fmfukuoka

5月19日(金) Alic Style 行橋駅前ザ・テラス

Alic Style 行橋駅前ザ・テラスを大改造しよう!!

 

ということで、今週もレギュラー陣、

『あったらいいな』の株式会社アライアンス住宅営業企画営業部 部長山村さん、

そして、商業建築デザイナーの安河内さんです。

soko20170519.JPG

Alic Style 行橋駅前ザ・テラス

行橋市西宮市2丁目1番29

JR行橋駅まで徒歩3分、ふれあい公園まで徒歩2分、

ゆめタウン行橋まで徒歩9分

JR行橋駅から、小倉駅まで特急で14分、博多駅までは60分。

東九州道「行橋インター」まで、車で5分

 

大改造するお部屋のタイプ 4LDKのAタイプ

住戸専有面積 94.23平米  バルコニー面積 53.15平米

 

テーマは、

『フォー・シーズンズ・ハウス?ビバルディによせて?和の心』

四季を感じて、その中にオシャレに和の要素を取り入れていきます

 

アジア人)「今週も、7帖の『洋室1』を大改造しようと思います。主寝室にあたる部屋ですね。」

yukuhasi20170512.jpg

山村さん)「マンションでは7帖というと、非常に広いくて珍しい部屋になります。株式会社アライアンスの物件ではよくありますけど、一般的な4LDKでは、4.5帖、5帖などが多いですから。」

斉藤ふみ)「当たり前になりすぎてて気がつきませんでしたが、確かにそうですよね。この広さを活かすには、ドイツに行くしかないですね。」

アジア人)「番組冒頭の話を引っ張りますね。」

斉藤ふみ)「でも、世界の建築を見て取り入れることってありますか。」

山村さん)「当然、日本ならではのこともありますが、ベネチアングラスとか、タイルのように、材料とかは外国のものも多いですよね。」

アジア人)「イタリアの物が多いですね。」

安河内さん)「イタリアはカーペットを張るくらいなら石を貼れって言いますから。」

斉藤ふみ)「それは是非、番組で研修旅行に行きたいです。ドイツの建築ってどうなんですか?」

山村さん)「生活のスタイルそのものが違いますから。」

斉藤ふみ)「煉瓦のイメージしかないんですけど。」

アジア人)「煉瓦の街もあるよね、おとぎの世界の街みたいな。」

斉藤ふみ)「先週までバルコニーに続くウッドデッキにしようという話でしたが、煉瓦でもいいかなって思い始めましたんですよね。」

安河内さん)「でも、タイトルでは『和の心』って言ってますけど。」

斉藤ふみ)「そうでしたね。和っぽい煉瓦ってありますか?和と煉瓦って合うんですか?」

山村さん)「きっと合わないと思いますが、煉瓦って製法上は、焼物なので、瓦と同じなんです。僕らの感覚ではタイルの一部のように捉えています。」

安河内さん)「話を戻すけど、2ヶ所の掃き出し窓があるから、この部屋は7帖以上に広く感じると思います。」

斉藤ふみ)「この掃き出し窓を開き扉にすることはできますか。」

山村さん)「これまで何度も言っていると思いますが、共有スペースになりますので、できません。」

斉藤ふみ)「では、窓枠内に窓が残らないようにする方法はありますか。」

山村さん)「残念ながらありません。工事できませんから。」

アジア人)「戸袋を作ろうと思ったら、壁を壊さないといけませんから。」

山村さん)「マンションの企画段階でその話があれば、クローゼットの扉のような折れ戸という方法があります。ただ、閉めた時に枠が多いので鬱陶しく感じますし、重いんですよね。」

斉藤ふみ)「逆に企画段階であれば、やれるということですか。」

山村さん)「そうですね。そういうサッシュを準備すれば良いわけですから。」

斉藤ふみ)「では、ガラスの素材を変えたり、枠を木枠にすることはできますか?」

山村さん)「できません。しかも、ペアガラスのため、熱割れが起きやすくなるので、フィルムも貼れません。」

斉藤ふみ)「部屋とバルコニーが続く場所に現実感を持たせたくなくて、リゾート感を出したいんですけど、何か良いアイデアありませんか。格子みたいなものを内側に1枚作ることは可能ですか?」

山村さん)「それは可能ですよ。内障子みたいなものですよね。」

アジア人)「でも、格子を閉めたら、外が見えなくなってしまいますよ。」

山村さん)「紙を貼らなかったり、細いリブだけの格子にしたり、色々方法はあります。」

アジア人)「でも、天蓋ベッドも置きたいという話でしたよね。それと障子って合うかな。」

斉藤ふみ)「ちょっと思いつきで言っちゃいましたね。障子じゃなくても良いんですけど、窓に現実感を出さずに和の要素を入れたいんですよ。それ以外は天井に天蓋が付けられるフックや木を渡して欲しいと考えています。」

アジア人)「柱がない天蓋なら、蚊帳ですね。」

斉藤ふみ)「それ、言わないで。」

安河内さん)「でも、蚊帳は和の心ですよ。」

山村さん)「失敗すると病院のベッドになりますね。」

斉藤ふみ)「だから天蓋の替わりにベッドをカーテンで囲むのはナシです。」

アジア人)「まあ、つまり、この部屋は洋風ということですね。」

斉藤ふみ)「そうです。で、ベッドは部屋の真ん中に置いていいですか。」

山村さん)「天蓋を付けるなら真ん中に置くしかないでしょうね。ところで、和風の部屋にしているホテルや旅館のベッドは極端に低いですよね。でも、天蓋を付けるんですよね。」

アジア人)「天蓋ベッドって、少し高いんですよ。」

安河内さん)「和風ベッドで低くすると、その天蓋の代わりに和風になるのは簾とかになるのかなぁ。」

斉藤ふみ)「もう少しベッドルームとして研究しましょう。」

 

来週も、大改造していきます。

お楽しみに。

 

 

さて、行橋市周辺のスポットを取材してきましたので、ご紹介しましょう。

 

ケーキ屋サン

cakesun1.JPG

行橋市神田町2-12 まんさくタウン1-3

0930-26-7557

営業時間  9:30 - 19:30

定休日 だいたい木曜日

cakesun2.JPG

Alic Style 行橋駅前ザ・テラスのすぐ近くにある、

2005年にオープンしたケーキ屋さんです。

オーナーシェフの竹本さんは、学生時代からお菓子を作るのが大好きで、

高校卒業後、筑豊の「萬平浪漫」で修行して独立。

 

気軽に来てもらって、安いものからこだわったものまで

選んで頂ける町のケーキ屋さんです。

地元のフルーツをよく使い、イチゴは勝山の農家から朝摘みを直送してもらったり、

季節によっては、桃やイチジクなども使います。

cakesun3.JPG

また、定番商品から毎週入れ替わるケーキや、夏にはジェラートもあります。

常時、だいたい30種類ほど置いています。

その他の素材も鮮度にこだわり、作りたてを出すようにしています。

いくつか食べてきました。(価格は税込)

 

【うちのミルクレープ】(454円)

cakesun4.JPG

生クリームとカスタードクリームをクレープ生地に包み、2段重ね。

その上にさらにクリームとイチゴをのせています。

クリームとイチゴがたっぷり。

クレープ生地が柔らかく、クリームは程よい甘さで、新鮮なイチゴが美味しいです。

何層にもなっていて、食感も良いです。

 

【チョコレンガ】(432円)

cakesun5.JPG

下から、バニラクリーム、プレーンスポンジ、チョコクリーム、

チョコスポンジ、ガナッシュの層になっていて、それをグラサージュ。

上にはココアパウダーをかけています。

全体的にすっきりした甘さで、ガナッシュのビターで引き締まる、大人な味です。

 

【カスタードパイ】(129円)

cakesun6.JPG

パイ生地の中にたくさんのカスタードクリームが入っています。

パイ生地がサクサクで、カスタードクリームがしつこくなくて美味しいです。

 

【牛乳ぷりん】(216円)

cakesun7.JPG

牛乳と生クリームを寒天でプルプルに固めたものです。

牛乳の濃厚な甘さがあり、講習会で作り方を教えていますが、

ご家庭では、なかなかこの味は出ません。

 

cakesun8.JPG

Alic Style 行橋駅前ザ・テラスからも近いので、是非、お立ち寄り下さい。

 

番組では、皆さんからのメッセージをお待ちしています!

「マンションの賢い買い方」など、マンションに関する質問

「こんな風に大改造して!」など、番組に対してのメッセージなど、

どしどしご応募ください。

メールは、こちら!!

soko@fmfukuoka.jp

 

 

メッセージ

メッセージはこちらから↓
soko@fmfukuoka.jp

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ