1/16放送分 その2 - ちんさやリターンズ (FM FUKUOKA/エフエム福岡)
fmfukuoka

1/16放送分 その2

ということで、スパ王様、残念でした。でも、メールくださいね。
今週のうんちくは、数の子。
ニシンの子なのに、なぜ数の子というのでしょうか?
その昔、ニシンは春告げ魚といわれ、厳しい冬が終わる頃に卵を抱いたニシンが
北海道沿岸ではたくさんとれていました。
しかし、いまではほとんどとれなくなり、現在はカナダを中心とした外国産がほとんどです。
それで、数の子も一時は食べるダイヤモンドと呼ばれるほどになりました。
また、「数の子」の文字通り、子孫繁栄の象徴としておせち料理にも欠かせなくなりました。
さて、数の子の由来ですが、ニシンをアイヌ語でカドといいます。カドの子、がなまってカズノコ、
になり、カズに数を当て字したので縁起物として扱われるようになったということです。
ファイルをダウンロード
コダカク、改め、クリスタルアイズのコーナーではアナタのすてきなマイテープエピソードを募集中です。

かかった曲
ともだち/松倉如子
ハレルヤ・ハリケーン/The Weather Girls
ユア・アイズ・オンリー/シーナ・イーストン
Voices Carry/Til Tuesday

アーカイブ