fmfukuoka

10月26日(金) CLUB THE. 大濠二丁目

CLUB THE. 大濠二丁目を大改造しよう!


ということで、今週もレギュラー陣、
『あったらいいな』の株式会社アライアンス住宅営業企画営業部 部長山村さん、
そして、商業建築デザイナーの安河内さんの登場です。

soko20181026.JPG


アジア人)「今回は、CLUB THE. 大濠二丁目を大改造していきます!!」


CLUB THE. 大濠二丁目

福岡市中央区大濠二丁目75
地下鉄「唐人町」駅 徒歩6分、都市高速「西公園」ランプ車4
総戸数 21邸 (2LDK3LDK

九州を代表する高級住宅地に建つ、高級マンションです。
4段階からなる強固なセキュリティ、車が見えないシャッターゲート
外の景色を楽しむため、大きなガラス窓になっています。
キッチンには、ディスポーザーもあり、生ゴミが出ないという快適さ
その他、いたるところで、高品質のものを散りばめています。

アジア人)「今週も、CLUB THE. 大濠二丁目の大改造のアイデアをだしていきます。今回は、山村さんの提案により、フルコネクトして大改造しようじゃないかという話になっています。その広さは、78.5坪、259平米です。」

斉藤ふみ)「今までの広さでできなかったことをするというコンセプトでやりたいと思います。」

安河内さん)「具体的なプランを考えないとね。」

アジア人)「露天風呂はできないんですよね。」

斉藤ふみ)「大きな窓際に大きなお風呂を造る話ですけど。」

山村さん)「できないですね。防水エリアがきまっているので、窓際に防水エリアを移動させるのが難しいです。決まっている位置だと可能ですけど。」

斉藤ふみ)「だったら、お風呂の位置は変えなくて、脱衣所との間をガラス張りにすると、ちょっとした広さを感じられるので、いいかもしれませんね。」

アジア人)「お風呂の近くにちょっとしたヨガなどができて、外の景色が見える部屋を造るのもいいね。そのあとすぐにシャワーを浴びれるし。」

斉藤ふみ)「あとは、サウナ。アライアンスの他の物件でも見たことがあるミストサウナとか。」

山村さん)「サウナは大丈夫です。浴槽だと、猫脚のものもありますよね。それも可能です。」

斉藤ふみ)「それ、最高です。猫脚のお風呂で、横でヨガもできて、サウナもある。」

安河内さん)「ジャグジーは?」

山村さん)「振動を抑えられないので、屋内では難しいです。」

斉藤ふみ)「ライオンの口からお湯が出てくるのもしたいですね。」

アジア人)「超成金やん。」

山村さん)「ユニットバスで、肩から打たせ湯が出てくるものがありますよ。壁を一枚のガラスで仕上げているお風呂もあります。」

斉藤ふみ)「そんな色んなシステムを組み込んで、普通のお風呂じゃできないようなものに仕上げたいです。すると、お風呂が楽しくなる。」

アジア人)「そういうのは広くないとできないからね。」

斉藤ふみ)「寝室や子供部屋も頑張って提案していきますよ。」

来週もCLUB THE. 大濠二丁目のアイデア出しです。
お楽しみに。


さて、大濠公園周辺のスポットを取材してきましたので、ご紹介しましょう。

TABLE RECIPE
福岡大濠公園店

tare1.JPG

福岡市中央区大手門3-4-1
092-736-3330
11
00 - 1900
定休日 日曜・夏季年末年始
http://table-recipe.com/shop/r/rshop03/

tare2.JPG

ブルーミング中西という布を扱う会社の直営店になります。
お店の半分でハンカチ専門店を、そして、こちらは、
テーブルファブリック専門店になります。
TABLE RECIPE
というお店は、ここと東京にしかなく、
全国的に見てもテーブルクロスを中心にしているお店は珍しいです。

まず、テーブルクロスですが、輸入品もありますが、
オリジナルのテーブルクロスでメインは、「デリシャスカラー」というシリーズ。

tare3.JPG
無地で30色ほど用意され、既成のサイズから、オーダーサイズも可能です。

tare4.JPG
一番のウリは撥水加工で、普通の水だと弾いて
玉のようになっているので、すぐに拭き取れますし、
濃度が濃いものやケチャップなどは、濡れタオルを当てて、
後から洗濯すれば汚れが落ちます。
洗濯しても、すぐに撥水効果がなくなることはありません。
(ただし柔軟剤の使用は不可)
4人掛けで使用できる130×170cmのサイズで、5400円(税別)とお手頃価格。
他にも、薄手、軽く透けているオーガンジーのテーブルクロスなどもありました。
(これも撥水加工)

tare5.JPG
ランチョンマットも、もちろん、撥水加工で1,000円です。

テーブル・ファブリックを選ぶコツを教えて頂きましたが、
クロスは無地のほうが、ランチョンマットや、
テーブルランナーと合わせやすいそうです。
普段使う場合は、家の壁紙、床、椅子などの色でも違うので、アドバイス頂けます。
また、クロスをずらして2枚掛けすることもあります。
ハロウィンやクリスマスなどのイベントや季節によって変えたりしても良いです。
万年クロスではなく、変えることで、部屋の雰囲気が楽しくなり、
料理も美味しくなりますとのこと。
実際に、テーブルファブリックの違いを体験してもらうために、
ランチやカフェもあります。
もっと詳しくなりたい方は、年に4回ほど、本社から
テーブルコーディネーターの資格を持っている方が来てのレクチャー
がオススメ。
基本4,500円くらいですが、和スイーツやランチなどのセットでも受講料は変わります。
11
月に予定しているそうなので、興味がある方はお問い合わせ下さい。

また、食器類も販売していて、これもリーズナブルです。

謎のアジア人が気に入ったのは、ガラス製で
小さなグラスがスタッキングができるもの。
tare6.JPG
4
つのグラスで、1,200円と安いです。
通常のグラスで、500円から1,100円くらいです。

他に、アミューズ・グラスが、2,200円。
tare7.JPG
白(中が金)、黒(中は銀)の2種類がありました。

tare8.JPG
ボトルホルダー(13,000円)、デカンタ・カラフェ(13,000円)、
ワインクラー(30,000円)などもオシャレで、
プレゼントにもぴったりなものがたくさんあります。


番組では、皆さんからのメッセージをお待ちしています!
「マンションの賢い買い方」など、マンションに関する質問
「こんな風に大改造して!」など、番組に対してのメッセージなど、
どしどしご応募ください。
メールは、こちら!!
soko@fmfukuoka.jp


メッセージ

メッセージはこちらから↓
soko@fmfukuoka.jp

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ