fmfukuoka

387回 2018年3月17日オンエア

ゆうかのトークギャラリー

上陽咩さるこ(かむつやめさるこ)  

3月も中旬に入り、いよいよ春本番。
八女には、「九州オルレ 八女コース」や、
「くつろぎの森グリーンピア八女」で体験できる「森林セラピー」など、
季節に合わせた自然をたっぷりと楽しめる「アクティビティ」がありますが、
上陽町でも、歴史を学びながら散策できる
「上陽咩さるこ(かむつやめさるこ)」という町歩きイベントが開催されていると聞き、
早速、上陽咩さるこ協会 会長の野中鐵也さんにお話を伺ってきました。

s-DSC_6477.jpg s-DSC_6479.jpg
 
「何気ない風景の中に歴史を紐解くと、そこに劇的な空間があるんです...」
と教えてくれた野中さん。

始まりは4年前、過疎化が進み、人口が減る上陽町を何とかできないだろうか?
と考えていた野中さんは、趣味的なグループ「上陽咩の歴史と文化を語る会」を作り、
上陽町の歴史を散策しながら調べていたそうです。

そのノウハウを元に、散策コースを設定したのが、「上陽咩さるこ」。
実はこれ、日本書紀に表記された、奥八女地域のことなんです。
その名の通り、「上陽咩さるこ」では、日本書紀以前から伝わる歴史や、
上陽町のシンボル「石橋」の歴史などなど、
ボランティアガイドの皆さんから教えてもらいつつ、
自然豊かな上陽町の景色を楽しんで歩くイベントで、
現在4つのコースがあるんです。
 
野中さんは、今後、上陽町だけでなく、八女全体に「上陽咩さるこ」のコースを広げ、
14から15コース作り、それぞれの地域の魅力に触れた人たちが、
上陽はもとより、八女に移住してくれれば最高なんですけどね!!
と仰っていましたよー!!

皆さんも、上陽咩さるこに参加して、是非、
上陽町の歴史と自然を楽しんでくださいね!!

【上陽咩さるこ(かむつやめさるこ)】 次回の日程は...
 日時:4月7日(土) 9時30分から13時30分
 参加費:大人:1,500円(昼食・おやつ代含む)
      子供:500円(おやつ代含む、昼食が必要な場合は、+1,000円)
 申し込み:3月30日(金)締め切り
 お問い合せ:上陽支所総務課 電話 0943?54?2211
 

里山賃貸住宅

先ほどご紹介した「上陽咩さるこ」の取材でも、上陽町の人口が減っていて...と
野中さんがおっしゃっていましたが、
今年、上陽町では、移住希望者が実際に移住する前に、
里山暮らしを体験できる「里山賃貸住宅」という建物が建設中と聞き、
八女里山賃貸株式会社の沖雅之さんにお話を伺ってきました。

s-DSC_6483.jpg s-DSC_6486.jpg

昨年、実際に、埼玉から移住してきたという
北海道出身の沖さんも気に入ったという八女の暮らし。

実は、地方に移住したい!!と思う人は沢山いるにも関わらず、仏壇のことや、
地域活動に参加してくれるのか?などなど、地方だからこその難しさがあるそうで、
空き家はあるのに、なかなか貸してもらえない...
という状況がとても多いんだそうです。

そこで、まずは地域に慣れながら、
仕事や空き家探しも出来るような賃貸住宅があれば、
もっと移住へのハードルが下がるのでは?
と計画されたのが、この里山賃貸住宅。
 
元々、久木原小学校だった敷地内に、
柱と柱の間にも木材を使う「板倉工法」で、
ふんだんに八女の木を使って作られた2階建てのメゾネット型の集合住宅8軒が
今、まさに建築中なんです!!

実際に見学させてもらったのですが
目の前は美しい里山と清流が流れる風光明媚な景色、
さらに学校の校庭に建てられているので、裏庭や家庭菜園など、敷地が広いんです。
なんでも住んだ後には、地域の皆さんとの交流もおこなってくれるので、
子供がいるファミリー層には最高の環境ではないでしょうか?
 
今、田舎暮らし、里山暮らしを考えている皆さんは、
是非、問い合わせてみてくださいね!!

s-DSC_6489.jpg s-DSC_6495.jpg
 
s-DSC_6490.jpg s-DSC_6491.jpg

【里山賃貸住宅】
 賃貸開始:6月中には竣工式をおこない、7月から賃貸スタート予定
 場所:上陽町久木原 旧久木原小学校跡
 詳しいお問い合わせ: 福岡R不動産 電話:TEL:092-791-8180
               また、福岡R不動産のHPで詳細を見ることが出来ますよ。

Good Job 八女!

FM八女のスタッフの皆さんに、最新の八女の情報を教えて頂くGood Job八女!
今回は、FM八女の高木祥平さんに伝えて頂きました。


矢部屋許斐本家「桜小町」

来週23日(金)から25日(日)までの3日間、
八女市本町の「矢部屋許斐本家」で、
「桜小町」というイベントが開催されます。

八女市指定文化財にも登録された「許斐家住宅」に
日本画家やつまみ細工、こぎん刺し、小鹿田焼、博多曲物、
洋菓子作家、アジア民芸布など、様々な作家の作品が並びます!

24日には、筑前(ちくぜん)琵琶(びわ)の演奏会、
24日と25日にはカトラリー作家による「茶さじスプーン作り」も体験できます。

もちろん、おいしい八女茶が飲める、お煎茶やお抹茶などもありますよ!

すっかり春めいてきた八女市で、いろんな作家さんの感性に触れてみませんか?

日時は、午前10時から午後4時まで。
お問い合わせは、
矢部屋許斐本家 電話 0943-24-2020まで

プレゼント

今週の八女のお土産は、上陽町の美味しいお茶と羊羹をセットにして、
2名の方にプレゼント!!


応募方法は、住所、お名前、電話番号と番組で発表されたキーワードを明記の上、
FAXかEメール、もしくはコチラの応募フォームからご応募ください。

FAX番号   092-526-5300「茶のくに 八女は楽しい」宛 
Eメールアドレス yame@fmfukuoka.jp

オンエア曲

♪ 好奇心  / チェコ・ノー・リパブリック
♪ マグネット  / オーサム・シティ・クラブ


カテゴリ

月別アーカイブ