部は、和会席コースに、大皿宴会コース、
寄せ鍋の酒粕鍋コースの中から、3つの価格帯で選べるので、
その時々に合わせて、色んなプランを楽しめるそうですよ。

また、お昼のランチも、1000円の昼御膳から2000円の上・吟乃香御膳まで
4つのコースが用意してあるのも嬉しいですよね!!

ゆっくりと時間がある時に是非とも訪れたい「酒邸 吟乃香」は、
雄一郎さんの曽祖父が大正時代に建てた古民家を改装したお店なので、
その佇まいもお酒を美味しくしてくれますよ。

そうそう、試食で頂いた「喜多屋」さんの酒粕を使った「粕汁」と、
浅田屋の明太子を使った、めんたいこの燻製も最高でしたよー♪♪

【酒邸 吟乃香】
  住所:八女市本村1018-2
  営業時間:ランチ 11時30分からお昼2時まで
         ディナー 夕方5時半から夜10時まで (ディナーは要予約)
  定休日:火曜日 
  電話 0943-24-8199

FM八女さんとのコラボ企画 第33弾

毎月最終週のトークギャラリーパート2は、FM八女の皆さんとのコラボ企画、
 八女の皆さんによる八女のスポット、イベント、よか所をご紹介して頂きます!!

今回は、FM八女の中島直樹さんに
星野村の「茶の文化館」でお正月に開催されるイベント「新春の呈茶」を
ご紹介して頂きました。

【茶の文化館「新春の呈茶」】 
 住所:八女市星野村10816-5
 電話:0943-52-3003

 「新春の呈茶」では、
子供達が楽しめる「福笑い」や「羽子板」も用意される中、
元日は100名にぜんざいのふるまいもあります。

また、元日から3日の期間中、500円以上のお茶を飲まれた方には、 
各日 先着 50名にお年玉も用意されているそうですよー!!。

営業時間は、元日は12時から16時まで、
1月2日、3日は10時から16時までとなっています。
また、期間中は呈茶のみの営業で、お食事は出来ません。

 休館日:12月29日(土)から31日(月)まで
 
 通常の営業時間 9時から17時までで、定休日は火曜日となっています。


Good Job 八女!

FM八女のスタッフの皆さんに、最新の八女の情報を教えて頂くGood Job八女!
今回は、FM八女の中島直樹さんに伝えて頂きました。

立川生志「新春独演会」

来年1月18日(金)に 市民会館おりなす八女 はちひめホールで
福岡県出身の落語家 立川生志の「新春独演会」が行われます。

落語立川流きっての実力派で看板真打のひとり、
テレビやラジオでもお馴染み、立川生志の寄席をおりなす八女で楽しみませんか?

日時は1月18日(金) 18時30分開場 19時開演
全席指定でチケットは一般3000円、高校生以下は1000円となっています。

ご予約、詳しいお問い合わせは、おりなす八女 電話0943-22-5332まで。

新春独演会を楽しんで、笑いの多い1年にしてくださいね。


プレゼント

今週の八女のお土産は、番組でもご紹介した「酒邸 吟乃香」でも楽しめる
八女の酒蔵「喜多屋」のお酒を2名の方にプレゼント!!


応募方法は、住所、お名前、電話番号と番組で発表されたキーワードを明記の上、
FAXかEメール、もしくはコチラの応募フォームからご応募ください。
FAX番号   092-526-5300「茶のくに 八女は楽しい」宛 
Eメールアドレス yame@fmfukuoka.jp

オンエア曲

♪ POP VIRUS  / 星野源
♪ すすめナンセンス / PUFFY

詳しくは下記アドレスから、radikoのタイムフリーで聴いてくださいね♪
(放送終了後から1週間だけ聴くことができますよ♪♪)

http://radiko.jp/share/?sid=FMFUKUOKA&t=20181229093000

第427回 2018年12月22日オンエア

ゆうかのトークギャラリー

八女アンテナエイト「八女茶餃子」 

今月のトークギャラリーは、八女各地の美味しいものをたくさんご紹介していますが、
いつもお世話になっている、八女市観光課の今里さんから、美味しいものといえば、
八女市商店街連合会飲食部会、通称「ヤメアンテナエイト」の皆さんが
「八女茶餃子」なるご当地メニューを開発したそうですよ!!と伺ったので、
早速「ヤメアンテナエイト」の4代目の代表、奥紀克さんのお店
「海鮮料理茶家 おくの」にお話を伺いに行ってきました。

DSC_9858.jpg

取材の後に、実際に頂いたんですが、、、
奥さん曰く「ガツンとお茶がキマス!!」と仰った通り、鼻から抜けるお茶感が
癖になる味でしたよー!!
さらに、オーガニックのお茶ペーストを使いつつも、
色もしっかりとした緑色が出るようにと研究を重ねて作られたそうで、
餃子の皮から透けて見える「緑色」も食を誘うものでしたよ♪

DSC_9954.jpg

DSC_9956.jpg

元々、八女に「食」の面でも「コレ!!」という代表的なものを作りたいねぇ...と、
ヤメアンテナエイトが結成されてから、代々申し送りがある中、足掛け8年、
4代目の奥さんの時に完成したのが、この八女茶餃子なんです。
なんと、ヤメアンテナエイトに参加する40店舗のうち、
37店舗で味わうことが出来るだけでなく、
通常の「八女茶餃子」の他に、その店その店でアレンジを加えたバージョンも
楽しめるそうなので、色々なお店を回る楽しみもあるんですって!!

今回、お邪魔した奥さんの「海鮮料理茶家 おくの」は、
フグ料理のコースをはじめ、魚料理がリーズナブルに楽しめるお店なんですが、
そんな「おくの」でも、もちろん八女茶餃子を味わえるそうなので、
八女を訪れた時はもちろん、八女の皆さんも、忘年会や新年会の際に、
是非、八女茶餃子を味わってくださいね!!

 【八女茶餃子】
  ヤメアンテナエイトに所属するお店37店舗で味わうことが出来ますよ!!
  詳しいお問い合わせは:ヤメアンテナエイト事務局 電話0943?22?5161


えびすや

以前、上陽豚を使い、あくが出ないしゃぶしゃぶが絶品!!とご紹介した、
上陽町の「えびすや」。実は前回、店主の木下智之さんから、
元々えびすやは、魚料理を提供するお店だったこと、
そして息子さんの潤一さんが魚の修行に行っている。と、伺っていたのですが、
その潤一さんが修業から戻り、しゃぶしゃぶと一緒に
魚料理の提供も始めたと聞き、
改めて、お話を伺いに行ってきましたよー!!

DSC_9846.jpg

なんでも、修業中に、ヒラメを捌いている時に発想が浮かんだという
「魚を熟成させる手法」を極めて、世に広めたい!!
と実家のえびすやに戻った潤一さん。

DSC_9828.jpg

お父さんの智之さんが「魚の申し子なんです」と仰る通り、
潤一さんは、子供の頃から「魚」が中心の生活だそうで、
今でも休みの日は「魚釣り」に出かけるのが日常...というくらい
徹底した魚好きなんだそうです。

そんな潤一さんのアイデアを支えるのはもちろん智之さん。
元々、お魚屋さんからスタートしたえびすやだけに、
仲買人の権利を持つだけでなく、智之さん自身も魚の目利きが出来るんです。

そんな親子が試行錯誤して生み出した「熟成させた魚」を使った刺身や寿司。
これは、本当に一度、目で見て、味わって、
その美味しさを体験して欲しい味でした!!

DSC_9850.jpg

DSC_9843.jpg

もちろん、お店の予約状況などにもよりますが、出来るだけお客さんの目の前で、
魚を捌きお寿司を握ってくれるので、潤一さんとの会話も楽しめますし、
もちろん、名物のしゃぶしゃぶは言わずもがな、絶品です!!

DSC_9835.jpg

DSC_9836.jpg

何と、お一人様3000円のコースから、この絶品のしゃぶしゃぶに
刺身、お寿司も一緒に楽しめるそうですよー!!
皆さんも、旨みが詰まって「ふわっふわ」の食感を是非味わってくださいね!!

【えびすや】 
 場所:八女市上陽町北川内472-1
 営業時間:午前11時から20時ごろまで営業していますが、
必ず予約をお願いいたします。
 電話:0943-54-2012

         


Good Job 八女!

FM八女のスタッフの皆さんに、最新の八女の情報を教えて頂くGood Job八女!
今回は、FM八女の木下晴菜さんに伝えて頂きました。

日本一大きな仏壇のすす払い

今年も残りわずかになりましたが、みなさん大掃除の計画は進んでいますか?

八女市本町の八女伝統工芸館では、今月27日(木) 午前10時から、
日本一大きな仏壇の「すす払い(はらい)」が行われます。

今年1年の感謝と、八女福島仏壇を作り出した先人に敬意を表して、
工芸館の中にある高さ6.5メートル、重さ2トンの
日本一大きな仏壇のすす払いを行ったあと、
職人の方々による、家庭用仏壇のお手入れの説明も行われますよ!

ぜひみなさんも、きれいになった仏壇で、新しい年をお迎えくださいね。

なお、数に限りがありますが、
来場者の方々にはおいしい「ぜんざい」もふるまわれます。

お問い合わせは、八女福島仏壇仏具協同組合
電話 0943-24-3941 まで


プレゼント

今週の八女のお土産は、八女のアンテナショップ「八女本舗」から、
美味しいものをセットにして2名の方にプレゼント!!


応募方法は、住所、お名前、電話番号と番組で発表されたキーワードを明記の上、
FAXかEメール、もしくはコチラの応募フォームからご応募ください。
FAX番号   092-526-5300「茶のくに 八女は楽しい」宛 
Eメールアドレス yame@fmfukuoka.jp

オンエア曲

♪ Catch The One  / オーサム・シティ・クラブ
♪ 生きて行く / ハンプ・バック

詳しくは下記アドレスから、radikoのタイムフリーで聴いてくださいね♪
(放送終了後から1週間だけ聴くことができますよ♪♪)

http://radiko.jp/share/?sid=FMFUKUOKA&t=20181222093000

第426回 2018年12月15日オンエア

ゆうかのトークギャラリー

手作り工房ふみこ「星野味噌」 

今回、実は以前から、ずっとお話を伺いたかった、星野村の味噌作り名人 
後藤富美子さんを訪ねて、実際に味噌作りをしている「手作り工房ふみこ」
という加工場にお邪魔してきました。

DSC_9638.jpg

30年に渡り味噌を作り続けている後藤富美子さんが仰ったのは、
「料理の上手い下手は関係ないと。お母さんの真心という調味料を込めた
"手作り料理"が子供たちにとっては一番美味しいくて、身体にいいとよ!!」という事。

そんな富美子さんが作り続ける「星野味噌」は、
大豆と塩と麹を作る米に水だけで作られた無添加の味噌なんです。
ちょうどお邪魔した時は、米麹を作る為に、お米をほぐす作業をしている所でしたが、
おばしゃんたちが、手作業で、一握り一握り、お米の塊をほぐしている姿を見て、
安心、安全で本当に美味しいものを作る為に、一つ一つ手間暇をかける想いが
伝わりましたよー!!

DSC_9633.jpg

また、富美子さんは星野味噌や、鉄火味噌、ふきのとう味噌といった
お味噌作りだけに留まらず、試食の時に、お味噌汁に入れて下さった
「ほしの干し野菜」を開発したり、「星野村農村民泊ふみちゃんのお味噌汁屋さん」
を運営したりと、様々な形で、星野村の自然と食と健康を伝えているので、
是非一度、星野村に出かけた時は、富美子さんが手がけたお味噌や加工品を
手に取ってみて下さいね。
 
DSC_9615.jpg

 【星野味噌】
お味噌は、ふみちゃんのお味噌汁屋さんや、星野村農産物直売所びそん、
おばしゃんの店清流といった星野村のお店はもちろん、
八女観光物産館ときめき、べんがら村、八女本舗などなど、
色々なお店で購入できますよ。

 詳しいお問い合わせは、 ふみちゃんのお味噌汁屋さん 電話:0943-52-2204     
  


喫茶 花里菜「キーマカレー」

いつもお世話になっている、星野支所の二田さんから、
星野村に美味しいキーマカレーが食べれる「喫茶 花里菜」というお店がありますよ。
と教えて頂いたので、早速お邪魔して、
店主の西田陽子さんにお話を伺ってきました。

DSC_9609.jpg

なんと、60歳になるまでの16年間、星野村初の女性村義会議員として
活躍してきた西田さんは、星野村に何か、恩返しがしたいなぁ...との思いから、
自分が生まれ育ち、本当に大好きな上郷(かみごう)地区にも、
観光の方がやってくるように何か「点」を作ることで、
観光の方々に来ていただき、そこから皆さんもお店を始めたり...と、
点と点が繋がって、最終的には「面」として、
観光客の皆さんに楽しんで貰える地区にしよう!!と決意。

その最初の点として、自らオープンしたのが、この「喫茶 花里菜」なんです。

なんでも最初は、和食のコース料理を出すお店としてオープンしたそうなんですが、
その後、お孫さんの世話もあり、数年お店を閉めることに。
そんな時、立花町の旧大内邸の保存会代表で、
旧大内邸で美味しい田舎料理を提供していた田中真木さんから、
あなたがお店で作ったらどう?と、地元野菜をたっぷり使った
キーマカレーのレシピを教えてもらい、提供するようになった...
というのが、今回頂いた「キーマカレー」なんです。

DSC_9607.jpg

西田さんは、都会で疲れた方が、癒しに来てもらって、
夏場はお座敷でゆっくりと昼寝してデザートを食べて帰って欲しいとよー...
と仰る通り、ゆっくりとした空間の中で、贅沢に時間を過ごして、
気持ちもリフレッシュ出来るお店でした!!

そうそう、贅沢な時間...といえば、今回、西田さんに「皇風煎茶禮式」で
煎茶を淹れて頂いたお茶も、味わい深く美味しかったですよ♪

DSC_9603.jpg

【喫茶 花里菜】 
   住所:星野村15001-3 
   営業時間:(要予約) 11時から15時まで 水曜日が定休日
   予約や、お問い合わせ:090-5026-9076 

         


Good Job 八女!

FM八女のスタッフの皆さんに、最新の八女の情報を教えて頂くGood Job八女!
今回は、FM八女の木下晴菜さんに伝えて頂きました。

うなぎの寝床・旧寺崎邸「うなぎの食卓と食器棚展」

現在、八女福島にある うなぎの寝床・旧寺崎邸では、
「うなぎの食卓と食器棚展」が開催されています。

九州・ちくごのものづくりを伝えるアンテナショップうなぎの寝床本店と、
他の地域の物事を学び伝える旧寺崎邸。

その両店舗で取り扱っている 陶磁器・ガラス・木の器の全29のつくりてが、 
今月24日(月)まで、旧寺崎邸で改めて紹介されています。

地元八女はもちろん、九州の窯元、福島県の漆器など各地の器が集結。
遠くはオランダのものもありますよ!

営業時間はお昼11時30分から夕方6時まで
火曜日と水曜日が定休日です。
また、旧寺崎邸内のあだち珈琲八女店は11時から開いています。
詳しいお問い合わせは、うなぎの寝床・旧寺崎邸
電話 0943-24-8021 まで


プレゼント

今週の八女のお土産は、星野村の美味しい干し野菜と、お茶をセットにして
2名の方にプレゼント!!


応募方法は、住所、お名前、電話番号と番組で発表されたキーワードを明記の上、
FAXかEメール、もしくはコチラの応募フォームからご応募ください。
FAX番号   092-526-5300「茶のくに 八女は楽しい」宛 
Eメールアドレス yame@fmfukuoka.jp

オンエア曲

♪ Luv U More  / MACO
♪ シアワセ / FUKI

詳しくは下記アドレスから、radikoのタイムフリーで聴いてくださいね♪
(放送終了後から1週間だけ聴くことができますよ♪♪)

http://radiko.jp/share/?sid=FMFUKUOKA&t=20181215093000

カテゴリ

月別アーカイブ