fmfukuoka

【番組紹介】

放送時間:金曜日12:00-12:30
パーソナリティ:斉藤ふみ、謎のアジア人
提供:アライアンス

番組が中心となって、マンションを大改造しながら紹介します!
仕掛け人はあの「ザ・メシュラン」の生みの親、謎のアジア人とファッション、インテリアにも強い最強DJ斉藤ふみの二人が担当!
アライアンスの実際のマンションを大改造します!
むちゃ振り!?担当者泣かせ!
ヒットを作り出す、謎のアジア人と斉藤ふみのオファーにどこまで対応できるか!!?
マンションの生まれ変わり、間取りなどは勿論、マンションがある街の環境、美味しいお店!隠れた名店なども一緒に紹介し、ここで暮らすたくさんの楽しみもご紹介します。
番組と同時にこの番組ホームページでは立体的に見て感じてもらえます!
お楽しみに!!

アドヴァンのショールームを見学しよう!!

 

ということで、今週もレギュラー陣、

『あったらいいな』の株式会社アライアンス住宅営業企画営業部 部長山村さん、

そして、商業建築デザイナーの安河内さんです。

 

Alic Style 行橋駅前ザ・テラス

行橋市西宮市2丁目1番29

JR行橋駅まで徒歩3分、ふれあい公園まで徒歩2分、

ゆめタウン行橋まで徒歩9分

JR行橋駅から、小倉駅まで特急で14分、博多駅までは60分。

東九州道「行橋インター」まで、車で5分

 

大改造するお部屋のタイプ 4LDKのAタイプ

住戸専有面積 94.23平米  バルコニー面積 53.15平米

 

テーマは、

『フォー・シーズンズ・ハウス?ビバルディによせて?和の心』

 

アジア人)「今週も、タイルメーカーのアドヴァンのショールームにお邪魔しています。ご案内頂くのは、株式会社アドヴァンの西峯さんです。」

20170203advan1.JPG

アドヴァン 福岡ショールーム

https://www.advan.co.jp/

福岡市博多区店屋町6-18ランダムスクウェア 1階

092-291-1011

営業時間 月?土 10:00?18:00

休館日 日・祝祭日・年末年始・当社夏期休暇期間

 

アジア人)「先週までは床材の勉強をしましたけど、壁材も豊富なんですよ。壁のタイルというと外壁で見ることが多いですけど、最近は内装でも使うんですか?」

西峯さん)「多いですよ。テレビのバックボードや、玄関にアクセントで貼ったりします。」

アジア人)「昔は、キッチンや風呂場に貼ってある10cmくらいのものでしたが、今はこんなに大きいんですか。」

20170217advan1.JPG

西峯さん)「これは1m角の磁器タイルです。柄は鉄板模様で錆色とグレイの2種類です。」

斉藤ふみ)「これはどこに使うんですか?家の中でもOKですか?」

西峯さん)「大丈夫です。」

斉藤ふみ)「これ1枚貼っているだけで、単なる壁じゃなくてアートですよ。」

安河内さん)「一面これを貼ったら迫力がありますよ」

西峯さん)「ここでは前に浮かせているんですけど、後ろに間接照明を入れるとおしゃれです。」

斉藤ふみ)「そうしたいです。」

山村さん)「ただ、普通のマンションだったら貼る場所に困りますね。1m角は使いにくいです。最悪、切れば良いですけど。まだまだ、変わったタイルもありますよ。」

斉藤ふみ)「このタイルだったら、その前に絵を飾ると様になりますよ。」

安河内さん)「鉄板風だけど、もう錆びないのがいいよね。」

アジア人)「石みたいなタイルもあるし、アレは違うでしょ。」

20170217advan2.JPG

西峯さん)「それは石です。凸凹感があるので、照明を当てると良いですよ。」

アジア人)「金持ちっぽく見える。このビニールのもすごいよね。」

20170217advan3.JPG

斉藤ふみ)「これビニールなんですか?」

西峯さん)「プリントの技術が進んでいるので、木目も石もパターンがあって、自然に見えるようになっています。ただ、これは床材です。」

山村さん)「とても薄くて、カーペットのように貼ることができます。」

アジア人)「そして、彫刻石材がありますけど。これは石ですか、磁器ですか?」

20170217advan4.JPG

西峯さん)「石です。天然の石をイタリアの職人が手削りしています。」

斉藤ふみ)「まさにアート作品ですね。」

20170217advan5.JPG

アジア人)「これだと和にも合いますよ。」

山村さん)「ここまで掘りが深いとオブジェとして貼っている所も多いので、エントランスだとかに使いますね。」

安河内さん)「居間の1ポイントにもいいかも。」

斉藤ふみ)「この彫刻タイルを選ばれる方もいますか。」

西峯さん)「いらっしゃいます。アクセントの石材として、アピール力があります。」

アジア人)「これはお高いんですか。1枚8000円。」

山村さん)「タイルとしてはトップクラスです。でも、良く見ると、光沢がある部分やそうではない部分など、細部まで手がこんでいます。」

斉藤ふみ)「陰影があって、彫刻の良さがあります。」

安河内さん)「これを貼る場合は、照明を気をつけないとね。」

20170217advan6.JPG

アジア人)「ベッドの宮の部分の壁にも合いそうだ。」

斉藤ふみ)「高級感が漂っています。でも、カジュアルなモザイクタイルも、ここにはあるんですよね。」

西峯さん)「ございます。」

20170217advan7.JPG

斉藤ふみ)「ショールームの入口近くに赤いガラスのモザイクタイルもあって、とっても可愛かったです。しかも、サイズが少しバラバラで手作りっぽく見えるという。」

安河内さん)「あれはシート貼りでしょ。」

西峯さん)「そうです。30cm角で貼っていきます。」

アジア人)「天然石のモザイクタイルもありますよ。これでおいくらですか?」

20170217advan8.JPG

西峯さん)「1平米2万円から3万円くらいです。」

山村さん)「モザイクタイルとしては一般的な価格ですね。」

西峯さん)「ガラスだど、1平米8千円から1万2千円くらいです。」

斉藤ふみ)「ガラスで十分です。」

山村さん)「ただ、こういうものは広い面積を貼らないので、値段差よりも好き嫌いで選んでもらったほうが良いです。」

斉藤ふみ)「例えば、どこに使うんですか?」

山村さん)「洗面所の手洗いの高さの部分だとか。2、3平米あれば十分です。それでも存在感があります。」

 

来週は、見学は終了して大改造に戻ります。

お楽しみに。

 

 

さて、行橋市周辺のスポットを取材してきましたので、ご紹介しましょう。

 

西蒟蒻製造販売元

nishikon1.JPG

行橋市宮市町3-28

0930-22-0006

営業時間  5:00 - 18:00

定休日 日曜日

nishikon2.JPG

行橋で83年になる、コンニャクの製造と卸し販売をしているお店です。

現在は、3代目の息子さんとお母さんでされています。

コンニャクは、群馬県産の特等粉のみを使用。

(ちなみに、粉には、特等、1等、2等などがあるそうです)

その中で、普通の粉と、生芋粉の2種類を使っています。

生芋粉で作ると、でんぷん質が残っているので、

キメが粗く、味も浸み込み易いそうです。

群馬県はコンニャク芋の産地で有名で、毎年、春に植え、秋に収穫し、

冬の間寝かせ、また春に植えるという植え替え作業をして、

赤ちゃんの頭ほどに育った3年目のものを出荷しています。

手間隙をかけて育てた分、粘度もよく、歯ごたえがあります。

コンニャクの作り方ですが、いたってシンプル。

お湯の中にゆっくりとコンニャク粉を溶いてトロッとなるのを待ち、

凝固剤を入れて練り上げ、型に入れます。

また、コンニャクは、そのままだと白いです。

色をつける時は、ヒジキや青海苔などを入れます。

夕方に作り、一晩置いて冷まして、翌朝から販売するそうです。

通常は、JAの直売所などに卸しているのですが、

ここに来ると、お得に買えるかもしれません。

 

【切りこんにゃく】(100円税込)

nishikon3.JPG

板こんにゃくを作っている時に、形が不ぞろいなものをカットして、

お徳な量(250g)にしたもの。

これは、他では売っていません。炊いたり、焼いたり、何にでも使えます。

 

【平糸】(240円税込)

nishikon4.JPG

平麺のような形のコンニャク。すき焼きに入れると旨そう。

ヒジキを入れているものと白いものがあります。

 

nishikon5.JPG

【手造り 刺身こんにゃく】(240円税込)

昔ながらの手延べ缶蒸し製法で作ったもの。

箱型に入れ一つ一つ丁寧に手延べを繰り返し、蒸しあげる方法です。

プルプルで、粒々の食感も感じ、変な香りもなく、美味しいです。

酢味噌などでどうぞ。

【手造り 生いも】(240円税込)

これが1番人気。生芋粉を使い、手延べ缶蒸し製法で作った板こんにゃく。

噛むと、ザックリした食感で、独特の食感です。田舎こんにゃくっぽい感じ。

手造りは、他に、「青のり」、「とうがらし」もあります。

 

【むすびっこ】(220円税込)

糸こんにゃくで、ノーマルなものと、生いもを使用しているのがあります。

 

他にも、糸こんにゃく、しらたきこんにゃく、突き出しこんにゃくなど、種類も豊富です。

 

Alic Style 行橋駅前ザ・テラスからも近いですよ。

是非、お立ち寄り下さい。

 

番組では、皆さんからのメッセージをお待ちしています!

「マンションの賢い買い方」など、マンションに関する質問

「こんな風に大改造して!」など、番組に対してのメッセージなど、

どしどしご応募ください。

メールは、こちら!!

soko@fmfukuoka.jp

 

 

アドヴァンのショールームを見学しよう!!

 

ということで、今週もレギュラー陣、

『あったらいいな』の株式会社アライアンス住宅営業企画営業部 部長山村さん、

そして、商業建築デザイナーの安河内さんです。

 

Alic Style 行橋駅前ザ・テラス

行橋市西宮市2丁目1番29

JR行橋駅まで徒歩3分、ふれあい公園まで徒歩2分、

ゆめタウン行橋まで徒歩9分

JR行橋駅から、小倉駅まで特急で14分、博多駅までは60分。

東九州道「行橋インター」まで、車で5分

 

大改造するお部屋のタイプ 4LDKのAタイプ

住戸専有面積 94.23平米  バルコニー面積 53.15平米

 

テーマは、

『フォー・シーズンズ・ハウス?ビバルディによせて?和の心』

 

アジア人)「今週も、タイルメーカーのアドヴァンのショールームにお邪魔しています。ご案内頂くのは、株式会社アドヴァンの西峯さんです。」

20170203advan1.JPG

アドヴァン 福岡ショールーム

https://www.advan.co.jp/

福岡市博多区店屋町6-18ランダムスクウェア 1階

092-291-1011

営業時間 月?土 10:00?18:00

休館日 日・祝祭日・年末年始・当社夏期休暇期間

 

斉藤ふみ)「先週は、ほとんど木にしか見えないタイルを見ました。」

アジア人)「今週は、天然石を見ていきましょう。」

安河内さん)「元々、天然石を扱うことで有名だったんですよ。」

斉藤ふみ)「ここにツルンとした石がありますけど、実はタイルだったりして。」

20170210advan2.JPG

西峯さん)「これは石です。」

山村さん)「ただ、これと一緒のタイルもありますよ。」

斉藤ふみ)「でも、今、私の目の前にあるのは石ですね。どういった種類の石になるんですか?」

西峯さん)「この真っ白なものは、天然大理石です。特に代表的な柄で、ドラチック・ホワイトと、ビアンコ・カララと言います。産地によって、色んな柄があるんです。」

アジア人)「これは、よく見る大理石ですよね。」

安河内さん)「今、このサイズが主流なんですか?」

西峯さん)「以前は、40cm角でしたが、今は柄がきれいに見えるということで、60cm角になっています。」

アジア人)「ちなみに、天然石でお高いのはどれですか?」

20170210advan3.JPG

西峯さん)「希少価値が高くて、グレーベースにブルーの目が入っているもので、ラブラドリーテアンティーク。御影石になるんですけど、1平米あたり、17900円です。とてもきれいですよね。」

斉藤ふみ)「鮮やかな青色が入っていますよね。先ほどの白い大理石は、おいくらなんですか?」

西峯さん)「60cm角で12800円です。」

山村さん)「さっきのところは6000円くらいだったから、随分高いですよね。」

安河内さん)「9000円くらいのものもありますよ。」

斉藤ふみ)「ネオトルナードという石ですね。こちらは安いですけど、格好良いですね。」

山村さん)「天然石って、2つとして同じものがないので、オリジナル性を求める方には良いと思います。例えば、隣同士で同じ石を使っても一緒になりません。」

アジア人)「これも天然石ですか?」

西峯さん)「これはクォーツサイトと言います。」

アジア人)「磁器タイルでも、こんなものありましたよね。普通の人が見たら分からないかも。」

斉藤ふみ)「タイルを使うか、天然石を使うか。好みと使う場所によって変わるんですね。」

西峯さん)「本物が良いお客様と、メンテナンスを考えてタイルが良いお客様がいらっしゃいます。」

アジア人)「これは天然じゃないでしょ。石の中に木片が入ったような感じになっているもの。」

20170210advan4.JPG

西峯さん)「これは、グレーマトリクスと言う天然石です。」

アジア人)「御影石に比べると安いですけど、これも格好良いですね。」

斉藤ふみ)「1平米で9800円。」

山村さん)「ただ、天然石の難しいのは、柄で嫌がる方がいらっしゃるんです。御影石は柄の種類が少ないので、あまり問題にはなりませんが、大理石は柄が激しく出てくるので、難しいです。」

西峯さん)「もちろん使う場所は考えますけど、地層になるので、大理石は流れ目が非常に多いです。」

斉藤ふみ)「どれを使おうか迷うなぁ。壁もきっと沢山あるんですよ。」

山村さん)「壁は貼り方によっても変わりますよ。床はコンクリートに埋め込んでいるだけですけど、壁の場合は、厚みや重量によって変わります。それによって、貼れる形も決まってきます。」

安河内さん)「厚みの違うものを組み合わせて貼ることもあるよね。」

斉藤ふみ)「なるほど、こう言ったことを知っているのと知らないとでは、マンション1戸できあがりが違うってことですね。」

山村さん)「一戸建てを建築する方でも、玄関前の踏み込みとかに、ここを見てから考えると全然違うと思います。」

アジア人)「天然石って、玄関やポーチではよく見ますけど、室内に使われる方もいらっしゃるんですか?」

西峯さん)「いらっしゃいます。」

山村さん)「スリッパでの生活や、水周りに持ってきたりしますね。」

安河内さん)「私が以前リフォームを手掛けた時に、全面大理石を使ったことがあります。」

山村さん)「ただ、大理石って、少し柔らかい素材なので、人がドンドン歩く場所には向きませんね。その場合には、御影石になります。」

20170210advan5.JPG

斉藤ふみ)「ここにある、小さな9cmくらいの升目になっている石は?」

西峯さん)「外構用ですね。厚みが9cmありまして、車が載ったり、強度が求められる所に使います。」

アジア人)「同じ天然石でも、用途によって、石を選ばないといけないんですね。」

安河内さん)「特性を知っておかないと使えません。」

アジア人)「勉強することが多いですね。」

斉藤ふみ)「楽しいです。」

 

来週も、アドヴァンを見学します。

お楽しみに。

 

 

さて、行橋市周辺のスポットを取材してきましたので、ご紹介しましょう。

 

PIZZERIA DA GIORGIO (ピッツェリア・ダ・ジョルジオ)

girgio1.JPG

行橋市行事6-5-24

0930-23-8220

営業時間  12:00 - 14:00  /  18:00 - 21:00

(ランチ、ディナー共に生地がなくなり次第終了)

定休日 火曜日

girgio2.JPG

行橋駅入り口交差点の近くにある、できて4年目のナポリ・ピッツァのお店です。

店主の迫田さんは、東京のイタリアン、その後、イタリアで4年、

広島で1年経験し、この店をオープン。

girgio3.JPG

イタリアでは、ナポリの有名 ピッツェリア

「La Figlia del Presidente (ラ・フィーリア・デル・プレジデンテ)」で勉強しました。

この店では、イタリアの修行先と同じようなピッツァを提供するようにしています。

例えば、小麦粉、チーズ、トマト缶などもイタリアから取り寄せ。

girgio4.JPG

窯もイタリア・ナポリ製の薪窯です。

生地には、ビール酵母ではなく、天然酵母を使い、

イタリアと同じように塩をきかせ、前の日から仕込んで発酵させたもの。

優しい味でもっちりでサクッとした食感にし、生地を味わってもらいたいとのことです。

girgio8.JPG

ランチは、【選べるランチセット】(1000円税込)になります。

サラダと、1種類のピッツァを選んで、ドリンクのセットです。

トマトベースのピッツァは、「マルゲリータ」、「ポモドリーニ」、

「フェリーチェ」、「ドック」の4種類、

モッツァレラチーズベースは、「マイス」、「チーロ」、

「フンギ」、「クアトロフォルマッジ」の4種類。

すべてのピッツァは、プラス500円で水牛モッツァレラチーズに変えることもできます。

大きさは、ランチで25cmくらい。

(夜はナポリサイズで大きくなります)

 

【サラダ】

girgio5.JPG

なんと、一緒に働いているお父さんが畑で作った野菜の朝採れサラダです。

家族でも食べているものなので、なるべく農薬も使わず、有機肥料で育てています。

サニーレタス、グリーンリーフ、エンダイブ、

サラダホウレン草、水菜、ルッコラ、ビーツなど。

それに、店主特製のドレッシングがかかり、

フレッシュなパルメザンチーズを振っています。

ドレッシングは、赤ワインビネガーに、バルサミコ、オリーブオイル、

塩、胡椒、トマトピューレ、パプリカを入れて、少しピリッとさせたもの。

野菜も美味しいし、ドレッシングもピッツァと合うようになっています。

 

【マルゲリータ】

girgio6.JPG

トマトベースからチョイス。

トマトソース、モッツァレラ、バジルのシンプルな組み合わせで人気のピッツァ。

生地の塩味がきいていて、トマトやチーズの旨味も増します。

 

【フンギ】

girgio7.JPG

モッツァレラチーズベースからチョイス。

キノコとモッツァレラチーズのピッツァで、これも人気。

我々は、プラス500円で水牛モッツァレラチーズに変更しました。

キノコは仕入れによって変わりますが、

エリンギ、シメジ、椎茸、舞茸、マッシュルームなど。

水牛モッツァレラチーズ厚めに使い、クリーミーになって、引きもあり、美味しい。

 

【ドリンク】

コーラ、オレンジ、ジンジャーエール、グレープフルーツ、

アイスコーヒーなどがあります。

 

夜は、ピッツァの種類も増え、一品料理もあります。

 

Alic Style 行橋駅前ザ・テラスからも近いですよ。

是非、お立ち寄り下さい。

 

番組では、皆さんからのメッセージをお待ちしています!

「マンションの賢い買い方」など、マンションに関する質問

「こんな風に大改造して!」など、番組に対してのメッセージなど、

どしどしご応募ください。

メールは、こちら!!

soko@fmfukuoka.jp

 

アドヴァンのショールームを見学しよう!!

 

ということで、今週もレギュラー陣、

『あったらいいな』の株式会社アライアンス住宅営業企画営業部 部長山村さん、

そして、商業建築デザイナーの安河内さんです。

 

Alic Style 行橋駅前ザ・テラス

行橋市西宮市2丁目1番29

JR行橋駅まで徒歩3分、ふれあい公園まで徒歩2分、

ゆめタウン行橋まで徒歩9分

JR行橋駅から、小倉駅まで特急で14分、博多駅までは60分。

東九州道「行橋インター」まで、車で5分

 

大改造するお部屋のタイプ 4LDKのAタイプ

住戸専有面積 94.23平米  バルコニー面積 53.15平米

 

テーマは、

『フォー・シーズンズ・ハウス?ビバルディによせて?和の心』

 

アジア人)「現在は、Alic Style 行橋駅前ザ・テラスの大改造中ですが、山村さんが、タイルも色々あるから見てみたらいいよ!ということで、タイルメーカーのアドヴァンのショールームにお邪魔しています。」

20170203advan1.JPG

アドヴァン 福岡ショールーム

https://www.advan.co.jp/

福岡市博多区店屋町6-18ランダムスクウェア 1階

092-291-1011

営業時間 月?土 10:00?18:00

休館日 日・祝祭日・年末年始・当社夏期休暇期間

 

斉藤ふみ)「扉を開けて入った途端、床が全て商品なんですよね。値段も書いてあって、聞きたいことだらけです。」

20170203advan2.JPG

山村さん)「ここは、全てアドヴァンさんの商品を展示しています。」

アジア人)「ご案内頂くのは、株式会社アドヴァンの西峯さんです。」

西峯さん)「宜しくお願いします。」

斉藤ふみ)「このショールームの床には、何種類貼ってあるんですか?。」

西峯さん)「カタログから抜粋して、何千アイテムを展示しています。」

アジア人)「タイルでも、いろいろ分けられるものですか。」

西峯さん)「まず、床用、壁用がありまして、その中でも、石目調、木目調などがあります。」

アジア人)「大きさも色々ですよ。昔は、小さいタイルばかりでしたが、大きなものもあります。今の流行はどんなものですか?」

西峯さん)「今は大判で60cm角のタイルが流行っています。他に、60cm×120cmのものも人気です。」

安河内さん)「タイルという概念が壊れるね。」

斉藤ふみ)「そんな大きなタイルは、どんなところに使うんですか。」

西峯さん)「外部内部、どちらでも使えます。例えば、マンションのエントランスの壁や床に貼って、迫力が出るようにしています。」

20170203advan3.JPG

斉藤ふみ)「石目調ってありますけど、本物の石ではないんですか。」

西峯さん)「石ではありません。タイルなので、焼物になります。今、イタリアのタイルの技術も上がってきていて、本物の天然石さながらの柄を何パターンも作れるようになったので、本物のように見えるようになったんです。」

アジア人)「このタイルはイタリア製なんですか。」

西峯さん)「様々な国でタイルは作られていますが、当社は主にヨーロッパから仕入れています。」

アジア人)「その中でもイタリアですか。」

西峯さん)「イタリアはタイルのメッカでして、毎年サローネで展示会があるんですけど、そこで新商品を見つけて輸入しています。」

山村さん)「イタリアのタイルは、表面のテクスチャーが国産とは違うんですね。極めて石に近いですよ。また、昔は天然の石が好んで使われていましたが、施工性のことを考え、タイルの方が良いんですよ。軽くなりますし、精度もあります。天然石は品質が均一ではなかったりしますから。」

斉藤ふみ)「使いやすいということですか。」

山村さん)「そうです。角の突き詰めとか、シビアにできます。」

斉藤ふみ)「値段も安いんですか。」

山村さん)「産地によって違います。タイルの方が、むしろ高い場合もあります。しかし、実際に最高の柄の御影石が欲しいと思っても、何十枚も揃えることは難しいです。ところが、タイルだとできてしまうのが利点ですね。」

アジア人)「磁器ということは、耐久性はどうなんですか。」

西峯さん)「あまり重いものを落とすと欠けることもありますが、1000度以上の高温で焼くので、非常に固い作りにはなっています。ですから、普通に歩いている分には大丈夫です。」

山村さん)「施工の問題がなければ大丈夫です。」

斉藤ふみ)「ちなみに、ここは個人で来て買うこともできるんですか。」

西峯さん)「個人の方もご利用されています。」

アジア人)「見に来るだけでも楽しいよ。ショールームの奥には、フローリングに見えるものがあるんですけど、タイルなんですよね。」

20170203advan4.JPG

斉藤ふみ)「これもタイルなんですか?」

西峯さん)「タイルです。」

20170203advan5.JPG

斉藤ふみ)「ウソでしょ!見た目はまったくの木目のフローリングです。でも、触ったら分かります。固いもん。でも、これだったら普通に木を使えばいいんじゃないですか。」

西峯さん)「用途で変わりまして、住宅の場合は本物の木を使いますが、店舗などの土足で歩く場所は、強度を求めるのと、掃除が楽ということでタイルにされることが多いです。」

安河内さん)「メンテナンスも楽だし、傷まないからね。」

西峯さん)「変色、ソリもないです。」

安河内さん)「外で使う場合、耐久性の問題もあるので、タイルが良いですよね。」

山村さん)「例えば、室内からテラスまで同じタイルを貼ることもできますし。」

斉藤ふみ)「これ、使いたいです。煉瓦っぽいのもありますね。」

20170203advan6.JPG

アジア人)「煉瓦っぽいものは、1枚ずつ色も違うんですね。」

西峯さん)「柄と色の幅をつけて何種類も作って、リアルに見せるようにしています。」

山村さん)「ちなみに、目地を見ると、タイルかそうでないかは分かります。」

斉藤ふみ)「これはスゴイですね。古木風なものもあります。」

20170203advan7.JPG

アジア人)「古いヨーロッパの家や、アーリーアメリカンな感じですよ。」

斉藤ふみ)「ちなみに、値段が8900円と書いてありますが。」

西峯さん)「1平米当たりの価格です。中級的な金額ですね。」

 

来週も、アドヴァンを見学します。

お楽しみに。

 

 

さて、行橋市周辺のスポットを取材してきましたので、ご紹介しましょう。

 

ケーキ cafe 12ヶ月

12kagetu1.JPG

行橋市南大橋4-3-13

0930-23-5391

営業時間  ケーキ 10:00 - 19:30  /  cafe 11:00 - 18:00(O.S.17:00)

定休日 月曜日

12kagetu2.JPG

県立京都高校の近くにできて19年目のケーキ屋さんです。

パティシエールの川端裕子さんは、専門学校卒業後、

神戸の伝説のフレンチレストラン「ジャン・ムーラン」のパティスリー部門で働き、

その後、叔母さんが小倉でしているカフェ「桜亭」へ。

子育てを経て、この店をオープンしました。

この店では、フランス菓子をベースにしたお菓子を作っています。

材料にもこだわり、例えば、卵のコシを活かすなど、

素材の味を壊さないように心がけています。

また、ケーキの生地にもこだわり、チョコレート生地、スポンジ生地などから、

スフレ焼き、ビスキュイ、ジョコンド、メレンゲ、タルトなど、

素材に合わせて組み合わせていきます。

いくつか食べてきました。(価格は税込)

 

【フランボワーズ・パッション】(390円)

12kagetu3.JPG

香り良いフランボワーズとパッションフルーツの

2つのフルーツのムースを使ったケーキ。

ベースになるのは、アーモンドを使ったジョコンド生地。

それを重ねてカットし、生地は縦にして使っています。

爽やかな酸味で重たい生地をカバーして軽い仕上がりになっています。

 

【モンブラン】(465円)

12kagetu4.JPG

メレンゲをベースに、薄いスポンジ、生クリームの層の上に、

マロンクリームをかけています。

フランス産の栗を使用したマロンクリームには、ラム酒も入り、ふっと香ります。

ふわっとした食感のメレンゲが絶品です。

 

【季節の生ショート】(420円)

12kagetu5.JPG

その時の旬のフルーツを使った、生クリームたっぷりのケーキ。

秋口には、地元の名産のイチジクを使ったものが登場しますが、

今はイチゴ(あまおう)。

少し酸味がある生クリームが美味しく、スポンジ生地がしっとり。

全体的に、軽い仕上がりになっています。

 

【ショコラ・フランボワーズ】(435円)

12kagetu6.JPG

スウィートチョコと、香り良い木イチゴのベストな組み合わせのケーキ。

チョコレートを焼くように作った生地で、チョコレートムースをサンド。

その上に、チョコレートのガナッシュ、フランボワーズのジャムをかけています。

濃厚なチョコレートの上に、フランボワーズの酸味が重なり、美味しいです。

 

カフェでは、好きなケーキを選び、プラス300円でコーヒーセットにもできます。

12kagetu7.JPG

ちなみに、ここのコーヒーは、神戸の萩原珈琲のもの。

12kagetu8.JPG

創業は1928年で、独自の炭火焙煎を考案したメーカーです。

このコーヒーも美味しいです。

 

バースデイケーキは、2、3日前までの予約で、12cmで2700円からとなります。

12kagetu9.JPG

Alic Style 行橋駅前ザ・テラスからも近いですよ。

是非、お立ち寄り下さい。

 

番組では、皆さんからのメッセージをお待ちしています!

「マンションの賢い買い方」など、マンションに関する質問

「こんな風に大改造して!」など、番組に対してのメッセージなど、

どしどしご応募ください。

メールは、こちら!!

soko@fmfukuoka.jp

 

 

Alic Style 行橋駅前ザ・テラスを大改造しよう!

 

ということで、今週もレギュラー陣、

『あったらいいな』の株式会社アライアンス住宅営業企画営業部 部長山村さん、

そして、商業建築デザイナーの安河内さんです。

 

Alic Style 行橋駅前ザ・テラス

行橋市西宮市2丁目1番29

JR行橋駅まで徒歩3分、ふれあい公園まで徒歩2分、

ゆめタウン行橋まで徒歩9分

JR行橋駅から、小倉駅まで特急で14分、博多駅までは60分。

東九州道「行橋インター」まで、車で5分

 

大改造するお部屋のタイプ 4LDKのAタイプ

住戸専有面積 94.23平米  バルコニー面積 53.15平米

 

テーマは、

『フォー・シーズンズ・ハウス?ビバルディによせて?和の心』

 

斉藤ふみ)「春夏秋冬、いつの季節も楽しめるお部屋造りをして、そこに和のテイストを入れていきたいと思っています。」

アジア人)「3面バルコニーという凝った造りで、中央に玄関がありまして、そこを大改造中です。」

斉藤ふみ)「和のテイストになる玄関タイルって、結構あるんですか?」

山村さん)「そうですね。今、玄関に貼る時に気をつけているのは、基本的に凹凸がないものということです。土埃などが溜まると、掃除がしにくいですから。そこを考えると、色や柄でコントロールしていくのが良いかと。木目調のタイルもあるんですよ。あと、瓦色をしたタイル。そういったものを貼ると和風に感じると思います。」

斉藤ふみ)「木目調ですけど、タイルなので陶器なんですよね。」

山村さん)「そうです。焼物ですよ。」

安河内さん)「例えば、公園に行ったら偽木といって、一見、木に見えるけどコンクリートで作っているのがありますね。そういったフェイクです。材質は違いますけど。」

斉藤ふみ)「それ、面白いですね。玄関タイルにそれを使っていらっしゃる人はいるんですか?」

山村さん)「滅多にないですね。ただ、当社では、エントランスホールに使っています。」

安河内さん)「木目によって、和でも洋でもいけるんです。」

斉藤ふみ)「見てみたいです。」

山村さん)「そこは上手に安河内さんにお願いするしかないです。」

アジア人)「周りによっても変わりますよ。例えば、市松模様。これは、洋にも和にもなる。紺色と白の市松で、周りに木を配置すると和の雰囲気がでるんじゃないかな。。」

山村さん)「以前、同系色の市松は、したことがありますね。良かったですよ。紺と水色でした。」

斉藤ふみ)「青色はいいですね。」

アジア人)「古伊万里などに使っている藍色ですね。2020年東京オリンピックのロゴに使っている色ですよ。」

斉藤ふみ)「博多駅にも唐津焼で使われていますね。迷う!是非、見てみたいです。」

山村さん)「木目のタイルは見ることができますよ。すごいリアルフェイクですよ。」

斉藤ふみ)「それを玄関のタイルに使うのはいいですね。でも、シュークロークの扉も木にしちゃうと、うるさい感じですか?」

安河内さん)「そこですね。周りの壁が真っ白で、シュークロークの扉と床が木だと、アリかも。」

斉藤ふみ)「バランスですね。」

アジア人)「例えば、シュークロークの扉に、昔のタンスの角金具みたいなものを取り付けたらいいんじゃないかな。」

斉藤ふみ)「和の雰囲気と、レトロ感が出ますね。」

安河内さん)「扉をそこまでコテコテの和にするなら、周りはシンプルにしたほうがいいです。イタリア・モダンの中に和が入っている感じかな。」

斉藤ふみ)「アンティークっぽい藍色のタイルにして、周りを木目調にするのもいいですよね。」

安河内さん)「その場合は、深い色の木目調のタイルにするといいよ。」

斉藤ふみ)「迷う。」

山村さん)「そういえば、タイルって真剣に見たことないですよね。」

安河内さん)「一度ショールームに行きましょうよ。」

斉藤ふみ)「是非、お願いします。ところで、そこまで玄関を造りこむと、鏡をむき出しにしたくないんですよね。でも、全身が見れる鏡は欲しいので、シュークロークの中か、玄関から見えない廊下に付けたいです。」

安河内さん)「ダウンライトの代わりに、足元のぼんぼりも欲しいね。」

 

来週も、引き続き大改造します。

お楽しみに。

 

 

さて、行橋市周辺のスポットを取材してきましたので、ご紹介しましょう。

 

洋菓子工房CriCri

cricri1.JPG

行橋市今井2285-2

0930-37-2742

営業時間  9:30 - 19:00

定休日 日曜日

cricri2.JPG

常盤橋の近くにあるケーキ屋さんです。

元々、北九州市小倉南区で15年されていて、

奥さんの地元、行橋市に、昨年移転オープン。

店主の吉田さんは、シャロン、グリーンゲーブルズ、リーフなどで修行し、独立。

お店の名前は、フランスではコオロギが幸せを呼ぶ虫ということから付けました。

生菓子、焼き菓子なども他に、ご近所の方のために、パンも焼いています。

また、お子様が食べても大丈夫なように、

極力、お酒は使わないようにしているそうです。

いくつか人気のものを食べてきました。

 

【塩キャラメルロール】(890円税込)

cricri3.JPG

スポンジは、普通のものと変わりませんが、中のクリームが変わっています。

塩、カラメル、アーモンドクリーム、生クリームなどを使い、

塩味に、甘味、苦味をプラス。

キャラメルの味がしますが、塩もきいている不思議な味で、

もたれないので沢山食べられそうです。

生地もふわふわでした。

 

【生クリームあんぱん】(280円税込)

cricri4.JPG

あんパンを作って、後から生クリームを詰めたもの。

カスタードではなく生クリームを使っているのが珍しいです。

まさに、ケーキ屋さんだから作れるパン。

しっかりしたパン生地で、餡子の甘さを生クリームがコーティングし、

滑らかな味になっています。

餡子と生クリームが合うことを教えてくれた、ケーキのようなパンです。

 

【クリクリのモンブラン】(400円税込)

cricri5.JPG

9月から3月までの秋冬期間限定ケーキです。

マロンクリームは、ふわふわ感を出すために、適度に空気を含ませています。

さらに、乾燥焼きという方法で、じっくり焼き上げたメレンゲ。

この2つの食感を、同時に味わってもらいたいということで、

注文されてから、クリームを絞ります。

一番下に、カスタードと生クリームを混ぜたものを敷き、

その上に、フランス産の栗を使ったマロンクリーム、さらに栗がのっています。

メレンゲは別添えです。

マロンクリームは、絞りたてなので、ふわっとしていて、とてもジューシー。

栗の味がしっかりしていますが、甘すぎず、後口はあっさりしています。

cricri6.JPG

サクサクのメレンゲの上にのせて食べると美味しいです。

 

【くろまめマドレーヌ】(150円税込)

cricri7.JPG

この店の10周年記念で作ったお菓子。

生地には、蜂蜜、水飴、生クリームを入れて、しっとりと焼き上げています。

味が濃くて、時々、黒豆が顔を出すのが良いです。

 

他にも、秋には、安納芋や、イチジクなどを使ったケーキもあるそうです。

バースデイケーキも、もちろん、受け付けています。

12cmで、2380円からですが、

2日前までに予約すれば、キャラクター(210円)もできます。

cricri8.JPG

Alic Style 行橋駅前ザ・テラスからも近いですよ。

是非、お立ち寄り下さい。

 

番組では、皆さんからのメッセージをお待ちしています!

「マンションの賢い買い方」など、マンションに関する質問

「こんな風に大改造して!」など、番組に対してのメッセージなど、

どしどしご応募ください。

メールは、こちら!!

soko@fmfukuoka.jp

 

 

メッセージ

メッセージはこちらから↓
soko@fmfukuoka.jp

2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のコメント

アーカイブ