fmfukuoka

5月26日(金) Alic Style 行橋駅前ザ・テラス

Alic Style 行橋駅前ザ・テラスを大改造しよう!!

 

ということで、今週もレギュラー陣、

『あったらいいな』の株式会社アライアンス住宅営業企画営業部 部長山村さん、

そして、商業建築デザイナーの安河内さんです。

soko20170526.JPG

Alic Style 行橋駅前ザ・テラス

行橋市西宮市2丁目1番29

JR行橋駅まで徒歩3分、ふれあい公園まで徒歩2分、

ゆめタウン行橋まで徒歩9分

JR行橋駅から、小倉駅まで特急で14分、博多駅までは60分。

東九州道「行橋インター」まで、車で5分

 

大改造するお部屋のタイプ 4LDKのAタイプ

住戸専有面積 94.23平米  バルコニー面積 53.15平米

 

テーマは、

『フォー・シーズンズ・ハウス?ビバルディによせて?和の心』

四季を感じて、その中にオシャレに和の要素を取り入れていきます

 

アジア人)「今週も、7帖の『洋室1』を大改造しようと思います。主寝室にあたる部屋です。この部屋は洋風でいいんですよね。」

yukuhasi20170512.jpg

斉藤ふみ)「マンションではなかなかない広さ、7帖ということで、真ん中に天蓋ベッドが置けるので、洋風がいいかなって思います。だから、天井に木を渡らせて、レースカーテンを垂らせるようにしたいです。ところで、最近、ホテルなどで、元々ソファなどを置く場所だけが1段高くなっている造りがありますよね。それをこの部屋にもして、その上にベッドを置くってどうですか?そうしたら、腰掛けることもできるし、和にしたい方は、ふとんを敷いてもいいし。その段差がある部分は収納にします。」

山村さん)「床を上げるのではなく、箱を作って持ってきましょうか。まず、床を上げると模様替えできないリスクがあります。ちなみに、モデルルームは、ベッドのために台を作って、その上にベッドを置くということをしています。さらにベッドを光らせていますし。」

斉藤ふみ)「もうやっていたんですね。そうでしたね。思い出した。本当は電動式で床が上がるようにしたかったんですけど。」

アジア人)「下の階の人が大変な目にあってしまいます。」

山村さん)「ベッドや家具なども組み立ててその場に置くことがありますから、台で大丈夫だと思います。」

アジア人)「ちなみにホテルの雑誌でウッドを多用した和モダンな感じで天蓋ベッドにしているのをみたことがあります。」

斉藤ふみ)「素敵です。箱も床と同じ作りつけにしたら同じ風情になるじゃないですか。その箱を作りましょ。」

山村さん)「それはやろうと思えばできます。家具になりますので。ただ、天蓋を付けるとなると、照明の位置を考えないといけません。ダウンライトで処理するのか、折り上げ天井にして部屋の縁を明るくするのか。天井が高くないので、ダウンライトの処理の方が良い気がします。」

斉藤ふみ)「その場合、真ん中にも照明を付けるんですか?

安河内さん)「基本、つけません。天蓋が光を通す素材なら、真ん中につけるもの良いですが。寝室だから、スタンドライトを足りない場所に足すという手もあります。」

アジア人)「濃い茶系の木枠だと和っぽくなりますよ。」

安河内さん)「じゃあ、また和に戻るわけですか。」

斉藤ふみ)「アジア人さんが、あんなこと言うからですよ。ちなみに、床と天井を同じ素材にすると重たいですか。」

山村さん)「ベッドを家具で作って、天井と床を同じ素材にしたら、かなりコテコテすると思います。皆さん、ホテルの部屋を見て考えていらっしゃいますけど、ホテルの部屋は基本的に寝る場所なので、夜をイメージして作って良いんです。ところが、住宅の寝室は、寝るだけではありませんから。寝るだけのために作ると、それ以外の用途に向かなくなってしまいます。」

安河内さん)「凝れば凝るほど飽きてくるというのもあるし。シンプルにして、5年後には変えられるようなフレキシブルさは必要ですね。まあ、天蓋のテキスタイルによっても部屋のイメージが変わりますよ。」

斉藤ふみ)「私のイメージは白のレースなんですけど、住まれる方の好みで良いと思います。」

 

来週も、大改造していきます。

お楽しみに。

 

 

さて、行橋市周辺のスポットを取材してきましたので、ご紹介しましょう。

 

味八

ajihachi1.JPG

行橋市大字長木149-1

0930-24-7202

営業時間  11:00 - 17:00(お持ち帰り 18:00まで)

定休日 火曜日

ajihachi2.JPG

201号線沿いにある、38年前に創業した大人気のラーメン屋さんです。

店主の有吉直斗さんは、2代目。

びっくりしたのがボリューム。

舐めて注文したら大変なことになります。

何も知らなくて注文したら、出てきた時に笑ってしまいます。

いくつか食べてきました。

 

【やきめし】(570円)

ajihachi3.JPG

ノーマルなものと、高菜やきめし、ケチャップやきめし、

カレーやきめし、レタスやきめしの5種類。

その中から、ノーマルなものをチョイスしました。

これが一番人気で、この店では、お米を毎月800kgから900kgくらい、

卵は1週間に100kg(2500個)使うそうです。

素材にもこだわり、お米は犀川産。

水加減が安定していて、美味しい焼飯に出来るそうです。

卵は30年前から使っている「アジムひの木卵」。

黄身の色が良く、黄色が深いので、やきめしに映えます。

それに、自家製チャーシュー、勝山葱などの水分が少ない葱、

調味料にもこだわり、ラードも100%です。

醬油ベースのやきめしなので、卵かけ御飯に近いやきめしです。

炒め方と味付けも良く、ベタベタせず、懐かしい味でした。

ハーフでお玉1杯、普通で2杯、大盛りで3杯というボリュームです。

 

【ちゃんぽん】(700円)

ajihachi4.JPG

次に人気のメニュー。

特注の釜で毎日取った新しい豚骨スープのみを使い、臭みもありません。

麺は、毎日、長崎から唐あくを使ったものを取り寄せているので、本格的です。

具材は、キャベツ、もやし、ニンジン、豚肉、海老、イカ、かまぼこ。

ボリューム満点。

特に大盛りは、周りがざわつくほどの量です。

 

【らーめん】(570円)

ajihachi5.JPG

豚骨スープのラーメンです。

チャーシューと、小葱を散らし、海苔も入っています。

ボリューム満点ですが、意外とあっさりした脂で、細麺なのでツルッと食べられます。

ラーメンはセットも人気で、御飯と餃子が付いた「らーめんセット」(880円)、

「半やきめしセット」(830円)、

半やきめしと餃子が付いた「味八セット」(1010円)もあります。

 

【焼きギョーザ】(8個360円)

ajihachi6.JPG

博多の人が見たらびっくりするくらい大きな餃子です。

(3口分くらい)

キャベツ、豚肉、ニンニク、生姜などを使っています。

なんと、ニンニクも生姜も国産なので、香りが良いです。

しかも、水ではなく、豚骨スープを差して、焼いています。

 

【からあげ】(570円)

ajihachi7.JPG

これも、キャベツの千切りに、唐揚げが6個くらい(300g)入ってボリューム満点。

鶏肉を醬油、生姜のタレに漬け込み、衣がカリカリで中はジューシー。

 

「皿うどん」(700円)も長崎から麺を取り寄せていて、人気です。

ボリューム満点なので、皆でシェアしながら食べるグループも多かったです。

全てのメニューが、お持ち帰りもできます。(容器代20円)

是非、お立ち寄り下さい。

 

番組では、皆さんからのメッセージをお待ちしています!

「マンションの賢い買い方」など、マンションに関する質問

「こんな風に大改造して!」など、番組に対してのメッセージなど、

どしどしご応募ください。

メールは、こちら!!

soko@fmfukuoka.jp

 

 

メッセージ

メッセージはこちらから↓
soko@fmfukuoka.jp

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ