九州ゴスペルフェスティバル2019 in 博多

ゲスト
| 鈴木瑛美子  | K  | 佐藤竹善  | Full Of Harmony  | VOJA-tension |

9/14(土)出演

鈴木瑛美子

幼少期から家族と共に音楽に囲まれる環境のもと、7歳の時から作詞・作曲も始め、様々なステージ、
テレビ出演やCD音源収録にも参加する。
2015年7月高校1年生の時「全国ゴスペルコンテスト(ゴスペル甲子園)」にてボーカル部門優勝。
2016年9月テレビ朝日「関ジャニ∞のTheモーツァルト音楽王No.1決定戦」にて
“最強ゴスペル女子高生”として話題となる。
2017年2月「湖池屋」ポテトチップスのTV CMに出演。CMソングである「100% SONG」の
MUSIC VIDEOが動画サイトで再生回数150万回を突破する。
2017年7月LINE RECORDS第一弾アーティストとして「みんな空の下」(カバー曲)を発表。
2017年9月FINAL FANTASY XVオンライン拡張パック:戦友主題歌「Choosing Hope」を歌唱。
2017年10月「WBA世界ミドル級タイトルマッチ」村田諒太VSアッサン・エンダム戦にて国歌独唱。
2018年5月映画『恋は雨上がりのように』(主演:小松菜奈/大泉洋)の主題歌「フロントメモリー」(カバー曲)を歌唱。
2019年8月令和元年、シングル「FLY MY WAY / Soul Full of Music」にてメジャー・デビュー。

鈴木瑛美子 OFFICIAL WEBSITE


9/14(土)出演

K

韓国・ソウル出身のJ-POPシンガーソングライター。
2005年3月TBSドラマ「H2」の主題歌『over...』でデビュー。
同年11月CXドラマ「1リットルの涙」の主題歌『Only Human』が大ヒット。
その後リリースした1stアルバム『Beyond the Sea』はアルバムチャート初登場2位、30万枚を超えるヒットを記録。
このアルバムでアジアの男性アーティストとしては史上初のアルバムTOP3入りを果たした。
その年日本ゴールドディスク大賞「NEW ARTIST OF THE YEAR」など数々の賞も受賞。
2009年、外国籍としては史上初となる47都道府県ツアー「K style ~timelessnight~」、
2010年には自身初となる日本武道館公演など、圧倒的なライブパフォーマンスで高い支持を集める。
2011年1月より約2年間、国民の義務として兵役のため活動を休止。
2012年10月に陸軍軍楽隊を除隊。2013年5月に除隊後初となるミニアルバム『641』をリリース。
2015年、デビュー10周年を記念して自身2度目の全国47都道府県ツアーを行う。
2017年新たにレーベルをビクターに移籍し、テレビ朝日「科捜研の女」主題歌『シャイン』をリリース。
2018年1月24日にはニューアルバム『Storyteller』をリリース。2月3日の仙台公演を皮切りに
全国7大都市を回った「live K tour 2018~Storyteller~」を開催。
ライブ以外にもMCやラジオDJ、ナレーターなど幅広く活動している。

K オフィシャルサイト


9/14(土)出演

佐藤竹善

SING LIKE TALKING のボーカルとして’88年にデビュー。
’93年『Encounter』、’94年『Togetherness』の両アルバムはオリコン初登場1位。
現在まで14枚のオリジナル・アルバムを発表、総売上300万枚以上を記録している。
その活動と平行して’95年に発表したカバーアルバム『CORNERSTONES』から本格的にソロ活動開始。
’07年リリース『INDIGO』は、雑誌『ADLIB』によるアドリブ・アワード2007の国内グランプリを受賞。
その他、多数のアーティストのレコーディング参加、楽曲提供やプロデュースなども行い、高い評価を受けている。
毎年大阪で行われている、佐藤竹善 Presents Cross your fingers は21回 (2019年) を数える人気イベントで
数多くのアーティストとの共演を実現している。
2016年、6作目となるカバーアルバムシリーズ、「CRONERSTONES 6」を新日本フィルハーモニー交響楽団との共演でリリース。
東京フィルハーモニー交響楽団と一夜限りのライブを文化村オーチャードホールで行った。
SING LIKE TALKING 30周年記念ライブ「SING LIKE TALKING 30th Anniversary Live Amusement Pocket “Festive”」は、
2018年秋、大阪・東京・大宮・青森で行った。
2018年11月には、クリスマス企画アルバム「Little Christmas」を発売し、恒例となっているクリスマスライブ、
佐藤竹善 with The Jazz Creatures「Your Christmas Night 2018」は、過去最大となる全10公演が行われた。
今年2019年8月、SING LIKE TALKING Amusement Pocket 2019 を東京・大阪で行い、
デビュー30周年以降もますます活発な活動を続ける。

SING LIKE TALKING OFFICIAL WEB SITE


9/15(日)出演

Full Of Harmony

1997年、HIRO,ARATA,YUTAKAの3人でFull Of Harmonyとしてグループ結成。
1999年にF.O.Hとして「BABY」でインディーズ・デビュー。
同年10月「BE ALRIGHT」でREWIND RECORDINGSよりメジャー・デビュー。
当時珍しかった本格派R&Bを主体とし、Zeebra、RHYMESTERなどHIPHOPアーティストからフックアップされ、
DOUBLEやDREAMS COME TRUE 吉田美和とコラボレーションするなどこれまでなかったスタイルで一躍話題になる。
その後、Vincent Herbertのプロデュースでのレコーディングを皮切りに、NYではJoe’s Pubでのライブも行い、
Ne-YoやTeddy Rileyなどの豪華プロデューサー陣との制作でも高い評価を得た。
また、韓国映画「猟奇的な彼女」の日本語テーマ曲「I Believe」は映画共にヒット作になり、
映画「マッスルヒート」角川映画「戦国自衛隊1549」の主題歌「涙の数だけ」など、サウンドトラックも多く手がけた。
近年ではジャパニーズ男性R&Bアーティストをフィーチャーした「SUGAR SHACK」を主宰、
それぞれソロプロジェクトでも活躍の場を広げる中、今年2019年10月にメジャーデビュー20周年を迎えるにあたり、精力的に活動中。
現在FM FUKUOKAにて毎週金曜21時からレギュラー番組「音Maniacs」を担当中。

Full Of Harmony OFFICIAL WEB SITE


9/15(日)出演

VOJA-tension

亀渕友香&The Voices of Japan(VOJA)から生まれたボーカルユニット。
ゴスペルはもちろんのこと、さまざまな楽曲を固定観念にとらわれないボーカルワークで表現。
2016年11月キングレコードよりアルバム「WONDERLAND」でメジャーデビュー。
2018年7月には3rdアルバム「DIG IT!」をリリース。
2019年5月には元アンジー水戸華之介CD「アサノヒカリ」で異色コラボを実現。
めざましカントリーコンサートや、西川貴教の僕らの音楽、多数のテレビ出演のほか、AKB48紅白対抗歌合戦、
井上芳雄 byMYSELF スペシャルライブ、浜崎あゆみライブなどでのコーラス、
由紀さおり、麻倉未稀等多数のアーティストのCDでもコーラスとして参加。
テレビ、ラジオ、CM、コンサート、イベント等、全国でその歌声を響かせている。

【メンバー】
林夏葵、榊原暁、朝日美貴、増村エミコ、結城賢吾、高木美奈子

VOJA-tension Official Website

▲ PAGE TOP