fmfukuoka

9月15日(金) Alic Style 行橋駅前ザ・テラス

| コメント(0)

Alic Style 行橋駅前ザ・テラスを大改造しよう!!

 

ということで、今週もレギュラー陣、

『あったらいいな』の株式会社アライアンス

住宅営業企画営業部 部長山村さんの登場です。

soko20170915_1.JPG

Alic Style 行橋駅前ザ・テラス

行橋市西宮市2丁目1番29

JR行橋駅まで徒歩3分、ふれあい公園まで徒歩2分、

ゆめタウン行橋まで徒歩9分

JR行橋駅から、小倉駅まで特急で14分、博多駅までは60分。

東九州道「行橋インター」まで、車で5分

 

大改造するお部屋のタイプ 4LDKのAタイプ

住戸専有面積 94.23平米  バルコニー面積 53.15平米

 

テーマは、

『フォー・シーズンズ・ハウス?ビバルディによせて?和の心』

四季を感じて、その中にオシャレに和の要素を取り入れていきます

 

アジア人)「今日は、リビング・ダイニングの大改造の続きです。ダイニングの床はどうしましょうか。」

soko20170908living.jpg

斉藤ふみ)「もう決まったものがありますよね。」

山村さん)「高耐久のフロアを使っているので、変えないほうが良いと思います。」

斉藤ふみ)「何色がありますか。」

山村さん)「白木風の白樺と、赤みがかった茶色のチェリーになります。」

斉藤ふみ)「私は、赤みがかった茶色のチェリーがいいと思います。」

アジア人)「天井に格子を付けるなら、色があったほうがいいでしょうね。」

斉藤ふみ)「例えば、両方使うことはできるんですか?例えば、ダイニングとリビングで色を変えるとか。」

山村さん)「標準のフローリングの材料では、できないです。」

アジア人)「では、床は赤みがかった茶色のチェリーを使ったフローリングで決定。次は、キッチンの改造です。」

斉藤ふみ)「キッチンでいうと、コンロの前に壁がありますけど。」

山村さん)「防火用の壁です。ダイニング側から見るとただの壁ですけど、キッチン側には、上に薄型シロッコファンが付いています。」

斉藤ふみ)「なんか、普通だと面白くないですよね。このダイニング側の壁に、随分前に話が出たけれど、予算の関係で断念した組子を使いたいなぁと思うんですけど。」

安河内さん)「和のテイストを入れたいね。」

山村さん)「金に糸目をつけなければ可能ですけど。」

斉藤ふみ)「やっぱり、そんなに高いんですね。」

アジア人)「大川組子の本物は高いんですけど、今は流行っているし、インテリア用に安いものもあるのではないかと思うんですよ。飲食店でも使っていますから。」

安河内さん)「そこは、もう一度調べてみてもらいましょう。」

斉藤ふみ)「それが可能だったら、キッチンカウンターの下の食器棚も、中が見えないすりガラスで組子を使うと良くないですか。」

山村さん)「そりゃ、お金をかけると格好良くなりますよ。」

斉藤ふみ)「じゃあ、食器棚の扉をアンティークのものに替えることはできますか。」

山村さん)「寸法があえば可能です。」

安河内さん)「ピタッと合うのは難しいでしょうね。飲食店などではやりますね。古民家風だったり。でも、扉に合わせて全て作っていくから可能なんですよ。」

山村さん)「アンティーク風に作るという手もありますが、なかなか上手くでいないんですよね。」

安河内さん)「フェイクはフェイクだからね。」

アジア人)「天井から格子枠を吊り下げているので、同じ木材の薄い板を貼るのはどうですか。」

山村さん)「今回、表面材料に非常に良いものを使っています。だから、その上に貼ると、機能を失ってしまいます。」

アジア人)「どんな機能なんですか。」

山村さん)「汚れが付きにくかったり、撥水だったりです。」

アジア人)「キッチン周りだから、機能性を重視しているんですね。」

斉藤ふみ)「じゃあ、格子枠と同じ材質で扉を作ることは?」

山村さん)「不可能ではないんですが、機能を失ってしまいます。」

アジア人)「機能をとるか、デザインをとるか。」

斉藤ふみ)「じゃあ、機能重視ということで。ちなみに色は何色ですか?」

山村さん)「中間色で、ベージュに近いです。」

安河内さん)「じゃあ、格子枠とも違和感はないですね。」

 

この続きは、また来週。

お楽しみに。

 

 

さて、行橋市周辺のスポットを取材してきましたので、ご紹介しましょう。

 

ラーメンの横綱 勝山(しょうざん)

ramenshozan1.JPG

京都郡みやこ町勝山箕田388-1

0930-32-4521

営業時間  11:00 - 21:00 ※売り切れる場合もあります

定休日 水曜日(祭日の場合、翌日休み)

 

できて35年になるラーメン屋さんです。

なんと、「勝山」と書いて「しょうざん」と読むようになったハシリのお店です。

大将の白水さんは、食べるのが大好きで、

食べ歩きしながら独自のラーメンを勉強し、29歳の時に、この店をオープンしました。

お弟子さんが、各地でお店を作っています。

ここは、豚骨ラーメンで、丸みを出すために独自の工夫をしています。

10時間以上、豚骨を煮込んでスープを取り、毎回使い切るタイプです。

麺は細麺のストレート。

ramenshozan2.JPG

とにかくラーメンの種類が多いです。12種類。

ラーメン(550円)、チャーシューメン(750円)、みそラーメン(750円)、

ワカメラーメン(650円)、キムチラーメン(650円)、高菜ラーメン(650円)、

ワンタンメン(750円)、激辛ラーメン(650円)、のりラーメン(650円)、

メンマラーメン(650円)、もやしラーメン(650円)、

チャーシューワンタンメン(950円)。

 

一番人気は、ラーメン(550円)か、チャーシューメン(750円)。

ramenshozan3.JPG

チャーシューメンは、ベースのラーメンの上に、

麺が見えないくらいチャーシューがのっています。

チャーシューは自家製。

豚バラを使い、タレを絡めながら煮込んでいったものです。

薄切りしているので、麺と一緒に食べられます。

ジューシーで食べやすいチャーシューです。

他に、ネギ、もやし、胡麻が入っています。

もちろん、ネギは勝山ネギです。

 

みそラーメン(750円)

ramenshozan4.JPG

ベースが豚骨で、赤味噌をベースにした自家製あわせ味噌を入れています。

シナチク、海苔、ネギ、チャーシューが入っています。

太めの縮れ麺で、味噌の味がしっかりしています。

 

替玉は150円、煮たまご(100円)などのトッピングもあります。

 

他には、ギョーザ(340円)、

チャーハンはなく、おにぎり(1個90円)か、めし(大中小)という潔さ。

ちなみにお米も地元、勝山米(しょうざんまい)です。

 

昼時は、お客様で一杯です。

 

番組では、皆さんからのメッセージをお待ちしています!

「マンションの賢い買い方」など、マンションに関する質問

「こんな風に大改造して!」など、番組に対してのメッセージなど、

どしどしご応募ください。

メールは、こちら!!

soko@fmfukuoka.jp

 

 

 

コメントする

メッセージ

メッセージはこちらから↓
soko@fmfukuoka.jp

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ