fmfukuoka

4月24日(金)

Alic Style 粕屋中央ザ・テラスを大改造しよう!

 

ということで、今週もレギュラー陣、

『あったらいいな』の株式会社アライアンス

住宅営業企画営業部 部長山村さんです。

 

アジア人)「先週から、新規物件の大改造に取り掛かっています。山村さん、新しいマンションの名前を教えてください。」

山村さん)「Alic Style 粕屋中央ザ・テラスです。」

 

Alic Style 粕屋中央ザ・テラス

福岡県糟屋郡粕屋町長者原東3丁目9番32

JR篠栗線「長者原」駅へ、徒歩8分、そこから博多駅までは、快速で9分です。

西鉄バス「長戸」バス停まで徒歩3分です。

 

アジア人)「今日は、具体的な設備の話などをしたいと思います。総戸数は?」

山村さん)「46世帯です。」

アジア人)「今回の特徴は?。」

山村さん)「『ザ・テラス』ですからバルコニーが特徴なんですが、これまでのテラスは、真ん中が2.5m飛び出している凸型でしたが、今回は、奥行き2.5mがフルサイズになります。」

斉藤ふみ)「すごい!バルコニーにテントを張ってキャンプごっこもできる!」

山村さん)「周りに高い建物もないので、眺めも抜群です。5階くらいの高さから粕屋ドームの頭が見えますよ。ですから、開放感が違います。」

アジア人)「抜けているのは魅力ですね。」

山村さん)「風景の中で季節も感じられます。」

斉藤ふみ)「人目を気にせず楽しめるのはいいですね。この広さだとヨガもできます。食事もできるし。カフェばりに。」

アジア人)「他に、何かありますか?」

山村さん)「今回、乳白色のガラスは使っていないんです。部屋の中から外が見えるようにスモークになっています。これは新しい試みです。」

斉藤ふみ)「標準装備も充実しているんでしょ。」

山村さん)「従来通り、セントラル浄活水器、人造大理石のオリジナル・キッチン、楽ぱっと収納という特殊な収納、カウンター下の食器棚、ハンドシャワーの混合水洗、シャワーの高さを変えられるスライドバー、ゴミ捨てが楽な『くるりんポイ』、4時間で2.5度しか下がらない保温浴槽、省エネ対策等級で最高ランクの4ですので光熱費が40%下がります。」

斉藤ふみ)「40%はすごいですね。」

山村さん)「光熱費なので、冷暖房だけではなく、明かりも多く取り込むようになっています。」

斉藤ふみ)「昼間はあまり電気をつけなくていいですね。エコだ!」

アジア人)「こんなに至れりつくせりだったら、俺たちが改造すればするほど住みにくくなるかもしれない。」

斉藤ふみ)「そこが問題ですよ。それは置いておいて、防犯システムもあるんですよね。」

山村さん)「従来通り、非接触キーですから、持っているだけで鍵が開きます。鎌デッド錠もあるので、ドアに噛み込むので、こじ開けにくい鍵になっています。レバーハンドルも縦長なので、お子様でも開けられます。」

アジア人)「基本設備は素晴らしいですね。我々も心して大改造に取り組まないと。」

斉藤ふみ)「そうですね。便利なものより、面白いもの。」

山村さん)「ん?」

斉藤ふみ)「ちょっと言い方がダメでしたね。楽しいもの。」

アジア人)「頼みますよ。」

 

来週からテーマを決めていきます。

お楽しみに。

 

 

さて、我々は、「Alic Style 粕屋中央ザ・テラス」の大改造に取り掛かっていますが、

粕屋町のスポットを取材してきましたので、ご紹介しましょう。

 

九州酢造 博多壱の蔵

su1.JPG

糟屋郡粕屋町酒殿815-1

092-938-3678(代表)

営業時間 10:00 - 16:00   (日・祝)10:00 - 18:00

定休日 火曜日

http://www.k1104.com/

su2.JPG

35年前に誕生した、お酢を作っているメーカーです。

創業者の案浦瀧男さんは、大学で醸造学を学び、農林関係の仕事をしていました。

その時、うきはで、名物の柿を使って何かできないだろうかという話をもらい、

自然の力を生かした伝統製法でのお酢造りをスタート。柿酢が生まれました。

現在は、二代目の案浦龍己さんが、引き継いでいます。

ここのお酢のこだわりは、手間をかけて美味しいものを造ること。そして、地域密着。

昔の美味しいお酢の味を伝え、九州でしかできないお酢を作ろうということです。

添加物、保存料などは使っていません。

この酒殿に、お酢を作っている場所があり、表には、直売所もあります。

 

su3.JPG

【柿酢】(360ml 972円、 900ml 2160円)

通常、大手で作っている一般的なお酢は、速醸酢と言い、

アルコールを使って、2、3日ほどで出来てしまうもの。

この柿酢は、福岡県産富有柿のみを発酵させるのに3ヶ月、熟成に1年かかります。

料理だけでは、もったいないくらい。

酢の物が嫌いな人でも、これで作ったら好きになるかも。

自然の甘味があり、ツンツンする酸っぱさがありません。

 

【柿ぽん酢】(360ml 712円、  500ml 820円)

福岡県産の諸味を搾ったままの生揚げ醤油、柚子の果汁、柿酢を使ったポン酢。

鰹節、昆布なども使っていますが、低温で火入れをし、

保存料などは入っていません。

 

【りんご酢】(360ml 756円、  900ml 1728円)

柿酢と同じ作り方です。果汁ではなく、果物をそのまま発酵させ、

爽やかさを出すために6ヶ月の熟成。

すっきりした味わいがあります。

 

他にも、【純米酢】(360ml540円)、【玄麦玄米黒酢】(360ml1296円)、

【にんにくエキ酢】(300ml1080円)などもあります。

su4.JPG

りんご酢をベースに、様々なフレーバーをつけた、飲むお酢もあります。

自分の好みで構いませんが、通常4倍希釈が目安です。

お酢は、血液や血管に良いものなので、

食事で足りない分を補って欲しいということで、作りました。

また、疲れている時にも、ぴったりです。

 

【ローズヴィネガー】(50ml800円+税、150ml1800円+税)

su5.JPG

第16回グルメ&ダイニング・スタイル・ショー2014

秋の新商品ビバレッジ部門で大賞を受賞。

少し赤味が強いのは、福岡県立福岡魁誠高等学校の

生徒たちが作った無農薬のイングリッシュローズ、

ほんのりピンク色なのは、無農薬の九州産フレンチローズを使ったものです。

su6.JPG

飲むと、お酢には思えません。

バラの香りが良く、ドレッシングやヨーグルトに使っても、いいかも。

 

他のフレーバーでは、【ゆずりんご酢】、【あまおうの美味しいお酢】が人気。

 

こちらの直売所に来たら、全て試飲できますし、

ちょっとお得に購入することができます。

su7.JPG

Alic Style 粕屋中央ザ・テラスからも近いので、是非、お立ち寄り下さい。

 

 

番組では、皆さんからのメッセージをお待ちしています!

「マンションの賢い買い方」など、マンションに関する質問

「こんな風に大改造して!」など、番組に対してのメッセージなど、

どしどしご応募ください。

メールは、こちら!!

soko@fmfukuoka.jp

 

 

 

メッセージ

メッセージはこちらから↓
soko@fmfukuoka.jp

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ