fmfukuoka

5月11日(金) Alic Style ドゥプレイス篠栗III

Alic Style ドゥプレイス篠栗IIIを大改造しよう!!

 

ということで、今週もレギュラー陣、

『あったらいいな』の株式会社アライアンス

住宅営業企画営業部 部長山村さんの登場です。

soko20180511.JPG

Alic Style ドゥプレイス篠栗III

糟屋郡篠栗町大字乙犬995番地3

JR「門松駅」から徒歩5分。JR「門松駅」から博多駅までは、17分

都市高速「粕屋」インターまで車で8分、九州道「福岡」インターまで車で4分

スーパーまで徒歩3分、イオンモール福岡まで車で9分

幼稚園、小学校も徒歩18分、病院は徒歩1分の場所にあります。

 

15階建て、3LDK、4LDK、総戸数54邸、

全邸南向き、フリーオーダープラン

奥行き2.5mのフルテラスバルコニー(約11帖)

 

大改造のテーマも決まりました!

『引力のある家 まるで磁石のように』

都会的なデザインと機能性を求めた空間作りをテーマに、

対極にあるものが引き合っている部屋作りをしていきます。

 

大改造する部屋は、4LDKのAタイプ

http://www.sasaguri3.jp/image/plan/pdf/atype.pdf

soko20180504_atype.jpg

住戸専有面積80.34平米

バルコニー面積23.15平米

南西の角部屋です。

 

斉藤ふみ)「引力だから、大きく言うと『人と人が引き合う』。人を招待したくなる、お邪魔したくなる、家に帰ってきたくなる。」

アジア人)「『家に帰ってきたくなる』は、ドキッとしますね。」

斉藤ふみ)「ストレスがない家ということですよ。」

アジア人)「大改造する部屋は、4LDKのAタイプで、南西の角部屋。住戸専有面積80.34平米、バルコニー面積23.15平米ですよ。」

山村さん)「もうバルコニー面積は当社のスタンダードな広さです。」

斉藤ふみ)「普通はこんなに広くないんですけどね。」

アジア人)「福岡の一般的なビジネスホテルのツインくらいの広さですよ。」

山村さん)「賃貸のワンルームで18平米くらいです。」

アジア人)「今日はどこから大改造していきますか?玄関ですかね。」

斉藤ふみ)「玄関は何か特徴がありますか?」

山村さん)「大型のシューズボックスがあります。また、角部屋ですので、玄関前を通過する人がいないので静かだということも特徴です。」

斉藤ふみ)「もちろん、玄関扉を変えることはできませんよね?」

山村さん)「残念ながら。」

アジア人)「オープニングで話した、アメリカの長官執務室に使っている250万円以上の扉にするのは?」

斉藤ふみ)「可能ならばしたいです。」

アジア人)「でも、絶対に帰って来れなくなりそう。」

斉藤ふみ)「まあ、玄関扉は普通でいいと思うんですけど、シューズボックスが大型じゃないですか。お客様が来た時に、扉をわざわざ開けて靴を片付けるのはどうかなと思うんですよ。だから、ちょっと靴を置けるシューズ棚があるといいなと思います。例えば、端の一列くらいを扉なしの棚にしてしまうとか。」

アジア人)「私は、下2段がいいな。」

安河内さん)「それが良いかも。」

山村さん)「もうすでになっています。シューズボックスの下が開いています。」

アジア人)「もうやられていましたか。じゃあ、玄関扉の内側にもう1つの扉を付けて、そこにも鍵を掛けられるようにしたらどうですか。昔は、玄関から先は見えないような扉があったじゃないですか。」

山村さん)「室内ですから構いませんよ。」

斉藤ふみ)「それは、どこに作るんですか。」

山村さん)「スリッパを履いてすぐの場所とかですか。」

斉藤ふみ)「重厚感はありますけど、圧迫感もありますね。」

山村さん)「玄関でオーダーが多いのは、シューズボックスの扉を引き違いにできないかという注文です。玄関はそんなに広くないので、扉を開くときに避けないといけないんですよ。ただ開口部が小さくなるという欠点はあります。」

斉藤ふみ)「半分ずつ開くなら、それでいいですよ。好きです。ちなみに、色は白ですか?」

山村さん)「白ではなく、木目調で色が付いてピカピカしていますね。ただ、引き違いにするなら、面が大きくなるので、色は壁あわせにしたほうが良いかもしれません。」

斉藤ふみ)「じゃあ、壁を木目にすればいいんですね。」

山村さん)「それでもいいんですけど、普通は白にしたほうが良いかも。狭い空間に色を持ってくるのは圧迫感があるので、勇気が必要です。」

アジア人)「ただ、真っ白だと玄関の下が黒ずんでいることないですか?」

山村さん)「かかとを当てているんですよ。」

アジア人)「だから、そこが黒ずんだりしないような工夫もしたいですね。」

 

来週も、大改造のアイデアを出していきます。

お楽しみに。

 

 

さて、篠栗町周辺のスポットを取材してきましたので、ご紹介しましょう。

 

天龍ラーメン

simetenryu1.JPG

糟屋郡志免町南里1-3-31

092-935-1588

11:30 - 20:00 (金・土・日)22:00 (スープ・麺がなくなり次第終了)

定休日 木曜日

simetenryu2.JPG

通称ドラゴンロード、68号線、

新屋敷の交差点近くにあるラーメン屋さんです。

席はカウンターのみで、ちょっと新しいお店だなと思いましたが、昭和47年創業。

先代の大将は、イチから自分で切り開いてラーメン屋をスタート。

3年半前にリニューアルして、先代もお孫さんである

森崎さんが2代目として継いでいます。

ちなみに、2代目のお父さんは会社員ですが、

土日はずっとお店のお手伝いをしています。

リニューアルした時に、特注の羽釜を導入したり、

スープの管理方法などを変えましたが、

基本的には、昭和47年からのやり方を貫いています。

 

ここのスープは呼び戻し。

豚骨を丸1日、ずっと混ぜながら炊き、前のスープに新しいのを継ぎ足していきます。

混ぜるのは、気候や骨の具合によって調整していて、

混ぜると骨が砕け、市販のスープでは出せない旨味を出しています。

そして、麺は自家製麺。

極細で、塩、卵は使わず、小麦粉とかん水のみ。

手間をかけ、歯ごたえだけ出して、かん水の味がないです。

作っているところを見ていましたが、平ざるで麺上げしていて、かなりの業師です。

いくつか食べてきました。

 

【チャーシューメン】(700円)

simetenryu3.JPG

基本のラーメンにチャーシューを増やしたもので、1番人気です。

ここのチャーシューは珍しく、腕ロースを使っています。

肉を縛って半日間煮て、タレに絡めています。柔らかくて、美味しいです。

スープはクリーミーです。

 

【みそラーメン】(650円)

simetenryu4.JPG

豚骨に独自の合わせ味噌を加えたもので、味噌豚骨になります。珍しい。

こちらの具材は、ネギ、チャーシューの他に、もやしもトッピングしています。

味噌と豚骨のバランスが良いです。

 

【チャーハン】(1人前500円、半チャーハン300円)

simetenryu5.JPG

昔懐かしい味で、熱い御飯を使い、ネギ、蒲鉾、チャーシューを刻んで、

ラーメンだれと、胡椒のみで味付けしています。

ラーメンとの相性も良いです。

御飯ものを頼むと、沢庵が出てくるのも嬉しいです。

(我々は半チャーハンでしたが出てきました)

 

替玉は100円で、ギョーザもあり、お得なペアセットなどもあります。

simetenryu6.JPG

辛子高菜、紅生姜、胡麻、調味料がカウンターにありますので、

お好みでお使い下さい。

また、日常に寄り添える一杯をということで、

3月1日からラーメンを50円値下げしたそうです。

スゴイ!!

とにかく人気店で、早いと15時くらいには麺とスープがなくなり閉店します。

 

番組では、皆さんからのメッセージをお待ちしています!

「マンションの賢い買い方」など、マンションに関する質問

「こんな風に大改造して!」など、番組に対してのメッセージなど、

どしどしご応募ください。

メールは、こちら!!

soko@fmfukuoka.jp

 

メッセージ

メッセージはこちらから↓
soko@fmfukuoka.jp

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ