header To the top

番組紹介

放送日時:毎週土曜日 20:30-20:55

出演: こはまもとこ

メールアドレス:rf@fmfukuoka.jp


3/28 松山千春特集!

今週は3/25リリース、松山千春のアルバム「コレクション 思い出」から
曲をお届けしました。
千春さん自身がセレクトし、構成した6枚組91曲のラブソング集!

今回ご本人のインタビューがついているのですが、
そのインタビューがなかなか素顔が見える内容なんです。
この6枚組を作ろうと思ったきっかけから、愛を歌った曲たちについても
沢山綴られています。(意外と笑い多め)
きっと楽しい解説をお楽しみ頂けるのではないかと思います。
ぜひ、一家に一枚!(いや6枚)

<今週のオンエアー曲>
・北風の中
・愛って呼べるほどのもんじゃない
・あなたへの愛
・吐息
・伝えなけりゃ
・ヤーヤーヤーヤーヤー(4/8リリースの新曲)

松山千春公式HP

ライブ情報

3/21 ケイタ君登場!加川良を聴く!

毎週土曜日20時30分から放送中の「Re-folk」。

今週は、ケイタ君と一緒に曲を聞きました。
THE BLUE HEARTSのカバー曲が収録されているのは
2016年のアルバム「みらい」です。
この1曲目に収録されているのはブルーハーツの「青空」。
フォークを背負っていた香川さんが88年に発表された楽曲を
68歳の時にカバーする、、、。
この出来事について、考えてみたいと思います。

<今週のオンエアー曲>
・青空/加川良

#ブルーハーツ #青空
#加川良 #FM FUKUOKA

毎週土曜日20:30からの「Re-folk」

今週はニューアルバム「美しい夏」をリリースした
佐久間順平さんにお話を伺いました。
管原克己さんという詩人の言葉にメロディにのせて全8曲の
アルバムを制作した佐久間さん。
管原さんの詞というと、高田渡さんの「ブラザー軒」が有名。
でもその他にも素敵な詞が沢山あることを佐久間さんが教えてくれました。

アルバムはネットで買えます!↓
佐久間順平HP

<今週のオンエアー曲>
・ブラザー軒/佐久間順平

今週も「URC 50TH BEST 青春の遺産」から曲をお届けしました。
51曲もある中からの選曲は大変です。
こはまは苦悩しておりました。

アルバム情報

<今週のオンエアー曲>
・夜汽車のブルース/遠藤賢司
・夜汽車にのって/シバ
・きみの町を通ったよ/柳田ヒロ
・一本道/友部正人

先日リリースされた田家秀樹さん監修「URC 50th BEST 青春の遺産」を特集します! 

日本で最初に誕生したインディーズのレコード会社である「URC」の
発足は69年2月。ここからスタートした音楽の数々を
今、再度見直されるべきだと問う音楽評論家・田家秀樹さんが
編纂した全51曲。これは非常に興味深いアルバムです。
田家さんの解説と共に、ぜひ曲をお楽しみ頂きたいと思います。

アルバム情報

<今週のオンエアー曲>
・ゆきどまりのどっちらけ/岡林信康
・大晦日/加川良
・鉱夫の祈り/高田渡
・時に任せて/金延幸子


2/22 ケイタク登場!

今週はケイタくんと一緒に井上陽水さんの曲をききました。

改めて聞くと、言葉の意味が分からないかも?
そんな疑問からピックアップしたこの曲。
ケイタ君が素晴らしい曲構成なんですよー!と力説してました。
その曲構成に、あの歌詞、そしてあのタイトル!!!
意味が少しくらい分からなくても、あなたの心にも
一つの美しい光景が浮かび上がっているはずです。
やっぱスゴイ人なんですね。改めて感じるあの人のすごさ!

<今週のオンエアー曲>
・少年時代/井上陽水

毎週土曜日20:30から放送の「Re-folk」。

先週に引き続き、瀬尾一三さんにお話を伺いました。
今週は2/10に発売された著書「音楽と契約した男」と
1/8リリースのアルバム「時代を創った名曲たち3?瀬尾一三作品集 Super digest」から。
瀬尾さんが手がけたアーティストは70年代のフォークから80年代のアイドル、90年代、
2000年代へと続きます。デビューを担う時、アイドルを担う時
それぞれのアプローチを探るその姿勢に、仕事の仕方を考えさせられた一般市民のスタッフです。
中でも30年プロデュースを行う中島みゆきさんとの「音楽での対話」は
日本の音楽シーンにおける唯一無二のものなんだと感じ入りました。

<今週のオンエアー曲>
・ひとり咲き/チャゲ&飛鳥


瀬尾一三情報

中島みゆき 公式サイト

2/8 瀬尾一三さん登場!

今週はお久しぶりのご登場!

先日リリースされた中島みゆき「CONTRALTO」について
瀬尾さんにたっぷりインタビューさせて頂きました!
今回のアルバムに漂う「和」のイメージは世界に広がった!?
大きな大きな世界を見ることができるアルバムでした!

中島みゆき 公式サイト

また、瀬尾さんの本も2/10発売となります。
そのお話は来週に続きます!お楽しみに!
瀬尾一三情報

<今週のオンエアー曲>
歌うことが許されなければ/中島みゆき

kohama せおさん.jpg

今週はケイタク・ケイタ君と一緒に曲を聞きました。
中島みゆきさんのあの名曲「わかれうた」です。

歌いだしの「途に倒れて 誰かの名を呼び続けたことがありますか」から
一気に世界に連れていかれるこの曲は、77年に自身初のオリコン1位を獲得したナンバー。
男性と女性、そして人それぞれで見えてくる情景はいろいろだと思いますが
ドロドロだな、、、とか思いつつ、共感してしまう1曲。

歌詞を読むと冒頭「みちに倒れて」の「みち」は「道」ではなく「途」という言葉が使われています。
ケイタ君はここにも非常に興味をそそられるということでした。
聞くだけでなく詞を読んでも考えさせられる歌いだし、、、全く時間が足りませんでした。

<今週のオンエアー曲>
わかれうた/中島みゆき

ケイタクライブ情報

1/18 時代を創った名曲たち

今週は「時代を創った名曲たち」をキーワードに
曲をお届けしました。
<今週のオンエアー曲>
・襟裳岬/What's Love?
→ご存じ拓郎さん作った名曲。先日ご本人のラジオ番組でもこの曲の特集がありました!

・浅草キッド/菅田将暉、桐谷健太
→2019年の紅白でビートたけしさんが歌ったこの曲。
映画「火花」で今を時めく菅田将暉、桐谷健太のカバーで若い世代にも知られた曲となりました。

・傘がない/ACIDMAN
→井上陽水活動50周年記念でリリースされたトリビュートアルバム。
 宇多田ヒカル、斉藤和義、福山雅治など大御所の名前が並ぶ中、
 彼ららしいアレンジが秀逸でした。

・なごり雪/かぐや姫
→ホントはオリジナルはこっちなのに、イルカのバージョンの方が知られていますよね?
とはいえ、この曲のオリジナルはやはりイルカバージョンのアレンジにも影響していると思われます。
この曲のアレンジは瀬尾一三さん。
1/8に「時代を創った名曲たち3」をリリース。2月にはゲストで登場予定。お楽しみに!

メッセージ

パーソナリティ

アーカイブ