fmfukuoka

番組紹介

放送時間: (土)25:30-25:55
提供: ソースコ
出演: 椎葉ユウ × ゲストミュージシャン

福岡一の音楽好き、椎葉ユウを相手に、毎週ゲストミュージシャンが登場!
ゆったりとした自由な感じの対談で、ライトな話、深い話、バカ話、マニアック話、シリアス系など何でもあり。
ゲストには、毎回、うまから調味料「ソースコ」をプレゼント!

メールアドレス: kakeru@fmfukuoka.jp


2016 5/21 城直樹さん

今までも、SPECIAL OTHERS、シュローダーヘッズなどなど、インスト中心のミュージシャンの方もお招きして、好評でした。

さらに、ボギーさんモンドくん親子や、チョモランマのKCさんなど、地元で活動しているミュージシャンもお招きして、好評でした。


今回は、ダブルです。

城さん演奏.jpg

福岡を拠点に世界中で活動しているソロギタリスト、城直樹さん!


1人で、アコギ一本で出せる音だけで、生音で勝負する「ソロギター」の世界。

私・椎葉が思うに、ソロギターの世界を普及させたいという情熱を、日本一持っているのはこの方ではないかと。

しかもソロギターへの思いを、言葉でアピールするんじゃなく、行動で示し続けているということに頭が下がります。

城さん1.jpg

今回は対談なので、もちろん言葉で伝えに来ていただいたんですが。

ソロギターの情報サイトsolo-guitar.infoを運営し、ソロギターの日を発案し、ソロギターを体験してもらうためならどんな遠い外国にも赴き、オールジャンルの話題になっている曲をソロギターでカバーして動画をアップしまくり、きちんと手続きを踏んでその話題曲のソロギターアレンジ楽譜を販売し・・・・・

話の中身は、やはり彼の熱い行動力を感じさせるものでした。


なので、今回のオンエア(とポッドキャスト)は、ソロギターやギターに興味のある人以外にも、聴いて頂きたかったんですよね。

特に、一から何かを創ることをやっている人には、非常に刺激的で元気の湧く話ではないかと思います。

前半は恒例の、根掘り葉掘りルーツ掘り。

キャンプファイヤーでギターを弾いて子供達と一緒に歌うお兄さんに憧れてギターを手にした、という話、なんか分かるなあ。

ソロギター的なものに目覚めたのがクラプトンの「アンプラグド」だというのも、なるほど。

あのアルバムって、アコギでやれるポピュラーミュージックの色んなパターンが詰まってますよね。

ブルース、アコースティックロックはもちろん、ソウルやフォークやヒーリング、クラシックの要素も・・・

城さんがめっちゃ激しいロックな演奏から、優しく麗しい癒しの音色まで、様々なスタイルを弾きこなすのは、このアルバムの影響かも。

城さんソースコ興味.jpg

うま辛い物は大好きだそうで、よかったよかった。


城さんソースコ2.jpg

ソロギターの日、6/1の夜はぜひ親不孝通り近くのイベントホール「BUZZ」でソロギターの世界を体感してください。

びっくりしたり、感動したり、癒されたり、興奮したり、ギター一本と一人の人間がこんなに多彩なものを伝えられるのだということを、感じて下さい。

ケイタクの卓也さんが、遠山八音さんという名義で、ソロギタリストとして参加するのも注目です!!!

今週もポッドキャストでほぼ完全版をどうぞ。
ほんとはクラプトンがアンプラグドでやった曲のさわり部分とか、話題の藤原さくらさんもドラマでカバーした「500マイル」をワンコーラスとか、弾いてもらってるんですが、ポッドキャストでは権利の関係でカットしております。悪しからずご了承ください。


#ソロギターの定義 #「ソロギターの調べ」という楽譜集 #モーリス持てばスーパースターも夢じゃない #一番好きなのはマイケル・ヘッジス #歌が全然・・・ #ギターだけの方が感情的になれる #アコギ一本でエモい #ギターアレンジセミナー #ヒゲに十円ハゲ


城直樹PODCAST.mp3


来週は!
大変お待たせしました、2015年度ポッドキャストクイーン、南波志帆さんです!!!!!

超お楽しみに!!


2016 5/14 NONA REEVES

遂に世界中の音楽トレンドがNONA REEVESに追いついてきた!


IMG_0138_ed.jpg


ノーナの三人が全員でプロモーションでやってきました!!

レアです!

なにせいろんな意味で、この世代を代表する各分野での売れっ子の皆さんですから。

ソングライターとして、ライター(作家)として、プロデューサーとして、セッションプレイヤーとして・・・

ほんとにあちこちでお名前の出てくる3人です。

郷太さんはさらに、マイケルやホイットニー、そして今回のプリンスのようなことがあって、80年代POPのコメンテーターとしても活躍・・・

そんな中リリースされたアルバム「ブラックベリー・ジャム」があまりにも素晴らしくて。

しかも時代の側がこういう、ノーナがずっと追求してきたような、ダンサブルでグルーヴィーでアーバンでポップでソウルフルでハイセンスで、そして音楽愛にあふれたものに寄ってきている・・・

ファレルや、ダフトパンクや、ベニー・シングスや、メイヤー・ホーソーン(タキシード)や、フェニックスや・・・

そんな音は日本にもあったのですよ!

ノーナですよ!

トーフビーツさんとか、あの辺好きな人にも、シティポップいいなあ、な若人にも。


IMG_0143_ed_ed.jpg

(佐野元春さんがこの番組きっかけでソースコを本気で気に入ってくださってる話には、びっくり&感涙でした・・・)


三人でインタビュー番組自体が久しぶりだったそうで、「バンド」としてのノーナのありかた、ノーナならではのいいカンジ、そして何よりも三人の音楽への信頼・愛があふれるトークに。


IMG_0150_ed.jpg


全員サインも、レアです。


今回も、ポッドキャストのほぼ完全版、必聴。

郷太さんの小説執筆秘話とか、オンエアでカットした中にもいい話満載です。

#佐野元春さんが「知ってる?ソースコ」 #佐野元春さんが「ソースコ、今きてるよ」 #タイアップしてほしい #MTV世代 #ベストヒットUSA #小松さんのお姉さんは佐野さんファン #JBのあとにXジャパン #ほっといてもノーナ印になる #イチロー宮沢りえ世代 #ゴーストライター説 #佐村河内さんより前 #解散する理由がない 

NONAREEVESPODCAST.mp3

まず、お断りから・・・

今週は、去年のポッドキャストのアーカイブの再アップは、お休みです。
次は9月分(Drops、コレクターズ、エミ・マイヤーさん、ハナレグミという強力ラインアップ)ですが、来週再アップ予定です。

早くチェックしたい方は、アーカイブをさかのぼって探してみてください・・・
そうそう、別に再アップしなくても、めんどくさいのを我慢すれば聴けるんですけどね。

さて今回のお客様。

9ミリひき.jpg

9ミリパラベラムバレット、ボーカル・ギターの菅原卓郎さんです。

意外と、ゆっくりじっくりのインタビューは初めてだったんですが・・・

9ミリアップ.jpg

こんなにしゃべるのが好きな人だったっけ?

って思うくらいの、饒舌かつ言葉型の人らしい話の上手さ、そしてその人格から滲む味のある話だらけで。

さらには、今まで人前で話したことないかも、というレアなルーツ話も聴けましたので、オンエア聴けなかった方、ポッドキャストはマストですよ。

オンエア聴いた方も、オンエアでは半分も使えなかった対談の全てを聴けますので、ポッドキャストはマストですよ。

9ミリソースコ.jpg

あんまり話した内容を書かない方がいいのかな。今回は。

ただ、これは書いておきましょう。
70年代80年代育ちの僕らロック世代が思う、ROCKらしさ・パンク精神、自由な発想と独自のやりかた、それを今の時代で思いっきりやってる9ミリの「らしい」、「ならでは」なところが非常に伝わってきて、個人的にも、気持ちいい対談でした。

昭和だろうが、平成だろうが、60年代だろうが、ゼロ年代以降だろうが、関係ない。

ロックな奴はいつでもロック。

菅原さんが少年時代にラジオで音楽を聴いてた話、一番うれしかったかも・・・

で、番組収録の後、夜は大名ROOMSでニューアルバムの試聴イベントでご一緒しました。

9ミリイベント中.jpg

いち早くニューアルバム全曲を大音量で聴いて、ご本人にいろいろ話して頂くというイベント。

聴き終わった瞬間に、参加した皆さんから拍手が。これには菅原さんも感激してました。

9ミリイベント後.jpg

最後に。

しつこいようですが、ポッドキャスト、マストですよ。


#小1で高学年用の本 #「おれはシャチだ」 #昭和の子ども #「最後の昭和のロックバンド」 #「こころ」で夏目漱石に #音楽の授業で一人で歌うのがいや #足踏みオルガン #TK・ミスチル・スピッツ #カラオケはなかった #そういうやつら腹立つ #スタートしたときはパンク好き #禁じ手を解放していく 

9ミリPODCAST.mp3

来週は、NONA REEVES登場です!

なかなか、DJ泣かせかもしれません。


カミン1.jpg


この方。

言葉や理屈ではなかなか表現しえないような、「生理的な感覚」とか、「記憶の裏側」とか、「鮮烈な光景」とか、「どうしようもない心の激動」とか・・・

そういうものを、歌に、音楽にしている方なので。

とにかく、聴け!

くらえ!!

みたいな、なんかアホみたいな言葉ばかり出てきたりして。

(パンクバンドやテクノ音楽を薦めようとしている時もそうなりますが)

「アメリカでいうと、フィアナ・アップルみたいなアーティスト」みたいな表され方するのも、ライターさんの苦し紛れだと思う。

カミン2.jpg

でも、当たらずとも遠からず、なのかな。

本当の意味で、オルタナティブなアーティスト。

(私は最初、弾き語りを聴いて、なんか最近感じなかったものを感じて、CD全部買っちゃいました。そしていま彼女は、去年のミュージックシティ天神の市役所前広場でお披露目されたバンド、プラセボ・フォクシーズとして、音の塊を叩きつけてます。アルバムのプロデューサーは我らがモーサムトーンベンダー百々和宏さん!・・・オルタナやねえ・・・)

・・・・で、私はカミンさんにゆっくり話を聴けたので、普通の番組の普通のDJのように最短距離でその音楽を表現しなくてもいい番組なので・・・

カミンさんの音楽を説明するより、カミンさんの音楽を聴いて私の心の中がどうなるかを説明しました。

そしたらやたらと濃い、面白い対談になりました。

おっとりしたゆったりした口調の中に感じられる、激烈なものや、毒や、音楽へのプライド。

京都人らしい、と思います。

ただ。
なーんか、彼女の世界に巻き込まれて時間切れ、結局音楽遍歴のお話が中学時代くらいで終ってしまいました・・・

続きはまたこの番組で。

カミンソースコ.jpg

カミンふざけ.jpg

お茶目な一面も。


では、ポッドキャストでほぼ完全版を。本編で編集のために少しつづまった感じになっていたカミンさんのしゃべりの「間」、京都という都が育んだ独特のグルーヴ、よりリアルに気持ちよく、お楽しみください。

#ミュージックシティ天神は感無量でした #社長さんのスーツがソース色 #ゆず全曲集を一枚目から #「音痴や!うるさい!(姉)」 #カブト虫が蚊取り線香で・・・ #私のオタマジャクシ・・・ #煮えくり返るような気持ち #プラセボ効果 #好きにして、って思う #さびしい、くーっ、気持ちいい #化学反応が起きないとバンドとは言えない #「生き物感」は大事 


白波多カミンPODCAST.mp3

そして・・・

今週も最後に・・・


去年前半分のほぼ完全版、再ポッドキャスト、いきまーす!


8/1 新山詩織さん (新山さんも、藤原さくらさんと同じく月9に抜擢されてびっくり!でした。しかもかなり前にさくらちゃんがGOW!!に出演した時、たまたま新山さんがゲストで、「大好きなんです新山さん・・・話しかけに行っていいです?」なーんてこともありました。)

新山詩織PODCAST.mp3


8/8 シアターブルック 佐藤タイジさん (そして新山さんが尊敬するロック野郎タイジさんが翌週登場、つながるなあ。この出演の頃から、彼に会うたび「ソーラー武道館、九州でやるべきと思わん?」っていっつも言われてる私です。そのいい意味でのアホさ、直球さ、純粋さ、最高の男です。)

シアターブルックPODCAST.mp3


8/15 は、夏のおススメ映画SPでしたので、インタビューはお休みでした。

8/22 LinQ 天野なつさん (前身番組から含め、いろいろ縁ありましてよく来てもらってるLinQなんですが、初のリーダー登場です。本当にまっすぐで体育会系で爽やかで、リーダーになった時の戸惑いなんかも正直に語ってくれました。そういう作られ過ぎていない所が、彼女たちのいいところ。)

LINQPODCAST.mp3


8/29 南波志帆さん (ついに来ました、椎葉ユウプッシュミュージシャンの最終兵器!今やラジオパーソナリティのライバルでもあったりして・・・。みごと去年度の女性部門のポッドキャスト最多アクセスを記録しましたので、5月中にまた出演いただくことになってます!お楽しみに!!!)

南波志帆PODCAST.mp3

2016 4/23 高橋優さん

二度目の登場です。


わが番組の、ポッドキャストKING!!!!!!!!!!

高橋アップ.jpg


今回はジョン・レノン風丸眼鏡で登場!

高橋優さんです!

4月頭のオンエア(一周年SP)で発表・予告しました通り、2015年度最もポッドキャストのアクセスが多かった男性、

つまり一番トークがひっぱりだこだった男性、ポッドキャストKINGの高橋さんをお招きいたしました!!

どうしても、表彰?したかったので、無理やりスケジュールをいただきまして、いつもよりすっごくタイトな状況・・・

でも、全くそんなことは関係なく、前回以上に盛り上がった・しかも中身の濃い、対談となりました。

高橋横ふたり.jpg

「椎葉さんとしゃべると、楽しくっていっぱいしゃべっちゃうんですよ」

という言葉、インタビュアー冥利につきます。

なんか、トークの波長が合うようです。

高橋横.jpg

前回、音楽遍歴の話が高校の文化祭でバンドを組んで・・・までで時間切れだったので、今回その続きを・・・と思ってたんですが、

恋愛うまくいかない話と、シングル曲たちに関する濃いお話で盛り上がっちゃって・・・


今回も積み残し!!

高橋ソースコ.jpg

辛い物大好きな高橋さんにプレゼント、前回はソースコだけでしたが、今回はオニオンドレッシングにかぼちゃの種スナックに、うま辛トマトソースにハバネロ味噌漬け・・・いろいろセットで、大喜び。

今回もまたポッドキャストにたくさんアクセスいただけると思うんで、またそのうち出演をお願いしようかなと思います。

ほぼ完全版を、是非お聴きください!!!


#2015年度KING #ダブルスコアで #実のある話、しましたっけ? #初めての達郎さんものまね #酒飲むようになっちゃって #「社交的になりたいキャンペーン」 #スガシカオさんと仲良くなるきっかけ #かけすぎ部 #二つの意味で、泣ける・・・ #ウマカラ今から #モテません #合コンも行かない #女性の気持ちわかりすぎ #「優くんが優しいから優くんでもいいな」それは本末転倒だろ!! #幸せになりたい・・・ #「シングル」の定義 #空白みたいにしたい #しゃべらない人になるとつまんないと思われそう #「メガネツインズ」では亀田さんが「バンド」なんです 


高橋優2PODCAST.mp3

そして最近恒例、去年度前半のポッドキャスト再アップですが、今回は7月分ですよ!

今や月9で福山雅治さんと共演のこの人も!


7/4 藤原さくらさん (いやーほんとにびっくりでしたよ、今回の月9の大抜擢。7月のオンエア時点ではもちろん夢にも思ってませんでしたね。インディーズ時代・福岡時代に存在を知って←凡人会議ありがとう!、その女子高生とは思えぬブルージーな歌声、ぶれない性格に魅了され、GOW!で毎月ライブとトークをやってもらい、TSUTAYAでイベントに出てもらい、そしてこの番組で根掘り葉掘りの対談&作戦会議。ちなみにベーシストでもあるお父さんからこの対談を褒めてもらって嬉しかったな・・・)

藤原さくらPODCAST.mp3


7/11 浜崎貴司さん (これまで何度もお仕事させていただいてますが、その音楽的ルーツから掘り下げたのは初めてで、すごく面白い対談に。田島さんのときもそうでしたが、ほぼ同じ時代を音楽好きとして過ごしていただけに、大きく頷くような話が多かったです。改めて聞いた、フライング・キッズのデビュー曲にして永遠の名曲「幸せであるように」の制作エピソードなんて・・・)

浜崎貴司PODCAST.mp3


7/18 高橋優さん (あ、そして高橋優さん一回目の出演も7月でしたね。たくさんポッドキャストお聴きいただいてますが、もし万が一、まだお聴きでなければ、今週の分と合わせてどうぞ。)

高橋優PODCAST.mp3


7/25 チョモランマ KCさん (地元福岡でずっとレゲエを様々な側面から盛り上げてきた方です。この番組、時々、KCさんみたいな地元の音楽人をお呼びしてます。われわれのエリア、われわれの街を音楽で盛り上げてきた人たちのストーリーを、御存じない方たちにも伝えたいので。長崎から福岡の大学にやってきた普通の青年が、いかにしてレゲエという音楽に魅了され、そして福岡のシーンを担っていったのか。是非再度お聴きを。)

チョモランマKCPODCAST.mp3

月別アーカイブ