fmfukuoka

5月12日(金) Alic Style 行橋駅前ザ・テラス

Alic Style 行橋駅前ザ・テラスを大改造しよう!!

 

ということで、今週もレギュラー陣、

『あったらいいな』の株式会社アライアンス

住宅営業企画営業部 部長山村さんです。

Alic Style 行橋駅前ザ・テラス

行橋市西宮市2丁目1番29

JR行橋駅まで徒歩3分、ふれあい公園まで徒歩2分、

ゆめタウン行橋まで徒歩9分

JR行橋駅から、小倉駅まで特急で14分、博多駅までは60分。

東九州道「行橋インター」まで、車で5分

 

大改造するお部屋のタイプ 4LDKのAタイプ

住戸専有面積 94.23平米  バルコニー面積 53.15平米

 

テーマは、

『フォー・シーズンズ・ハウス?ビバルディによせて?和の心』

四季を感じて、その中にオシャレに和の要素を取り入れていきます

 

アジア人)「今週は、7帖の『洋室1』を大改造しようと思います。主寝室にあたる部屋ですね。クローゼットも大きく、2面バルコニーです。」

yukuhasi20170512.jpg

山村さん)「両方掃き出しになっているので、かなり大きな窓です。開放感があります。」

アジア人)「ベッドを置く位置は、壁側になりますね。」

斉藤ふみ)「真ん中に置くのは?」

アジア人)「天蓋ベッドなら分かるけど。」

斉藤ふみ)「天蓋ベッドにしようと思っていたんです。うちもIKEAで1000円くらいで買った天蓋を付けているんですよ。柱がなくて天井から吊っているだけで、本格的なものじゃないけど、かわいいですよ。天蓋を付けたら女子は部屋を綺麗にしようとしますから、いいです。」

山村さん)「蚊帳っぽいですよね。」

斉藤ふみ)「ちなみに、その天蓋は可能ですか。」

山村さん)「まあ、天井に埋めればいいだけですから、可能です。」

斉藤ふみ)「じゃあ、天蓋を取りつけられるフックを天井にいくつか欲しいです。」

山村さん)「可能ですけど、必要になったら、そこの場所にだけフックをつければ良いと思います。」

アジア人)「でも、天井って、一般の方がやっても、簡単にできるものなんですか。」

山村さん)「石膏ボード用の釘がありますので、それを使ったら大丈夫です。ただ、この部屋のポイントですけど、インテリアに凝っている方であれば、北側のバルコニーになると思います。ここは、屋根もありますし、梁が下ってきているので、雨がかりしない広いスペースになります。そこを飾って、部屋の中から見ることを想定してレイアウトするとか。例えば、庭園風に作ったら、部屋からの眺めも良いですよ。」

斉藤ふみ)「じゃあ、北側と西側にある掃き出し窓の間のL字型の壁を全部ガラス張りにすることはできますか。」

山村さん)「構造体ですから、絶対に無理です。諦めてください。バルコニーですけど、北側にこれだけのスペースがあるのは珍しいので、和風や洋風の庭を作ってみませんか。」

斉藤ふみ)「バルコニー込みでデザインを考えないといけませんね。」

山村さん)「例えば、フローリングをどの向きに貼るのか指定して、その向きにウッドデッキを貼り延ばしていくとか。」

アジア人)「それをすると、かなり部屋が広く感じるね。」

斉藤ふみ)「ちなみに、ベランダに照明を付けるのは可能ですか。」

山村さん)「照明は付けられませんが、部屋からの距離も近いので、部屋の中にユニバーサル照明(アームが伸びて曲げられる照明)を使うと、バルコニーを照らすことができると思います。」

アジア人)「外にコンセントはないんですか?」

山村さん)「この位置にはありません。」

斉藤ふみ)「ということは、場所によっては外にコンセントがあると。」

山村さん)「ございます。」

斉藤ふみ)「では、バルコニーまでウッドデッキを貼り延ばして、ユニバーサル照明を使って、天蓋もOKにするというのはどうでしょう?」

山村さん)「それでも結構ですが・・・」

斉藤ふみ)「天蓋はかわいいんですよ!!やる気を出して下さい!」

 

来週も、大改造していきます。

お楽しみに。

 

 

さて、行橋市周辺のスポットを取材してきましたので、ご紹介しましょう。

 

フルーツ工房 えふ

ehu1.JPG

京都郡みやこ町犀川大阪280-49

0930-42-3212

営業時間  10:00 - 19:00 (4月から10月 ※時期により変更)

定休日 ホームページで年間カレンダーを確認

http://www.matsuki-kajuen.com/efu/

ehu2.JPG

松木果樹園が運営する、フルーツを使ったデザートや軽食を楽しめるお店です。

松木果樹園は、30年前にこの地に移ってきて、

いちから山を切り開いていったそうです。

お店はその果樹園のそばに2000年にオープン。

古民家風の建物で、天井も高く、外に見える果樹園の眺めも良いです。

ehu3.JPG

お話は、料理長の原さんにお伺いしました。

 

なんと言っても大人気なのが、「季節のパフェ」(価格は750円から)

季節により入るフルーツは変わりますが、

ここ、松木果樹園で採れたものを使っています。

取材した時は、「イチゴのパフェ」(750円税込)でした。

ehu4.JPG

下から、コーンフレーク、アイスクリーム、ラズベリーソース、

ホイップクリーム、イチゴ、アイスクリーム、ホイップクリーム、

イチゴ、ホイップクリームの層になっています。

とてもボリューム満点です。

ehu5.JPG

ボリュームありすぎと思う人のために、ミニパフェもありますよ。

これからは、マンゴーやメロンが登場しますが、

「季節のパフェ」で1番人気なのは、7月下旬から、約1ヶ月間限定の「桃のパフェ」。

「桃のパフェ」を求めて、朝から行列ができて、2、3時間待ちになるそうです。

 

ehu6.JPG

ケーキも、フルーツを使ったものから、チーズケーキ、シフォンなどもあり、

一部テイクアウトもできます。

 

軽食で人気なのは、「むなかた牛のリンゴカレー」(900円税込)。

ehu7.JPG

「むなかた牛」を捌いた時に出る脂を使って、ルーを作っています。

それに、ここで採れたリンゴ、ナシ、トマトなども入れています。

御飯は、やわらかく炊いた十五穀米です。

カレーは辛すぎないので、お子様でも大丈夫。

一番良い時期に採れたリンゴを冷凍保存して使っているので、

甘味と酸味のバランスも良いです。

むなかた牛のすね肉も圧力鍋で炊いていて、

やわらかく、ゴロゴロ沢山入っています。

他にも、軽食だと、週替わりのパスタや、ビーフシチューも人気だそうです。

 

ちなみに、松木果樹園ではフルーツ狩りもできるのですが、

狩ったばかりのフルーツをこの店ですぐに食べるのはオススメしないとのこと。

よく冷やしたほうが美味しいそうです。

 

とにかく大人気で朝から並んでいるので、ねらい目は夕方です。

 

是非、お立ち寄り下さい。

 

番組では、皆さんからのメッセージをお待ちしています!

「マンションの賢い買い方」など、マンションに関する質問

「こんな風に大改造して!」など、番組に対してのメッセージなど、

どしどしご応募ください。

メールは、こちら!!

soko@fmfukuoka.jp

 

 

メッセージ

メッセージはこちらから↓
soko@fmfukuoka.jp

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ