fmfukuoka

番組紹介

放送時間: (土)25:30-25:55
提供: ソースコ
出演: 椎葉ユウ × ゲストミュージシャン

福岡一の音楽好き、椎葉ユウを相手に、毎週ゲストミュージシャンが登場!
ゆったりとした自由な感じの対談で、ライトな話、深い話、バカ話、マニアック話、シリアス系など何でもあり。
ゲストには、毎回、うまから調味料「ソースコ」をプレゼント!

メールアドレス: kakeru@fmfukuoka.jp


多分、身近に居る人だったら、普通に友達になっていたと思います。

キリンジ1.jpg


堀込高樹さんです。

あれだけの素晴らしい音楽をクリエイトする人なんですが、アーティスティックな近寄り難さ、皆無。

音楽の話をしててとても楽しく、でも、音楽に関係ない話をしていても楽しい。

とっても平熱な感じで、ゆるっとした口調で(私もですが)、頭の中に「移り行くよしなしごと」をしゃべっているのに、どうでもよさげな話をしているようなのに、同時に人間の非常に本質的な部分に触れているような。

でも、だからと言ってエラソーにはならなくて。

素晴らしいですね、

われわれ。

あー、オンエアでもこれ言っちゃいましたが。

本当に、そう感じるんですよ。高樹さんとお話ししてると。

ご存知の方はご存知の、私の大好きな画家で作家で超芸術家、の赤瀬川原平さんの作品に触れてる時の感じに近いのかな・・・

キリンジソースコ見つつ.jpg

非常に、ちまちまとしつつも大きな世界を語っている二人。に、見えませんかね・・・


トークの内容は、今回は最新アルバムの「ネオ」が素晴らしすぎたんで、その辺を解明しようと色んな方向から色んな球を投げました。

ことごとく、時に明訓高校の殿馬のように秘打も交えつつ、打ち返してくる高樹さん。

さすがに、言葉の魔術師。

それも、大げさなイリュージョン系でなく、テーブルマジック的な魔術。

ことばのツボ、発想のツボが似ているのかもしれませんが、とにかくネオ・KIRINJIの音作りの話から、6人の関係性から、脱線しての音楽以外の話まで。

いっぱい話しております。

やたらと話しております。

ずいぶん、オンエアではカットしております。

Podcastで永遠に残るのって怖いなあ、いや一回しゃべったらこれはもう自分の言葉じゃないって事で、なんてことを言いつつ、手加減なしのゆるくて鋭いお話、ぜひ完全版をPodcastでお聴きください。


特に・・・

けっこう家では料理係、みたいな話(ご家族の話をごく自然にするところも、イイ)とか。
イアン・デュリー(大好き!)のベースラインにインスパイアされた、恐ろしく弾きにくいベースラインを千ヶ崎さんが弾いてくれた話とか。
マニアックすぎるのでカットした、コンプはかけるかかけないかの話とか。
KIRINJIは隠れファンが多いらしいが隠れなくていい、とか。

でも一番聴いてほしいのは、「みんなのフードコート」問題。
これはほんとにカットしたくなかった・・・

絶対聴いて!Podcast!!

キリンジソースコ.jpg

音楽メガネふたりの徒然話を!


#忘れられる権利 #「男の料理ですか いい気なもんですね」 #6人になって何かのギャグかと #ふつう解散 #KIRINJIをやりきってない #兄弟げんか #つまんない事やりたくない #好きなバンドの共通点 #イーグルス #ビーチボーイズ #ザ・バンド #ビートルズ #複数ボーカル #とたんに弾きづらいフレーズに #閉じてたグループ #KIRINJIという形 #今演奏に勢い #タキシードにしてください #マーク・ロンソン #時代の音 #ラジオでかかると地味 #生活密着の音 #下方面、カッコイイ方面 #結局はあれだろ #「サマーソング的な側面もお願いします」 #猫ブームだし #フードコート、テーブル意外とキレイ #ネオいです


KIRINJIPODCAST.mp3


10月10日、イムズホールのライヴ、楽しみすぎます。


来週は、スモールサークルオヴフレンズ、サツキさんの地元佐賀のカルチャースポットでまったり語る!の、後編です!お楽しみに!!

初のパターンです。


ソースコ他うまからセットのプレゼントと、録音機材をもってえっちらおっちら遠征してまいりました。


佐賀まで。

先日リリースされた、Small Circle of Friends(以下、スモサ)のニューアルバム「Silence」が素晴らしかったので、ぜひインタビューをと思ってたんですが、今回アルバムのツアーが結構本数多く(「スモサにしては珍しく」とご本人がたもおっしゃっておりました。)、スケジュールがなかなか合わず・・・


まあそれならと、佐賀のライブが日曜で私の時間も空いているのをいい事に、「じゃあライブ観に行って、その後インタビューさせてもーらお!」と考えたわけです。

佐賀はスモサのサツキさんの故郷だし、なにかマジカルなことも起こるかもだし。

ライブ会場の「シアター・シエマ」にも行きたかったし。
もともと、古くからの映画館だった所を、映画ファンが喜びそうな映画をかける劇場、プラス、イベントスペース、プラス、カフェという、文化的かつおしゃれかつ町おこし、な場に改装。
なかなか他にない面白い事をやってるということで、よくメディアに取り上げられたりして、一回行きたいなと思ってたので、これはちょうどいい。

佐賀駅から、機材を持って、迷いながら、到着!

佐賀って暑いんですよね・・・

汗だく状態。

でもシアターシエマは、

シエマカウンター.jpg

スッキリと涼しげなスペースでした。


さっそく、カウンターで飲み物ゲットでありました。

シエマ.jpg

カウンターの反対側には、しゃれた棚にセンス良く本が置いてあったりする壁、その前にライブスペースが設けられてます・・・で、手前側に段があるの分かりますよね。


そう。元々は映画館だった場所です。奥の白い壁、スクリーンだった所ですね。


そして手前のイベントスペースはスモサと仲良し、旅する洋服屋「diti」さんの服や雑貨が。


ほっこりアットホームでおしゃれな空間になっておりました。

さそして、スモサのライブ。ムトウサツキさんとアズマリキさんの二人編成パターン。

最小限の機材で、最高の音楽を、空間やオーディエンスの雰囲気を見ながら作り出す二人。

ま、実はスモサとはすごく同窓生感覚なんです。

彼らが本格的に活動を始めた頃、私はラジオの仕事を始め音楽紹介業を始め・・・

ほぼ彼らとは同じサークル、同じシーンにいたわけなのです。

アズマさんと私は、同じDJバーでレギュラーDJだったり。

だからこそ?逆に?こうして音楽的な話、ルーツ的な話、じっくり聞いたことがなかった。
近すぎて、改まった話も、ねえ。
みたいな感じで。


何度もライブを観てますが、そのあとじっくり話すなんて、初めて。

スモサ1.jpg

またこれがムーディないい空間なんだ。シエマさんのなかで静かな場所を借りましたので。

このまるでライブ後にお酒でも飲みながら普通に話してる感じのせいもあり、初めてじっくり話を聞いたせいもあり、いつにもましてしゃべる我々。


はい。オンエアを二回に分ける事にしました。

今回は二人のルーツ話。サツキさんのハイセンス?なルーツ、アズマさんのナイトジャックFUKUOKA世代ならではの話、同じ時代に近い場所にいた人間として大きくうなづく話だらけ・・・

ただ、あまりに近すぎて、リスナーの皆さんにはなじみのなさすぎる固有名詞も飛び出しまして・・・

そのへんの話も聴きたいという方は、ほぼ完全版をPODCASTでぜひ。

2人の音楽同様に、ハイテンション過ぎず、ダウナー過ぎず、でも楽しくて滋味があってちょっと夫婦漫才的な噛めば噛むほど、なトークセッション、何度でもお聴きいただきたいです。

#サツキさんの実家近く #パクチー無理です(アズマリキ) #メロンだめです #キュウリはOK #メロン一個食べ(ムトウサツキ) #うまからスナックおいしかった #レコードは遊びもの #幼稚園でJAZZ #テイク・ファイブずっと同じ #姉の影響でHR/HM #MTV #ナイトジャックFUKUOKA #たけうちいずるさん #化粧・ロンゲ・パッツンパッツン #AC/DC #RATT #モトリークルー #必要以上 #マリアクラブ行こうよ #DJかっこいい #藤原ヒロシ #高木完 #言ってみれば情報先行 


SCOF前篇PODCAST.mp3


来週は、こちらも待望! KIRINJI堀込高樹さんと久しぶりにじっくりたっぷり!
お楽しみに!!

待ちに待っておりました。

最初にその曲を聴いた時、音や言葉が自分の中にすすっと自然に入って、しかも居座るように出て行かない。
日本の曲でそんな体験は久しぶりでした。

ま、簡単に言うと一発でとりつかれたんですね。

いわゆる「ヴィンテージな60・70年代クラシックロックへの愛を原動力に、骨太にソウルフルにロックを奏でる日本のミュージシャン」とは何か違うものを感じもしました。

その辺も、直接話してみたいなと。
ラブコールを送っておりましたら、見事実現!


ギターボーカルの松尾さんお一人ではありましたが、たっぷりお話できました。

グリム1.jpg

エメラルドグリーン(ですかね?)のワンピースがとてもお似合いの、芸術肌な、24歳。

いや、芸術肌、などという中途半端な言い方は違うか。

芸術魂、とか、芸術命、とかいう言葉の方が似合う感じの方でした。

口を開けば、自分の中にあるものを表現して生きている人ならではの熱い思いがあふれ出ます。

一部の大人たちに「芸術で生きる」という希望を笑われた経験も大きかったようです。ばねにする、と言う意味で。(ネット情報ですあくまで・・・)


そして、家系や家庭環境のおかげもありましょう。
もちろん、松尾さんのように、親戚に画家が何人かいたり、お父さんがレコードマニアで、幼少時から色々なジャンルの音楽的に濃いものに自然と触れてたからといって、みんなアーティストになる訳ではないですが。

あ。

家系で思い出した。一つ聞き損ねたことがあるんです。

松尾姓って、北部九州に多いじゃないですか。
ちなみに私の母親の旧姓もなんですが。

もしかしてルーツは九州?


・・・ま、そんな話を聞く間がないほど、彼女の音楽ルーツのお話だけで盛り上がりまくった訳です。

特に、お父さんのレコードコレクションをどういう状態で聴き(聴かされ)、影響されたか、その辺の話は「娘をアーティストにしたい父親へのヒント集」として、藤原さくらさんの回共々、ポッドキャストで繰り返しお聴きいただければと思いますよお父さん。

とにかく。


そんなレコードマニアの父親の多ジャンルないい音に囲まれて育ち、歌うことが大好きだった芸術少女が、絵画の道を志しつつも曲作りやバンドにも没頭し、あくまでもいろんなアートを創造する自分の一断面を表現する術として、ロックなシンガーソングライターになり・・・


その辺の話、ポッドキャストで再確認願います。

ハッシュタグの固有名詞だけを見ても、松尾さんがいかに濃くていいものの詰まった、王道アーティストであるかが分かると思います。

まだまだ話したいことはたくさんあるんですが、それはまた次回。それまではアルバム「NEXT ONE」を聴きまくりましょう。


9/30金曜のvoodoo loungeでのワンマンライブも楽しみ!

週末だし、ブードゥーはあの怪しげでいい雰囲気のハコだし酒はうまいしで・・・


飲みすぎ注意!(私だけか・・・)

グリムソースコ.jpg

では、必聴!ポッドキャストです。

#亀本さん寝がち #亀本さんゲームしがち #松尾さんゲーム興味なし #スーツケースに貼ります #アルバム名盤です #ちょうど繰り返し聴ける曲数 #父親とレコードで踊ってた #最初に好きになった洋楽はペットサウンズの曲 #お父さんのレコ棚 #ノイズミュージック #アングラフォーク #PUFFY好き #ブリリアントグリーン好き #ピチカートファイヴ好き #ロックを知ってる上でその音を選んでる #次回はお父さんにインタビュー? #お手本のボーカリストはいない #変な日本語だしダサくなる #曲を作るのも絵を描くのも一緒 #筆がギターになった #ジョン・レノンみたいな指示 #シンガーと言うより詩人の感覚 #怖くて眠れない #友川かずき #三上寛 #浅川マキ 

GLIMSPANKYPODCAST.mp3

来週は、地元出身、福岡のクラブシーンの先駆者にして最長不倒記録保持者、Small Circle of Friends です!
ニューアルバム「Silence」最高に気持ちいいですよ?!お楽しみに。

来ましたよ、某ロックンロール事務所所属の兄弟バンド、THE BAWDIESとgo!go!vanillas!!!

の、フロントマン2人!


ボウディーズバニラズ1.jpg


なんか、ほんとに兄弟みたい。

シュッとしてますよ二人とも。

ライブでたたき上げられた骨太でごっつい中身と裏腹な、つるっとした清潔感あふれるルックス。

ま、簡単に言えば、ビートルズのデビュー時のイメージですね。

正しいロックンロールスターのイメージ。

女の子は「キャー!」、男の子は「ワオー!」、大人は「ムムッ!」・・・みたいな。


そして、口を開けば、やはりつまりに詰まった、凝縮されまくった音楽のエキスがほとばしるように飛び出す飛び出す・・・

という訳で、私も含めの音楽語りだしたら止まらない3人組のトークセッションは全く終わる気配なく、ポッドキャストでほぼ完全版を聴いて頂ければわかりますが「残念ながら時間切れ」状態でした。


もう少し時間をもらっといて、二回分たっぷり収録すればよかったな・・・・

後の祭り!!!


ボウバニ2.jpg


今回スプリットシングルをリリースして対バンツアー(スプリットツアー)にも出るこの二バンドの現シーンにおけるオリジナリティ、みたいな話になった時、弟分である牧さんが兄貴ROYさんにいきなりむちゃブリしてROYさんビックリおいおいなんだよ、の場面とか、

ROYさんの音楽ルーツの話で、メロコアがいち早く流行ってた音楽的偏差値の高い中学にいたもんで・・・みたいな話とか・・・

すいません、オンエアではカットしてしまいました。

今回、両方のバンドを公平に扱いたいということで(スプリット、ガチンコ勝負ですからね)、両方の新曲をなるべく長く・同じくらいの長さで・オンエアしようという事で・・・

どうしてもトーク部分を伸ばせなかったのです。

ぜひ、その辺はポッドキャストでお楽しみください。


ボウバニソースコ.jpg


スプリットシングルのタイトルが「Rockin' Zombies」なので、キヨトクさんのうまから商品いろいろセットを持って、ゾンビなポーズ。


10代はじめ若くて青い世代に向けて熱い衝動を注入し、居てもたってもいられなくする魔法の音楽ロックンロールは、随分昔の音楽でもあるのに、何度も何度も蘇ってはその時代の若くて青い世代を虜にする・・・


だから、ロッキンなゾンビ、なのです。


自分たち二バンドが、この時代の若い子たちをロックンロールゾンビにしてやるぜ!


そんな心意気の詰まったシングルなのです!!

買うべし!

私のような、何十年経っても青いままの大人も、買うべし!

何十年も、あの衝動を忘れていた大人も、買うべし!

みんなでRockin'ゾンビになろうじゃないか!!


あ、期間限定盤をオススメします。

お互いの代表曲をカバーし合ってるのがすっごく面白いですから。(限定盤のみ収録)

どういう狙いでカバーしたのか、その辺もたっぷり番組で語ってもらいましたが、興味深かったなあ。

番組ではカバー曲の方はオンエアしませんでしたので、ご自分で聴いてもらって、そのあとまたポッドキャストでふたりの解説を聴くと、非常に面白いと思います!

#癒着があるんで #「ROY兄さん」 #同じ匂いを感じる #弟にしか見えない #愛し方が似てる #音楽好きしかいない事務所 #ビートルズ・ハンブルグ方式 #初期衝動を爆発させてこそのロックンロールバンドだろう #カントリー #ケルト #ブルーグラス #音楽は回る #いきなりの大喜利感 #ボゥディーズは独占企業 #常に衝撃を与えたい #バニラズは色鮮やか #ボゥディーズは黒一色 #牧節キタ #中二でAIRJAM #洋楽邦楽の壁を壊してくれた


ボゥディーズバニラズPODCAST.mp3

来週はGLIM SPANKY登場!初対面!楽しみです!

はい。今回はいつもと趣向を変えて、半年に一度の映画SPでした。

私・椎葉、番組のご意見番にして映画紹介上手・そして謎の男・清川ニジヲ改め「にん」さん、元番組アシスタント・穴井ちゃんのおススメ映画を、いつものTSUTAYA福岡天神駅前福ビル3F映画DVDレンタルコーナークレヨンしんちゃん前から(長い!)お届けしました。

そして、なんと今回は初の試み・・・


映画好きのミュージシャンにも、おススメの映画を紹介して頂きました!!!


SPレコメンドゲストとしてご登場いただいたのは・・・

カーネーションのお2人!


13日にリリースされたばかりのニューアルバム、「Multimodal Sentiment」、買った方がいいですよ。


タイトルに違わぬ、現代に生きるまっとうな大人が感じる様々なものを・ことを・こころを、熟練の技で・時として青臭いフレッシュさで、とりどりな名曲にした全12曲。


プラス、なんとそのアルバム12曲をインストゥルメンタル・バージョンで、二枚組!!


カーネーションのインスト、私もかつて7インチでよく回してましたが、歌がないとまた表情が変わって素晴らしいんですよ。
てかもともと素晴らしい演奏なんですが、直枝さんの歌ぢからでどうしても歌の方に耳が行ってしまうので、歌を抜くことで演奏のみに耳が行く、って事なのかもです。

兎に角みなさん、買ってみて下さい。


で、話戻って夏のおススメ映画。

今回のラインナップは・・・

穴井ちゃんおすすめの「ゾンビ・スクール」・・・かなりグロくも笑える大作ホラー

にんさんおススメの「幕が上がる」・・・ももクロファン以外にこそ観てほしい、部活青春物の金字塔

椎葉おススメの「ヘイトフル・エイト」・・・タランティーノの最近作は寒い寒いシチュエーションでの密室ミステリー(でも9月頭からのレンタルでしたあしからず)

カーネーション太田さんおススメの「網走番外地」・・・高倉健さんの境遇が寒い!北海道の風景が寒い!観るだけで涼しい

カーネーション直枝さんおススメの「ギャラクシー・クエスト」・・・スタートレックなどSF好きなら絶対面白い!あの「エイリアン」のシガニー・ウィーバーがこんなん?


でした。ぜひレンタルしてみて下さい!!!


ポッドキャストの方は、今回はTSUTAYAさんでの収録後に、椎葉・にんさん・穴井ちゃんで「普段いかない棚に行ってみよう!」というわけで・・・

アダルトコーナー!
ではなく、その近くのニッチなジャンルの棚(ビジネスもの、ドキュメンタリー、スポーツ、学習もの、etc・・・)などをいじっております。


面白かったです!僕らはね!


聴きたいというモノ好きさん、ポッドキャストでお楽しみください。


映画SPPODCAST1607.mp3

来週は、いつものパターンに戻ってゲストとのトークセッション!!

THE BAWDIESのROYさんと、go!go!vanillasの牧達弥さんのダブルゲストです。
しゃべるよー二人とも!饒舌コンビ、ですよ?!お楽しみに!

月別アーカイブ