7月15日のゲストはマリンバ奏者 SINSKEさんです。

  • 投稿日:
  • by

#SINSKE この回をもう一度聴く!
(radikoタイムフリー、放送後1週間に限り放送エリア内(無料)とプレミアム会員の方が聞くことができます)

毎回、素敵なゲストをお迎えして、その音世界を紐解いていくプログラム「SOUND PUREDIO presents 音解(おととき)」 。今週のお相手は香月千鶴です。

 

今週お迎えするのはSINSKEさん。

ベルギーに留学しブリュッセル、アントワープ両王立音楽院を首席で卒業。以降世界各地の数々のコンクールでの受賞、オーケストラとの競演を経て現在も5オクターブのマリンバを自在に操り、唯一無二の世界観でメロディを奏でるマリンバ奏者です。

その留学中に望郷の念にかられつつ平井堅さんを聞いていた、なんてお話を低めのよく通る声で穏やかに話してくれるSINSKEさんですが、肩肘張らないユーモアや懐の深さとともに隅々から誠実さや生真面目さも感じられる素敵な方です。

現在は自身も世界各地を旅し、聞き手にも旅を体験させる「MUSIC*TRAVELERS」というシリーズ公演を行っています。

福岡では4回シリーズの最終回となる「総集編 -Final Destination-」が間もなく行われます。

「MUSIC*TRAVELERS」 総集編 -Final Destination-

2017年 10月 29日(日)
開場 14:30 開演 15:00
電気ビル・みらいホール

 

「マリンバのルーツを追いながら、アフリカ、南米からスタートし世界を旅してきた今回は総集編、盛大に行きますよ」

とのこと。マリンバの可能性を常に切り開くSINSKEさんの音楽の世界旅行、その集大成です。
見逃せませんね。

さて、今回その音世界を紐解くべく、SINSKEさんが自らピックアップしてくれた一曲は、そのツアータイトルでもあり現在好評発売中のアルバム「MUSIC*TRAVELERS」からタイトル曲「MUSIC*TRAVELERS」です。

 

「旅」をテーマに出発前のワクワク感から、旅の終わりの充足感と一抹の寂しさまでの壮大な物語をぎゅーっと一曲に凝縮したこの曲。静かに期待感を高めていくスタートから、開放されたように心弾む旅の過程、そしてまた余韻とともに静かに現実へと戻っていくという一連の流れが完璧に計算しつくされたように思えます。

ところが驚いたことにこの曲、一旦レコーディングまで進んでいたものを、改めてエンディングのパートだった部分を最初にもってきて切り貼りしてみた結果なんだそう。

結果、導入から徐々に高まるエモーショナルな展開から最後に絵本をパタンと閉じるようなエンディングに。突然降ってきたアイディアに「これだ!」と確信したんだそうですよ。

まさに音楽の不思議。ですね。

今回は それぞれのパートをみなさんと一緒に聞きながらSINSKEさんが丁寧に解説してくれました。SINSKEさんの解説、とても的確でわかりやすくてなにより楽曲への愛情がひしひし感じられる贅沢な時間でした。みなさんもタイムフリーでぜひ聞いてみてくださいね。

SINSKEさんの音世界はまだまだ底が深そう。

次週もひきつづきお迎えしてさらにその音世界を紐解いてもらいましょう。

 

SINSKE OFFICIAL WEB SITE (外部リンク)

 

次回7月22日は、ひきつづき SINSKE さんをお迎えしてお送りします。どうぞお楽しみに。