FM 福岡 FUKUOKA

2021年4月10日放送
「3年前の自分へ宛てた20代女性の手紙」

3年前の私へ。

新社会人となって、いよいよこれから!と希望に燃えているはずが…、結構落ち込んでいたよね。

第一志望どころか、第二志望の会社にも落ちて、どうにか採用通知をもらえたのが、

滑り止めのつもりで受けた今の会社。

希望する会社に就職できた友達が羨ましかった…。

それまで「落ちる」ということを経験したことがない私にとって、初めて味わう挫折だったかも。

かといって就職浪人はできないし、いずれ“もっといい会社”に再挑戦すればいい。

そう気持ちを切り替えようとしたけれど、働き始めてしばらくは、「いつ辞めよう」、

そればかり考えていたね。

でも、大丈夫。もう少ししたら、そんな私に先輩が声を掛けてくれるから。

「辞表はいつでも出せるから。それまでは、どうせ働くなら、

会社や仕事を好きになって働いたほうが楽しいと思うよ」

どうすれば、会社や仕事のことを好きになれるのか…、まだよくわからないと思うけど、心配しないで!

自分の気持ちをちょっと変えるだけで、見える世界は変わってくるから。

仕事の愚痴をこぼす私に、お母さんがよく言っていた「石の上にも三年」。

その3年が過ぎた今、私は“いい会社”に就職できたと思っています。

だから、落ち込む必要なんてない! 希望を持って!


アーカイブ