番組紹介

放送時間: 毎週土曜日11:50~12:00

パーソナリティ:中島浩二
提供:本郷美術骨董館

毎週お宝に関する様々な情報を紹介する番組。
あなたの家にも、「コレ、昔からあるけどなんだろう?」なんてお宝が眠っていませんか? 気になる物がある人は、その品の写真を添付して、是非番組まで送ってください。
Mail: jam@fmfukuoka.jp

第39週目

  • 投稿日:
  • by

今週の「本郷美術骨董館 presents おもろい鑑定団」は、
先週に引き続き大判の話をお伺いします。

先週、紹介した大判がこちら。
図1.jpg
こちらは、万延大判と呼ばれるもので、1860年に発行された日本最後の大判。
当時、17,000枚程発行されましたが、金が含まれている為、
その多くが潰されて別の加工品に使われてしまったようです。

保存状態が良ければ200万円程の価値があるものですが、
写真の物は文字が薄くなってます。
使用されている墨には膠などを混ぜており、比較的落ちにくいですが、
触ったりすると徐々に落ちてしまうため、当時は真綿などで包んで保管していたそうです。

このような大判は一般に流通していたというよりは、
褒賞として与えられていたことが多く、
今も手放さない人は多いとの事です。

保存状態で大きく価値が変わるものは多いです。
今お持ちのお宝、大切に保管して下さいね。

本郷美術骨董館は出張お宝鑑定会を行います。
4月10日(金)KMMビル4F
4月11日(土)福岡ファッションビル1F
詳しくは「本郷美術骨董館」のHPまで。
◆本郷美術骨董館 九州支店◆
この機会に気になるお宝を鑑定してその価値を確かめてみてはいかがですか?

骨董品・美術品はもちろん宝飾品のダイヤやサファイア、エメラルドなど
何でも鑑定しますよ!

番組ではリスナーの皆さんからのメッセージを募集しています。
メッセージを送ってくださった方の中から、抽選で毎週1名様に
東京日本橋の老舗すき焼き店「人形町 今半」の、
「特選 黒毛和牛 すき焼きセット(3人前/化粧箱入り)」をプレゼント!
imahan.jpg
必ず、住所、氏名、連絡先を明記して、メッセージ下さい。
番組への感想・質問から鑑定依頼まで何でもお待ちしてます。

◎メッセージはこちらから◎
鑑定依頼の場合は、jam@fmfukuoka.jpまで画像を添付してお送りください。
※鑑定依頼でお送り頂いた画像は番組ブログで紹介致します。
※鑑定依頼の写真は大きさが分かるように対象物(ペンなど)と一緒に撮影して頂けると鑑定の参考になります。

※番組内で紹介している買取・販売価格は参考価格です。
※紹介した内容には諸説あります。

第38週目

  • 投稿日:
  • by

先週の「本郷美術骨董館 presents おもろい鑑定団」で、
一休さんの書いたと思われる掛軸を紹介しました。
そこには江戸時代・天保の時代の鑑定書も一緒に保管されていました。
ということで、今週は天保の品の鑑定依頼です。

久留米市のユキヒロさんからの鑑定依頼。
「亡くなった爺ちゃんが昔に製材所の知り合いに頂いた古銭です。
 自分で色々と調べてみましたが、おなじ物を見付ける事が出来ませんでした。
 
どれ程の価値が有るのか知りたいです 。」
との事で、その品がこちら。
20160604_193907c.jpg
20160604_193924c.jpg
こちらは天保通宝・天保銭と呼ばれるもので、
江戸時代末期から明治の初めまで日本で流通した銭貨。
この時代は比較的、銅や鉄が多い時代であったため、
流通量も多く、希少性はあまり無いようです。

そんな中、山本店長が金に輝く大判を見せて頂きました。
図1.jpg
こちらは、江戸末期あたりに使われていたもの。
金の含有率は33%ほどで、15cm程の大きさですが、見た目以上にずっしりと重く、硬いです。
こちら買取となると、一点残念なところが表面の墨が消えています。
本来であれば200万円程いくものの、状態を考慮して40万円の買取だったそうです。

本郷美術骨董館は出張お宝鑑定会を行います。
4月10日(金)KMMビル4F
4月11日(土)福岡ファッションビル1F
詳しくは「本郷美術骨董館」のHPまで。
◆本郷美術骨董館 九州支店◆
この機会に気になるお宝を鑑定してその価値を確かめてみてはいかがですか?

番組ではリスナーの皆さんからのメッセージを募集しています。
メッセージを送ってくださった方の中から、抽選で毎週1名様に
東京日本橋の老舗すき焼き店「人形町 今半」の、
「特選 黒毛和牛 すき焼きセット(3人前/化粧箱入り)」をプレゼント!
imahan.jpg
必ず、住所、氏名、連絡先を明記して、メッセージ下さい。
番組への感想・質問から鑑定依頼まで何でもお待ちしてます。

◎メッセージはこちらから◎
鑑定依頼の場合は、jam@fmfukuoka.jpまで画像を添付してお送りください。
※鑑定依頼でお送り頂いた画像は番組ブログで紹介致します。
※鑑定依頼の写真は大きさが分かるように対象物(ペンなど)と一緒に撮影して頂けると鑑定の参考になります。

※番組内で紹介している買取・販売価格は参考価格です。

第37週目

  • 投稿日:
  • by

今週の「本郷美術骨董館 presents おもろい鑑定団」は、
店内に気になるものがあったので、そちらについて聞いていきます。

先週の放送で、リスナーの方から掛軸の鑑定依頼がありましたが、
店内に一段と人目を惹く掛軸が!それがこちら。
DSC_0298c.jpg 
とても年季のある作品で、なんと一休宗純の書と言われています。
一休宗純というと一休さんでモデルとして知られている室町時代の僧。
なぜ一休宗純の書と言われているかというと、一緒に鑑定書が保管されています。
DSC_0304c.jpg
鑑定書は、天保の時代と昭和時代のもの、2つが一緒に保管されています。

しかしながら、こちらはまだ研究中の作品との事。
つまり、本当に一休宗純の書かどうかを調べている段階だそうです。

鑑定書の偽造の可能性もある為、
紙の時代や、墨の時代、筆跡などから作品本体を改めて鑑定します。

仮にこちらが本物だとすると、なんとその価値は1000万前後!
国立博物館に並んでもおかしくない作品との事。

本郷美術骨董館は出張お宝鑑定会を行います。
4月10日(金)KMMビル4F
4月11日(土)福岡ファッションビル1F
詳しくは「本郷美術骨董館」のHPまで。
◆本郷美術骨董館 九州支店◆
この機会に気になるお宝を鑑定してその価値を確かめてみてはいかがですか?

番組ではリスナーの皆さんからのメッセージを募集しています。
メッセージを送ってくださった方の中から、抽選で毎週1名様に
東京日本橋の老舗すき焼き店「人形町 今半」の、
「特選 黒毛和牛 すき焼きセット(3人前/化粧箱入り)」をプレゼント!
imahan.jpg
必ず、住所、氏名、連絡先を明記して、メッセージ下さい。
番組への感想・質問から鑑定依頼まで何でもお待ちしてます。

◎メッセージはこちらから◎
鑑定依頼の場合は、jam@fmfukuoka.jpまで画像を添付してお送りください。
※鑑定依頼でお送り頂いた画像は番組ブログで紹介致します。
※鑑定依頼の写真は大きさが分かるように対象物(ペンなど)と一緒に撮影して頂けると鑑定の参考になります。

※番組内で紹介している買取・販売価格は参考価格です。

第36週目

  • 投稿日:
  • by

今週の「本郷美術骨董館 presents おもろい鑑定団」も
リスナーさんからの鑑定依頼を紹介していきます。

今回は平尾支店の山本店長に鑑定して頂きます。

依頼内容は、
「父が亡くなって、処分予定です。掛け軸2点扇子1点です。
 全く相場がわかりません。宜しくお願いします。」
との事。
その掛軸がこちら。
DSC_0035.JPG
DSC_0030.JPG
こちらの掛軸には、それぞれ水墨画の様な絵が描かれ、
漢字の様なものも書かれています。

正確な大きさは分かりませんが、2枚目写真を見る限り、
天井まで届きそうな大きさに見えます。
そのことから中国の物ではないかと思われます。
また、作者と思われる「黄采」「文遠」という作家は、
中国の絵画史上で知られている人ではない為、
こちらの2点はお土産品ではないかということです。

そしてこちらの扇子。
DSC_0038.JPG
扇子自体は中国っぽいですが、描かれている絵はフラメンコ。
こちらは、ズバリお土産品でしょう。

価値としては、あまり高い物ではありませんでしたが、
お土産品としても、部屋の設えを合わせることで作品が映えるかもしれませんよ。

本郷美術骨董館では出張お宝鑑定会を行います。
4月10日(金)KMMビル4F
4月11日(土)福岡ファッションビル1F
詳しくは「本郷美術骨董館」のHPまで。
◆本郷美術骨董館 九州支店◆
この機会に気になるお宝を鑑定してその価値を確かめてみてはいかがですか?

番組ではリスナーの皆さんからのメッセージを募集しています。
メッセージを送ってくださった方の中から、抽選で毎週1名様に
東京日本橋の老舗すき焼き店「人形町 今半」の、
「特選 黒毛和牛 すき焼きセット(3人前/化粧箱入り)」をプレゼント!
imahan.jpg
必ず、住所、氏名、連絡先を明記して、メッセージ下さい。
番組への感想・質問から鑑定依頼まで何でもお待ちしてます。

◎メッセージはこちらから◎
鑑定依頼の場合は、jam@fmfukuoka.jpまで画像を添付してお送りください。
※鑑定依頼でお送り頂いた画像は番組ブログで紹介致します。
※鑑定依頼の写真は大きさが分かるように対象物(ペンなど)と一緒に撮影して頂けると鑑定の参考になります。

※番組内で紹介している買取・販売価格は参考価格です。

第35週目

  • 投稿日:
  • by

今週の「本郷美術骨董館 presents おもろい鑑定団」は
ちょっと珍しい鑑定依頼を紹介していきます。

小郡市のマリコさんからの鑑定依頼。
「昔、長崎の料亭で食事代かわりに置いていかれた十手。」という物がこちら。
image_6483441c.jpg
十手と言うと、一説では室町時代から存在し、
江戸時代には当時の警察とされる町奉行などの護身・捕縛の為の武器。

鑑定依頼でお送り頂いたこちらの十手は、
形状などから、
おそらく幕末で使われた本物と思われます。
状態も良く、時代を鑑みると価値は、なんと10万円。

九州は旧家が多い為、蔵の奥から出てくること比較的あるそうです。

番組ではリスナーの皆さんからのメッセージを募集しています。
メッセージを送ってくださった方の中から、抽選で毎週1名様に
東京日本橋の老舗すき焼き店「人形町 今半」の、
「特選 黒毛和牛 すき焼きセット(3人前/化粧箱入り)」をプレゼント!
imahan.jpg
必ず、住所、氏名、連絡先を明記して、メッセージ下さい。
番組への感想・質問から鑑定依頼まで何でもお待ちしてます。

◎メッセージはこちらから◎
鑑定依頼の場合は、jam@fmfukuoka.jpまで画像を添付してお送りください。
※鑑定依頼でお送り頂いた画像は番組ブログで紹介致します。
※鑑定依頼の写真は大きさが分かるように対象物(ペンなど)と一緒に撮影して頂けると鑑定の参考になります。

※番組内で紹介している買取・販売価格は参考価格です。

第34週目

  • 投稿日:
  • by

今週の「本郷美術骨董館 presents おもろい鑑定団」も
リスナーさんからの鑑定依頼を紹介していきます。

福岡市のヨシカズさんからの鑑定依頼です。
「自宅に置いてある屏風らしきもの。
 手に入れた経緯は、両親が30年ほど前に知人から引き取った」
という依頼品がこちら。
20200119_113458c.jpg
20200119_113442c.jpg
まるで高級中華料理店のエントランスに飾ってありそうな品。
また、珍しい円形の屏風。
使われている木材は黒檀の様です。

こちら、30年前ぐらいに台湾・香港などのお土産売場に置いてあり、
送料込みで200万程で売ってあるような、いわゆる工芸品の類。

こちら、仮に買取となるとあまり需要が無い為
その価値は、1万円。

もし、有名な作家の作品であったり、清王朝の時代の物であったりすると、
何千万とするものもあるので、同じようなものを持ってる方は調べてみる価値ありです。

番組ではリスナーの皆さんからのメッセージを募集しています。
メッセージを送ってくださった方の中から、抽選で毎週1名様に
東京日本橋の老舗すき焼き店「人形町 今半」の、
「特選 黒毛和牛 すき焼きセット(3人前/化粧箱入り)」をプレゼント!
imahan.jpg
必ず、住所、氏名、連絡先を明記して、メッセージ下さい。
番組への感想・質問から鑑定依頼まで何でもお待ちしてます。

◎メッセージはこちらから◎
鑑定依頼の場合は、jam@fmfukuoka.jpまで画像を添付してお送りください。
※鑑定依頼でお送り頂いた画像は番組ブログで紹介致します。
※鑑定依頼の写真は大きさが分かるように対象物(ペンなど)と一緒に撮影して頂けると鑑定の参考になります。

※番組内で紹介している買取・販売価格は参考価格です。

第33週目

  • 投稿日:
  • by

今週の「本郷美術骨董館 presents おもろい鑑定団」も
リスナーさんからの鑑定依頼を紹介していきます。

依頼はサツキさんという方から。
知り合いの方の父親の遺品を整理しようという話になり、
 沢山の掛軸や骨董品がある中で特に大事にしてあったものの1つ」
という絵がこちら。
IMG_20191208_153201-1280x960c.jpg
IMG_20191208_153223-1280x960.jpg
お世話になった海運業を営む方から譲り受けたというこの絵。
こちらの絵の写真と一緒に絵に関する新聞記事もお送り頂きました。
IMG_20191208_154320-1280x960c.jpg
新聞には、
「人恋しさ誘う詩情写す 街の白に心和ます郷愁」
と書かれており、岐阜の白川郷が書かれていると思われます。

実はこの絵、有名な図柄で、与謝蕪村の「夜色楼台図」という作品。
こちらのオリジナルは今、美術館に飾られています。

ということは、こちらはオリジナルの物ではない、、、のですが、
贋作ではなく複製画(レプリカ)で、明治期に作られたものではないかということです。

オリジナルの絵は国宝になっているのですが、
これはレプリカということで、気になる価値は、なんと30万から50万円!

オリジナルの作品ではなくても、複製された時期などから、
複製画でも価値のあるものとなっています。
複製画というだけ価値は判断できませんね。

番組ではリスナーの皆さんからのメッセージを募集しています。
メッセージを送ってくださった方の中から、抽選で毎週1名様に
東京日本橋の老舗すき焼き店「人形町 今半」の、
「特選 黒毛和牛 すき焼きセット(3人前/化粧箱入り)」をプレゼント!
imahan.jpg
必ず、住所、氏名、連絡先を明記して、メッセージ下さい。
番組への感想・質問から鑑定依頼まで何でもお待ちしてます。

◎メッセージはこちらから◎
鑑定依頼の場合は、jam@fmfukuoka.jpまで画像を添付してお送りください。
※鑑定依頼でお送り頂いた画像は番組ブログで紹介致します。
※鑑定依頼の写真は大きさが分かるように対象物(ペンなど)と一緒に撮影して頂けると鑑定の参考になります。

※番組内で紹介している買取・販売価格は参考価格です。

第32週目

  • 投稿日:
  • by

今週の「本郷美術骨董館 presents おもろい鑑定団」も
続々と届いている
リスナーさんからの鑑定依頼を紹介していきます。

今週の依頼人は田川郡のゲンタさん。
「実家の倉庫に眠ったままの愛車がいくらになるか鑑定よろしくお願いします。」
との事で、その車がこちら。
sedrick.jpg
車種は1972年・昭和47年製の230セドリックで、
4速コラムミッションとの事。
こちら現在の市場で約200万で取引されていること。
(車の鑑定となると、エンジンなどの状況も価値に大きく影響してくるので、今回は状態が良い物という想定です。)

セドリックと言っても、1960年の初代から10代目まで発売されており、時代によって価格が大きく異なるとの事。
今回紹介した230は3代目になり、他と比べると比較的安く取引されているそうです。
一番価値が高いのは、やはり初代のセドリック。
他にも5代目の430などは高値で取引されています。

旧車となると、メンテナンスにかなり手間がかかるので、購入するとなると価格以上の費用が必要になりそうですね。

今回の様に骨董品・美術品以外にも
車や時計・宝石・楽器・著名人の色紙など何でも鑑定します。
是非、メッセージをお送りください!

番組ではリスナーの皆さんからのメッセージを募集しています。
メッセージを送ってくださった方の中から、抽選で毎週1名様に
東京日本橋の老舗すき焼き店「人形町 今半」の、
「特選 黒毛和牛 すき焼きセット(3人前/化粧箱入り)」をプレゼント!
imahan.jpg
必ず、住所、氏名、連絡先を明記して、メッセージ下さい。
番組への感想・質問から鑑定依頼まで何でもお待ちしてます。

◎メッセージはこちらから◎
鑑定依頼の場合は、jam@fmfukuoka.jpまで画像を添付してお送りください。
※鑑定依頼でお送り頂いた画像は番組ブログで紹介致します。
※鑑定依頼の写真は大きさが分かるように対象物(ペンなど)と一緒に撮影して頂けると鑑定の参考になります。

※番組内で紹介している買取・販売価格は参考価格です。

第31週目

  • 投稿日:
  • by

今週の「本郷美術骨董館 presents おもろい鑑定団」も
リスナーの皆さんからの鑑定依頼を紹介していきます。

今回は北九州市のキョウコさんからの鑑定依頼。
地域の公民館で年1回あるバザーで売られていた物。
2Lサイズ(127mm×178mm)程の大きさで、
売れ残っていた物を1コインで買ったという絵がこちら。
CIMG5048.JPG
CIMG5049.JPG
西洋の街並みが描かれた絵ですが、
作者不明な絵で、工芸品の一種でいわゆる土産物のようです。

今回は、作者不明で価値が分からないものではありましたが、
作者不明でも、その作品に熱狂的なファンがいて、
そこに需要と供給が成立すると、作品に価値が生まれます。
有名ではない作品でも、すごい価値を隠し持っているかもしれません。

そんな鑑定依頼が番組に届く中、本郷美術骨董館の店内に目を引くものが。
それがこちら。
DSC_0300c.jpg
玉(ぎょく)の香炉。
玉と言うと緑色のようなものを思い浮かべる方が多いかと思いますが、
こちらは白い物。
ここで、玉の良し悪しが分かる豆知識。
いい石を使っているものは乾いた硬い音がします。
香炉の持ち手の様な輪っかの部分を
触って確かめてみては?
高さ20cm程のものですが、こちらで20万円程。

番組ではリスナーの皆さんからのメッセージを募集しています。
メッセージを送ってくださった方の中から、抽選で毎週1名様に
東京日本橋の老舗すき焼き店「人形町 今半」の、
「特選 黒毛和牛 すき焼きセット(3人前/化粧箱入り)」をプレゼント!
imahan.jpg
必ず、住所、氏名、連絡先を明記して、メッセージ下さい。
番組への感想・質問から鑑定依頼まで何でもお待ちしてます。

◎メッセージはこちらから◎
鑑定依頼の場合は、jam@fmfukuoka.jpまで画像を添付してお送りください。
※鑑定依頼でお送り頂いた画像は番組ブログで紹介致します。
※鑑定依頼の写真は大きさが分かるように対象物(ペンなど)と一緒に撮影して頂けると鑑定の参考になります。

※番組内で紹介している買取・販売価格は参考価格です。

第30週目

  • 投稿日:
  • by

今週の「本郷美術骨董館 presents おもろい鑑定団」も
リスナーの皆さんからの鑑定依頼を紹介していきます。

鑑定依頼は大阪のリサさんから。
大学時代にホームステイしたアメリカのホストファミリーの家にあった着物。
「友人から譲り受けたもので、子供に託すときにその意味や文化を知って大切にしてもらいたいので、調べて欲しい」との事。
まずはこちらの黒い着物から。
IMG_3400c.jpg
09505757-355f-4e43-903e-5bd19bcdf72bc.jpg
着物の数ヵ所にある家紋は東久邇宮家の紋章。
東久邇宮家は1947年に離脱した旧皇族。
東久邇宮家はGHQとの繋がりが強かったようで、
その関係でアメリカに品物が残っていたのではないかとの事。

次はこちらの
IMG_3406c.jpg
IMG_3405c.jpg
こちらも菊の紋が中にあり、
恐らく閑院宮家か賀陽宮家の紋で、どちらも今は旧皇族となっています。

国内では皇族関係の物はかなり希少で
歴史的にも大事なもの。
価値をつけるのは難しいですが、是非大切になさってくだい。

番組ではリスナーの皆さんからのメッセージを募集しています。
メッセージを送ってくださった方の中から、抽選で毎週1名様に
東京日本橋の老舗すき焼き店「人形町 今半」の、
「特選 黒毛和牛 すき焼きセット(3人前/化粧箱入り)」をプレゼント!
imahan.jpg
必ず、住所、氏名、連絡先を明記して、メッセージ下さい。
番組への感想・質問から鑑定依頼まで何でもお待ちしてます。

◎メッセージはこちらから◎
鑑定依頼の場合は、jam@fmfukuoka.jpまで画像を添付してお送りください。
※鑑定依頼でお送り頂いた画像は番組ブログで紹介致します。
※鑑定依頼の写真は大きさが分かるように対象物(ペンなど)と一緒に撮影して頂けると鑑定の参考になります。

※番組内で紹介している買取・販売価格は参考価格です。