部員番号20番 <春日高等学校 柴田健太郎くん>

  • 投稿日:
  • by

今週お迎えした部員は、春日高等学校 2年生の柴田健太郎くん。
彼の叫びは...?

「全国大会に、行くぞー!!」

小学3年生の時、家のマンションに貼ってあった案内をキッカケにハンドボールを
始め、そこから9年間、ずっとハンドボールにのめり込んでいる柴田くん。

現在は春日高校・ハンドボールの部長として県・3位のチームを引っ張っていて、
現在は3月に行われる全国選抜大会の出場を目指して日々トレーニングを重ねています。

ハンドボールといえば体育館のコートで行う競技、ですが、
柴田くんをはじめハンドボール部の練習は、なんと!屋外!
グラウンドにあるコートで日々練習を重ねているんだそうです。

部長としても、
「誰よりも大きな声を出して、部員一人一人を気にかける」
ようにしているそう。
柴田くん、相当な「気配りの人」のようです。

ハンドボールの醍醐味は
「チームで勝利の喜びを分かち合えること」
柴田くん、やはり、「気配りの人」のようです。

冬の屋外での練習も、大変だと思いますが、
人一倍声を張り上げてチームを鼓舞して、
「全国」という大きな目標に向かってぜひ頑張ってほしいと思います。

応援しています!

0106.jpg